Live Report
どえらい古い話で申し訳ないですがぁ、突然書きたくなったので書いてみました!
ずいぶん前のことなんで、多少記憶が怪しいとこもありますがぁ・・・
ライヴ行ってない人も、福岡の内容知りたい人も、ま、見ちゃって下さいませ!



POOR RETOURING ME SET LIST

So What
Master Of Puppets
King Nothing
Sad But True
Fuel
The Memory Remains
Whiplash
Nothing Else Matters
Until It Sleeps
For Whom The Bell Tolls
Wherever I May Roam
One
medley : Seek And Destroy - Fight Fire With Fire

- ACCOUSTIC SET -
Low Man's Lyric
Four Horsemen
Motorbreath

- ENCORE -
Creeping Death
Enter Sandman

Overkill

壱.METALLICA 来福決定!

これだけ長い間METALLICAのファンだったのに、今回が初のMETALLICAライヴだったんで、興奮は最高潮に達していました。
『METALLICAが福岡に来るだとぉぉぉぉ!?』っつう情報を得てから、俺と、友人のCRYはあたふた(笑)。
CRYの友人で東京にいるやつに頼んでチケットを押さえてもらうことに(中略:これ以上は言えません!極秘です!)・・・
数週間後・・・CRYからTEL。
チケットが来たとの連絡が入る。『5列目』と聞き、結構前じゃん!と、もうその時点で舞い上がってたんやけど・・・
早速CRYんちへチケットを受け取りに。
チケットを手にしてニコニコしてる俺にCRYから一言、『ようっと見てみぃ。』(和訳:よく見てみなさい(笑))・・・
い、1列目ぇぇぇぇっ!!!!!????
叫びました(爆笑)。発狂しました(大爆笑)。妙にドキドキしました(苦笑)
・・・ありがとう、クー!(前述の東京の友人です)

弐.当日(〜開演)

ついに来たっす、この日が。

俺らみたいな社会人にとっては、ライヴが休日にあるのは嬉しい限りで、この日は運良く憲法記念日でした。
当日の服装は『目立ったもん勝ち』ってなわけで、セサミストリート・エルモのTシャツ(アメリカ人なら知ってるかなぁみたいな・・・爆)に、
いつも寝間着かわりにしている短パン(爆)と、頭にバンダナなんか巻いちゃって(爆笑)
・・・よくよく考えると、こっぱずかしい姿でしたねぇ(苦笑)。
メタルなTシャツもあるにはあるんだけど(JUDASモノ、OZZYモノ、OUTRAGE、LOUDNESS・・・全部ライヴ行った時の戦利品っすね)あえて着ませんでした。
METALLICAとはなんの関係もないっすからねぇ

CRYと合流し博多駅へ。博多駅から福岡国際センター行きのバスに乗ることに。
この時初めて気づいたんやけど、こういったデカいライヴがある時って臨時バス出てるんすねぇ。
で、その臨時バスにて福岡国際センターへ。
おおおおお!いるいるっ!いっぱいいますねぇ、メタルなやつらが(笑)。
結構年くってきたため(苦笑)久々のライヴになるので、雰囲気に圧倒されそうだったんやけど・・・
でもCRYと言ってた俺らのテーマが『まだまだ若いもんには引導は渡さんっ!』だったから(爆笑)、
ヴェテランのふりして(爆笑)ズンズンと歩いてましたぁ。で、国際センターへ。

鼻高々で最前列へ突き進みました。
場所はカーク側っつうか、カークのド真ん前!
ソロ用のワウペダルが真正面にあるとこです!いいとこ取ってくれたのね(微笑)
今回の日本公演の中で、福岡が一番小さいホールだったとのことですが・・・他はもっとデカいんか?っつうくらいデカいんすよ、マジで。
他がデカすぎるんやね、きっと(笑)。
1階のアリーナは完全に満席で、2階席はちょっとまばらな状態でした。

しばらくすると、血の気の多い外人さん(佐世保からお越しだとのこと)が、『○■★%&×◎!!!!』と叫んでおられました(笑)。
それで触発された博多んもんも『Oooooooohhhhhhhh!!!!!』と絶叫!
いやがおうにも盛り上がってきたっす!!!

しばらくすると、ステージの頭上にあるライティングセットに日本人スタッフがスルスルと縄梯子で登っていきました。
『おおおお!始まるんかぁ?』・・・

参.開演!

