GLAYDOMETOUR ONE LOVE
2001.12.16(SUN)@大阪ドーム

大阪を出発点にしてドームツアーが始まった。
アルバムを手にし、聞いた時から早くこの曲を、生で味わいたいとずっと
思いつづけた。
ZEPPOSAKAのライブに行けなくて悔しかったこと、風邪と仕事の疲労。
ここのところ私は嫌なことが多かった。
けれど、15日も途中からとは言え、メンバーと空間を共にできた。
そこから私は立ち直れた。元気になれた。

ライブの前日もオールナイトで友達とカラオケに行ったりして
あまり寝ていなかったが、本当にこの日は不思議なくらい元気だった。

この日もライブ前にいろんな人に会う。本当、友達っていいなとライブにいくたびに
思える。みんな、ありがとう。

ドームの前の広場ではFM802のブースがあり、リクエストをするとバギクラのバッジが
一人一つもらえる催しが開催されていた。私も並びバッジをゲット!!嬉しい!
広場を見渡すと、コスをしている人、学生、主婦、バンドをやってそうな人たち、
みんなが表情を輝かせていた。GLAYに会える喜びをみんなが噛み締めていた。
そんな光景を見るのが私は大好きだ。自分も幸せになれるから。

席につく。席は3塁側の下段スタンド。7列326番。
前日15日は1塁側の後ろ正面だったのでこの日の方が席はスタンドに近い!
これなら楽しめる!

ステージ中央に下り階段があり、中央の花道に続いている。両端にも道のようなもの?が
伸びていた。15日は途中からの参加だったが、本当に目を見張る演出があるのは
知っていたので開演前から私も楽しみだった。

開演17時20分
会場が暗くなる!!大きな喚声!!!さあ、ライブが始まった!
人の顔のCGが出現し、「ONELOVE」とライブの開幕を告げる!!

1.ALL STANDARD IS YOU
ステージ右側でTERUが一人歌い出す。じっと見守る群衆。
3塁側の私にも十分に響いてきた。胸を打つTERUの歌声。
そして、ギター、ベースなどの音が加わる。
じっと聞き入るばかりだ。

2.嫉妬
OK!いくぜーー!!とTERUが叫ぶ!!!さあ!がんがんいくぞ!!
一気に会場のテンションも上がっていった!
TERUは黒の衣装。TAKUROは赤のスーツ風衣装!!ギターも赤だ!
私はTAKUROの赤いギターと赤い衣装が大好きだから嬉しかった!!
HISASHIは覆面をおおっている。砂漠の使者のような衣装だ。ミステリアスで似合う!
JIROは黒のナチュラルな衣装。スニーカーを履いている。

後半、TAKURO,TERU,早くも接近しあう!!今日もいい感じ!!(笑)

3.WET DREAM
HISASHIのギターが赤く光る!!それに呼応するように興奮していく群集。
もうテンションは上がりっぱなしだ!!
TAKUROも全速力で走っていく!!TERUも中央の花道を走る!!JIROもステージ右側へ
向かっていく!!四人のパワー、すごいぜ!

MC
YEAH!(YEAH!)
OK!大阪!今日は最終日!思いっきりはじけよーぜ!!(おー!!)
スタンド席!(わーー!)がんがん暴れてくれよ!
アリーナー!(わーー)がんがんゆらそーぜ!
大阪ドーム!!(わーー!!)
がんがんハードなナンバーいくんで、ついてきてくれよ!

