Rの作曲家



アルベール・ルーセル Albert Roussel (1869-1937)

フランスの作曲家。本名アルベール・シャルル・ポール・マリー・ルーセル。1869年4月5日,北フランス,フランドル地方のトゥールコアン生まれ。7歳で孤児となり,祖父に引き取られた後,さらに11歳でその祖父を亡くすなど不幸な幼少期を経験するも,早くから音楽的才能を発揮。教会オルガニストに師事して最初の音楽教育を受ける。海に憧れて海軍兵学校へ進学,軍属として世界各地を航海するも,健康を害してこれを退いた。1894年,25歳で本格的に音楽を学ぶことを決意。パリへ出て,ウジェーヌ・ジグーにピアノ,オルガン,和声法,対位法を学ぶ。次いで1898年にはスコラ・カントールムに進み,ヴァンサン・ダンディに師事(修了時39歳と晩学であった)。4年後には同校で教鞭を執るに至った。曲によっては和声法などに印象主義の影響も見られるが,循環形式を好んで用いるなどフランクやダンディの影響が濃く,より形式的で保守的的な作風を得意とした。1937年8月23日,ルーアンにて死去。


主要作品

※Demuth, N. 1947. Albert Roussel: a study. London.とDeane, B. 1961. Albert Roussel. Barrie and Rockliff入手
時間があったら作品表を完全版へ移行します。

舞台作品 ・パドマヴァティ padmavati (1914-1918)
・カロリーヌ伯母さんの遺言 le testament de la tante Caroline (1932-1933)
管弦楽曲 ・キリストの復活 resurrection (1904)
・交響曲第1番 symphonie No.1 'le poème de la forêt' (1904-1906)
・ le marchand de sable quipasse (1908) {chamber-orch}
・蜘蛛の饗宴 le festin de l'araignée (1912)
・春の祝祭のために pour une fête de printemps (1920)
・交響曲第2番 symphonie No.2 (1919-1921)
・組曲 suite en fa (1926)
・小管弦楽のためのコンセール concert pour petit orchestre (1926-1927)
・サラバンド(組曲『ジャンヌの扇』) sarabande (1927)
・詩篇第80番 psaum LXXX (1928) {tnr, choir, orch}
・小組曲 petite suite (1929)
・交響曲第3番 symphonie No.3 (1930)
・バッカスとアリアーヌ Baccus et Ariane (1930)
・シンフォニエッタ sinfonietta (1934) {strings}
・交響曲第4番 symphonie No.4 (1934)
・フランドル風狂詩曲 rapsodie flamande (1936)
協奏曲 ・ピアノ協奏曲 concerto pour piano et orchestre (1927) {p, orch}
・コンチェルティーノ concertino (1936) {vc, orch}
室内楽曲 ・ピアノ三重奏曲 trio (1902) {vln, vc, p}
・ディヴェルティスメント divertissement (1906) {5winds, p}
・ソナタ第1番 sonate No.1 (1907-1908) {vln, p}
・即興曲 impromptu (1919) {hrp}
・ファンファーレ fanfare pour un sacre paien (1921) {brass, ds}
・フルート jouers de flûte (1924) {fl, p}
・ヴァイオリン・ソナタ第2番 sonate pour violon, et piano No.2 (1924) {vln, p}
・セゴビア Segovia (1925) {g, p}
・二重奏曲 duo (1925) {bssn, b}
・セレナード sérénade (1925) {fl, hrp, vln, vla, vc}
・アリア aria No.2 (1928) {ob/cl, p}
・三重奏曲 trio (1929) {fl, vla, vc}
・前奏曲とフゲッタ prélude et fughetta (1929) {org}
・弦楽四重奏曲 quartuor à cordes (1931-1932) {2vln, vla, vc}
・栄光の一日 a glorious day (1932) {brass}
・アンダンテとスケルツォ andante et scherzo (1934) {fl, p}
・パイプ pipe (1934) {flageolet, p}
・革命記念日の前奏曲 prélude to Le Quatorze Juillet (1936) {brass}
・弦楽三重奏曲 trio à cordes (1937) {vln, vla, vc}
・ elpenor (1937) {fl, 2vln, vla, vc}
・アンダンテ andante (1937) {ob, cl, bssn}
ピアノ曲 ・過ぎ去りし時 des heures passent (1902)
・お人形の物語 conte a la poupée (1904)
・田舎風 rustiques (1904-1906)
・組曲 suite (1909-1910)
・ソナチヌ sonatine (1912)
・疑惑 doute (1919)
・ミューズの歓待 l'accueil des muses (1920)
・前奏曲とフーガ prélude et fugue (1932-1934)
・3つの小品 trois pièces (1933)
歌曲/合唱曲 ・4つの詩 quatre poèmes (1903) {vo, p}
・4つの詩 quatre poèmes (1907) {vo, p}
・兆し la menace (1908) {vo, p, orch}
・炎 flammes (1908) {vo, p}
・中国の2つの詩 deux poèmes chinois (1907-1908) {vo, p}
・エヴォカシオン evocations (1910-1911) {alto, tnr, btn, choir, orch}
・2つの歌曲 deux mélodies (1918){vo, p}
・2つの歌曲 deux mélodies (1919) {vo, p}
・竪琴の起源 la naissance de la lyre (1923-1924)
・ミューズたちのマドリガル madrigal aux muses (1923) {2sop, alto}
・ロンサールの2つの詩 deux poèmes de Ronsard (1924) {sop, fl}
・アナクレオン風の頌歌 odes anacréontiques (1926) {vo, p}
・2つの中国の詩 deux poèmes chinois (1932) {vo, p}
・ヴォーカリーズ vocalises (1927-1928) {vo, p}
・夜へのジャズ音楽 jazz dans la nuit (1928) {vo, p}
・2つの田園恋愛詩 deux idylles (1931) {vo, p}
・我が娘に捧げられし花 a flower given to my daughter (1931) {vo, p}
・2つの中国の詩 deux poèmes chinois (1932) {vo, p}
・2つの歌曲 deux mélodies (1933-1934) {vo, p}
・ aeneas (1935) {choir, orch}
・2つの歌曲 deux mélodies (1935) {vo, p}


