Tの作曲家



アンリ・トマジ Henri Tomasi (1901-1971)

フランスの指揮者,作曲家。コルシカ系。本名アンリ・フルディアン・トマジ(Henri Fredien Tomasi)。1901年8月11日マルセイユ生まれ。パリ音楽院へ進み,対位法及びフーガをジョルジュ・コサード,作曲をポール・ヴィダル,指揮法をヴァンサン・ダンディとフィリップ・ゴベールに師事。1932年にプロコフィエフ,プーランク,ミヨー,オネゲル,フェルーらとともに,室内楽演奏の団体【ル・トリトン】を創設。1927年に「コリオラン(coriolan)」でローマ大賞第2位を獲得するとともに,指揮部門で1等を獲得。1926年にアルフェン賞,1953年にフランス音楽大賞,パリ市音楽大賞を受賞。1956年から1960年までモンテカルロ歌劇場の音楽監督を務めるなど,活動の中心は指揮者としてのものであり,作品の大半は晩年の15年間に書かれたものである。フランス近代の和声感を持ちながらも,後期ロマン派から現代音楽まで幅広い書法を取り込んだ折衷的な作風を特徴とした。1952年に事故のためほぼ聾唖となってからは厭世的になったとされる。1971年1月13日パリにて死去。(関連ページ:アンリ・トマジ財団