(おう!!ついていくぜ!と私も心で叫んだ)
4.Prize
またもアッパーなナンバーだ!!!HISASHIも華麗に跳ねている!
HISASHI!本領発揮だぜ!TAKUROもかがんだ姿勢で弾いている。

5.君が見つめた海
私が最も聞きたかった歌だ!!15日は聞けなかったから!!
TAKUROのボーカル聞こえる。目を閉じて歌う表情が好きだ。。本当大感激!
この歌詞にもTAKUROの想いがいっぱいつまっている。TAKUROの生の声で
聞けるのが個人的には最高に嬉しい。

雲のような映像が流れる。そして。。

6.Fighting Spirit
TERU、ギターを奏でながら歌う。TAKUROはこの時、青のダブルネックギターを弾いていた。
彼にダブルネックは珍しいなと思った。
目を閉じてギターを奏でるTAKUROの表情にまたも見とれる私。

MC
えー。ONELOVEと題して、ドームツアーを回っていますが。
9月にね。悲惨な事件が起きて。
これからね。聞いてもらう歌は辛い時に「大丈夫だよ」と
言う歌です。

7.ひとひらの自由
何度聞いても感動する。「泣かないで」という優しい言葉が心に
染みた。

8.HIGHWAY NO5
一転して、ノリノリモードになっていく!!バルーン状のものがステージに
出現する!後ろで流れる早送りみたいな四人の映像が見ていて面白い。
JIRO「大阪!!暴れろ!!」と叫ぶ。中盤の彼のボーカルもかっこいい!
本当今回のJIROのメイク髪型素敵だぜ!

JIROソロコーナー「THUNDER ZONBIE」
後ろの画面にDJ風、マシンガンズ風バンドマンに扮したJIROが登場!
この画面、説明できないのが本当悔しい。行った人でないとこの面白さは
分からない。
画面のTHUNDERZONBIEのMCJIROが「YOYOYO!ジロウ!!」
「コ・ン・ニ・チ・ワ」とたどたどしく叫ぶ。笑える。
画面の中のMCJIRO?が指を回す。画面も回っていく。
JIRO,頭を振りながらベースをがんがんに弾く!!ボルテージ上がる!!
会場もハイテンションで叫ぶ。
JIRO「いいね!びっくりした!」JIROも大阪のテンションに満足してる。

そして、THUNDERZONBIEのメンバー紹介。
JIRO「どーだ!THUNDERZONBIE!テルビスよりギャラ高いからね」

9.mister popcorn
弾むベース!!HISAもキレがいいギター!!
曲の合間でJIRO,メンバーと掛け合い。JIROがベースでリズム刻むとドラムも
呼応して鳴り響く。JIROがSHIGEさんのキーボードを叩くとSHIGEさんも
ベースの弦をはじくと言った具合。
HISASHIともギターベースを掛け合う。TAKUROが親指と人差し指であごをつまむと
JIROも真似する。(なんだかよかったよ!!)
JIRO「なんだこのやろー!」というとTERUも「なんだこのやろー!」と叫ぶ。
前日はTERUJIROの生声シャウト合戦だったけどね!

本当微笑ましいやりあいだ!

10.電気イルカ奇妙な嗜好
ピエロたちが画面に登場。本当この曲のときは雰囲気が和らぐ。
TAKURO,TERU,前の花道に歩く。TAKURO,「TERUを見ろよ!!」といわんばかりに
TERUの側で指揮をするかのように両手を動かす。(笑)

HISASHI SHOWTIME
おおーーー!!!HISASHIのSHOWTIMEが来たぜーーー!!
神々しい音楽が鳴り響く。緊張に包まれるドーム。観客とHISASHIの
緊張が伝わる。私の体も震えていく。
そして、サイバーな音楽になり。HISASHIの立ち位置がどんどん
エレベーターのように上がっていく!!
ギターが花火を撒き散らす!!!大きな拍手が溢れ出す!!
サイレンが鳴り響く。
その後、左右端のステージから、火を撒き散らしながら道のようなものが
降りてくる!!すごい演出!大丈夫か消防法!

11.VIVAVIVAVIVA
TAKURO,左に走って行く!TERUも右側に走る!HISASHIもセンターで決める!
そして、TAKURO、TERU花道に移動し、サビのところでTERU,TAKUROの肩を
組む!!(きゃああーー!←絶叫RUMI)
TAKURO「CARRYON!大阪ドーム!!」と叫ぶ!!!!!!(いえーーいーー!)

