Sの作曲家


アンリ・ソーゲ Henri Sauguet (1901-1989)

フランスの作曲家。本名アンリ=ピエール・プパール(Henri-Pierre Poupard)。1901年5月18日ボルドー生まれ。幼少期からピアノを学び,1916年にはボルドー近郊のフロリアック(Floirac)でオルガニスト兼合唱指導者となるなど,音楽の才能を開花させた。 父が大戦に応召したため,家計を支えるべくパリ音楽院への進学を断念し,音楽は独学で修得。大戦から父が戻った1919年にようやく,モントーボンでジョセフ・カントルーブに作曲法を師事した。ボルドーで詩人のルイ・エミー(Louis Émié),作曲家ジャン=マルセル・リゾット(J.M.Lizotte)と邂逅。六人組の音楽姿勢を目指した《三人組》を結成して活動。本名のアンリ・プパールから改名してソーゲ(母方の姓)を名乗った。地元の音楽教師ムラン(Léon Moulin)の紹介によりミヨーやケクランと知遇を得て,ミヨーに傾倒。彼の激励と勧めで1927年頃までケクランにも作曲法を学んだ。その後,ボルドーで本格的な作曲活動に入る。彼を通じてロジェ・デゾルミエール,エリック・サティ,マキシム・ジャコブらと知遇を得,翌1924年に喜劇《大佐の羽根飾り》が,シャンゼリゼ劇場で上演されたのを皮切りにパリへと進出。イダ・ルビンシュタインやクリスチャン・ベラールに多くの舞台作品を執筆して成功。その後も舞台作品や歌曲を中心に膨大な作品を遺した。《新欧州(L'Europe nouvelle: 1929〜)》,《日刊(Le Jour: 〜1939)》,《バタイユ(La Bataille: 1945-1948)》の各誌上で批評家としても健筆を揮ったほか,仏ディスク・アカデミーの理事長,作曲家連盟の創設に携わり初代連盟長,ウナ・ヴォーチェ協会の会長も務めた。1956年にレジオン・ドヌール賞。1976年に(ミヨーの後任として)フランス学士院会員。1989年6月12日,パリにて死去。