ルーセルを聴く


★★★★☆
"Psaume XLVII (Schmitt) / Psaume LXXX (Roussel)" (EMI : 0777 7 64368 2 1)
Andréa Guiot (sop) Gaston Litaize (org) Jean Martinon (cond) Orchestre National de l'O.R.T.F : Choeurs de l'O.R.T.F.
ルーセルとシュミットは,生年が僅か1年違い。片やマスネーとフォーレ,片やダンディに師事し,ともに後期ロマン派の伝統的な音楽に深く通暁。しかも,その上に躍動的で野趣溢れるリズムをてんこ盛りにし,オリジナリティを発揮するところに大きな特徴があります。実はこの両者,意外に近いところのある作曲家と言えるかも知れません。このカップリングもそうしたところから来たものでしょう。『詩篇80番』は下記『バッカスとアリアーヌ』などに比べるとマイナーですが,ワグネリズムをフランス流に消化した中に,近代以降の和声法を巧みに取り込んだ,なかなかに職人芸溢れる一作です。しかし,近いようでいて,こうして並べてみると両者のスタンスは,やはり根本的に違っていたように思えてなりません。どこまでも現代音楽に指向したシュミットの天才肌のラディカルなモダニズムに比して,晩学で大成した努力の人ルーセルのそれは,あくまで先人の遺産の継承に立脚しようとする,保守性と形式性のモダニズム,いわばトラディショナリズムであったということでしょう。近代音楽が面白いのは,どの時代にも増して複雑かつ烈しく,この相反する2つの側面が各人の才能の中で相 克し合っているからで,この2つの詩篇の対比のなかにもそのドラマは端的に表されています。

★★★★
"Symphonie No.3 / Symphonie No.4 / Baccus et Ariane / Le Festin de l'Araignée" (Erato : WPCS-4787/8)
Charles Münch, Jean Martinon (cond) Orchestre des Concerts Lamoureux : Orchestre National de l'O.R.T.F.
ファーブルの『昆虫記』が元ネタという素材からか,有名曲では最も印象主義的性格が強い『蜘蛛の饗宴』に,交響曲における代表作2曲が併録された徳用盤。印象主義好きの向きにはいかにも頑迷でベクトルが開いてしまいますが,彼の新古典派的な側面を楽しめます。現代音楽の精力的な紹介者でもあり,数多い作曲家から献呈を受けていたクーセヴィツキーから,彼が音楽監督をしていたボストン交響楽団の創立50周年を記念して依託された『交響曲第3番』は,ピストンの交響曲を思わせる躍動的で明朗な色彩とリズムが特徴。循環形式で書かれた作品です。第4番はルーセル最後の交響曲で,3番同様新古典的な躍動感のある作品ですが,短期間で作曲された3番に比して4年の歳月を要しただけに,和声法は複雑さを増し,さらにピストン色濃い作品といえそうです。交響曲を振るミュンシュは,定評あるオネゲル録音で知られるとおりこの手の新古典ものはとりわけ巧く,ここでも秀抜な指揮を見せます。

