61「香園寺」EFBisaの遍路旅のページです)

 

2003.4月13日

手元の資料から

本尊は大日如来。ここを訪れた大師が寺のそばにいた身重の女性のために栴壇の香を焚き護摩修法をし、安産をもたらした。そのため「子安の大師さん」とよばれている。

 

 

 

掲示板より

2003

14 宿坊体験(最御崎寺、金剛頂寺、金剛福寺、香園寺、高野山) 

投稿者:H・NAGAO  投稿日: 5月 3日(土)15時32分58秒

二十九〜三十六番窓無事終了しました。 例の「黒潮ホテル」ですが良かったですよ。 通常800円の温泉入浴券と夕食朝食付きで7500円也です。これは安い! 是非利用してみてください。 さて遍路に出発した時徳島、愛媛の近場の時には日帰りでも巡礼が可能なのですが、 室戸〜高知市内・足摺〜松山となると如何しても泊まりという事になります。 普通遍路宿とか、公共の宿などを利用する事が多いのですが、 たまに札所のお寺(宿坊)に泊まります。如何してたまにかと言うと、 宿坊は大体団体さん優先という傾向があり、 その中に上手くかみこめば泊めて貰える事が出来るみたいです。(最御崎寺・金剛頂寺などは団体さん無しでもOKでしたよ。) やっぱり個人の遍路さんは人手のことも在り手間がかかりすぎるのでしょうね。 宿坊のメリットといえばまず料金が安い、(二食付き6000円前後)という事です。 最御崎寺などはまるでホテルみたいに綺麗ですよ。 金剛頂寺も高野山の宿坊を思わせる雰囲気のあるお宿です。 さて早起きの苦手な人はちょっときついかもしれませんね。(朝6・00からの勤行) 遍路で利用する人にとって、朝の勤行はさほど苦にならないと思いますけれどね。(滅多に経験できない荘厳な雰囲気ですよ。) 何せ遍路さんは朝の出発も早いので普通の宿より食事時間も早いです。(6・00頃) 夕食時はアルコール(酒、ビール)OKです。 お風呂も結構立派なお風呂が用意されており何の心配も在りません。 その他に利用させて頂いた宿坊といえば、足摺岬にある金剛福寺、 ここは宿の部屋から足摺の海が見える見晴らしの良い所です。 小松町の香園寺、ここの大聖堂での夜の護摩焚きは中々経験できるものでは在りません。 ぜひ泊まってみてください。 番外編としまして、高野山。高野山は全ての宿泊所がお寺、すなわち宿坊です。 料金は四国の宿坊より若干割高ですけれど何せ寺の造作(これは国宝級です)、客室(まるで時代劇の主人公になったようです。) 備品(掛け軸・陶器類など)、庭(見事に手入れされていて夜にはライトアップなどしてあります。)が素晴らしい所が多いです。 宿に着くなり小僧さんが二人ほど専従で付き至れり尽せりのサービスです。 食事も部屋食の精進料理になります。ただし冬の高野山は想像を絶する寒さですからご注意を。 私目は1回目の時2月に立ち寄ったのですが、 雪で凍りついた靴が玄関で朝まで溶けずそのままの状態だった程です。 さてさて京都のお寺の宿坊は・・・。これはまた何時か日を改めましょう。

 

・・戻る・・