主要作品
 ※なお改訂中・・

歌劇 ・大佐の羽根飾り Le plumet du colonel (1927) ... {1act} ... Sauguet台本
・コントラバス La contrebasse (1930) {2act} ...
A.P. ChekhovのRomance with a Double BassによりH. Troyat台本
・パルムの僧院 La chartreuse de Parme (1927-1936) ... {4act} ... Stendhalにより
A. Lunel台本
・オペラコミーク【思わぬ賭け】 La gageure imprévue (1942) {1act} ...
M.J. Sedaineにより,P Bertin台本
・マリアンヌの気まぐれ Les caprices de Marianne (1954) {2act} ... A. de Mussetに基づきJ-P. Grédy台本
・他人のパン la pain d'autrui (1967-1974) ... {2act} ... I.S. TurgenevによりE. Kinds台本
・脂の玉 Boule de suif: comedie musicale (1978) ...
G. de MaupassantによりA. HussonとJ. Meyer台本
・児童劇【あどけない親指】 Tistou, les-pouces-verts (1980) {1act} ...
M. DruonによりJ.-L. Tardieu台本
バレエ ・ばら Les roses (1924) ... 紛失,O. Métra 'La valse'による
・雌猫 La chatte (1927) ...
B.A. Kochno台本
・ダヴィデ David (1928) ...
Doderet台本
・舞踏会の側で Près du bal (1929)
・ある夜 La nuit (1929) ... Kochno台本
・ローマ史書 Fastes (1933) ...
A. Derain台本
・郵便葉書 Cartes postales (1941)
・蝉と蟻 La cigale et la fourmi (1941) ...
J. de LanFotaine原作,J. Chernais台本
・幻影 Les mirages (1943) ...
Cassandre,S. Lifar台本
・聖ポールと乙女の心象 Image à Paul et Virginie (1944)
・旅芸人 Les forains (1945) ...
Kochno台本
・ランコントル La rencontre (1948) ... Kochno台本
・2つの古き歩み Pas de deux classique (1951) ...
紛失
・四季 Les saisons (1951)
・製鋼所 Cordelia (1952) ...Sauguet台本
・トレゾールとマジー Trésor et Magie (1952) ... 紛失
・猫の枢機官 Le cardinal aux chats (1952) ...
Sauguet台本
・変節漢の豹 Le caméléopard (1956) ...
E.A.PoeによりA. Vigot台本
・5つの重複 Les cinq étages (1957) ...
R. Liechtenhan, W. Orlikowsky P.J. de Béranger台本
・椿姫 La dame aux camélias (1957/1960) ...
A.DumasによりT. Gsovsky台本
・孤独 La solitude (1958) ...
Sauguet, R. Cluzel台本
・ハートのエース L'as de coeur (1960) ...
C. Aveline台本
・交唱舞踏【夜と昼はなお遠く】 Plus loin que la nuit et le jour (1960) {tnr, choir} ...
L. Emié台本
・パリ Pâris (1964) ... Kochno台本
・王子と乞食 Le prince et le mendiant: ballet-mimodrame (1965) ... Kochno台本
その他舞台 ・今はもう Déjà (1924)
映画音楽 ・ハイタカ L'epervier (1933)
・偉大なるカテリーヌ L'honorable Catherine (1942)
・ザイルの先 Premier de cordée (1943)
・世界の恋人たち Le amoureux sont seuls au monde (1947)
・愚者は語る Cochemerle (1947)
・ドン・ファン Don Juan (1955)
管弦楽 ・水夫の踊り Danse de matelots (1923)
・山の交響曲 Symphonie de la montagne: premier de cordée (1944)
・交響曲第1番 Symphonie expiatoire (1945)
・交響曲の形式で Stèle symphonique (1948)
・交響曲第2番 symphonie allégorique 'les saisons' (1949){sop, choir, child-choir, orch}
・組曲【パリの音画】 Tableaux de Paris (1950)
・カンプラの主題による変奏曲 Variation sur un thème de Campra (1952)
・3つのユリ Les trois lys (1954)
・交響曲第3番“I.N.R.” Symphonie No.3 'I.N.R.' (1955)
・子守歌形式の変奏曲 Variation en forme de berceuse (1956)
・孤独 La solitude (1958)
・2つの楽章 Deux mouvements (1964) {strings}
・交響行進曲 Symphonie des marches (1966)
・交響曲第4番“第3世代” Symphonie No.4 'du troisième age' (1971)
・九月 Septembre (1986)
協奏曲 ・ピアノ協奏曲第一番 Piano concerto (1934) {p, orch}
・ピアノ協奏曲第二番 Piano concerto No.2 'reverie concertante' (1948) {p, orch} ...
「世界の恋人達」より編曲
・ヴァイオリン協奏曲 Concerto orphée (1953) {vln, orch}
・ピアノ協奏曲第3番 Piano concerto No.3 'Concert des mondes souterrains' (1961-1963) {p, orch}
・協奏的旋律 Mélodie concertante (1963) {vc, orch}
・庭の協奏曲 Garden's concerto (1970) {harmonica, chamber}
・木漏れ日 Reflets sur feuilles (1979) {hrp, p, perc, orch} ...
ドビュッシー【前奏曲集】の「枯葉」をもとに作曲
室内楽 ・ソナチヌ Sonatine (1923) {fl, vln, p}
・舞踏会の側で Près du bal (1929) {cl, bssn, p}
・婚礼の歌 Chant nuptial (1930) {org}
・室内喜遊曲 Divertissement de chambre (1931) {fl, cl, bssn, vla, p}
・組曲 Suite (1935) {cl, p}
・舟歌 Barcarolle (1936) {bssn(vc), hrp(p)}
・聖体降福式 Virgo salutaris (1940) {vln, org}
・弦楽四重奏曲第一番 Quatuor à cordes No.1 (1941) {2vln, vla, vc}
・5つのセントルイスの印象 Cinq images pour St. Louis (1941) {fl, ob, hpcd}
・6つの間奏曲 Six interludes (1942) {g, org, tambourine}
・吹奏三重奏曲 Trio (1946) {ob, cl, bssn}
・弦楽四重奏曲第二番 Quatuor à cordes No.2 (1948) {2vln, vla, vc}
・小さな林 Bocages (1949) {10 inst}
・チェロ独奏のためのソナタ Sonate pour violoncelle seul (1956) {vc}
・空想上の鳥の歌 Le chant de l'oiseau qui n'existe pas (1957) {fl}
・ソリロクイ Soliloque (1958) {g}
・バラード Ballade (1960) {vc, p}
・王室組曲 Suite royale (1962) {hpcd}
・婚礼の祈り Prière nuptiale, (1962) {org/hmn}
・黄金組曲 Golden suite (1963) {5brass}
・カンティレーヌ Cantilène (1964) {ob}
・グレヴァン礼讃 Hommage à Grevin (1964) {8 inst}