主要作品

歌劇 ・マニャーラのドン・ファン Don Juan de Mañara (1944) {act, orch}
・ミゲル・マニャーラ Miguel Mañara (1944) {4act 6tbl: 2sop, 3tnr, btn, 4bss, orch}
・叙情劇【アトランティド】 L'atlantide (1951) {2act: sop, 2tnr, btn, bss, orch}
・オラトリオ 【ジャンヌの勝利】 Le triomphe de Jeanne (1955) {3act: sop, btn, vos, choir, child-choir, orch}
・センピエロ・コルソ Sampiero Corso (1956) {3act 4tbl: 2sop, btn, recit, choir, orch}
・オペレッタ【テオドール一世】 Théodore 1er, roi des Corses (1958)
・叙情劇【海の静けさ】 Le silence de la mer (1959) {btn, orch}
・アッシジのフランソワ Francois d'Assise ou le petit pauvre (1957) {4act 10tbl: sop, c-alto, btn, comedian, martenot, choir, orch}
・室内歌劇【はちどり】 Le colibri: féerie radiophonique (1961) {2vo, f-choir, 2p, martenot, orch}
・道化芝居【王女ポーリーヌ】 Princesse Pauline: opéra-bouffe (1962) {2act: 3sop, tnr, btn, bss, choir, orch}
・喜劇【ゴーシェの夢の精】 L'elixir du révérend Père Gaucher (1964) {2act 5tbl: vos, various perc, vib, xyr, galoubet, choir, orch}
・愚者礼賛 L'éloge de la Folie (1965) {3vo, danser, orch}
・ユリーズまたは美しい人 Ulysse ou le beau periple: jeu litteraire et musical (1965) {prologue 3act 7tbl: sop, tnr, btn, 2bas, various perc, orch}
バレエ ・村の薔薇 La rosière du village, suite tirée du ballet (1933) {2act}
・老人 La grisi: sur des thèmes d'Olivier Métra (1935) {2act}
・ナイトクラブ Boîte de nuit (1937) {1act}
・プロヴァンス風の牧歌 Les santons: pastorale provençale (1939) {1act} {vo, choir, orch}
・ラオスの妖精 Féerie Laotienne (1950) {2act}
・遺灰の婚礼 Les noces de cendre, suite symphonique (1952) {2act}
・マザルゲーズの愚か者 Les folies mazarguaises, suite provençale gaie (1953) {2act}
・ジャバダオ Jabadao (1959) {1act}
・バルバレスク Les barbaresques (1960)
・無言劇【ナナ】 Nana: ballet-pantomime inspiré du roman d'Emile Zola (1962)
・オガール高原の王侯ダジーヌ Dassine, sultane du Hoggar: poème choregraphique (1962) {2act 5tbl}
管弦楽 ・キレネの民 Cyrnos (1929) {orch?}
・交響詩 【タム・タム】 Tam-Tam (1931)
・ラオスの歌 Chants laotiens (1934)
・カンボジア風舞曲 Deux danses cambodgiennes (1934)
・交響的絵画【コロンバ】 Colomba: tableaux symphoniques d'après la nouvelle de Prosper Mérimée (1936)
・プロヴァンスの夜 Nuits de Provence, évocations symphoniques (1952)
・カビール市場 Marché Kabyle - musique symphonique légère (1959)
・ベルベル人の少女の踊り Danse de jeunes filles berbères - musique symphonique légère (1959)
・プロヴァンス風小交響曲 Sinfonietta provençale (1959)
・ベルリオーズの想い出に捧ぐ交響曲 Symphonie à la memoire de Berlioz (1967)
・第三世界の交響曲 Symphonie pour le tiers monde (1968)
・交響詩【ベトナム人のための歌】 Chant pour le vietnam (1969)
・キャラバン:サハラの印象 Caravanes: impressions sahariennes (-)
・ブラジルの舞曲 Danses brésiliennes - suite pour petit orchestre (-) {fl, cl, ts, tp, perc, hrp, strings}
・夢の踊り Danses de rêve, suite symphonique (-)
・回教僧の踊り Danses des derviches tourneurs - pièce symphonique pour orchestre a cordes et harpe facultative (-)
・ドガの踊りのお相手 Danseuses de Degas (-) {hrp, strings}
・メヌエット Menuet (-)
・ハ調の交響曲 Symphonie en ut (-)
協奏曲 ・奇想曲 Capriccio (1932) {vln, orch}
・バラード Ballade (1939) {as, orch}
・ホ調の小協奏曲 Concertino en Mi (1945) {fl, orch}
・フルート協奏曲 Concerto en fa pour flûte et orchestre (1947) {fl, orch}
・トランペット協奏曲 Concerto pour trompette et orchestre (1948) {tp, orch}
・サクソフォーン協奏曲 Concerto pour saxophone alto et orchestre (1949) {sax, orch}
・ヴィオラ協奏曲 Concerto pour alto et orchestre (1951) {vla, orch}
・クラリネットと弦楽のための協奏曲 Concerto pour clarinette et orchestre à cordes (1954) {cl, hrp, strings}
・ホルン協奏曲 Concerto pour cor et orchestre (1955) {hrn, orch}
・トロンボーン協奏曲 Concerto pour trombone et orchestre (1957) {tb, orch}
・オーボエ協奏曲 Concerto pour hautbois et orchestre de chambre (1959) {ob, orch}
・バスーン協奏曲 Concerto pour basson et orchestre de chambre (1961) {bssn, hrp(p), strings}
・ヴァイオリン協奏曲 Concerto de violon (1962) {vln, orch}
・クスコの聖週間 Semaine Sainte à Cuzco (1962) {tp, org, 2hrp, orch}
・春の協奏曲 Printemps (1965) {fl, strings, perc}
・ハープ協奏曲【高地のバラード】 Concerto de harpe "highland ballad" (1966) {hrp, orch}
・スコットランド風バラード Ballade écossaise (1966) {3winds, hrp, strings}
・ギター協奏曲(命を絶たれた詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカを偲んで)
 - Concerto pour guitare et orchestre: à la mémoire d'un poète assassiné, F.G. Lorca (1966) {g, orch}
・チェロ協奏曲 Concerto pour violoncelle et orchestre (1969) {vc, orch}
・コントラバス協奏曲 Concerto pour contrebasse et orchestre (-) {b, hrp, orch}
・サルヴェ・レジナによる変奏曲 Variations grégoriennes sur un Salve Regina (-) {tp, 2hrp(org), strings}
室内楽 ・芸者遊び Jeux des geishas (1931) {5winds, perc, hrp(p), 2vln, vla, vc}
・コルシカの主題による変奏曲 Variations sur un thème corse (1938) {fl, ob, cl, hrn, bssn}
・室内コンセール Concert champêtre (1939) {ob, cl, bssn}
・弦楽三重奏曲 Trio à cordes (1943) {vln, vla, vc}
・典礼ファンファーレ Fanfares liturgigues (1947) {brass, sop, choir, perc}
・若いインド人の哀訴 Complainte du jeune indien (1949) {cl, p}
・インカの田園詩曲 Pastorale Inca (1950) {2vln, fl}
・コルシカ喜遊曲 Divertimento corsica (1952) {3woodwinds}
・木管五重奏曲 Quintette à vent (1952) {fl, ob, cl, hrn, bssn}
・ミレイユの墓 Le tombeau de Mireille (1959) {baloubet(ob/fl), tamb}
・“生きるべきか死ぬべきか” Etre ou ne pas être: monologue d'Hamlet (1963) {b-tb (tba), 3tb}
・3つの喜遊曲 Trois divertissements (1964) {4cl}
・春 Printemps à vents (1963) {as, fl, bssn, ob, hrn, cl}
・エヴォカシオン Évocations (1968) {ob (e-hrn)} ...
ASのためのエヴォカシオンもあり?
・シクラデス Les cyclades (1969) {2fl}
・パギエラ Paghiella, sérénade cyrnéenne (-) {vln, p}
・三部作 Triptyque: scherzo, largo et saltarelle (-) {tp, p}
・アンタールの嘆き Tristesse d'Antar (-) {vln, p}