俺らの真正面のスピーカーの陰に Kirk の姿を発見っ!!!!
『うっぎゃぁぁぁあああああああああ!!!!!』と一発叫んでおきました(笑)。
んでメンバーがゾロゾロと登場!
『グゴゴゴゴゴォォォォォオオオオ!!!』っつう博多んもんシャウトが鳴り響く中、メンバーはニタニタしながらステージ上を闊歩。
うががががががぁぁぁ!Kirk に手が届きそうであるぅぅぅぅぅぅ!ぅんもう発狂寸前ですぁぁぁぁ!
で、スタートぎりぎりでLars がスタタタタタァと走ってDrセットへチョコンとお座りになり・・・
『So F**kin' What!!!!!!!』

1.So What
うおおおおお!やっぱこの曲からかよぉぉぉぉぉ!んもう頭振る振るっ!(爆笑)
長年溜め込んできた思いをぶつけまくりましたぁ!
2番までは客電つきっぱなで、Kirk ソロのタイミングで暗転&スポットォォォォ!
おおおおお!カックいいぜ!Kirk さまぁ〜ん!(微笑)
当時俺はメガネかけてたんやけど、1曲目で既に汗で『ずぶ濡れ』になってて(笑)なんも見えんやっか!(爆笑)
メガネ外すと若干見えなくはなるけど、かけてるよりマシってことですぐ外しました。
頭に巻いてたバンダナも激ヘドバン&クソ汗でふっとびそうだったんで、除去。
つうのも、これ後で聞いた話なんすけど、国際センターの空調が故障してたかなんだかで、冷房が全く効いてなかったんだと!
すんげぇクソ暑かったもんねぇ・・・1曲目で汗ダクだったし・・・んで、
『アバウチョオ〜・・・ヨ〜・・・ヨッ!ヨッ!ヨッ!ヨォォォ〜・・・』・・・ジャン!チッチッチッ!ジャッジャッジャァァァ〜・・・

James Singing!!! 2.Master Of Puppets
うぎゃあああああ!マスタァァァァァァァァ〜〜〜!!!!!(笑)
うっへぇぇぇぇ! Jaymz のリフ刻みカッチョええですぜ!
Jason も既に汗ダクでゴギゴギいわせてるぜよぉぉぉぉぉぉ!!!!
『オベイ、ヨ〜・・・マスター!』に続き博多んもんシャウト!
『マスター!!!』ぎゃああああ!鳥肌サブイボたちまくりじゃああああ!!!
期待通り、ジェームズが歌わないとこは博多んもん大合唱で、最高に痺れましたなぁ!
俺も Jason ばりのデス声で『マ゛ス゛タ゛ア゛ア゛ア゛ア゛〜〜!!!!』と絶叫!
案の上短縮Versionだったけど、炸裂したっすねぇ!もう興奮は最高潮に到達してました。
ラストの『マスター!!!!』絶叫後、軽く Kirk ソロ。
んで、『キーキーキーキーキー』と・・・・なんか猿みたいやけど(笑)、例のフィードバックの音が・・・

3.King Nothing
Jason のベースが静かにシンクロし、 Lars のハットがかみ合い・・・
うんぎゃあああああ!(笑)やっぱ横ノリの曲もMETALLICA最高っすね!サビの大合唱は感動じゃあああああ!
Jaymz の『ガニ股度』(爆)も最高潮に達しています(笑)。
演奏終了後、軽いMCを入れながらギター&ベースを交換・・・も、もしやあれか?

4.Sad But True
き、来たぁぁぁぁぁ!待ってましたぜぇ〜〜!!
オリジナルよりも遅く演奏することでよりヘヴィになっとりますです。うおおおおおお!重い!重すぎる!!!(T∇T)感涙〜♪
この曲は大したイベントもなく淡々と進んでいきました。
ただ途中のブレイクんとこは、みんな『うおおおおお!!!』やら『ぎゃあああああ!!!』やら叫んでたけどね(笑)。
俺も『お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛!!!!』叫んでたけど(爆笑)。

5.Fuel
Jaymz がなにやらMCしてるんすけど、英語力なしの俺にはなんのことやら・・・(笑)。
ひたすら『Yeahhhhhhh!!!!』言うしかできませんでした(悲)
ちきしょう!!!ジオスに行くしかねえな!(爆死)
・・・で(笑)、 Lars のハットカウントが7回・・・
『ギミヒューギミファーギミファティザディザ〜!!!!』・・・来たっ!
『ウゥッ!!!!』
・・・・イッテしまいました(笑)。
終始ヘドバンしまくって、サビになると『ウ〜〜〜オナイバーン!!!』と大合唱!!!うぎゃああああ!やっぱカッコええで!

