R.I.P.STEVE CLARK...1960-1991


在りし日の彼を偲んで・・・・このページを彼に捧げます。
Dedicated to Steve Clark.....We miss you forever.........
STEVE, 10 Years past since you'd gone.......

 

1991年1月8日寒い寒い冬の日でした。DEF LEPPARDのギタリスト、
STEVE CLARKがロンドン・チェルシーの自宅で死亡しているのが発見されました。31才という若さでした。私は彼の死を10日ほど経ってから知り、大変なショックを受けました。LED ZEPPELINにあこがれロック音楽に夢中になったSTEVE,そしてDEF LEPPARDへ参加。
いつも長い金髪をふりかざしギブソン・レスポールのギターをZEPPELINのジミーペイジのように、低い位置に構え、どちらかというとメンバーの中では寡黙なイメージでとてもシャイだった彼は、二度と私たちファンの前には現れることはありません。私はSTEVEのことを決して派手ではないむしろLEPPSのソングライティングを支えていた重要人物の一人という感じでとらえており、LEPPSサウンドファンとしては彼のギターリフが、もう聴けないのかと思うと淋しいです。彼の亡くなった当時、LEPPSと仲の良いBON JOVIが折りしも来日公演を行っており、ボーカルであるJON BON JOVIが1月9日の彼らの大阪公演でこの悲しいお知らせをファンの前で報告したそうです。私も1月5日に名古屋でBON JOVIを見た矢先の事であったため、もし自分が大阪公演に行っていたら、その場で泣き崩れてしまったでしょう。。







2001年、1月8日でちょうどSTEVEが亡くなってから丸10年が経過しました。
それなのに・・あの冬は今でもよく憶えているのです。
折りしも、メンバーであったJOE ELLIOTT,PHIL COLLENのサイドプロジェクトのサイバーノーツが2001年、
来日公演の初日をSTEVEの10回目の命日である1月8日に
迎えたのも何か不思議な感じがします。

DEF LEPPARD、JOE ELLIOTTからのコメント;
Steve joined me and Sav to form DEF LEPPARD in Jan.1978.
He was a really quiet,shy,humble,nice,gentle sort of block..
On stage,he was the business,he was very visual and very energetic-a great person to be alongside.
Steve was a very creative person-he was the master of riffs,he wrote some of the best we've ever done.
We'll definitely miss his creative input,We were due to continue recording our new LP today,
but obviously that isn't going to happen.
But the band will carry on eventually.
It was a pleasure to know him for thirteen years and I'll miss him like a brother------JOE ELLIOTT

J
OE のコメントからは、在りし日のJOEから見た静かなジェントルマンのSTEVEの印象とステージ上でみせるまた別のエネルギッシュなSTEVEのこと、もちろん彼がLEPPSサウンドにかなり貢献していたこと、そして彼を失った悲しみ、寂しさを述べ、STEVEがいなくなってもDEF LEPPARDを続けていくし、また弟のようだった彼の死を悲しく思うとコメントしています。
(注意:この英文は
JERRYSTAR解釈のため間違っている可能性大)

    

私が当時、彼の死をどれほど心から悼んでいたのかはDEFLE日記の方を見ていただければ
わかると思います。
なぜ彼は死んでしまったのか本当に悲しい日々が続きましたが、死後、数ヶ月経ってから
メンバーの語る彼の最期の日常を知ると、私がいままで見えていなかったもう一つのSTEVE像というものを
新たに知り、そして同時に彼が抱えていた深刻な問題(アルコール)のために、死期を早める結果になってしまったこともわかりました。