・神聖な舞曲と世俗的な舞曲 Cinq danses profanes et sacrées (-) {fl, ob, cl, hrn, bssn}
・コルシカの歌 Chant corse (-) {hrn, p}
・素描 Croquis (-) {2bssn}
・序奏と舞曲 Introduction et danse (-) {as (cl), p}
・夜想曲 Nocturne (-) {cl, p}
・3つのパストラール Trois pastorales (-) {3fl}
・トランペット三重奏のための組曲 Suite pour trois trompettes (-) {3tp}
・祈りと典礼風の踊り Invocations et danses rituelles (-) {fl, cl, hrp}
・プロヴァンス風パストラール Pastorales provençales (-) {fl, 2g/chamber-orch}
・コルシカの小さき騎士 Le petit chévrier corse (-) {fl, g(p/hrp)}
・バルエールのレケルドス Recuerdos de las Baleares (-) {ob, 3g, perc}
・暦の組曲 Suite calendale (-) {2fl (galoubet), tamb}
・小組曲 Petit suite (-) {4hrn}
・祈りと踊り Invocation et danse (-) {hrp}
・演奏会用練習曲 Trois études de concerts (-) {ob}
・アッチカ風のソナチヌ Sonatine attique (-) {cl}
・哀訴と踊り Complainte et danse de Mogli (-) {fl}
・フルート独奏のためのソナチヌ Sonatine pour flûte seul (-) {fl}
・アンデスの騾馬引き Le muletier des Andes (-) {g}
ピアノ曲 ・キレネの民の詩曲 Poème pour cyrnos (1918)
・短い小品集 Pièces brèves (1929)
・風景 Paysages (1931)
・クロディネの刻印 Le coin de Claudinet (-)
・子守歌 Berceuse (-)
・ファントーシェ Fantoche (-)
・タンバリン風に Tambourinaires (-)
・タランテラ Tarentelle (-)
映画音楽 ・腕利きの女ペンキ塗り師 Bonne peinture (-)
・求婚 Demande en mariage (-)
・ニジェールの男 Homme du Niger (-) ...
I. de Baroncelli監督
・レジオン・ドヌール賞 Legions d'honneur (-) ...
M. Gleize監督
・我が風車小屋の手紙 Lettres de mon moulin (-) ...
M. Pagnol監督
・誕生 Nais (-) ...
M. Pagnol脚本,M. Leboursier監督
・波の上の漁師 O pescador dell'onda, d'après un vieux theme populaire corse Paroles (-) ...
語りJean Marietti
・コルシカの兄弟 Extrait de la musique du film "Frères corses" (-) ...
M. Gleize監督
ラジオ音楽 ・アジャ Ajax (-)
・ダニエルとその歌 Daniel et les songes - Dolores (-)
・ラ・フォンテーヌの幼少期 Enfances de La Fontaine (-)
・南の大海,マオリ族の祈りと死の静寂 Mers du sud, évocation Maori - mort du silence (-)
・受難 Passion (-)
・古代ペルシャ人 Les perses (-)
・黄金のスカラベ Le scarabée d'or (-)
声楽曲 ・コルシカの詩 Poème pour Cyrnos (1918) {choir}
・ヘブライの歌 Chant hébraïque (1929)
・コリオラン Coriolan (1927) {vo, orch}
・ラオスの唄 Cinq chants Laotiens (1933)
・空の晴れ間 Clairières dans le ciel: 2 mélodies (1933) {sop(tnr), orch}
・ポール・フォルの2つの詩 Deux mélodies de Paul Fort (1933) {vo, orch}
・交響詩【ヴォチェロ】 Vocero (1932) {choir, orch}...
バレエ版あり
・芸者の唄 Les chants de geishas (1935)
・3つのスコットランド風の歌 Trois chansons écossaises (1936) {3vo, strings}
・コルシカの歌 Chants de Cyrnos (1936) {g(hrp), acrdn, glock, perc, choir, orch}
・フランシス・カルコの4つの歌 Quatre mélodies de Francis Carco (1939) {f-vo, orch}
・平和のレクイエム Réquiem pour la paix (1945) {sop, btn, choir, orch}
・妖精の棲む島 Chant de la fée des îles (1947) {vo, orch}
・聖ジャンが磔刑に処された仄暗い夜 La nuit obscure de Saint Jean de la Croix (1951) {msp, orch, orch}
・ノア=ノア Noa-noa (1958) {tnr, btn, choir, orch}
・弾道 Trajectoires (1959) {choir, orch} ...
1958年ブリュッセルの万国博のために作曲
・降誕祭のミサ Messe de la nativité (1960) {choir, ob, e-hrn, bssn, hrn, hrp, perc, tmbln/choir}
・ニコラス・サボリーの12の降誕祭唱歌 Douze noëls de Nicolas Saboly (1960) {choir, orch}
・真夜中のミサ Messe de minuit (1960) {child-choir, ob, celesta, garupe, vib, 3g}
・セギン氏の雌山羊 La chèvre de Monsieur Seguin (1964) {child-choir, f-choir, recit, orch}
・ティパサへの帰還 Retuor à Tipasa (1966) {narr, choir, orch}
・ベトナムのための詩 Chant pour le Viet-Nam (1966)
・無伴奏合唱によるコルシカ聖歌 Des chants corse à cappella (1970) {choir}
・12のコルシカ民謡 Chants populaires de l'île de Corse (1971) {choir}
・6つのコルシカ民謡 Six mélodies populaires corses (-) {btn, orch}
・18のコルシカ民謡 Dix huit chants populaires de l'île de Corse (-) {sop, msp, f-choir, orch}...
上記とは異曲
・ベニス風セレナーデ Sérénade vénitienne (-) {sop (tnr), orch}
・コルシカの歌 Chants corses (-) {vo, orch}
・パストラール Pastorale (-) {choir, orch}
・サルヴェ・レジナ Dio vi salvi regina, hymne religieux des corses (-) {choir, org, orch(p)}
・雲,厚く灰色の Gros nuages gris (-) {vo, f-choir, orch}
・鳴らせ鐘を,我らが愛する人へ向けて Cloches, sonnez pour notre amour (-) {btn, chamber}
・朝の歌 Chanson de matin (-) {vo, orch}
・母よ,この上なく温厚な Mère très douce (-) {vo, f-choir, orch}
・もしも口づけを交わせるなら C'etait un baiser (-) {vo, orch}
・アルフォンス・ドーデの2つの歌 Deux ballades de Alphonse Daudet (-) {vo, choir, orch?}
・ミサ曲 Messe en Ré, essai de messe profane sur les liturgies intimes de Paul Verlaine (-) {4vo, choir, org, orch}
・レクイエム Réquiem (-) {sop, alto, tnr, btn, choir, org, orch}
・羊飼いの夫婦 Bergers, bergères (-) {4p-choir}
・ベツレヘムの小屋 Le cabanon de Bethléem (-) {4p-choir}
・作りの悪い脚 La jambe me fait mal (-) {4p-choir}
・田園詩曲集 Les pastoureaux (-) {sop, tnr (tnr, btn can be added)}
・山の牧人 Pâtres des montagnes (-) {3vo}
(詳細不明) ・アルフォンソ・ドーデの3つの劇的寓話 Trois contes lyriques d'après Alphonse Daudet (1963)


