GLAY DOME TOUR ONE LOVE
東京ドーム
2002.1.15(Tue)

いよいよドームツアーもファイナルだ。
寂しいような、楽しみなような気持ち。でも最高に盛りあがる日でもある。
この日もたくさんの人と会ったり、ドームの前で写真撮ったりした。
インターネットを通して知り合った人たちと直接会話するのは本当に緊張も
するけれど喜びも大きい。
この出遭い、大切にしたい。

今日の席は3塁側スタンド33列346番。昨日よりはステージに近い。
真横左サイドといったところか。

私にとって3日目の東京ドーム。12,14日とも楽しめたライブだけに
今日もきっと楽しめるだろうと思いながら開演を待った。

開演18時
ONELOVEを告げるさまざまな顔が出現!そしてONELOVEのロゴが登場!!
大きな拍手と喚声。
今日は時間ぴったりに幕が開いた!!私は何度かこのONELOVEツアーに参加したけれど
今までで1番大きな喚声だ!!さすが!ファイナル!!
この時を無駄にしたくないという気迫が伝わった。きっとメンバーにも届いて
いるだろう。
1.ALLSTANDARDISYOU
やっぱりこの曲で幕が開いた!TERU,真剣に歌っている。
オーディエンスもじっと見守っていた。

2.嫉妬
OK!いくぜーー!!!東京ドームが一斉に沸きあがる!
TERU,HISASHI黒の衣装。TAKUROは赤の衣装。JIROも赤の衣装。
HISASHIもステージを軽やかに舞う。

3.WETDREAM
HISASHIのギターが赤く光り、ギターの音をドームにぶつける!
TAKURO,HISASHIと向かい合い、音をぶつけあう!!
もうテンションはばっちり!

MC
YEAH!東京ドーム!今日はファイナル!とうとう終わってしまう(えーーー)
寂しいけれど、みんなの力出してくれ!
熱い声ぶつけてくれ!広い空間の中で愛し合いましょう!
思いきりついてきてくれ!

4.Prize
5.君が見つめた海
TAKUROのコーラスもしっかりと聞いた。「ふてくされた表情」と友人が評して
いたが?目を閉じた彼の表情は個人的に好きだ。

6.Fighting Spirit

MC
楽しんでもらえてますか!(わーー)
今日はドームツアーの最後で、みんな楽しみにしていたと思いますが。
終わってしまう寂しさも感じていますが、愛情とか改めて感じさせられました。
この空間の愛情という空気が外に広がって欲しい。
笑顔を忘れずに強くたくましく生きて欲しい。
次の曲はみんなに大丈夫だって言えるそんな歌です。

7.ひとひらの自由
JIROがドラムの前に座ってベースを弾いている。
TAKUROのコーラスも聞き入った。この歌を作る前のTAKUROの思い、
やはりこの場所で聞くと私的にも涙を浮かべずにいられない。
まだ「あの日」のことを忘れたわけじゃないから。

8.HIGHWAY NO5
TAKURO,左へ走っていく!今回もTAKURO,TERU絡み見せている!

JIROコーナー(サンダーゾンビ)
JIRO,花道を滑りながら前にでていく!そしてオーディエンスとの掛け合い!
「東京ドーム!どうもありがとね!ファイナルで俺せつねー!
スタンド!おっこちるなよ!アリーナもいくぜ!」(わーー!)
「ファイナルすごいね!もっと揺らそうぜ!!」
すると画面にジェームス・ゾンビ登場!「YOYO!JIRO!」と呼びかける。
ジョニー・B・ゾンビの回るドラムも見納めなのが寂しい。
このサンダーゾンビも楽しいバンドだよ!

9.misterpopcorn
さあ!JIROとメンバーとの掛け合い!今日はどんな風になるだろう!
TOSHI,なんとマジック披露!ドラム叩きながら手からは花がでてくる!
拍手で包まれる!
SHIGEはスーパーマリオの音楽を弾いて見せる。笑い声がおこる。
HISASHI,TAKUROの真似?して指であごつまんで登場!
銃のような音を出した!HISASHIは銃の音が似合っている。
TAKURO,ACIDの旋律を弾く。JIRO,右手上げると。TAKUROも右手を上げる!
TERUは投げキスをしてみせる!!喚声わく!

10.電気イルカ奇妙な嗜好
左右には手のオブジェが登場。
今日もTAKUROとTERUが花道を仲良く歩く!^^

HISASHIコーナー
オーケストラ音楽が流れる!!HISASHIの今日の表情はゾクっとした。
まるで5万人を支配化に入れた「王」のように見えた。
そして、HISASHIの世界に支配された5万人に向かい火を放つ!
鳴り響くサイレン。

火を吐き出しながら左右に登場する花道。この火に負けないように
燃えるぞ!

11.VIVAVIVAVIVA
TAKUROの上体そらせた姿勢にまたもややられてしまった!

MC
YEAH!さすがファイナル!すげえ声届いてます!何がすごいって!
スタンド席!すげえ近いよ!
アリーナの後ろも見えてるんで!アリーナの前は表情が見える!
一つの空間楽しめるっていいね!じゃあ、ここで新曲を聞いてもらうんですが。
「新曲」と言えるのは今日が最後なんで寂しい。
(TERU.寂しいっていう言葉連発しないで。と密かに思う私)
別れというと寂しかったりするけど、離れてみてから分かる優しさもあるから。
別れは寂しいだけじゃないことを感じて欲しい。

12.Way of Difference
この曲を聴くたびにライブのことを思い出すだろう。
優しくて切ない曲。TERU、後半部分の高音はやはり辛そうだけど。

13.夢遊病
14.Chiristmas Ring
この時にステージ、花道に無数にともる炎を見ていたら、切なくなった。

MC
今日はキテます!!(わーー)
このステージを感情の渦がまいてますが!そっちのステージ!どうですか?
笑ったな!みんなのいる、そこ30cmがみんなのステージ!
GLAYよりテンション高くいこうぜ!もっともっと!

