LONDON KILLS ME 
8th to 12th DEC. in FRANCE and 12th to 16th DEC. in ENGLAND
今年は英語&フランス語が堪能な我が姉と2人で行ってきました。ながーーーーいけど頑張って読んでくれ。
数年前に観た映画からタイトルをちょっと拝借。なんかとってもこんな気分。

8th DEC.
11:30のANAで成田からパリへ。機内食は微妙なお味。時差の関係で同日16:30パリ、シャルル・ド・ゴール空港に到着。フランスに入国。
入国審査員、やる気なさすぎ。「ぼんじゅー」と挨拶したにも関わらず、パスポートに挟んである入国カード抜きとったらそっぽ向きながらパスポートを無言で返却。
スタンプも押してくれやしない。あいそなさすぎ。ちゃんと仕事しろ。

19:00ホテル到着。狭いけど、白が基調のインテリアでかなりお洒落。部屋は狭いが、バスルームが広いぞ。しかもバスローブ付き!サイズでっかいけどね・・・。
そしてシャワーカーテンがないよ・・・。いいのか?

部屋でくつろぎたいとこだが、飛行機内でダストアレルギーが出てしまったのよ。とほほ。もーなんつーか、鼻水が泉のように涌き出てくる感じ。
夕ご飯を買いに近くのデパート、ボン・マルシェに行く途中、ひじょーに辛かった・・・。デリでカレー、トマトとモッツァレラチーズのサラダ、水、ジュースを買う。
お部屋に電子レンジが無いのでやや温いカレーは微妙でした。あつあつだったらきっと美味しいはず。

鼻炎の薬がきいて、ちょっとうたた寝3時間。
明日はパリから離れてサン・マロ&モン・サン・ミッシェルへ行くのだ。仕度してたらあっという間に夜中の3時。・・・朝7時起きなんすけど。
ねる。


9th DEC.
目覚ましの時間ではなく・・・時計を合わせ間違えて6時起床。ごめんなさい。
「パリいちスノッブな朝ご飯」を出す話題のお洒落ホテルでしたので、きっちり朝ご飯食べる。ジェラール・ミュロのパンとマリアージュ・フレールの紅茶。
でも何故かコーヒーを飲むわし。ヨーグルトが美味しかった。農場から取り寄せしてるそうだ。ふうん。

 ホテルの食堂。かわいい。

モンパルナス駅9:05発のTGVでレンヌへ。2時間25分の旅。
20号車(先頭)なのでホームの端から端まで歩く歩くあるくあるく・・・・エンドレス。ちょっと早めに出ておいて良かった〜。
そして先頭なのに!座席が後ろ向き?!そんなバカな。長距離電車で後ろ向きに連れて行かれるのほど嫌気なものは無いぞ。
しかもびみょーーーーーーーーーーな位置の席で窓がなーーーーーーい。ねる。

レンヌ駅にて乗り換え。サン・マロ行きの電車を待つ。
おまわりさんと一緒にアーミーが巡回してるんだけど・・・迷彩柄上下に肩からマシンガンさげててビビってしまった・・・。見なれんもんでね。
もし冗談でもアレ向けられたらチビるよなー・・・なんて。トイレ行った後でよかった・・・・。

サン・マロ行き電車の車内。
ナウじじ発見。チェック柄のハンチング帽にアーガイル柄のソックス。おされ。サンドウィッチとお菓子パンを もーぐもーぐ 食べてる。
ちょっとヤギっぽい。かわいい。

サン・マロ到着。
駅で荷物預かってもらう。通常は料金取られるみたいだけど、駅員さんがサービスしてくれた。ラッキー。
でもロッカーとかじゃなくて、駅員室で預かるとこが割と適当。鍵かけてるから大丈夫だけどさ。

ここでちょっと遅いお昼。カフェでチーズとハムのガレット食べる。ガレットとはそば粉のクレープで、この地方の名物。
広島行ったらお好み焼き、みたいな。食べないといけないらしい?でもちょっと油っこかったよ。
カフェのまわりにスズメみたいな小さい鳥がいっぱいいるんだけど、丸すぎ。ちょっと太りすぎですね。ダイエットしましょう。
ごはん食べ終わったら、 街 散策です。

 駅の方から歩いてくると城壁が見える。この向こうは海。 

サン・マロは海!!!砂浜が白くてふわっふわ。・・・・そしてワカメ臭い。潮の満ち引きで海水が浜いっぱいまで上がってくる為、砂浜にワカメが散乱・・・。
でも全体に広がってるわけではなく、ワカメポイントがいくつかあるんだけどね。ポイントの範囲とワカメの量が多すぎるから臭い。

 砂浜でサンド・ヨットをしてるおいちゃん達とか居る。おいちゃんなのに キャーキャー 言っててかわいかった。楽しそうだ。

砂浜、広い。

 湾の形に合わせて城壁が造られているので、その上を歩く。

角ばったり、丸かったり、それはさながら石のアート。すばらしい。楽しい楽しい楽しい。
天気がすごく良くて暑いくらい。日差しが強くて 焼けそう だ。でも日陰はやっぱり寒いの・・・・。

 石畳がチョコレートみたい。 

 街はこんな感じ。道幅狭し。似たような道がいっぱいあって、どこ歩いてるか分からなくなる。

 街の中の教会。パイプオルガンがながれてて素敵だった。 

そしてこの後に悲劇が訪れる のであった。

モン・サン・ミッシェル行きのバスが17:15発 なので、荷物を取りに駅まで戻る。
行きは歩いたけど帰りはバスで。バスに乗ったら、あっつー間4分くらいで駅に着いた。行き 20分くらい歩いたのにー。