・ Oraison nuptiale (1964) {strings}
・牧歌的なソナタ Sonatine bucolique (1964) {as, p}
・ Max Jacob de lenimper (1966) {ob, e-hrn, cl, bssn}
・6つのファンファーレ Six fanfares (1969) {2tp, 4tb}
・3つの前奏曲 Trois préludes (1970) {g}
・森のソナチヌ Sonatine aux bois (1971) {ob, p}
・サン=エミリオンの夕べ Un soir a Saint-Emilion, (1971) {bssn, p}
・2つの歌によるソナチヌ Sonatine en deux chants (1972) {cl, p}
・3つの小品 Trois pièces (1972) {vla}
・変奏コラール Choral varié (1973) {accordion}
・クローデルのために Musique pour Claudel I et II (1973) {g}
・ワトーを観賞するために Pour regarder Watteau (1975) {hpcd}
・6つの易しい小品 Six pièces faciles (1975) {fl, g}
・2つの歌と間奏によるソナチヌ Sonatine en deux chants et un intermède (1975) {cl, p}
・サックスを取り巻くように Alentours saxophoniques (1976) {as, winds, p}
・祈祷 Oraisons (1976) {4sax, org}
・弦楽四重奏曲第三番 Quatuor à cordes, No.3 (1979) {2vln, vla, vc}
・フロンサックのための3声コンセール Concert à trois pour Fronsac (1979) {fl, sax, hrp}
・ Nec morietur in aeternam (1979) {tp, org}
・ジョリヴェを偲んで Ne moriatur in aeternum 'à la mémoire d'André Jolivet' (1979) {tp, org}
・黄昏のソナタ Sonate crépusculaire (1981) {vln, p}
・ Quelques trilles pour les treilles (1982) {fl}
・瞑想曲 Méditation (1983) {2vln, vla, vc}
・ある花 Une fleur (1984) {sax, p}
・ある二重奏曲 Un duo (1984) {fl, p}
・聖職者のソナタ sonate d'église (1984/1985) {org, strings (2vln, vla, vc, b)}
・カデンツァ Cadence (1985) {g}
・バッハを表敬して Révérence à J.S. Bach (1985) {g, vc}
・90の音符 90 notes (1986) {fl}
テープ音楽 ・ジャン・タルデューの光景 Spectacle Jean Tardieu (1955)
・妙想の時 Le temps du verbe (1956)
・アスペクト・センチメンタル premier aspect sentimental (1957)
・イザの夢 Le rêve d'Isa, composition métaphonique (1962) ...
'Les Amants de Teruel'のための映画音楽でもある
ピアノ曲 ・フランス風の三曲 Trois françaises (1923)
・新フランス風の三曲 Trois nouvelles françaises (1925)
・ヴィーニェスの妖精の手 Viñes aux mains de fée (1925) {2p} ...
M.Jacobと共作
・ピアノ・ソナタ Sonate en Re majeur (1926)
・ロマンス ハ調 Romance en Ut (1929)
・アルバムの一頁 Feuillets d'album (1927?-1929)
・愛の戯れ,運命の偶然 Les jeux de l'amour et du hasard pour deux pianos (1932) {2p}
・詩的小品 Pièces poétiques pour enfants (1933-1934) ...
2集からなる
・植民地の夜 Nuit coloniale sur les bords de la Seine (1937)
・九月の田園詩曲 Pastorale de septembre (1940)
・ Plainte, musical saw (1949)
・短いワルツ Valse brève (1949) {2p}
・ Espièglerie (1950)
・ Le manègeà (1956)
・ Vapour lente valse d'amour inquiet (1951)
・夕べの階調 Harmonies du soir (1960)
・コンセール Concert des mondes souterrains (1961-1963) {2p}
・夕べの歌 La chanson du soir (1964)
・ジャン・ボワリエに捧ぐ À Jean Voilier (1965)
・小ノエの謝肉祭 Le bestiaire du petit Noë (1965-1966) ...
「10の易しい小品」の副題が付く
・大将棋盤の小ワルツ Petite valse du grand échiquier (1973) {p (ensemble)}
・こんにちはエレーヌ,こんばんはエレーヌ Bonjour Hélène, Bonsoir Hélène (1973)
・子守歌=ワルツ Berceuse-valse (1974)
・アランの悲歌 Élégie pour Alain (1974)
・ショスタコーヴィチ礼讃 Hommage à Dmitri Chostakovich (1974)
・ジャンヌのワルツ Une valse pour Jeanne (1974)
・ Le jardin de Mamy (1976)
・記憶の中のヴァージル・トムソンの肖像 Portrait-Souvenir de Virgil Thomson (1982)
・セヴラックの追想 Le souvenir de Déodat (1983)
・懐古趣味のワルツ Valse anachronique (1985)
・マックス・ジャコブの宗教的瞑想曲への序奏 Introductions aux méditations réligieuses de Max Jacob (1985)
・ヴェニスの影 Ombres sur Vénise (1986)
合唱曲 ・牧歌的な小ミサ Petite messe pastorale (1934) {f-choir (child-choir), org}
・謎 Enigme (1932) {sop, orch} ...
H. Heine詩
・預言者 La voyante (1932) {f-vo, 10insts} ...
Sauguet詩
・カンタータ【庭の翳り】 Les ombres du jardin (1938) {sop, tnr, btn, bas, m-choir, winds} ...
J. Weterings詩
・聖ヴァンサン頌歌 Cantique à St Vincent (1940) {3pt-choir, org}
・マドリガル Madrigal (1942) {sop, fl, vln, vla, vc, hrp} ...
J. Aubry詩
・ Beaute, retirez-vous (1943) ... {sop, fl, vla, vc, hrp(hpd)} ...
G. Couturier詩
・ Ma belle forêt (1943) {choir} ...
G. Pajot詩
・ Je vous salue, Marie (1943) {sop, org}
・四季 Les quatre saisons (1949) {childchoir} ...
交響曲第二番より編曲
・旗手 La cornette (1951) {bass(btn), orch} ...
R.M. Rilke詩
・ Mouton-blanc (1952) {choir} ...
Princess Bibesco詩
・レクイエム・エテルナム Requiem aeternam (1954) {choir, org}
・ Tombeau d'un berger (1956) {2btn, 2bass} ...
紛失,L. Jacques詩
・ Pie Jesu domine (1957) {choir, org}
・レクイエム Requiem aeternam, libera me, Pie Jesu, Allelulia (1959) {4vo} ...
映画音楽「汝はペトロなり」より
・カンタータ【夜と昼とはなお遠く】 Plus loin que la nuit et le jour (1960) {tnr, choir} ...
L. Emié詩