トマジを聴く


★★★★☆
"Don Juan de Mañara / Triomphe de Jeanne" (INA-Forlane : UCD 16553)
Henri Tomasi (cond) Raoul Jobin, Martha Angelici, André Vessières, Jacqueline Brumaire, Bernard Demigny, Paul Cabanel, Joseph Peyron, Henry Vermail (vo) Orchestre National de France : Choeurs de la Radiodiffusion Française
アンリ・トマジは,一応ローマ大賞も獲得した大作曲家なのですが,彼のCDというのは本当に少ない。もともと指揮者として著名であり,作曲家としての活動が晩年に集中したことも大きいでしょう。このCDはフランス国立管弦楽団を率いたトマジの大変珍しい自作自演盤。ただでさえ作品集僅少なトマジが,自らその中でも内容的に優れた作品を振っている,決定盤と呼んでも良い一枚です。何しろ半世紀前の録音(CD化が1992年ということは,初演40周年を記念したものか)でモノラルですし,音質的には到底誉められたものではありませんが,めまぐるしく変化する躍動的なテンポ,次々転調する緊密な和声,オネゲルの『ダヴィデ王』やストラヴィンスキーの『星の王』に,アメリカのハンソンを思わせる通俗的な表情と,作品に開放感をもたらす南欧的エキゾチズムを加えた作品構成など,トマジらしい個性がいかんなく発揮された秀作ではないでしょうか(K粗の『トランペット協奏曲』を思わせる和声進行など,トマジならではです)。CD化されたものの中では『トランペット協奏曲』と並んで代表作と呼んでも良い内容と思います。独唱陣はあまり聴いたことがない方々ですが,みな達者。音質は気にしないというファンにはぜひ。お薦め盤。

