〜 "Etch A Sketch"の歴史〜

 

 

 Etch A Sketch(エッチ・ア・スケッチ)は、1960年にアメリカで生まれた絵を描く道具です。

子供のクリスマスプレゼントとして有名になり、アメリカでは家庭に一つはあると言われています。

 

 

◎Etch A Sketch 豆知識

1950年代後半にフランス人"Arthur Granjean"が開発した。

最初の呼び名は「L'Ecran Magique」(「マジック・スクリーン」)だった。

アメリカのオハイオ・アート・カンパニー社が開発・生産する権利を獲得。(名前をEtch A Sketchにし、合衆国特許を取得)

Etch A Sketchクラブには35,000人以上のメンバーがいるという。しかも、下は2歳から上は82歳までいるとか・・・。

 

 

 アメリカでの知名度は絶大であるということが分かりますね!

文化の違いからか、日本では誰もが知っているというおもちゃではありませんが、

私もそうだったように、一度ハマると抜け出せない!これがEtch A Sketchの魅力かも知れません。

皆さんもEtch A Sketchに挑戦してみては?

 

 

〜"Etch A Sketch"で絵を描こう!〜

 

 

 

 

 

 

 

左ノブを回すと、左右に線が描けます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右ノブを回すと、上下に線が描けます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左右のノブを同時に回したり、少しずらして回すと、

斜め線曲線が描けます

 

 

 

〜"Etch A Sketch"の消し方〜

@ まず、絵が描かれた画面を下にします。

Aそして、上下左右に本体を振ります。

B軽く裏から10回程度叩きます。

Cこれで描いた線が消えます。

※描いた線はすべて消えてしまうので、作品を写真などに撮って保存するとよいでしょう!

 

 

 これで描く準備ができました。それでは実際に絵を描いてみましょう!

あなたはどんな絵を描きますか?!もし、あなたのベストな作品があればEmmaまでメールをください☆作品を"Gallery"に載せさせていただきます!