・ L'oiseau a vu tout cela (1960) {btn, strings}...
J. Cayrol詩
・5つの歌 Cinq chansons (1965) {4vo} ...
L.Emié詩
・トースト Toast (1965) {m-vo}
・ Ecce homo (1965) {choir}
・オラトリオ【】 Chant pour une vieille meurtrie (1967) {6vo, choir, orch} ...
M.A. Monfet詩
・ Trois chants de contemplation (1971) {vo, p / 4recorder /4brass /4winds)}...
Lao-Tseu詩
・ Elisabeth de Belgique, la reine aux cheveux d'or (1976) {sop, 6inst} ...
M. Carême詩
・ Par-delà les étoiles (1982) {sop, tnr, choir, org, hrp, onde, celesta, glocken} ...
J.L. Wallas詩
・歓喜のミサ Messe jubilatoire (1983) {tnr, bass, 2vln, vla, vc}
歌曲集 ・動物たちとその部下 Les animaux et leurs hommes (1921) ...P. Eluard詩
・羽根 Plumes (1922) ...
G. Gabory詩
・サーカス Cirque (1925) ...
A. Copperie詩
・6つのソネット Six sonnets (1927) ...
L. Labé詩
・4つの詩 Quatre poèmes (1928) ...
F. von Schiller詩
・2つの詩 Deux poèmes (1929) ...
W. Shakespeare詩
・薔薇のようにロマンティックな歌 Deux mélodies romantiques sur la rose (1930) ...
T. Gautier, A.M.L. de Lamartine詩
・重複脚韻 Polymètres (1931) ...
Jean-Paul詩
・5つの詩 Cinq poèmes (1933) ...
F. Holderlin詩,P.J. Jouve, B. Wendel訳
・2つの詩 Deux poèmes (1937) ...
R. Tagore詩,A. Gide訳
・象徴派詩人による6つの歌 6 mélodies sur les poèmes symbolistes (1938) ...
S. Mallarme, J. Laforgue, C. Baudelaire詩
・3つの二重唱曲 Trois duos (1939) {sop, tnr, p} ...
Comtesse Murat詩
・ Les bonnes occasions (1940) {sop(alto), tnr, p} ...
G. Courteline詩
・ Neiges (1942) ...
A. d'Harcourt詩
・3つのメロディ Trois mélodies (1943) ...
A. Guichard詩
・ Force et faiblesse (1943) ...
Eluard詩
・ジョルジュ・ユゲの詩による歌曲集 Le chèvrefeuille (1944) ...
G. Huguet詩
・5つの詩 Cinq poèmes: les penitents en maillot rose (1944) ...
M. Jacob詩
・6つの詩 Six poèmes (1946) ...
A. de Richaud詩
・3つの歌 Trois mélodies lyriques (1947) ...
J. Fernandez, S. Mallarme詩,第三曲は不詳
・奈落の眺め Visions infernales (1948) ...
Jacob詩
・心の動き Mouvements de coeur (1949) {bass, p} ...
L. de Vilmorin詩
・2つの詩 Deux poèmes (1958) ...
R. Gaillard詩
・ Mon bien (1958) ...
G.E. Clancier詩
・3つの悲歌 Trois élégies (1959) ...
M. Desbordes-Valmore詩
・ Vie des campagnes (1961) ...
J. Follain詩
・ L'espace du dedans (1965) {bass} ...
H. Michaux詩
・ Poèmes a l'autre moi (1968) ...
A.Birot詩
・ Trois innocentines (1969) ...
Bible 'Obaldia'
・3つの影の歌 Trois chants d'ombre (1969) {btn, p} ...
H. Jacqueton詩
・ Les jours se suivent (1970) {bass, p} ...
J.Baron詩
・ Je sais qu'il existe (1973) {bass, p} ...
Carême詩
・ Sept chansons de l'alchimiste (1978) ...
Cluzel詩
・ジャン・タルデューの3つのリート 3 lieder de Jean Tardieu (1982)
歌曲
(単品)
・列島 îles (1921-1925) ... J. Cocteau詩
・偽りの警句 Fausse alerte (1922) ...
A. Copperie詩
・郵便葉書 Une carte postale (1922) ...
R. Radiguet詩
・休止 Halte (1923) ... Radiguet詩
・恋と眠り Amour et sommeil (1929) ...
A.G. Swinburne原作,Mourey訳
・実り Herbst (1932) ...
Rilke詩
・水の精 Les ondines (1932) ...
Heine詩,Nerval訳
・エドゥアルド・ポエタのアリア Aria d'Eduardo Poeta (1934) ...
James編
・ Fumée légère (1943) ...
H.D. Thoreau詩
・ Bêtes et mèchants (1944) ...
Eluard詩
・新たな英雄を葬う歌 Chant funébre pour nouveaux héros (1944) ...
P. Séghers詩
・ Le bois amical (1945) ...
P. Valéry詩
・ Eaux-douces (1945) ...
G. Beaumont詩
・ Bergerie (1946) ...
L. Chabrillac詩
・ Le chalet tyrolien (1948) ...
R. Chalupt詩
・ Cinq mars (1953) ...
A. Salmon詩
・ Sur une page d'album (1954) {vo, p(hrp)} ...
H. de Balzac詩
・ L'armoire de campagne (1954) ...
R. Laporte詩
・六月の部屋 La chambre de juin (1954) ... Laporte詩
・映像 Image (1956) ...
Carême詩
・秘密の庭 Le jardin secret (1958) ...
R Faure詩
・ Celui qui dort (1963) ...
Eluard詩
・2つのソネット Deux sonnets (1964) ...
Shakespeare詩
・回想 'Le souvenir... déjà' (1966) {2vo} ...
J. Gacon詩
・夕べの祈り Prière dans le soir (1966) ...
E. Pépin詩
・月明かりのように Comme à la lumière de la lune (1967) ...
M. Proust詩
・ Cantate sylvestre (1972) ...
L. Dénoues詩
・マスコット Porte-bonheur (1974) {vo, fl} ...
F. Ducaud-Bourget詩
・炎の歌 Chant de feu (1976) {tnr, p} ...
L. Senghor詩
・愛の詩 Love poem (1976) ...
W. Cliff詩
・ニコラのために Pour Nicolas (1979) ...
M. Alix詩
・嘆願 Imploration (1981) ...
D. Boulanger詩
・鳥の詩 Oiseau-poème (1981) {vo, fl}
・静寂を纏いて J'habite le silence (1985) {m-vo, ob} ...
M. Manoll詩
・サンドラールの音楽 Musique pour Cendrars (1986) {btn, vla} ...
B. CendrarsによりCluzel詩
・平和の家で Dans la maison de paix (1987) ...
Cluzel詩


