MONKA'S BOOK

 石田昌隆著『黒いグルーヴ』(青弓社1600円)

ジャマイカのレゲエと、イギリスのレゲエ〜グラウンドビート〜ブリストル・サウンズ〜ドラムンベースとの関係
性を軸に、ヒップホップやアフロビートにもかすりつつ、奴隷船の航路を辿るように大西洋を越えた音楽に含まれ
るアフリカ起源の遺伝子は、いかに変容し、根付いたかということを、写真16枚、原稿400枚で表現したものです。



 
 

黒いグルーヴ 目次

第1章 音楽に組み込まれたアフリカ起源の遺伝子

●1 マッシヴ・アタックのダウナーなグルーヴが内包する記憶の澱み

第2章 ダブの発見とサウンド・システム

●2 キングストンでは路上に向けたスピーカーからがんがんレゲエが流れていた
   
●3 ボブ・マーリーが「ノー・ウーマン・ノー・クライ」で歌ったトレンチタウン

●4 ナイヤビンギというラスタの宴にアフリカ起源のビートが受け継がれていた可能性

●5 イエローマンによって極められたストリート・ミュージックとしてのレゲエの現場

第3章 在英ジャマイカンとしてのレゲエ

●6 移民たちのUKへの帰属意識が低かった時代のロンドン

●7 アスワドが「アフリカン・チルドレン」で表現したこと

●8 フロントラインというロンドンの中のジャマイカ

●9 リントン・クウェシ・ジョンソンは「イングラン・イズ・ア・ビッチ」と朗読した

第4章 ループするリズム

●10 モッシュしてダイヴする白人たちに消費されたフィッシュボーン

●11 「ファック・ザ・ポリス」とラップするN.W.A.のリアリティー

第5章 ビートと人種のリミックス

●12 グラウンド・ビートにノッて登場したキャロン・ウィラーと「UKブラック」

●13 ダンスホール・レゲエのリディムはリメイクされながら生き延びた

第6章 アフロビートの王国

●14 シュラインで怒濤のライヴを演りカラクタで瞑想していたフェラ・クティ

●15 ジェイムズ・ブラウンのファンクにも認められるアフリカの痕跡

第7章 アフロルーツのブレイクビーツ

●16 アンダーグラウンドなパーティーで始まったドラムンベース

●17 ブリストル・サウンズはロニ・サイズに行き着いた

第8章 ブラック・ディアスポラ

●18 ローリン・ヒルに集約される黒人音楽の沸騰点

●19 ニューヨークに移住したトリッキーという放浪者

リスペクト&スペシャル・サンクス

本書に登場する主なCD32枚の紹介
 
 
 

back