★★★★☆
"Périple d'Ulysse / Ballade Écossaise / Printemps / A la Mémoire d'un Poète Assassiné, F.G.Lorca" (Lyrinx : LYR 227)
Devy Erlih (vln) Marielle Nordmann (hrp) Jean-Pierre Rampal (fl) George Tzipine, Reynald Giovaninetti, André Girard, Alexandre Lagoya, Jean Périsson (cond) Orchestre National de France, Orchestre de Chambre des Solistes de Marseille, Orchestre de Chambre de l'O.R.T.F., Orchestre Symphonique de Radio-Zagreb
知る限り3種類ぽっちなトマジ作品集が!しかも協奏曲ばかりまとめて4編!本来なら諸手をあげて大推薦,したいんですけどねえ・・(悩)。どういうわけか本盤,彼の暗黒面であるところの,ゴーギャニスト系無調モロな作品ばかりを選定している。『ユリーズの帰還』は,ジョリヴェ管弦楽を少し大人しくしたような無調系野蛮主義。本家と違って緩楽章には深い叙情性があり,無調の合間にちょこちょこと繊細な和声の飴を挟み,辛うじて理解範囲に着地するあたりはいかにもトマジ。とはいえ,『トランペット協奏曲』や『サクソフォンのバラード』に聴ける,色彩感溢れる和声と南欧風の開放的な旋律は,どこにも見受けられません。続く『スコットランド風バラード』は,文字通り遅いテンポのお陰で思索的になりますが,耳障りの悪い不協和音中心の和声と無調に片足を乗せながら時折調性感をちらつかせる主旋律のコンビネーションは不変。イベールがジョリヴェ化したような『春』もしかり。辛抱して最後まで聴けば,部分的に叙情が挟んであり,鞭のマゾで飴を美味しくする彼の狙いも見えてくるのですが,如何せんそうまでして聴きたくなる愉快な作品とは言い難いですねえ。口惜しいことに本盤,演奏はめちゃんこ良好。寡聞にして良く知らないヴァイオリンの技量は相当なもので,力感たっぷりにオケを引っ張りますし,有名人な残り二名は言わずもがな。仏国立と国営放送を筆頭にオケも一線級。何ぶんライヴ録音の集成ですし,『・・バラード』の1985年以外は全て1960年代の録音。音質的にはやや古臭いものの,トマジの数少ないリファレンスとしては充分と思います。現代ものが苦手なあなた!これ聴いてトマジを見限らないでね?彼はカメレオンですから(笑)。

★★★★
"Trompette Musique Française :
Incantation, Thrène et Danse (Desenclos) / Concerto No.2 pour Trompette et Orchestre (Jolivet) / Concerto pour Trompette et Orchestre (Chaynes) / Concerto pour Trompette et Orchestre (Tomasi)" (Adda-Besson: 590027)

Eric Aubier (tp) Marius Constant (cond) Orchestre du Théâtre National de l'opéra de Paris
つい先日(2000年某月)行われた某コンクールでも課題曲だった『トランペット協奏曲』は,トマジの代表作として知る人ぞ知る近代〜現代音楽の名品。ラヴェルやイベールを思わせる,むせ返るように南欧的な和声とモードを拡張したトリッキーな主旋律に,デュティーユとオネゲルの間を突き抜ける晦渋で緊張感溢れる書法が遺憾なく織り交ぜられたこの作品は,職人気質漲る彼の至芸が発揮された秀作といえましょう。既に発売から10年以上経過しているこの盤を入手するのは難しいかも知れませんが,フランスを代表するラッパ吹きであり仏近代の積極的な録音も行っているオービエと,自らも現代音楽の作曲家であるコンスタンががっぷり四つに組んだこの作品,モチーフが双方最も得意とする題材であることも手伝って,意気上がる熱演。嬉しい限りです。ただ,併録曲はかなり前衛的。シャイネとジョリヴェは【若きフランス】絡みの脱欧入亜なゴーギャニスト。うっきーうっきーとヒステリックに雄叫びを挙げる曲想は相当程度,好みが分かるであろうことは覚悟してください。