ソーゲを聴く


★★★★☆
"Symphony No.3 'I. N. R.' / Symphony No.4 'Du troisième age' " (Marco Polo : 8.223472)
Antonio de Almeida (cond) Moscow Symphony Orchestra
何でも発掘あるある大辞典状態のマルコ・ポーロは,ソーゲの交響曲を連続録音し,三枚からなる全集にしてしまいました。本盤はそのちの一枚で,後ろの二編を併録しています。国内にソーゲをきちんと紹介したページが殆どない現状では仕方なく,立項こそしたものの,実は小生,いまだにソーゲの作品を熱心に集めたことがありません。ミヨーやストラヴィンスキーの影響を感じさせるバーバルな躍動感が底流にあるいっぽう,彼らほど拍動が緊密で野趣溢れているわけではなく,リズムは舞台作家らしく,くっきりと具象的。そしてまた,舞台作家らしく時間を気にしない大味なところがちらほら。実際彼の交響曲は,四作入れるのに三枚掛かってしまう。良く言えばスケールが大きく,悪く言えば大味な作風なのかも知れない。そんな彼の美点は,蓋しオーケストレーション。色彩感に富んだ響きを効果的につなぎ合わせる術を知っており,独学なのが信じられない上手さです。似た作家を捜すと,イタリア臭抜きのジャン・フランチェスコ・マリピエロや,形式の大味なハワード・ハンソンあたりでしょうか。オケに頓着しないマルコ盤では,恐らく最も演奏レベルの高いアルメイダ/モスクワ響による秀抜な演奏で聴けます。お薦め作。

★★★★☆
"Les Caprices de Marianne" (Solstice : SOCD98/99)
Manuel Rosenthal (cond) Andrée Esposito (marianne) Irma Kolassi (hermia) Camille Maurane (octave) Michel Sénéchal (coelio) Louis-Jacques Rondeleux (claudio) Gérard Friedmann (tibia) Paul Derenne (l'aubergiste) Claude Genty (chanteur) Agnès Disney (duegne) Orchestre Radio-Lyrique
アンリ・ソーゲは新古典派のミヨーと,アルクィユ派のサティに傾倒した作曲家。そんな経歴が示す通り,形式や調性を逸脱することなく,20世紀音楽の中にあって懐旧的な作風を展開しました。とくに舞台音楽には力を入れ,多くの作品を遺した人物です。しかし,なぜかこれまで,あまり舞台音楽がCDになったことがない。この2枚組CDは,プラッソンの国内盤が出たバレエ音楽『旅芸人』以外,おそらく殆ど唯一,ソーゲの舞台作品に大きくスポットを当てた貴重な再発盤。しかも,何と指揮にはロサンタール!イルマ・コラッシも加わった女声陣の出来なんて,秀逸の一語です。こういう作品が新作としてまともに録音されていたということは,クラシック音楽の新作が,まだポップスなみに評価され演奏されていた良い時代だったちゅうことなんでしょうな〜。加えて曲が良い。ソーゲといえば和声面で優れている反面,リズムの表現がもうひとつな印象がありましたが,この作品は嬉しい誤算でした。多彩な拍節を緊密に連結した様式美と目まぐるしい転調,重厚な和声感覚。初期のオネゲルやストラヴィンスキーをもう少しロマン派的に平易にしたような作風は,叩き上げで認められた彼ならではのものです。