上は、英語の先生(イギリス人)から頂いた、当時のSTEVE死亡記事の切り抜きです(雑誌名不明)。
後から私の日記の中の彼の亡くなった日のページに貼付しました。

記事の内容はこちら(英文抜粋↓)
Tregely struck the rock world on Jun.8 th when DEF LEPPARD guitarist Steve Clark was found dead at his home in Old Church Street,Chelsea,London after severe bout ofdrinking.The 30 years old star,who had spent the new Year at homein Sheffield,was discovered on Thesday morning by his girlfriend.For Def Leppard it is yet another disaster,following the tragic loss drumer Rick Allen' arm in a car crash almost five years ago to the same day.Although Clark wrote much of DEF LEPPARD's material,he was recently the subject of several rumours concerning his positionwithin the band.
The bands last album"Hysteria",which sold in the regionof 12 million copies, was released in 1987,although no new product had been forthcoming from the band. Work was said to have been delayed whilst the band were waiting for producer Mutt Lange to finishwork on the latest BRYAN ADAMS album.
At present there has been no news forthcoming concerning the future of DEF LEPPARD.

日本語解釈:
悲劇がロック界を襲いました。1月8日デフ・レパードのギタリスト、STEVE CLARKがロンドン、チェルシーのオールドチャーチストリートにある彼の自宅で深酒の果てに亡くなり、30歳の彼は、新年をシェフィールドの自宅で過ごした後、火曜日の朝、ガールフレンドによって死んでいるのを発見されました。
これはデフ・レパードにとって同じく5年前の同時期ドラムスのリック・アレンが自動車事故で片腕を亡くした悲劇につぐ新たな悲報となりました。STEVEは、デフ・レパードのほとんどの作品について作曲していますが、彼のバンド内でのポジションにおいていくつもの噂も最近では飛び交っておりました。バンドの一番最近の作品である1987年のHysteriaは、1,200万枚ものセールスを上げていますが彼らの新しい作品は、まだリリースされていません。彼らの活動が遅れをとっているのも、プロデューサであるROBERT JOHN MUTT LANGEがBRYAN ADAMSの最新アルバムの仕事を終えるのを待っているからともいえます。現時点で、デフレパードの未来に関するニュースは何も得られていない状況です。
(つたない英語力のJerryStar訳なので適当ですスミマセン・・・)


STEVE CLARK  
painted by JerryStar-1990



この3作は全て鉛筆描きからスキャンしてほんの少しばかり加工したのものです。
しかも、私はカセットケースに自作の絵を入れるということが好きだったりして
それに合わせて描いたものです。描いたのは1990-1991年くらいでしょうか・・

当時の私のコメント

右のSTEVE CLARKは私の描いた中でもSTEVEらしくない。というのもこの明るい表情とギターの弾き方を他のギタリストのイメージで描いたから。絶対??この種のギターは手にしてなかったし、この位置でギターを弾くこともなかっただろうけど、架空の中なら何でもいいじゃないか!ということなのだ。たまには明るいSTEVEだって描きたくなるもの。PCで壁画スタイルにしてみました。



.




 





←私のスケッチブックから引用。きっと何かの写真を見て描いたに違いないんだけど、その写真みつからず。白黒ですが、ジャケットはおそらくあの赤いやつで、ギターはいつものお気に入りのギブソン。
これは一人で浸ってるんだか、歌っているんだか(まさか?)不明状態STEVE。ヒステリアツアーから。
しかし、絵ばっかり描いてるよ、当時の私は・・・・
しかもダントツでLEPPSの中ではSTEVEが多い。彼は絵になるんだよなぁ。
この絵は少しだけペンで強調されてます。




















こちらもカセットケース用に描いたもの。これもきっとモデルの写真等あったはずだけど、今見つからない状態です。もとの絵の状態がかなり乱雑だったのでノイズをわざと入れてみました。
















こちらは凝った絵になっていませんが
数少ない私のコンピュータでの絵の一つということで、ここに載っけます。タブレット描き絵です。(線が荒い!)
最近もう少し上達したので、そのうち、もうすこしよい状態ものを置きマス。


STEVE,今まで本当にたくさんの、素晴らしい楽曲をありがとう。
Thank you Steve, we never forget you forever!



注:HP内の全ての写真・画像の無断使用・転載はご遠慮ください。