★★★★
"Requiem pour la Paix / Fanfares Liturgiques / Etre ou ne pas Être" (Marco Polo: 8.225067)
Michel Piquemal (cond) Marie-Paule Lavogez (sop) Jacqueline Mayeur (msp) Michel Pastor (tnr) Didier Henry (btn) Trombone Massilia : Choeur Régional Provence-Alpes-Côte d'Azur : Choeur Départemental des Alpes-Martimes : Orchestre Philharmonique de Marseille
無名作家を発掘することに掛けては抜群の手腕を誇るマルコポーロ。本盤もその一つで,当時はまだ器楽奏者によるオムニバス盤以外では滅多に取り上げられることのなかったトマジの作品を,まとまった形で聴ける形を作った得難い録音でした。本盤の出た2000年当時,トマジの作品集は,管見の限りこの盤とあと一枚,「コルシカ島の民謡」を収めたCDがあったくらいでしたから,いかに目の付け所が良かったかお分かり頂けることでしょう。トマジゆかりのマルセイユ管に,ヴィットリア島合唱団,コート・ダジュール合唱団の音楽監督をしていたミシェル・ピクマルが振り,独唱陣には【マゲローヌ】に絡んで本領を発揮するディディエ・アンリの姿も。近代フランス合唱曲の積極的な紹介に奔走する救世主たちの力が良い具合に集まり,結実しているのでは。作風が日和見的に変化するトマジ。ここでも,晦渋な表現はところどころに見られはします。そのいっぽう「平和のレクイエム」なためか,トマジの作風も穏健。短い楽曲とも相俟って,比較的聴きやすい一枚です。

★★★☆
"A la Source du Folklore :
12 chants de l'ile de Corse / 12 Noels de Nicolas Saboly / Messe de la Nativite" (Sonpact : SPT 93009)

Thérèse Farré-Fizio (dir) Maîtrise Gabriel Faure et al.
トマジ・ファンなら誰もが垂涎なさるであろうこのCD。数少ないトマジの作品集にして,珍しい合唱曲を集めた珍品として,マニア間では知られた一枚です(ほんまかいな)。希少な本盤を血眼になって探しておいでの(実は本盤以上に)希少なファンの皆様,ご安心くだされ。はっきり言ってこのCD,それほど大した代物ではありません。合計46曲が74分のCDに入っていると言うことは,推して知るべし乍ら一曲は1分前後のスケッチ。さらに冒頭の『12のコルシカ民謡』の題が示す通り,これはどちらかというと,純粋な作曲作品というよりは,民謡を採譜して残そうという,音楽史的関心のもとに作られた編曲作品のほうに近い内容で,その分,トマジの持つシンフォニストとしての魅力は削られてしまいます。合唱ファン,もともとこの曲をご存じの方を除けば,物珍しさだけで聴くCDです。これを買うくらいなら,入手平易なマルコ盤『平和のレクイエム』でもお求めになった方が,遙かにトマジの才能を正当に評価できるのではないでしょうか。ちなみにこの曲,事情通の方によるともう一枚対抗盤があるらしく。そちらのほうが演奏は遙かに良く,くだんの人物曰く「そっちを聴いたらぷ〜さんの感想も少しはマシになりますよ」だそうです(笑)。

★★★★
"La Trompette Française :
Intrada (Honegger) / Concerto pour Trompette (Bacri) / Semaine Sainte à Cuzco (Tomasi) / Élégie (Escaich) / Étude No.2: No.12 (Charlier) / Suite en Trois Parties (Schmitt) / Concerto pour Trompette et Orchestre à Cordes (Delerue) / Légende (Enesco)" (Pierre Verany: PV 798011)

Eric Aubier (tp) François-Xavier Bilger (cond) Orchestre de Bretagne
現代フランスを背負う気鋭のラッパ吹きエリック・オービエさんは,名声を生かして近現代の珍しい作品をちょくちょくCDにしてくれる素敵なおじさまでもあります。本盤はそんな彼の嗜好が良く出た仏近代トランペット作品集。ただ,近代とはいえここに収められた作品は,より現代音楽に近い難解な作風を誇る作家のが中心。狭義の印象主義的な作品を期待してこのCDを買うと,目を白黒させることになります。収録されたトマジの作品も,全体の制作方針からか上記二枚よりかなり晦渋。演奏はピカイチなうえ代表曲ながら,広くお薦めはしかねます。むしろ,印象主義のファンにとってこの盤の魅力となりそうなのは,カップリングされたシュミットの珍曲「3部の組曲」や無名ラッパ奏者シャリエの「練習曲」,エネスコの「エレジー」など。演奏は良いので,無名作家漁りにご関心の方にはお薦めです。

