CONCEPT

Reason And Truth2003 国内盤 10曲 85
イタリアのメロディックスピードメタルバンドのデビューフルアルバム。某最凶レーベルのおかげということでかなり延期が重なってクサメタラーの方々が首を長くしてまっていたシロモノ。
キーボードが大活躍でシンフォニックテイストな味付けが非常に心地好いです。爽やかな展開もあったり湿り気のあるウェットな運び方も見られメロディが美しいです。
また非常にスピード感に溢れているのがうれしいですね。でもね疾走一辺倒じゃないんですよ。イギリスのDRAGONFORCEのように爆走する合間にプログレッシブメタルのようにリズムチェンジが行なわれていてこれが大味な展開を防ぐ非常によいアクセントになっています。
またコテコテのプログレッシブ変拍子の連続ではないためプログレ初心者の私にも違和感なく聞けます。
ただね,ひとつだけ言っておきたいことがあってね・・ そうヴォーカル。やばいね!!もうハイトーンがヤヴァいよ。ヘロヘロ揺れる揺れる(笑)@とかIとか顕著に表われて微笑なオレ。まぁ聞いているうちに慣れてきた自分もいたり(笑)
オススメは全部で捨て曲少ないってのが素晴らしいところ。@Elegy Of TruthDPower After PowerやボーナスのJFrom Ashes To New Lifeとか素晴らしいです。
Eのバラードが人気あるみたいだけど私はダメでした。ネットでの既発曲で予めみんな聞いてたからではないの?このヴォーカルにしっとりバラード歌われても心響きませんよ(苦笑)
まぁまとめるとヴォーカルに難アリですがアレンジのセンス,楽曲のメロディラインは完全に新人離れしていて今後に期待できるバンドです。不思議とこのCDに手が伸びて何度も何度も聞きました。うん!オススメだ!
不思議とヘビロテになるシンフォプログレスピードメタルの新人!


TOP BACK