紫の記念日 2 (96年)

吉井和哉 & 美輪明宏


吉井 これは、ファンからぜひ聞いてきてほしいって言われた質問なんですけど。美輪さんは以前から、自分は天
草四郎の生まれ変わりだっておっしゃってますよね。
次に生まれ変わったとしたら、何になってると思います?

美輪 そうねぇ。何かしら、とりあえず千年はお休みだから・・・・。

吉井 千年!?人間は生まれ変わるまでに千年もインターヴァルがあるんですか?

美輪 そうよ。私たち人間は、長いと思うでしょ。ところがねぇ、霊界の時間の観念から見ると、千年なんて短いらし
いの。
観世音菩薩の身長って、どれくらいあるか知ってる?

吉井 いいえ

美輪 80万億那由他由旬(なゆたゆじゅん)っていって、そうねぇ、何億光年も行った、もっと先くらいの長さね。

吉井 そんなにデカいんですか!

美輪 えぇ。ほら、孫悟空のお話にもあるでしょ。どこまでもどこまでも、宇宙の端まで走っても、まだ観音様の掌の
中だったっていう。
霊界の観念って、それくらい膨大なのよ。

吉井 じゃあ、その千年後は?

美輪 わからないけど、また生まれ変わって、いろいろとお仕事しなきゃいけないと思うわ。ただ、生まれ変わるっ
ていったって、今の私が全部生まれ変わるわけじゃないのよ。分霊っていって、霊が核分裂を起こすの。
つまり、今は私は天草四郎の生まれ変わりなんだけど、天草四郎の本体は、まだあの世にいてね。そこか
ら分霊したものを、私が持って生まれてるわけ。
だから他にも、なんとかディオール・アリスっていう、ポーランド人とフランス人のハーフとか・・・。
その人は、フランシスコ・ザビエルと一緒に日本に来たことがあるらしいんだけど。他にも、いろんな国の男や
女が、私の中で生まれ変わってるの。
もちろん、日本人もいるし・・・・。ただ、大体ヨーロッパ人が多いみたいね。

吉井 そういうのって、たとえば顔の作りとかにも出たりするんですか?

美輪 顔の作りにも、好みにも・・・。その人が現在していることには全部、前世からの意味があるのよ。だから、お
もしろいわよ。
その人がどういうところで生まれて、どういう環境で育ってね。食べ物は何が好きか、音楽は何を聴くか。
どういうものに興味を持って、どういう発想をするか・・・。それを紐解いていくとね。その人自身が前世から持
ってる、本性みたいなものが全部見えちゃうの。

吉井 美輪さんを見てて凄いなって思うのは、いつの時代も率先して新しいことをやってこられてるでしょ。終戦直後
だっていうのに、髪の毛を紫色に染めて町中歩いちゃったり。昭和30年代には、もう女装しちゃってたし。
自分で作詞・作曲して歌うっていうスタイルも、日本では美輪さんが最初ですよね。その感覚とか、勇気みた
いなものはどっから来るのかなって思うんですけど。

美輪 元祖が好きなだけなのよ(笑)。だからデヴィッド・ボウイやボーイ・ジョージがお化粧して出て来た時も、
な〜んにも驚かなかったわ。アンタたち、もう古いわよって(笑)

吉井 やっぱり、常に意識の先端みたいなものを感じ取ってるわけですか?

美輪 いいえ、逆よ。私、新しいことをやろうなんて思ったことないの。っていうのはねぇ、新しいものなんて、もうどこ
にもないのよ。
1920年〜1950年の間にすでに全部出つくしちゃってるから。絵だってキュービズムからシュールリアリズ
ムまで、全部やることやっちゃってるし。ファッションだって、シャネルの前のポール・ポアレが、重ね着から男
のパンタロンからアラビア・パンツから・・・。あの人のファッション画見てると、全部載ってるのよ。現代音楽だ
って、そう。
みんな、やりつくしちゃてるの。だったら、あとはそれをコピーしてアレンジするだけでしょ。つまり、今何か新
しいことをやろうとすると、それはもう古いことなのよ。じゃあ、どうすればいいのかっていうとね。いいものをや
ればいいのよ。
いい作品を、どうやるかっていう、ただそれだけ。

吉井 それってね真理ですよね。

美輪 えぇ。なのに、批評家とか評論家っていう人たちは、新しいものはいい、古いものは悪いっていう、バカな価
値判断をするのよ。
古いとか新しいとかは時間でしょ。いいとか悪いとかとは、別問題なのよ。新しくったって悪いものは悪いし、
古くたっていいものはいい。もちろん、古いものでも悪いものはあるし。あの人たちには、それがわからないの
ね。
いいか悪いかの価値基準を持ってないの。だから、バカだっていうのよ(笑)

吉井 辛辣ですねぇ(笑)

美輪 私、そういう闘いばっかりしてきたのよ。

吉井 美輪さんはよく、“ロックは嫌いだ、ロックを聴くとバカになる”っておっしゃいますけど・・・・

美輪 そうね。でも、ロックが全部嫌いなわけじゃないのよ。たとえば、ビートルズは好きだし。彼らの音楽は、バロ
ックが基盤になってるでしょ。あの人たちの前世は、もしかしたら15〜16世紀の吟遊詩人じゃないかしら。
ヘア・スタイルも、あの時代のものだしね。あと、聖飢魔Uなんかも聴けるのよ。いつかテレビでしゃべってる
のを観てたら、デーモンさんもクラシックをやってたんですってね。ただ、ほら、よくあるでしょ。ヒーッて叫んで
るだけみたいなやつ。あぁいうのは、ダメ。あんな音楽は、耳からウンコ食べてるみたいなもんだって、よく言
ってたのよ(笑)。でも、そのくせなぜか、ロックやってる人のファンが多いのよね。だから、ロックの悪口ばっ
かり言ってると申し訳ないんだけど(笑)

吉井 イエロー・モンキーの音楽は、どうでした・・・・?

美輪 吉井さんの声がいいわ。男っぽい、ちょっとしゃがれた声で。ロックを歌うんなら、やっぱり吉井さんみたいな
声がいいわね。
変に外人かぶれの巻き舌にもなってないし。私、あれをマジでやられちゃうのも嫌なのよ。サザンみたいに、
サウンドの一部になっちゃってるんならいいんだけど。

吉井 よかったー。それを聞いて、ちょっと安心しました(笑)