15.STAYTUNED
TAKURO,右のステージで座りながら弾くシーンもあった。

16.MERMAID
17.THINKABOUTMYDAUGHTER
TERUとHISASHI、リズムに乗って足ぶみをしてみせる。間奏では私も
TAKUROにつられ、ヘドバンをした。

MC
YEAH!東京ドーム!ラストナンバーいきます!
みんなのでかい声を聞かせてくれ!

18.GLOBAL COMMUNICATION

EC待ち
スタンドとアリーナにウェーブが沸き起こった。
みんな、思いきり楽しんでるのがわかる。
そして、ロボット登場!!
オイース!テヲタタケ!アンコール!とオーディエンスもロボットの指令に
合わせて叫ぶ。

メンバー登場!JIROが跳ねながらはじけて出てきた。

EC1
今日も弾き語りの態勢だ。あの歌がまた聞ける。
TERU「すばらしいアンコールありがとう」
TAKURO MC
今日みんなと一緒にいれて幸せです。
盛大なアンコールもらったんで、新曲を。卒業の歌なんですけど。
俺達はずっと前に卒業したんですけど。
俺が曲を書くときは、辞書と、ノートと、好きな烏龍茶を飲みながら
作るんですが。
その辞書が高校のころの辞書で。そのころ真面目に授業受けてなくて
辞書忘れたりする奴に辞書を貸して回してたりしてて。
永遠と思った月日は流れ、俺達は東京にいくことになって。
その辞書に「東京に行っても負けんなよ」っていうメッセージが書かれて
いたのを今から3,4年前に見つけて。
涙でるほど嬉しかった。
最高の曲ができるまでこのことは書かないことにしたけれど。
3年前このドームでおれは「もっと大きなGLAYになって帰ってくる」って目標を
立てたけれど。(ここで大きな拍手起こる)
そんな言葉思わず口に出たけど、「大きくなる」っていうのはどういうことか考えて。
いろんな人と出会って別れて。
別れには2種類あって。去る者と残る者がいて。
去る者より残る者の方が辛い。俺達GLAYはいつも残される側で。
解散したバンドがどんどんでてきて、辛くて。
そんななかでようやく答え出て。
98年、99年はみんなの気持ち受け入れられなかったけれど今はGLAYを愛して
くれるみんなの声を受け入れられる自信がつきました。

1.卒業まであと少し..
この時私は涙で何も見えなくなっていた。「悲しさ」でいっぱいになって
TAKUROの言ったことを素直に理解できる余裕さえなくなっていた。
TAKUROは前向きな発言をしていたのに自分は後ろ向きにしかとらえられなかった。
何故、この場所で私が聞きたくなかった「解散したバンド」のことをいうの?
私はその辛さ忘れたかったのに、どうして私の傷思い出させたの?TAKURO.
と言いたかった。
この瞬間あの「終幕」のライブが脳裏にうかび、今は会えない5人を思った。
TAKUROたちの戦友のことで頭がいっぱいになった。
そして、私がこの東京のライブに行く直前に発表された、もう一つの私の大好きなバンドの
解散のことも思い出して心の混乱が静まらなかった。
「残される」ことの辛さで私の心がいっぱいになった。もう別れるのって嫌だ。。
残されるのは嫌だよ。。

2.Winter,again
3.Pure Soul
この歌の「もう戻れぬあの日の空」という言葉がこの時の私には
悲しく聞こえた。

MC
東京ドーム!力残すな!がんがん揺らしていこーぜー!

4.Youngoh!oh!
メンバー紹介
TOSHIさんがドラムを叩くと「ダダダ」という文字が画面に出てきた!
HISASHIは昨日も使ったあの「白い手オブジェ」を今日も出してきた。

5.彼女のmodern
これも久々に聞くナンバー!!私は悲しい思いを振りきるように
無我夢中でヘドバンをしていた。
HISASHI,途中でギターミスする。観客もそれに気づき反応。HISASHI「しまった」
という苦笑を浮かべた。

6.誘惑
7.SHUTTERSPEEDSのテーマ
JIROが激しくベースを叩きつける。「OK!」とオーディエンスに呼びかけた。
オーディエンスもJIROに答えるように大歓声!

8.ACIDHEAD
TAKURO,ステージを走る姿が印象に残った。

MC
全国から集まってくれたみんな!ありがとー!ここにいるスタッフのみなさんも
本当にありがとう。

最後、ステージの6人手をつなぐ。オーディエンスもみんな手をつないでジャンプした。
この光景がやはりせつなくてたまらなかった。
私の心のタイムマシン、また2000.12.27に戻ってしまったから。

終演21時

正直に言うと、最後はツアーファイナルの寂しさよりも、去ってしまった
私の大切な人のことで寂しくてどうしようもなくなった。
また今年3月に別れの時がせまっている大好きな人たちのことも考えてしまった。
GLAYにはまた会える。
でももうバンドとして会えない人も私にはいるのだ。
GLAYと接する時間も大切にしたいけれど。私にはそれ以外にかけがえのないものもあるのだ。
しかし「去る者」だって辛いはず。辛い上で決断したのだ。
もう一度3月に東京へ行こう。GLAYも大切にしている、あの「ライブの伝道」の聖地へ。。
そこで私は自分の感情を思いきりぶつけよう。
悔いを残さぬように。。