MC
今日ね。大阪最終日になるんですが。三日間、ずっといいライブが
できました。今日も最高!!(わーー)
今回大阪で勢いつけていこうって考えてて。
大阪を初日に決めたのは成功!(わーー)
パワーすごい。みんなも思いっきりパワーだしてください!
気持ちいいね!皆も立ってる半径30cmのステージで!(笑う観客)
OK?自分たちのステージの上ではじけてください。(わーー!)
こうやって響く声が聞こえると気持ちいいでしょ?ね!

未発表曲がいちはやく聞けるのもライブのよさで。
TVで聞いてると思うんですけど。
かっこいいナンバー、聞いてて気持ち良くなるナンバーができたんで
聞いてください。

12.Way Of Difference
「あいのり」の主題歌になってるナンバーだ。生で聞けて嬉しい。
早くもオーディエンスには浸透している雰囲気。

13.夢遊病
YUNAちゃんのパートをTERUがやってた。この後のラジオでTAKUROが
「CDよりライブのエンディングの方がいい」と言っていたが私も同感。

14.Christmas Ring
15日もそうだったが肉眼ではメンバーがどこにいるのかわからないくらい、
ステージに無数に炎が点灯する。
中央からだんだんとステージ全体に炎が広がるのだ。
まるで京都の大文字送り火のように。
せつなげな歌声と共に熱く燃えていく炎。なんとも言えない気持ちになれる。

MC
今回は、スタッフみんながんばってくれて。EXPOから4ヶ月もたってないのに
素晴らしいステージを作ってくれて感謝しています。ありがとう。
みんなも来てくれてありがとう!(わー!!)
みんな真面目な人ばかりですね(笑)
じゃ、次はEXPOを盛り上げた曲をやります!

15.STAYTUNED
DJの映像が流れ、銀のテープが発射される!!この演出。私的には
すごく切ない気持ちになる演出なのだが。もう揃っては会うことのできない
人たちのライブを思い出してしまうから。
TAKURO,体そらせ気味にギターを弾いてみせる!かっこよかった!

16.MERMAID
17.THINK OF MY DAUGHTER
18.GLOBAL COMMUNICATION
TERU,指で観客を挑発する場面もみられた。
TERU,最後に「サイコー!楽しかった!」と叫ぶ。TAKURO,お辞儀する。

EC
TERU,アップルのガラに「ONELOVEPEACE」という文字の入ったTシャツ着る。
TAKURO,ツアーTシャツまたもやノースリーブにしてる。(ノースリーブ好きだね。
私はTAKUROの腕見るの好きだけど。爆)
HISASHIはFC限定でも売ってた電脳Tシャツ。JIROは白のTシャツ。

MC
「がんばってくれたみんなに、スペシャルなアンコールに答えます。
涙腺の弱い人は心して聞いてください」

1.Pure Soul
まさか!!やるとは思わなかっただけに嬉しかった。。
感動だよ!!本当聞くたびに大好きになれるから。

2.HOWEVER
観客の大部分がTERUを見守る歌。けれど今日のTERUの歌声本当によかった。
前日もそうだったが。聞けて嬉しい。

MC
余韻に浸る間もなく!がんがんトバしていくぜ!(わーー!!)
まずスタンドのみんな!(わー!!)
ここからも見えてるんで思い切り騒いでください!
(わー!!)すごいねー!アリーナに負けないように!
アリーナのみんなも負けちゃいないね!(わーー!!)
大阪ドーム!(わーー!!)

