Copperhead Road

Well my name's John Lee Pettimore
Same as my daddy and his daddy before
You hardly ever saw Grandaddy down here
He only came to town about twice a year
He'd buy a hundred pounds of yeast and some copper line
Everybody knew that he made moonshine
Now the revenue man wanted Grandaddy bad
He headed up the holler with everything he had
It's before my time but I've been told
He never came back from Copperhead Road

Now Daddy ran the whiskey in a big block Dodge
Bought it at an auction at the Mason's Lodge
Johnson County Sheriff painted on the side
Just shot a coat of primer then he looked inside
Well him and my uncle tore that engine down
I still remember that rumblin' sound
Well the sheriff came around in the middle of the night
Heard mama cryin', knew something wasn't right
He was headed down to Knoxville with the weekly load
You could smell the whiskey burnin' down Copperhead Road

I volunteered for the Army on my birthday
They draft the white trash first,'round here anyway
I done two tours of duty in Vietnam
And I came home with a brand new plan
I take the seed from Colombia and Mexico
I plant it up the holler down Copperhead Road
Well the D.E.A.'s got a chopper in the air
I wake up screaming like I'm back over there
I learned a thing or two from ol' Charlie don't you know
You better stay away from Copperhead Road

Copperhead Road
Copperhead Road
Copperhead Road

えーっと、俺の名前はジョン・リー・ペティモア
親父も爺さんも同じ名前だった
爺さんはここにはめったに姿をあらわさなかった
年にほんの2回ほど街にやってくるだけで
イースト菌を100ポンドと銅線をちょっと買うだけ
爺さんが密造酒を作ってたのをみんな知っていた
国税局の役人が爺さんを指名手配して
ひっ捕らえようと乗り込んで来た
それは俺が生まれる前の話だったんだけど
爺さんは2度とコッパヘッドロードには戻れなかったということだ

親父は密造ウィスキーを積み込んで運んでた
メイソンの小屋のオークションで買ったでかいダッジバンで
“ジョンソン郡保安官”の車体の横の文字をペンキで塗りたくって
中をの覗き込み
親父と俺の叔父さんはエンジンをバラバラにぶっ飛ばした
俺は今でもあの轟音を覚えてるよ
保安官が夜中にやって来て
何か変なことに気づいたお袋の泣き声が聞こえた
親父は労役のためノックスビルへ送り込まれてしまった
コッパヘッドロードではウイスキーを焼き払う臭いがしただろう

俺は誕生日に軍隊に志願した
どっちにしてもこの辺あたりじゃ白人のクズどもから徴兵されるから
俺は2度のベトナム行きの義務を果たし
新しい計画を練って帰郷した
俺はコロンビアとメキシコからその種を持ってきて
そいつをコッパヘッドロード栽培する
薬物管理局は空にヘリを飛ばし
俺はそこで“戻ってきたぜ”と叫びながら起き上がる
チャーリー爺さんからひとつふたつ教えられたんだ
知らないだろう?
お前はコッパヘッドロードにはいない方がいいと