★★★★☆
"Alleluias..(Constant) Semaine Sainte à Cuzco (Tomasi) Arioso Barocco (Jolivet) Non Motietur in Æternum (Sauguet) Processional (Jansen) La Statue Retrouvée (Satie) Trois Prières sans Paroles (Damase) Sonata for Trumpet and Organ (Hakim)" (BIS : BIS-CD-1109)
Håkan Hardenberger (tp) Simon Preston (org)
ダマーズの3編を標題に頂き『沈黙の祈り』と題された本盤は,デンマークのアールフス教会なる寺院の大オルガンを使って吹き込まれた,仏近現代作曲家(それもかなり危険水域)が残したラッパとオルガンのための宗教小品集。1961年,スウェーデンはマルメ生まれの中堅,ハルデンベルガー氏に,オックスフォード教会のオルガニストを務めるプレストン氏という,仏ものをやるにはやや異色の顔合わせながら,演奏は硬質な緊張感があり,派手な跳躍にも高水準に反応するラッパの技巧もまた確か。演奏は見事であると思います。コンスタン,ジョリヴェと来た時点で,聴き手はある程度の覚悟を強いられるでしょうが,実際ここに収録された作品はどれも先鋭度高め。トマジはいつもの南仏的開放感とは異質の,ラングレ的神秘旋法ワールドを展開しますし,コンスタンは前半こそラングレ止まりながら,途中から俄かに雷雲立ち込め,自慢の狂乱者ワールドが出現するという具合。とはいえ,どれも作品は高度な旋法表現を基調に書かれ,晦渋ながらいわゆる前衛のイメージとは異質。むしろラングレ路線の神秘主義に立って,深い心象世界にどこまでも降りていくような,冷徹な表情を持つ作品群。グギョゲギョと炸裂して狂気を爆発させるアヴァンギャルド路線とは,ある意味正反対の美学に立脚している。滅多に聴けないソーゲ,やっぱり風刺擬古典的なサティ,そこにジャズの加わるハキム,個人的には白眉の出来と思われる叙情性豊かなダマーズなど,近代の耳で許容できる飴もちゃんと転がっており,オアナやデュティーユまで愉しむ方なら,充分満足できると思います。

★★★★
"Trois Pièces Brèves (Ibert) : Printemps (Tomasi) : La Cheminée du Roi René (Milhaud) : Septuor (Koechlin) : Quintette no.1 (Françaix) : Scherzo (Bozza)" (BIS : CD-536)
Berlin Philharmonic Wind Quintet
ベルリン・フィルハーモニーの構成員5人が集まって組織されたこの楽団,言うまでもなく通常は古典や前期ロマン派などがレパートリー。彼らゲルマン人の音楽史観では印象派なんぞワグナーからシェーンベルクへと移行する途上に咲いた突然変異の仇花に過ぎないわけで,滅多に録音してくれるはずもありません。このCDはそんな楽団が残してくれた,非常に珍しいオール・フランス・プログラム。選曲もトマジにボザ,ケックランと,つまみ食い企画のわりにはかなり硬派でマニアックなうえ,天下のベルリン響の構成員らしく演奏技術が素晴らしいです。じゃァどうして4つ星なんですか?と仰るあなたは鋭い。選曲をみても,彼らの仏ものに対する知識はかなりのものでしょう。そんな彼らが選んだゆえにこそその選曲が,却って彼らの音楽観を反映しているのですね。和声は希薄で,細かいリフが交錯する対位法様式のものばかりなんですよ。古楽通のケクランにロマン派回帰のミヨー,通俗的ながらやはり懐旧的なフランセという人選,そして,トマジとは思えないほど擬古典的な『春』・・一見無作為なようでいて,実はかなり意図的なものだと思った次第です。演奏は(アルバン・ベルク四重奏団のドビュッシーがそうだったように)技術的には大変高水準。でありながら,どこか無機質な響きが特徴です。

★★★★
Clarinet Masquerade :
"Ancient Hungarian Dances (Farkas) : Divertimento (Mozart) : Trois Divertissements (Tomasi) : Misty (E.Garner) : The Girl from Ipanema (Jobim) : French Suite (Desportes) : Sonata (Albinoni) : Serenade (Stark) : Rhapsody/Summertime (Gershwin) : Cadenza (Phillips) : Muskrat Souza" (ASV : CD WHL 2076)