★★★★
"Baccus et Ariane / Le Festin de l'Araignée" (EMI : CDM 7 64690 2)
Georges Prêtre (cond) Orchestre National de France
言わずと知れたルーセルの代表作で,男性的でワーグナー臭い,ルーセルの保守的な持ち味の良く出た作品です。アベール・エルマンがギリシャ神話をもとに書いたバレエ音楽で,ミノタウロスを退治したテセウスが帰路クレタ島に立ち寄った際のエピソードを描いた内容。1931年にフィリップ・ゴベールの指揮で初演されています。さて内容なのですが,印象派好きの方で,もしハンス・アイスラーやオネゲルなど,男性的で硬直した作風が嫌いな方は,正直言ってルーセルは向きません。保守的な軸線のはしばしに,近代的で緊密な和声が張り巡らされて緊張感を持続しますが,既にこうした作品に続くより晦渋な作品を幾つも聴いている現代人にとっては,あまり目新しくもない。かといってハンス・アイスラーのような,目を見張る個性があるわけでもない。カラフルな和声感覚に趣を感じる方は,散財する前に下記『組曲』あたりでお試しになることを薦めます。代表作に敬意を払って下記マルティノンとの競合盤をご紹介しておきます。

★★★★☆
"Deliciae Basilienses (Honegger) : Métaboles (Dutilleux) : Suite en Fa (Roussel)" (Erato-BMG : B18D-39148)
Charles Münch (cond) Orchestre de l'Association des Concerts Lamoureux : Orchestre National de l'O.R.T.F.
パリ管,後にボストン響を率いて活躍,フランス近代ものに深い理解を示し,その積極的な紹介者となった大指揮者シャルル・ミュンシュの面目躍如ともいうべき作品集です。作品の持つ生き生きとした精気,躍動感を大切にした彼の指揮は,現代の指揮者のそれに比べると,時に少しばかり緻密さにおいて見劣りすることがありますが,作品全体のつかみ取り方,ダイナミズムの表し方に掛けては,今以て第一級水準の魅力を保っていると思います。このエラート盤はまさしく,そのようなミュンシュの持ち味が色濃く表れた内容。オネゲルの4番は速めのテンポをとり,流れるようにいきいきと表情をつけた,同曲の決定版と言って良い出来映え。デュティーユのそれも,ビシュコフ盤ほどの緻密さはないものの,ダイナミックな流動感に富み,この曲の持つ艶めかしさを極めて効果的につかみ取った演奏内容であると思います。ミュンシュが指揮のモノラル録音もあるルーセルの『組曲』は隠れた名品ながらCDが少なく,得難い録音と言えるのでは。秀作です。

★★★★
"Suite / L'accueil des Muses / Trois Pièces / Sonatine / Prélude et Fugue" (Erato : B18D-39030)
Jean Doyen (piano)
滅多にお見かけしないルーセルのピアノ作品集を,名匠ジャン・ドワイヤンの強面なベーゼンドルファーで聴ける,恐らくは決定盤といって良い一枚。「ミューズの歓待」はドビュッシーの死に際し,『音楽批評』誌が1920年に企画した追悼号のために書かれたもので,他バルトーク,ストラヴィンスキー,ラヴェル,ファリャ,シュミットなど,そうそうたる作曲家が名を連ねたプロジェクトでした(22号のギロー盤によりかなりまとまった形で聴けます)。平行和音や全音階を駆使した印象主義的な作風であるものの,基本的にバロック的な対位法と拡張された調性に基づく新古典派的なイディオムで作曲されているようです。ピアノ曲を聴いて思ったのですが,彼の作風は,ミヨー,セヴラックやモンポウと意外なほどベクトルが近い。恐らくは近代の作曲家の多くが,民謡をベースにした素朴な旋律を,新古典的な対位法と凝った和声で装飾していく創作スタイルを好んだからかなと思ったりしています。と,いうことは?そうです。セヴラックのピアノ曲も録音しているドワイヨンは相性保証付き。個人的には,近代ファンには管弦楽よりもピアノ曲のほうが違和感なく聴けるのではと言う気がしました。