3.Youngoh!oh!
HISASHIのギターがイントロ奏でると喚声が沸き起こる!
ノリノリになってるところでメンバー紹介だ!
ドラムス!TOSHI!(TOSHIのドラムにスヌーピーのイラストある。
(TOSHIさん、好きなスヌーピーをスティックで叩いていいのかい?と突っ込んだ私)
KEYBOARD!SHIGE!(SHIGEさん指を口にあてて「しー」という仕草。そして
ホワイトクリスマスを奏でた。拍手にわく観客。昨日はTAKUROがギターソロ
してたのだけれどね。ホワイトクリスマス。)
ONBASS!JIRO!(JIROもSHIGEさんの真似して「しー!」という仕草。そして
さっきのサイバーゾンビバリの激しいベース弾く!!)
ONGUITAR!HISASHI!!(HISAもJIROの真似して「しー!」という仕草。かっこいい
ソロ奏でる。15日弾いてたエアロスミスの「WALKTHISWAY」も嬉しかったけどね!)
ONGUITAR!TAKURO!!(TERU,TAKUROの肩に手置いてた。TAKUROがまた、笑顔だったんよ!
この笑顔を独り占めできるTERUがうらやましいっつーの!!)
TAKUROは「BEAUTIFULSUNDAY」を弾いた。今日(日曜)に合わせたのかな。

ONVOCAL!TERU!
そして!大阪ドーム!!!(わーー!!)
でっかい声でコール&レスポンスしようぜ!!
YEAH!YEAH!

4.ACIDHEAD
TAKUROがイントロ決める!!この位置でこの歌が出るのもびっくりだ!
これで終わりじゃないことはわかってたから。
メンバーまたもや走りまくるぜ!

TAKURO,花道を両手広げて歩いていく。今日のTAKUROすんごいイキイキしてる!!
嬉しいよ!!

曲が終わりまたメンバー退場。

EC2
四人ONELOVETシャツ着て登場。

MC
こういうね。ライブっていう、幸せな空間を楽しんでますか?
ドームの入り口入った瞬間、嫌なことが消えた瞬間だと思うんだよね。
こうやってみんなで一緒に作り上げる空間はこれから先もなくしたくない。
(この言葉、私は胸がいっぱいになった。涙でた。今年は大好きな人と同じ空間に
いられることがどれだけ幸せかということを改めて思い知らされた年だったから。
この会場で、私は当分は会うことのできない人たちのことも思い出していたから。)

次は。心の中に雪が降ってる世界を表現してる歌を。

1.Winter,again
本当冬の世界を、GLAYでしかできない世界が広がっていく瞬間。
この歌を札幌で聞けるのが今から楽しみになっていた。
私がはじめて行ったGLAYの大阪ドームでもこの歌がすごく印象に残っていたから。
私にとっても想い出の詰まった歌だ。

2.COMEON!!
わーーー!!!TAKUROがーー!!ギター抱きしめてるーー!!
聞けて嬉しい!!!私のエンジンまたも点火したってばー!
HISASHI、ギター持ち上げる場面もあった。
TAKUROとTERUがまたもや接近する!!

3.誘惑
またもTAKUROの上体そらせた姿勢でのギター演奏に見入った私。

え!!この歌で終わるの??前日のACIDHEADでの終わりに慣れているせいか、
とまどってしまった。けれどこういう燃え尽きた終わり方もいい!
TAKURO,スタッフの方に向けてギター投げ捨てた!必死で拾うスタッフ!!
TAKUROがこんなことするなんて、意外だった!

THANKYOU!!また会いましょうーー!!!とTERUが叫ぶ。
左へ右へ中央へ移動していくメンバーたち。
いつまでもステージ離れたくないメンバーの気持ち、、、伝わった!!
みんな笑顔だった。fanもメンバーも。
大阪の盛り上がり本当に素晴らしい!!

ラストはメンバーとスタッフの映像がMOVIEみたいに流れる。
そして「ALLSTANDARDISYOU」の「あなたの〜」の歌詞が字幕で映る。
そして、ラスト!!耳をつんざくような爆音とともに爆発が起こる!!
今回の火薬の量恐ろしいぞ!!

終演20時10分

私がGLAYと初めて出遭った大阪ドーム。その時もステージ演出にびっくりさせられ
ぱなしだった。
けれど今回はドームライブという気がしない。
まるでHEAVYGAUGEのような、アリーナツアーのような距離感だった。
今回の方がより近くにメンバーを感じられた。演出はスケール大きいのに。

次に北海道でGLAYと共に空間を共にできるのが楽しみになっていた。
冬の空でwinter,againが聞きたい。無償にそう思える。