マイ・バイオリンのカスタマイズ

久しぶりの更新と言うことで、バイオリンも衣替え。実況中継です。一身上の都合で、インターネットも半月程不可能、バイオリンも弾けず・・。でしたので、さあこれからばりばりがんばるぞー。

 

BEFORE

 

AFTER

もともと付属の黒い顎当てとテールピース。

ローズウッドのものに替えてみます

指板が黒いのがミスマッチ?

自己満足ですね・・機能がどうと言うより気分的に替えてみました

 

丸いデザインちょっとシャープなデザイン


※なお、この作業には駒をとってしまいますので、駒の位置を自分で調整するのが必要です。私のバイオリンにはくっきりと跡がついてますので場所の見分けは容易この上ないのですが・・。顎当てくらいなら誰でも大丈夫でしょう。自分が使いやすければいいですから。



1.保護
テールピースの裏側が表版にあたって傷をつけないようにテールピースに柔らかいクッション材を巻きます。
2.弦・駒を取る
弦を緩めます。駒が倒れないように中間地点でおさえながら緩めています。
弦は太さによって細いほうからE,A,D,G線ですが、色をこのとき覚えておくと便利。色はメーカーによってちがいます。
テールピースの裏側
3.顎当てをはずす
右のようなピンで固定しているネジをゆるめます 取り付けはこの逆です   
4.テールガットを着ける
使用したテールガット。端はナットみたいになっていてまわしてゆるめたりはずしたりします。簡単。
テールピースの穴に通します
5.エンドピンにかける
テールガットの輪をピンにかけます。テールピースは先ほどのように保護布を巻いてます。
6.アジャスターをつける
前後してしまいましたが、今回はアジャスターをすべてにつけることにしました ピンを取ってテールピースに差込み、下のほうのナットで固定します  
アジャスターのついたテールピース
7.弦を巻く
ペグの穴に弦を通して巻きつけます。右の一番上がA,左の上がD、右の下がE,左の下がG、この順番にきれいに巻きつけます  
8.駒をつける

弦を緩く張って駒を立てます

駒の位置はここを参照してください

弦を張っていくときに駒が曲がらないよう注意します

〜おわり〜

→譜面台つくりました!!こちらもみてね


HOME ADAGIO バイオリン初心者のためのHP URLhttp://www.geocities.co.jp/MusicHall/7005/ (c)2000 Adagio e-mail me!