★★★★☆
"Trio à Cordes (J.Cras) Trio à Cordes, op.58 (Roussel) Trio à Cordes (Françaix)" (Antes : BM-CD 31.9185)
Offenburger Streichtrio : Frank Schilli (vln) Rolf Schilli (vla) Martin Merker (vc)
バーデンに本拠を置くアンテスから2003年に出た本盤は,滅多に録音されない仏近代の弦楽三重奏曲を三編落ち穂拾い。管見の限り録音を見たことのあるのはフランセくらいで,それも自作自演でしたから,金鉱掘りを狙ったとみて間違いないでしょう。特筆すべきは極めて珍しいクラの三重奏。始終いずれかの弦が音符を刻んで,快活な推進力を生み,第三楽章で出現するしなの入った中国風ピチカート,第四楽章で出現するアイリッシュ風のフィドルなど,程良く採り入れられたエキゾチズムが,従前のロマン派音楽から堅苦しい貴族臭を綺麗に取り去って,プロレタリアな漁民の力強い生活感とざっくばらんな開放感を与えます。ドイツ人らしく,引き締まった光沢のある音色できびきびと演奏され,ピッチも綺麗に整った美演。努めて欲を言えば,かっちりと襟の整ったドイツ流儀の演奏が,ごく一部で長短所相半ばする瞬間があることくらい。第一楽章では,刻まれる8分音符のリズムがやや前乗りで輪郭も硬いため,潮風に吹かれながら陽光の下を漁に出る漁師の気分にも似た,おおらかな開放感がやや減退。もう少し胸襟を開いて,伸びやかかつ恰幅豊かに弾いても良かったのでは。しかし,これは完全に贅沢レベルの話。録音僅少なクラやルーセルの室内楽が,これだけの美演で紹介されるなんて,今後もまず期待できんでしょう。録音してくれた壮挙だけで,充分称賛に値すると思います。併録のルーセルやフランセも,フォームの上では擬古典的な形式感を残しながら,転調不思議ちゃんワールド(や戯けたリズム)を炸裂させ,クラとは違うアプローチでプロレタリアリズムを達成する佳品です。演奏するオッフェンブルク弦楽三重奏団は1981年に,ヴュルツブルク,バーゼル,フランクフルトの音楽院でまだ勉強中だったシリー兄弟が,同郷のチェリストを迎えて結団し,1989年のカルタニセッタ国際で2位を受賞。本盤は彼らにとって処女録音でした。1995年からは郷里オッフェンブルク夏季室内音楽祭の指揮兼芸術監督を務めているそうです。

★★★★
"España / Suite Pastorale / Fête Polonaise / Overture / Danse Slave / Joyeuse Marche / Bourrée Fantasque (Chabrier) : Suite en Fa (Roussel)" (Mercury : 434 303-2)
Paul Paray (cond) Detroit Symphony Orchestra
精気溢れる指揮で玄人受けするパレーのルーセル。ルーセルといえば分かりやすい『バッカスとアリアーヌ』や『蜘蛛の饗宴』ばかりが録音され,特に関心を向けて聴かない限り,これ以外の作品はなかなか耳にする機会がないのですが,この『組曲』は2楽章を中心に近代的な書法で書かれ,どこかオネゲルの『交響曲第4番』の冒頭を思わせる内容ある作品。印象派寄りの方はこちらや『詩篇80番』などからお試しいただくほうが良いです。ちなみに『組曲』はほかにも,ユーロディスクからミュンシュ指揮盤が出ています。ストラスブール音楽祭(1958年)の実況録音で,シュミットの『交響曲第2番』の初演まで併録されている好CD。さらに指揮に関して言えば,パレー盤より優れているくらいですが,如何せん録音が最悪。モノラルでどうにもなりません。ということで,入手も容易なこちらを。併録のシャブリエはラヴェルにも影響を与えたスパニッシュなロマンティストですが,印象主義愛好家にはあまりにプレ・モダン。印象主義前夜のサロン音楽ものが駄目な人にはお薦めできません。

(2002. 2. 1)