「群馬ホルンクラブ」
代表:片山隆史

群馬ホルンクラブは、

1976年に群響ホルン奏者を中心に設立され、現在会員数、約40名の
プロ(群馬交響楽団員等)アマチュア(会社員、公務員、学生)からなる団体です。
(4、50名ぐらいいるのかな?よく把握していない・・・。2002年2月の演奏会では30名のアンサンブルになりました。)

今年(2010年)で結成35年目です。
日本のホルンアンサンブルでもかなり古い方と思います。



1985年には地元榛名山の木を使い、
アルプホルン(ハルナホルンA管)を作り、
アルプホルン演奏も行っています。
なお、このとき作ったアルプホルンは
東急ハンズより「ハンズマインド賞」という賞をいただきました。

アルプホルン作り

1997〜98年には地元草津のもみの木を使い、
アルプホルン(クサツホルンF管)を作り、
第48回全国植樹祭にてアルプホルン5重奏を披露しました。

過去には、第1回演奏会千葉馨をはじめ、

G.ヘグナー(名誉会員!!)やS.ワイグレなどとも共演しました。
(ワイグレ氏は当時ベルリン国立歌劇場の首席ホルン奏者。
現在は、指揮者として活躍中!!)


演奏の記録へ

ホームへ戻る

Counter