弓の持ち方について

曲をいくつか練習するようになってG線をひくときや、移弦のとき、弓に振りまわされる、他の弦より弾きにくいなと感じるようなら弓の持ち方をチェックしてみてください。初めG線の多い曲を練習していたんですが、なんだか指がつかれやすくて、「痛かったり、疲れたりするのは正しい、自然な姿勢がとれてないはず」と言う原則をもとに、弓をもつ際のバランスについて考えました。そしたら急に楽になりました。

丸い弓も弓の毛箱付近は八角形になっていると思います。余談ですが、丸い弓は機械での加工がしやすいため、量産品に多く、八角形の弓のほうが高級感があるようになにかで読んだことがあります。

親指と人差し指で毛箱をつまみ、小指を弓のてっぺんのほうにちょこんとのせる感覚で弓を持ちます。図1のように3点から力がかかり、弓身を支えると思ってください。下からかかる力を小指で押さえています。これは実際図2のように側面から見ると親指と人差し指ではさんでいるところと小指がかかるところは離れたところにあります。てこの原理で小指がネジ側に離れると回転しやすくなり弓の振り下ろしや引き上げの方向に動かしやすくなります。逆に水平方向に引いたり押したりするときは鉛直方向にぐらぐらすると不都合です。3点をバランスよく保持します。

図1弓の断面 図2弓の側面

 

ちょっと空中でぷらぷらと弓を振ってみてください。弦に着けたり離したりするのに手首を支点に弓が回転しています。

手首を柔軟にすること

シルバーの巻き線やゴムの巻いてある重りが適切な重さであること(巻き線などの重さは弓の重心を変えます。)

弓の木にしなりがあり重過ぎないことこと

小指の位置

等が回転に影響する要素のように思います。

毎日自転車に乗ると、微妙な変化でもすぐ気がつきますよね。ボーイングもからだに染み付く感覚だと思います。初めはついていた弓をなんとなく使っていても、いちど重みの違う弓や、しなりの度合いのちがう弓も使ってみると新しい発見があるかもしれません。こういうところで、バイオリンと同じ位弓も大切だと言われる意味を実感したりしました。これに気がついてからすこし奮発して、フェルナンブ-コの八角形の弓を買ってしまいました。もともとその前に使ったいたのが重いのはわかっていたので、軽くなって、持ち方も変えたせいか歴然と楽になりました♪

正しい持ち方を講義するほどではありませんが、参考まで。

 

 

戻る


HOME ADAGIO バイオリン初心者のためのHP URLhttp://www.geocities.co.jp/MusicHall/7005/(c)2000 Adagio e-mail me!