6.The Memory Remains
『フォチュンフェイ〜、ミラーベーイ、ゴインセーン、バッザッ!』・・・
『メモリ〜ィリメエエエンズ!!!』オーディエンスガ続けます。
Jaymz ええどぉぉぉ!相変わらずのガニ股奏法でエエ声出してまんなぁ。
俺はずっとハモリパートの方を歌っておりましたぁ(微笑)
でもやっぱこれのメインは、マリアンヌパートでしたね!
『ラーラララーラーラーラー・・・ラーラーラァラー・・・』
・・・METALLICAと博多パワーが一つになってる・・・感動ですっ!
でも最後は結構長い間それ歌ってて、『まだぁ〜?』って思ってたんやけど・・・(苦笑)
すると、 Lars が『デコデコデコデコデコデコ・・・・』とバスタムあたりを叩き始めて・・・うおおおおお!ついに来るかぁぁぁぁ!!!???

7.Whiplash
うんぎゃああああああああ!超爆裂超絶悶絶ヘドバンタイムのスタートじゃあああああああ!
ぅんもう死ぬほど頭振りましたわ(笑)。
途中の『 HEY! HEY!! 』の大合唱・・・・涙出そう。
ソロんときゃもう・・・覚えてない(爆)・・・ぐらい頭振った振った、首折れそうなくらい(笑)。
記憶が古いせいもあるだろけど、マジに覚えてないぐらい(涙)。
そのままベースソロに突入。
お馴染みの“My Friend Of Misery”のフレーズでちょっとだけ感動(微笑)。
ただ、 Jason が向かって左の方にいたんで良く見えなかったのが残念(眼鏡はずしてたからね)。
引き続き Kirk ギターソロへ。
内容までははっきり覚えてないけど、心地いいノイズを聴かせてくれたです。
あ、そうそう。Sad But Trueの後にもギターソロがあったみたいな情報が・・・・・・全く覚えてねえ(爆死)

8.Nothing Else Matters
暗闇の中ステージクルーが椅子をば持ってくる。むむむ!?( ̄ー ̄)ニヤリ
会場に響き渡るクリアトーン。う、美しいぃ(感涙号泣嗚咽)。
最近のMETALLICAの真髄はやはりバラードにありっ!
あたかも詩をささやくかのように歌い込む Jaymz ・・・・・カッコええ!(感涙)
そこにたたずむ Jason ・・・・・これまたカッコええ!(感涙)
押さえつけていた何かを解き放つようにソロが炸裂!うおおおお! Kirk カッコええ!(感涙)
Lars !カッコええ!(感涙)・・・・・素晴らしい曲です。
激烈ソロ後、また静かに進行していく様は鳥肌たちました。

9.Until It Sleeps
フィードバックの中、 Jason のベースが・・・・・
う〜ん・・・やっぱカッコいいっす!生で聴くと。
特にサビの部分は奮えましたよ。

10.For Whom The Bell Tolls
またまた Jason がベースをゴリゴリいわせてる・・・。
Lars のバスドラに合わせて聞こえてきたフレーズは・・・・
『ガガッ!ガガッ!ガァーン!』おおおおおおおおお!
Jaymz に促されて『HEY!HEY!・・・』の大合唱!イントロ終わるまで叫びまくりっす!
この曲はセットリストからは外せないっすねぇ。名曲っす!
インニョアラスタイミュウェル! ウェル! ウェル! ウェル!
最高っす!(微笑)

11.Wherever I May Roam
おっ!?聴き慣れた弦楽器の音が・・・
始めんとこの Lars・スネアが疲れてきた脳に直撃してきます。
Jaymzのヴォーカルは、この曲で「歌う」ことに開花したということに納得させられるほど卓越したものです。
そして叙情たっぷりの Kirk・ソロが絡みます。
もちろん『エニウェーアイローーーーーーム!』は絶叫したっす!
ライヴ中盤もすぎ疲れた体にゃスローテンポとミディアムテンポが心地いいですね〜

12.One
おおおおお!博多ん町は一時戦場と化した・・・。
ライヴビデオでは何度もお目にかかった爆音も、生で聴くと腹にきますです!
でも曲が激しくなるとアドレナリンが頭のてっぺんから噴き出すっす!
Lars バスドラ6連のとこなんて感動しまくりです!