★★★★
"Complete Piano Works" (Discover International : DICD 920168)
Billy Eidi (piano)
ティンパニやアコールから出てくる近現代マイナー歌曲の伴奏者として活躍する傍ら,セヴラックのピアノ曲集の録音で高い評価を得たビリー・エイディ。そんな彼が,廉価なのに見識高いゲリラ企業ディスカバー・インターナショナル(コッホ系列)に吹き込んだソーゲのピアノ作品集がこれです。専ら舞台音楽でのし上がることに忙しかったと思しきソーゲのピアノ独奏曲は多くなく,このCD一枚でほとんど揃ってしまいます。ピアノ曲における彼の作風は,一言でいうなら,保守系ロマン主義の流れを汲む瀟洒なサロン音楽。最初期作品はミヨーのピアノ曲似。サロン音楽をノリノリにし,時折不似合いな不協和音のスタッカートを挿入。フランセやミヨーが良く見せる「おどろおどろしい軽さ」を追求した,蠢動擬古典様式とでもいうのでしょうか(笑)。その作風が,ミヨーが人を食った態度を改めロマンティックになっていくのとパラレルに,次第に多調によるロマンティックなものへと変化していきます。余程ミヨーのことが好きだったんでしょうねえ。後年の作品はエスプリに富み,ロマン派への真摯な憧憬が感じられる佳品揃い。瀟洒で愛らしい『ロマンス』や『ソナタ』は蓋しこの路線の隠れた佳曲です。ドビュッシー的な色彩感は薄いですが,ロマン派まで守備範囲に入った方ならお気に召すのでは。それにしてもこのレーベル,ミヨーのところでも紹介したフランソワ・ショボー盤も作ってましたし,ジャンポール・セヴィラにイベールを弾かせたのもここでした。一枚5ドル程の廉価版レーベルなのに,企画・人選は実に硬派。決して日本に比べて人口が多いわけではないのに,こういう会社があちこちにあって商売が成り立っている欧米は,やっぱり文化の層が厚いです。

★★★☆
Henri Sauguet "Inédits" (INA : IMV043)
Irène Joachim (sop) Hugues Cuenod (tnr) Claude Meloni, Gérard Souzay (btn) Doda Conrad (bss) Jeanne-Marie Darré, Jacques Février, Leon Fleischer, Jane Bathori, Henri Sauguet (p) Jean Sulem (vla) Raphael Sommer (vc)
INAは仏国立視聴覚資料館(institut national de l'audiovisuel)の略称。フランスのメディア芸術を発信する活動の活動の一環としてINAは,所蔵している膨大な音源資料を再編してはCD化。本盤も,その有り難い企画で日の目を見たものです。一枚でお手軽ソーゲを意図したと思われるこのCDは,歌曲,連弾,独奏,室内楽から,なんとミュージック・コンクレート手法まで。雑多なジャンルに渡って収録し,成る程これを聴くだけで,ソーゲの小規模編成作品の概観が可能になっている。歌曲を聴くと,やはりミヨーやサティの傍流で,実際どちらかといえば保守的なイメージで語られそうな仕立て上がり。しかし個人的には「イヤ,やっぱやることやってたんだナ〜」と感心せずにはおかないコンクレート作品が,一番面白く聴けました。クラシックというより,富田某とかゲゲゲのシルクロード氏が大仰な機材と設備でやっとこさ作るような音楽。何十年も前にそんなもんを独り音を拾ってはぽつりと作っていたソーゲの,新奇な機器に対する新鮮な驚きが,そのままの形で残っているというのは,何とも素敵です。思わず初めて音源モジュールやシーケンサーを買ったときのことを思い出し,天国のソーゲさんと仄かな心の交流が出来たような気になりました。

★★★★
"Works for 2 Pianos : Les Jeux de l'Amour et du Hasard / Valse Brève / Viñes aux Mains de Fée / Concert des Mondes Souterrains" (Arcobaleno : AAOC-93732)
Gisèle et Chantal Andranian (piano)
なかなかまとまった録音の出てこないソーゲに,珍しいピアノ二重奏の作品集があるのを見つけました。サティにミヨーと,かなり危ない橋を渡るソーゲの連弾ということで,誰しも直ちに浮かぶのは脳天気な『スカラムーシュ』でしょう。ええ,それで当たってます(笑)。やたら前衛臭く老成した掉尾のコンセールを除くと,音的には模範的六人組。近代最初のデュオ名曲『ドリー』や『小組曲』が醸し出す,あどけなく無垢な素地の上に,『スカラムーシュ』をごってりトッピング。オドロ軽い風刺画的童話音楽になっております。「ピカソのヘンナカオの合間からちらちら子どもの瞳をちらつかせて感動を誘っているのだな〜,そんな手には乗らんぞ」と思いつつも,素直そうな面影がちらつくその瞬間に,この人の根にある誠実さが垣間見え,不思議に趣を感じてしまいました。演奏するアンドラニアン姉妹は,1979年に結成された二重奏チーム。お二人ともパリ音楽院とエコール・ノルマルで,ピエール・バルビゼやジュヌヴィエーヴ・ジョワ,ブルノ・リグットらそうそうたる面子に師事。その後ヴィオッティ国際で入賞を果たし,ジョルジュ・シフラ財団の奨学金を得たようです。確かに個々人の技量は悪くなく,本家ボノー〜ジョワの連弾チームを思わせるみずみずしいタッチなどはなかなかに魅力的。恐らく絶頂期にはかなり見事な演奏をしたのではないか・・などと書くのも,どうもこの二重奏チーム,結成から既に四半世紀。さすがにお年のせいか,技巧もやや斜陽を迎え,呼吸がやや不揃いの様子。六人組的擬古典感のあるソーゲだけに,トリッキーなものが至難なのも分かりますが,パッセージが細かいものではペダルに頼って何とか・・といったところが目に付きます。それでも,ご覧の通りチープな廉価版レーベルで録音していることを思えば,充分過ぎるほどコスト・パフォーマンスは高い。曲を知る目的で聴く分には,満足して聴いていただけるレベルの演奏ではないかと思います。

