ベイタウン旅行倶楽部 >> ベイエリア >> 鷺沼

鷺沼城址の桜
鷺沼って地名はご存知?



3月28日。ぽかぽかの陽気。京成津田沼駅から習志野市役所に立ち寄り、時間があったので、菊田遊歩道から鷺沼城址まで歩いてみた。手軽な散歩道。



左が菊田遊歩道。マイナーな場所(実は私も歩いたのは初めて)だけど、なかなかいい。右が遊歩道を海側に歩いて、終点のところにある階段。ここを登ると菊田城址である。階段はつづら折りになっていて、結構急。

この階段を登ると一番上の写真の広場に出る。かつては海が見渡せる高台だったのだろうね。木々の間から幕張の新都心も見ることができる。海側が断崖になっている。



左はソメイヨシノ。それほど大木ではないけれど、華やかである。3分咲きといった感じ。右はしだれ桜。ほぼ満開である。車椅子のお婆ちゃんたちが記念写真を撮っていた。

鷺沼城址の場所は以下(ヤフーの地図)。
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35%2F40%2F30.27&lon=140%2F1%2F44.972&sc=
3&ac=12216&mode=map&size=m&pointer=on&layer=0

なんか特別な用事が無い限り行かないような気もするが、香澄公園の桜に飽きた方はこちらをお薦めする。
(参考:香澄公園でお花見

公園内には大きな碑と小さな祠がある。また、7世紀の古墳というダブル遺跡なのである。



左は鷺沼城址の並びの高台から海の方向を見る。すぐ近く(マンションのある辺り)が国道14号線。即ちその辺りが昔の海岸線。その向こうはふれあい橋(京葉道に架る橋)を経て新習志野駅。右は知る人ぞ知る鷺沼温泉。国道14号沿いにひっそりと佇む。いっぺん入ってみたいのだが、なかなかタイミングが合わない。



左は、鷺沼城址に向かう前の京成津田沼駅。松戸方面から新京成電車で京成津田沼駅に到着した。今日は朝早く松戸、鎌ヶ谷と周り、そして津田沼と移動している。忙しいのにのんびり写真を撮っている。なんでだろ。ん〜、要するに、一日のスケジュールがうまく立てられないのである。つまり空き時間が出来てしまうからだ。ま、それはそれでカメラを持っていれば退屈しないのだ。(笑)
右は、京成津田沼駅の駅ビルでもあるサンロード。私が新習志野の某社に転職してすぐくらいの時には昼メシを食べるために立ち寄ったりして、そこそこ親しみがあった。今は殆ど立ち寄ることはない。

Zaki (2007年3月28日 記)
このコンテンツは、俺達HPパート2の「しばざ記」から移植しました。
誤字、脱字、稚拙な表現力、その他は、何卒ご容赦ください。



[追記]

京成津田沼駅内の激安ラーメン
安いからって、立ち食いだからって、馬鹿にしないでくれ

立ち食いそばを一番食べていたのは十代の終わり頃、そして二十代。三十代も結構食べていたかもしれない。しかし、四十代になってから極端に少なくなった。だから、立ち食いそばは電車で出かけた時に意識的に食べない限り、縁が無くなってきた。

昨年など、おそらく年間2回しか食べていない。ところが今年はもう10回以上は食べているかもしれない。このペースで行けば年間20回くらい食べそうだ。何故急に食べだしたかといえば、ここ数年あまり食べる機会が無かったことの反動かもしれない。

1ヶ月くらい前、都内のある駅で時間が無かったので、昼食に天ぷらそばを食べたところが、結構うまかった。麺もつゆも及第点だった。その好印象が持続していて、それで急に立ち食いそばを食べるようになった。

そう、昔の立ち食いそばはあまり美味しくなかった。関東特有の真っ黒なくらいの濃い醤油。出汁がなんだか分からないくらい濃かった。どうもそれが私は苦手で、「小諸そば」(チェーン)に出会わなければ、立ち食いそばと縁を切って、吉野家や松屋の牛丼一筋になってしまうところだった。(笑)

ところで、立ち食いそば屋にはラーメンのメニューもあって、それが結構まともな味だったりする。でも、立ち食いのくせに(笑)、400円とか500円する。それならば、あと100円か200円払って、ちゃんとしたところで食べたほうがよほどいい。でも、京成津田沼の駅構内のその店のラーメンは300円だった。めちゃ安い。みそラーメンも300円だ。(右上写真)

安いとなると、早速食べてみたくなる。食券を買って店内に入る。外から見るよりも中は意外に狭い。5〜6人入ったらきゅきゅうという感じ。当たり前だけど椅子は無い。いや、最近は立ち食いといっても椅子があるケースが多い。ここは完璧に立ち食いなのだ。

店内には私のほかに先客が一人。しかし、ちょうど食べ終わったところで、結局私だけになってしまった。土曜の夕刻だから空いているのかもしれない。厨房にはおばちゃんが一人。麺を茹でているのが見える。その後一人お客さんが入ってきた。

ところで、先ほど、立ち食いそば屋のラーメンの話から入ったが、このお店は中華がメインである。たぶん、そばは扱ってないと思った。店ののれんにも「らーめん」とだけ書いてある。主なメニューは、「みそラーメン」と「ラーメン」が300円。「焼きそば」が350円。「ビーフカレー」が400円。「マーボなす丼」が500円。一番高いメニューは、「中華丼」の550円だ。

メニューは左上の写真からであるが、その他のメニューもあるのかどうかは不明(忘れた)。


5〜6分待って、私の注文したラーメンが出てきた。内容は上の写真の通り。あっさり鶏がら出汁のしょうゆのスープに、細いストレート麺(いや、やや縮れているかも)。チャーシュー、メンマ、海苔、刻みねぎの具が乗る。

チャーシューは薄めだったけど、3枚入っていた。偶然かもしれないし、一人だけだったから、サービスしてくれたのかもしれない。とにかく300円とは思えないほどちゃんとしている。麺はしっかりとしたコシ。まあ、スープは化学調味料で味を整えているかもしれないが、それでも、かなりうまい。下手な600円くらいの値段のお店よりうまいんじゃないか。ちょっとやばいすっよ。

安くてうまい、こういうお店に出会うと、なんかとても幸せな気分になってしまうのだった。

2007/5/6  Zaki



 Oretachi's Homepage Makuhari