■ 2003/03/31 桜と火事と悲恋物語
■ 2003/03/30 割れた卵の行方
■ 2003/03/29 私は皆の敵?
■ 2003/03/28 鶏肉スキスキ♪
■ 2003/03/27 世界一危険なバカ
■ 2003/03/26 神に背をむけて
■ 2003/03/25 イラクのじいさん
■ 2003/03/24 スタート

桜と火事と 悲恋物語
今日も気温が上がって、4月 下旬の陽気でした。
すっかり桜も満開で、週末まで散らないでいてくれるのかどうか。
やはり桜には、日本人の心の拠り所です。不思議な気分になりますよね。

桜といえば・・・少し悲しい話を思い出します。

江戸時代に17歳の娘が、上野の花見で寺小姓に一目惚れをしてしまいました。
かなわぬ恋で恋煩いの末、娘は亡くなってしまいます。
哀れんだ両親は、振り袖を菩提寺へ納めたのですが
和尚は無情に売り飛ばしてしまいます。
そして、その振り袖を着た娘が2人も病死します。
三度までも寺に寄進されてくるとなると、さすがに和尚も怖ろしくなり
施餓鬼の法会で燃やすことにしました。
すると火を放った振り袖は、江戸の街に舞い上がり、死者10万7千人とも言われる
火事を引き起こしてしまったのです。1657年1月のことでした。
これは「振り袖火事」といわれる話です。

火事と恋。もう1つ江戸時代の物語があります。
八百屋の一人娘お七は、大火で焼け出され避難した先の寺の小姓に
惚れ込んでしまいます。
恋いこがれたお七は、また火事になればその小姓に逢えると思い
自宅に放火してしまいます。すると、火は風に乗りみるみるうちに広がり
江戸中が火の海となりました。
お七は捕まり、火刑に処せられたのですが、16歳になったばかりのお七を奉行が哀れんで
15歳以下の者は、罪一等を減じるという規則を用いて「お前はまだ15歳であろう?」と
訊ねたのに対し、お七は自分の生まれた時の、宮参りの話まで持ち出して
自分は16歳であると主張したのです。
そのために、生きたまま火あぶりの刑を受けたのでした。

1683年3月29日桜の咲く、鈴ヶ森刑場でのことでした。


2003/03/31 (MON)
▲Top

割れた卵の 行方
卵を割ってしまった・・・
パックが立てに落ちたので、2個の被害。
今晩のおかずは、8割方作ってしまったのでメニューの変更が、大変です(>_<)
仕方ないんで、冷蔵庫にあったニラと、卵の炒め物を作ることにしました。
ニラと卵を炒めて、塩・コショーのみ。
簡単で美味しいので、お試しあれ。他のメニューは・・・

・アボガドサラダ
(アボガドの角切り・タマネギスライス・ゆで卵の角切り・ツナ缶・粒マスタード)
・シュウマイ
(豚ひき肉・ホタテの水煮缶・すり下ろしタマネギ・椎茸)
・豚汁
(豆腐・人参・タマネギ・キャベツ・エノキ・豚肉・仕上げにゴマ油と七味唐辛子)

シュウマイと豚汁は作り過ぎました(*_*)シュウマイは、お弁当に入れられるけど
豚汁は3日くらい、食べることになりそうです。


2003/03/30 (SUN)
▲Top

私は皆の 敵?


2003/03/29 (SAT)
▲Top

鶏肉スキス キ♪
今日の昼に、友人からメール がきた。
「昼にキジ焼き丼を食べたぞ〜キジって珍しいだろ〜」
「やっぱ肉といえば、キジだよね〜最高〜」
うん?この人「キジ焼き丼」って、桃太郎のお供に行った「雉」と間違えてる?
「ただの鶏肉だよ〜」とレスしてみた。なんかガッカリしてる様子。
こういう時って、真相は教えない方が良かったのか?
しかし、ここで教えておかないと、友人はずっと雉だと信じてしまうだろうし(^^;)

今晩のおかずは「鶏の照り焼き」(^-^)私は、鶏肉が大好きで、かなりこだわる。
今日の素材は「比内地鶏」。先日、秋田の人からお土産(私のリクエスト)に頂いたものなので
本場の味が堪能できました。


2003/03/28 (FRI)
▲Top

世界一危険 なバカ
また今年も、桜の季節になり ました。
ぼんやりしながら夜道を歩くと、桜の香りとアスファルトの温まる春の匂い。
夜桜には、何か不思議な魔力がありますね。

今日は、東京都知事選挙の告示日でした。
それぞれの候補者の演説は、なかなか面白く、つい聞き入ってしまいます。
特に面白かったのは、ドクター・中松氏。
「他の候補には戦争は止められない!私は止められる!」
さすがです!発明家はちょっと違います!やっぱスゴイぞ〜中松センセ!
どうぞ素晴らしいアイデアを発揮して、戦争を止めてくださいませ。
都知事選など、どうでもいいですよね?センセ。

面白いサイト見つけました(笑)
ブッシュ君は、世界一危険なバカですね
http://www.fugafuga.com/kenkyu/bushism/index.html


2003/03/27 (THU)
▲Top

神に背をむ けて
寝不足です。頭がガンガンす る・・・
今日は、時間を作って野暮用のために、渋谷まで行ってきた。
しかし、平日の昼間だというのに、人が多い。(そうだ春休みだね)

今日もまた、イラクの話を少し。
戦火のイラクは、古代文明が栄えた街で、今も遺跡が残っている。
モノには罪はない。爆撃で破壊されてしまうのではないかと、とても心配だ。
アッシリア、バビロニア、ヒッタイト・・・
これらの名前を聞くと、胸がワクワクする。
私は子供の頃、考古学者になりたかった。

女神イシュタルよ・・・あなたは今、泣いておられますか?


2003/03/26 (WED)
▲Top

イラクのじ いさん
ライフルのような細長い銃を 持った、一般のイラク人のじいさんが
「あのヘリコプター、俺が落としたんだ」と、テレビのインタビューで
意気揚々と、語っていた(@_@)落としたとされるヘリは「アパッチ」
装甲車のような機体で、とても頑丈に出来ている。
「落とした」はずなのに、無傷のような感じがする・・・(^^;)

今「アラビアンナイト・千夜一夜物語」を読み返している。
アラビアンナイトで有名なのは「船乗りシンドバッド」
「アリババと40人の盗賊」「アラジンと不思議なランプ」くらいでしょうか。
補作も含めて、約260ほどのお話がある。語り手はシェエラザート。
でも、本当のアラビアンナイトは・・・
子供が読むような話よりも、大人のための官能小説だったりする。

私は、リムスキー=コルサコフの「交響組曲・シェエラザート」も好きです。


2003/03/25 (TUE)
▲Top

スタート
実は、サイトの再開を考えて ます(^^;)
理由は・・・なんで辞めたのかって質問が多くって
答えるのが面倒だから、じゃあまた始めちゃおっ。
だったりします。(あー節操ないな)
ただいまコンテンツの制作中なので、しばらくお待ち下さい。


日記、いつまで続くかやってみよう・・・

そういえば今日、病院の予約が入ってたんだった。
行くの忘れちゃったな(>_<)


2003/03/24 (MON)
▲Top

Writer: みぃ