★★★☆
"Le Cornette, Chanson d'Amour et de Mort / Mouvements du Coeur" (Cavalli : Bestell-Nr. : CCD 314)
Rudolf Piernay (b) Corinna Korff (p)
パウル・クレーの綺麗なピンク色をジャケットにした本盤は,パリを席巻したポスト・ドビュッシアンの二大潮流を折衷しての風刺画的プチ前衛。六人組のもつけばけばしく簡素な道化をいっぽうに,シェーンベルクやメシアンの不穏かつ脈絡希薄な和声進行を摘みだし,それらをサロン系の穏健な主旋律部にべたべたとコーティング。聴き手の耳を心地悪く裏切り,突拍子もなく六人組もどきの跳躍を弄しながら,所在なげに先の見えない展開がなされる。ええ,きっとメシアンからジョリヴェ方向に向かった人が聴くと,バリ(島)までは逝かずパリにとどまった脱欧趣味者の筆致として,それなりに面白いんでしょう。しかし,拍子抜けするほどオーソドックスな主旋律と,奇妙に跳躍する伴奏譜のあまりの齟齬。耳を裏切った後で「その手があったか」と思わせてくれればいいんですが,単に奇を衒ってる意外に効果を感じられない転調,跳躍,変拍子の集積。生理的にどうもそのズレズレ感に耐えられませんでした。「馬鹿だな,それがヤツの狙いなんだよ」と仰るあなたには,「そんなこと知るか。聴いてキモチワルイもんは気持ち悪いんじゃぁぁぁああ」と逆切れするしかございません。それだけに,併録の『心の移ろい』まで来るとどっと気が抜ける。こちらはショパンの没後百年を記念し,ルイ・ド・ヴァルモランの詩にフランセやプーランク,ミヨー,プルジェ,オリックが曲を付けた合作。録音は初めて見ました。驚くほど大人しいオリック,憂いを秘めた軽やかなプーランクにも増して,正統派の叙情派ポスト・ロマン歌曲で地味に印象を残すプルジェに刮目。1907年アジャッキオ生まれの宗教音楽作家でブーランジェの弟子。初めて聞く人ですが良い曲書きそうですねえ。前半が駄目な方は,この併録を聴いて自分を慰めましょう。レーベル同様聞いたことないバス歌手は,やや鼻に掛かったモソモソしたお声。低域の表現力にやや難があるものの,ピッチ正確でお上手です。

★★★★☆
"Alleluias..(Constant) Semaine Sainte à Cuzco (Tomasi) Arioso Barocco (Jolivet) Non Motietur in Æternum (Sauguet) Processional (Jansen) La Statue Retrouvée (Satie) Trois Prières sans Paroles (Damase) Sonata for Trumpet and Organ (Hakim)" (BIS : BIS-CD-1109)
Håkan Hardenberger (tp) Simon Preston (org)
ダマーズの3編を標題に頂き『沈黙の祈り』と題された本盤は,デンマークのアールフス教会なる寺院の大オルガンを使って吹き込まれた,仏近現代作曲家(それもかなり危険水域)が残したラッパとオルガンのための宗教小品集。1961年,スウェーデンはマルメ生まれの中堅,ハルデンベルガー氏に,オックスフォード教会のオルガニストを務めるプレストン氏という,仏ものをやるにはやや異色の顔合わせながら,演奏は硬質な緊張感があり,派手な跳躍にも高水準に反応するラッパの技巧もまた確か。演奏は見事であると思います。コンスタン,ジョリヴェと来た時点で,聴き手はある程度の覚悟を強いられるでしょうが,実際ここに収録された作品はどれも先鋭度高め。トマジはいつもの南仏的開放感とは異質の,ラングレ的神秘旋法ワールドを展開しますし,コンスタンは前半こそラングレ止まりながら,途中から俄かに雷雲立ち込め,自慢の狂乱者ワールドが出現するという具合。とはいえ,どれも作品は高度な旋法表現を基調に書かれ,晦渋ながらいわゆる前衛のイメージとは異質。むしろラングレ路線の神秘主義に立って,深い心象世界にどこまでも降りていくような,冷徹な表情を持つ作品群。グギョゲギョと炸裂して狂気を爆発させるアヴァンギャルド路線とは,ある意味正反対の美学に立脚している。滅多に聴けないソーゲ,やっぱり風刺擬古典的なサティ,そこにジャズの加わるハキム,個人的には白眉の出来と思われる叙情性豊かなダマーズなど,近代の耳で許容できる飴もちゃんと転がっており,オアナやデュティーユまで愉しむ方なら,充分満足できると思います。