Thurston Clarinet Quartet
王立音楽学校出身の4人のクラリネット吹きにより結成され,その後BBCラジオ付けの演奏活動を続けているという四重奏団による摩訶不思議なオムニバス企画。ジャズ畑からはエロール・ガーナーとアントニオ・カルロス・ジョビン,クラシックはモーツァルトから近現代まで。とことんまで共通項を排除した全天候型企画です。それでも滅多に録音のないトマジと,これ以外では全く録音を見たことのないデポルトの『フランス組曲』につられて買わされる小生も小生か。あっしのような好事家を全ジャンルに渡って購買対象にした皮相的企画に違いありません(笑)。トマジは6人組的な軽やかさをたたえた小品で緩楽章に作者の至芸を見る佳作。演奏も技巧闊達で良好です。

★★★☆
"Werke für Saxophon und Orchester :
Légende (Schmitt) / Choral Varié (D'Indy) / Ballade (Tomasi) / Rapsodie (Debussy) / Scaramouche (Milhaud)" (Arte Nova : 74321 67510 2)

Johannes Ernst (sax) Vladimir Jurowski (cond) Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin
一昔前まで廉価版といえば海賊盤か,せいぜい聞いたこともないオケでミーハーな曲を下手に演奏するのを生業にしていたものですが,ナクソスが大きな成功を収めてからというもの,次々に廉価の優れたレーベルが出てきているのは誠に喜ばしいことです。アルテ・ノヴァもその一つ。シュミットの秘曲を始めこの通な選曲はどうでしょう。ベルリン放送響は,ウォルフ=フェラーリの素晴らしい演奏盤を残している玄人受けするオケ。期待は高まります。しかし,廉価だからでしょうか。演奏は今ひとつピリッとしません。サックスのエルンストも,甘美な響きと技巧で奮闘しますがもうひとつ突き抜けません。しかしこの見事な選曲!これで500円しないなんて,俄かには信じ難いことです。『伝説』はもともと,サックス好きの外科医夫人のために依頼を受けて書かれた作品。アマチュア向けだけに難しい技巧は控えていますが,それを補おうと考えたのでしょう。管弦楽の書き込みは極彩色で壮麗。こうした作品がもとで現代サクソフォン作品の夜明けが告げられたのだと思うと,厳粛な心持ちになります。

★★★★
"Le Tombeau de Mireille (Tomasi) Pièce (Franck) Lamento (Ropartz) Adagio (Ladmirault) Aria (Roussel) Maneh (Bréville) Fantaisie Pastorale / Air de Vielle / Conte Pastorale / Aria (Bozza) Chant de la Solitude (Hugon) Capriccio (Murgier) Rondo (Tailleferre) Trois Pièces Brèves (Durey) Impromptu (Auric)" (Audite : 97.502)
Lajos Lencsés (ob) François Killian (p)
ドイツにいながらフランスものが大好きで,自らケックランのオーボエ作品集を録音してしまうラヨシュ・レンチェス氏は,かつての敵国に潜伏し,内側からフランス近代音楽好きを増やそうと画策する素晴らしいお方。そんな救世主様が録音した本盤は,この人のフランス趣味が筋金入りであったことを雄弁に物語る選曲に唖然呆然。ロパルツ,ラドミロー,ブレヴィユ以下マイナー作家てんこ盛りの選曲で,商売を成り立たせるのは到底無理。それでも我が儘を押し通してくださった彼にゃただただ感謝の言葉しかございません。ブレヴィユの作品はたった一曲ですが,この知られざる作家の力量を充分推し量ることのできる佳曲。仄かな旋法趣味を帯びたケックランを思わせる透明感と,フランクの嫡流ならではの穏健な書法が好ましく和合する筆致は,清明な美意識に富んだ見事なものです。その他の曲もまた,どれも穏健な佳品揃い。滅多に聴けないユゴンやミュルギエなんて,どなたも垂涎じゃないでしょうか。最近はラドミロー界隈まで発掘が進んだんですし,そろそろこういう作家も再評価されていいんじゃないでしょうか。作家の力量自体も充分そうされるだけの価値はあると思います。レンチェスさんの演奏はそう悪くないですけど,以前に比べると音が硬く痩せちゃいました。跳躍や強音なんかかなりキツイです。もうお年なんでしょうかねえ。

(2001. 05. 15)