13.Seek & Destroy
やっぱこの曲もはずせないですね!(微笑)
博多オーディエンスとのかけあいは最高でした!
Searchin'・・・・・『シーケンディストロォォォォォォイッ!』・・・感動です〜。
結構延々と続いたこの曲も終わり、最後はえらい引っ張るなぁ思ってたら・・・
『あらっ?別の曲になってるん?』(爆)
・・・しばらくなんの曲かわからんかったけど・・・あっ!

14.Fight Fire With Fire
ま、まさか生でFight Fireが聴けるとはぁぁぁぁぁ!!!!
感激のあまり半ベソ状態(要は感涙)で首振る振る!
これでもかこれでもか!終盤にはフラフラしてました(笑)
いやはや最高です!!曲終了とともにメンバーは袖に消えていきました・・・。

も、もしや前々から噂されていたアコースティックなやつ、演ってくれないかなぁ?(微笑)
・・・・おっ!ちっちゃいドラムが横から登場っ!おおおおおおおおおお!

15.Low Man's Lylic
ぬわぁんとぉ!(微笑)演ってくれんのかい?おじさん、嬉しいでちゅ(笑)。
いやはや、これも生で聴けるとはぁぁぁっぁぁぁ!(恍惚)
・・・しっかし Jaymz は上手くなりましたなぁ、歌(感涙)。

16.The Four Horsemen
しっかしこれはアコ・ヴァージョンで聴くととたまらんですなぁ。
『チャンカチャンカチャンカチャンカ・・・・・』・・・・日本の心って感じっすよねぇ?(笑)
どちらかっつうと通常ヴァージョンで聴きたかった曲かも(苦笑)。

17.Motorbreath
この曲もある意味意外かなぁと思いました。
アコースティックに合うのかな?って感じでしたけど・・・意外としっくりきます(微笑)。
しかしクソ速いスピードでしたねぇ(微笑)。
結局新しい曲と古い曲だけだったんやけど、もちっと演ってほしかった気もしました。

18.Creeping Death
アコ・セットも終わり、アンコールへ突入!

やっぱこの曲っしょ!
ワシももうこれが最後の曲と言わんばかりに、首、ブン回して・・・・
もち、CRYもな!燃えたねぇ・・・・やっぱ『Die!!! Die!!!』の大合唱っすかぁ!?鳥肌ですわ!
あとはソロ終りのとこで Jaymz が言う『・・・・っシャ!』(笑)カッコよすぎ♪

19.Enter Sandman
やっぱりねって感じです(笑)。
もう彼らの代表曲なんすねぇ。
しかしやっぱりどんな曲だろうがカッコいいのには変わりがなく(微笑)、生で見れた事実にただただ感動です!!!

20.Overkill
一度メンバーがはけたため、『終わりかよぉぉぉぉぉおおおおお!!!????』って思ってたら、やっぱりありました(微笑)。
これも最近じゃ定番だなや〜!!!!
しやしやしかし、カヴァーで始まってカヴァーで終わるなんて・・・・メタリカってすごいっすわ(微笑)


四.終劇

もうとにかく終わった後は放心状態。2人ともかなり疲れてましたねぇ。
やっぱ年には勝てないのか?(爆笑)
福岡国際センターを出て、オフィシャルの販売コーナーへ。
財布と相談して、俺はTシャツを、CRYは長袖のやつを購入しました。

ほけぇ〜とその辺歩いておりましたら、向こうから白いバンが走ってきて、そこに外人を発見!
何やら騒がしいため『もしかしてメタリカか?』などと思い(爆笑)、ダッシュで行ってみると・・・・
あの佐世保の外人でした!(大爆笑)
ファッ○ュウ!サノバ○ッチ!!紛らわしいんだよっ!(核爆)
そこらにいたやつら、全員勘違いしてたみたいっす(苦笑)。


とにかく夢のような一夜はあっという間に終ってしまいました。
次はいつ来てくれるんでしょうか。とても楽しみです。




【 Return to METALLICA index 】