★★★★
"L'Invitation au Voyage / LaVie Antérieure (Duparc) Chant d'Autumne / La Rançon / Hymne (Fauré) Harmonie du Soir (Bréville) Les Hiboux (Séverac) Le Chat (Sauguet) Je N'ai Pas Oubilié... (Capdevielle) L'Invitation au Voyage (Chabrier) Le Balcon / Harmonie du Soir / Le Jet d'eau / Recueillement / La Mort des Amants (Debussy)" (Harmonia Mundi : HMA 1951219)
Felicity Lott (soprano) Graham Johnson (piano)
数多大物の中では,最もマイナー作家に対する造詣が深く,時折びっくりするようなものを探し出しては録音なさるロットさん。彼女の面目躍如たる歌曲集がこれ。仏近代作家が最も多く曲を付けた詩人のひとり,シャルル・ボードレールに目を付け,詩人繋がりで仏近代の歌曲史を概観しようと目論んだオムニバス企画です。これと殆ど同じ趣旨の企画盤は以前INAからも出ていまして,そちらはポール・ヴェルレーヌ繋がりでした。歌声はさすがの美声。音程も下から上まで良く伸びる,華やかに張ったお声は,音程も美しく取れ,さすが一流と感心します。そんな美声で聴くブレヴィユの秘曲は,初期の作品なのかそれほど緊密な和声はないものの,たっぷりと敷衍される主題と,それを支える多彩な転調技法が,分散和音主体の伴奏に支えられて好ましい世界を作っていますし,地味な六人組のはずのソーゲも,簡素な主題をドビュッシズム漂う和声進行で彩った佳品。加えて,余所でまずお見かけすることのないキャプドヴィエルの珍曲は,本盤のひとつのクライマックスでしょう。ややピアノ伴奏が単調ではあるものの,指揮者の手すさびとは思えないほどの美しいポスト・ロマン派小品。パリ音楽院ではヴィダルとジェダルジュに学び,ダンディと私的に師弟関係を持ち,エマニュエルと親しく交流していたというから,作曲家としてもただ者ではなかったのでしょう。大物でいながら,こんなものを拾ってくる彼女の見識は素晴らしいです。いまだ本盤くらいしか録音が出ていないようですが,勿体ないですねえ。室内楽なんか残っていたら良さそうな気配が,どなたか録音してくれないもんでしょうか。

★★★★
"Le Saxophone Français" (EMI : 7243 5 72360 2 7)
Sonate bucolique (Sauget) / Sonate (Absil) / Sonate (Creston) / Fantaisie-impromptu (Jolivet) / Gavambodi 2 (Charpentier) / Epitaphe de Jean Harlow (Koechlin) / Printemps (Tomasi) / Le Chant du Veilleur (Nin) / Sextuor (Villa-Lobos) Introduction et Variations sur une Ronde (Pierné) / Quatuor (Désenclos) / Grave et Presto (Rivier) / Quatuor (Schmitt) / Quatuor (Dubois) / Petit Quatuor (Françaix) / Valse Chromatique (Vellones) / Sonate (Hindemith) / Nocturne (Beck) / Sonate (Denisov) / Improvisation I (Noda) / Rhapsodie (Debussy) / Concertino da Camera (Ibert) / Canzonetta (Pierné) / Pâtres (Forêt) / La Précieuse (Kreisler) / La Cinquantaine (Gabriel-Marie) / Chanson Hindoue (Rimsky-Korsakov) / Humoreske (Dvorák) / Variations sur Malborough (Combelle)
Quatuor de Saxophones Deffayet : Henriette Puig-Roget, Pierre Pontier, Marcel Gaveau (p) Daniel Millet (msp) Lily Laskine (hrp) Ramon de Herrera (g) Membres du Quintette à Vent de Paris : Jean Martinon, Philippe Gaubert (cond) Orchestre National de l'O.R.T.F.
ドゥファイエ・サクソフォン四重奏団を始めとする室内楽陣と,歌手陣によるフランス近代系の作品オムニバス企画。滅多に聴く機会のない作品がずらりと並び,資料的価値というだけを取っても得難い一枚です。ジョリヴェを含む一枚目はかなり無名の作家が並びますが,いずれも秘曲なのが信じられないグレードの高さ。特にクレストンなる作曲家のサックス・ソナタはイベールやプーランクから毒気を抜いて真っ当にしたような(笑)作品で,目まぐるしく転調しながら技巧的なリフを積む旋法性の高い作風。それでいてロマンティックな主題が持ち味。色彩感溢れる分散和音と,ドビュッシーを思わせるクロマチックな主旋律とが好ましく和合した掘り出しものです。演奏は古典的サックス名手ミュールを含め,年代にも演奏の出来にもややばらつきがありますが,いずれも一線級の演奏家。EMIらしい豪華なてんこ盛り企画です。

(2002. 2. 1 upload / 2006. 12 Amendment in progress)