Book
−書籍・雑誌

We Don't Play Requests
A Musical Biography/Discography of Buddy Rich
by Doug Meriwether, Jr.

泣く子も黙るバディの公式ディスコ本!!
これは御大生存中の'84年に第二改訂発行(初版'74年)されたものなのでコンプリートではないものの、 正規リリースの作品はもちろん、テレビ・ラジオでオンエアされた音源から、 個人録音の音源までをも詳細に網羅。何と言ってもこれを作った人達の愛と情熱が感じられ、 まさに敬服するばかりです。


ジャズ批評 NO.79 (1993)
ベース&ドラムス
ジャズ批評のベースとドラム特集号で、その中の「最後の珍盤を求めて/fearturing バディリッチ」 というコーナーにて、岡村融氏がBRファンクラブ日本支部会長・堀芳樹氏をゲストに迎え対談。
 日本におけるBR第一人者である堀氏が、バディを中心としたドラマー達の希少盤の数々や、 バディにまつわる裏話をこれでもかと繰り広げ、まさに堀氏の独壇場の二十ページ。  バディに限らずジャズと名の付くものなら音源・映像・雑誌その他、 何でも蒐集してしまう堀氏の造詣の深さは圧巻であり、 そのクレイジーぶり(もちろん良い意味で)を垣間見ることが出来る。
 掲示板に登場する「”何でもアンサー”元祖BR」さんは、何を隠そう、この堀さんですヨ。


リズム&ドラムマガジン 1995年2月号
「Burning For Buddy」と「Jazz Legend」のリリースに合わせてバディを特集。 Burning For Buddyに参加したドラマーの紹介と、各人のプレイをアルバムの中 からピックアップして譜面付きで解説。バディ本人のものは、「A Different Drummer」 などのアルバムから奏法を分析。おまけにバイオグラフィー付きで、最後には”バディ ・リッチの足元に及ぶために”というタイトルで、バディリッチに近づくためのトレーニング 方法まで載っている。


リズム&ドラムマガジン 1997年10月号
不覚にも買い逃してしまった。。
「Burning For Buddy Vol.2」での奏法分析と「Channel One Suite」のスコアが 載っているらしい。。ほんと??
(未確認)


スイングジャーナル 1987年6月号
バディの追悼記事。また、この前号にはバディの訃報を伝える記事が掲載。

ご提供:apicyさん



スイングジャーナル 1974年2月号
瀬川昌久氏によるバディリッチのディスコグラフィー掲載。


Traps The Drum Wonder
バディと親交の深かった白人ヴォーカリストの大御所メル・トーメによる バディのバイオグラフィー。(未確認)




[ HOME ]
Email: buddyrich_jp@mail.goo.ne.jp