しばらくそのままでお待ちください・・・




Eyes on me














Whenever sang my songs
【歌う時はいつも】



On the stage,on my own
【ステージで独りきり】



Whenever said my words
【語る時はいつも】



Wishing they would be heard
【聞いて欲しいと願ってた】



I saw you smiling at me
【そのたびに、あなたが笑っていたような】



Was it real or just my fantasy
【本当かしら、気のせいかしら】



You’d always be there
in the corner
【あなたはいつも片隅にいた】



Of this tiny little bar
【ちっぽけなこのバーの…】



My last night here for you
【ここで最後の夜】



Same old songs,just once more
【いつもの曲を、もう一度】



My last night here with you?
【あなたとも最後の夜?】



Maybe yes,maybe no
【かもしれないし、違うかも】



I kind of liked it your way
【何となく好きだった】



How you shyly placed
your eyes on me
【恥ずかしそうに私を見るあなたの目】



Oh,did you ever know?
【あなたは知っていたかしら?】



That I had mine on you…
【私もそうしていたことを…】



Darling,so there you are
【ねぇ、あなたはそこで】



With that look on your face
【相変わらずの表情】



As if you’re never hurt
【傷ついたりしないかのような】



As if you’re never down
【落ち込んだりしないかのような】



Shall I be the one for you
【こうしましょうか】



Who pinches you softly but sure
【ぎゅっと優しくあなたをつねるの】



If frown is shown then
【しかめ面をしたら】



I will know that
you are no dreamer…
【あなたが夢を見てないってわかる…】








So let me come to you
【あなたの所へ行かせて】



Close as I wanted to be…
【好きなだけそばに…】



Close enough for me
【うんと近づくの】



To feel your heart beating fast
【高鳴る鼓動を感じるほどに】



And stay there as I whisper
【そのまま私の話を聞いて】



How I loved your
peaceful eyes on me
【穏やかな瞳に見つめられ、どれだけ嬉しかったか…】



Did you ever know
【あなたは知っていたかしら】



That I had mine on you…
【私もそうしていた事を…】



Darling,so share with me
【ねぇ、私に分けてよ】



Your love if you have enough
【余るほど愛があるなら】



Your tears if you’re holding back
【涙をこらえているなら】



Or pain if that’s what it is
【苦悩なら、それでもいい】



How can I let you know…
【どうしたら解ってもらえるかしら…】



I’m more than the
dress and the voice
【私は服と声ばかりじゃない】



Just reach me out then
【こちらに手を伸ばしてくれたら】



You will know that
you’re not dreaming…
【夢じゃないって、あなたもわかるのに…】























(@^3^@)ちゅうちゅう