で 荷物受け取って、バスを待つ。・・・・・バスが来ません。
待てども待てども・・・・・・・・・・エンドレス。 い、1時間も待ってしまった。寒いしトイレ行きたいし・・・・・・・くりかえし。
やっと来たバスに乗り込んで 5分。

キモチ が ワルイ (汗)

ね、ねる・・・・。
30分後。

吐いてしまひました。すんません。
でも ビニール袋+紙袋セット を姉に作ってもらって、間に合わせたので,車内&服は汚してません。
さすが おとな。

でも着いた頃には ふらっふら です。そして姉さんもバス降りる時に、一段踏み外して転げてました。
あとで見たら膝下が すんごーーーーーく腫れて てめちゃ痛そうでした。姉妹でダウン。なんなの いったい。

モン・サン・ミッシェル内にあるホテルにチェックイン。
夕ご飯は ごめん 食えない。無理。姉1人で食べに行き あたいは寝る。
2時間経過。起こされる。
やさしいお姉さまは可愛い妹の為に、レストランの人に頼んでサラダとパンを持ち帰ってきてくれたのでした。いただきます。
まだちょっと胸っつーか胃のあたりがむかついてたので、半分も食べれなかったけど美味しかったです。特にパンが。さすがおフランス。

風呂入る元気もなかったんだけど、朝7時に潮が満ちるので頑張って風呂入ってからもっかい寝る。
せっかく水位が1番高くなる大潮の時期を選んで来たのだから、なんとしてでも見たいものだ。


10th DEC.
朝7:00 鐘が鳴り響く。満潮の合図らしい。
が、だが しかし。
気持ちが悪くて起きれません。むり。ねる。
せっかく湾が見れる部屋に泊まったのにいーーー。うう悔しい。
あとで聞いたら、満月で満潮になる時に具合の悪くなる人がいるそうだ。月の引力によって力が引き出される場所に行くと、敏感に反応してしまうのね。
昨晩着いた時に姉がホテルの人に「この子が具合悪くて」みたいな事を言ったら、「今日は満月だからね」と言われたそうだ。
何のこっちゃ と思ってたけど、このことかー と 納得。
やだあたしったらとってもデリケートだったのね。しかも熱まで出てだるくて起きれん まじで。

 具合が悪くても写真は撮る。部屋からの眺め。もやで何も見えないけど、向こうは海。

11:00チェックアウトなので、ギリギリの10:30まで だるだるして、残り30分で仕度。
外に出たら空気が良いのか ちょっと元気になってきた。熱冷ましの薬が効いて、だるいのもとれてきたような。
でも修道院に入る ながーーーーーーーーーーー い階段をみたら ちょっと気が遠くなってみたり。ぜえぜえ言いながら頑張って登ったよ。

 「王の門」。憧れの跳ね橋。

 聖堂。ここで祈りを捧げる。

 聖ミカエル・・・なのかな?

修道院の中は ホグワーツ魔法学校 ・・・・? みたいな。
ロード・オブ・ザ・リング っつーか。 いやでもやっぱりハリー・ポッターの世界だな。
ちょうど黄色に赤いラインの入ったセーター着てたので、気分はグリフィンドー寮生で。っていくつだよ。
はしゃいでみたけど、今日はものすごく寒い!もやっていうか、霧がかかってて冷え冷え。

 中庭。柱の装飾が素晴らしい。

修道院の全体像が見たいのに、上の方はまるで見えません(泣)。全体の写真が撮れないので、悔しくてポストカード買ってしまった・・・。
見学時間はゆっくり周ってもだいたい1時間くらい。因みに冬場行っても、日本人観光客しかいません(笑)ものずき日本人。
「こんな寒い時期に、わざわざこんなとこまで来るのは日本人くらいよー!」と土産もの屋のおばちゃんが笑ってました。
でも夏はものすごーく暑くて、階段登るの大変だと思うよ。混みこみだし。冬、おすすめ。

 修道院手前のホテル&お土産屋街。夏はギュウギュウの人出でココ通るのに1時間くらいかかるらしい。

お昼を食べる。ホテル経営のレストランが何件もあるので食べるとこには困らない。プラールおばさんのオムレツとやらが名物らしい。
ここに来たら 絶対プレ・サレ食べる! と決めてたのだがしかし。胃の具合がよろしくないので野菜のスープのみで(涙)。
近くのテーブルの人が食べてたので、臭いだけ堪能。美味そうな臭いでした。食べたかったな・・・・。

14:00 バスでレンヌへ(こんどは吐かないで済んだ。ほっ)。レンヌ→モンパルナスまで電車。行きと同じく2時間25分の旅。
電車の中、寒い。関節が痛い。またちょっと熱出てきちゃったみたい。寝ながらうなされる。うーん具合悪い。
パリに戻ったらホテル移動して、軽くごはん食べたら THE STROKES のライブ行く予定なんだがの。無理かもしれん。

パリに着いて 姉に「めっさ具合悪いわー」 と言ってみる。したら液体の風邪薬が出てきた。
用意いいな、さすが姉。もっと早くに言えばよかった。

荷物を預けてる最初のホテルまで近いので歩く。途中にあるスーパーでお水とかジュース買ったから、荷物がちょっと重いけど 頑張る。
ホテルでタクシーを呼んでもらって、タクシーに乗りこむまぎわ。

むにゅ。
犬のうんち ふみました。
パリの洗礼 うけちゃいました。
でもあんま臭くなかったです、ハイ。
パリはいたるところに犬の糞が落ちてるので、歩くとき気をつけましょう。特に道探しして、上向いて歩いてる時は要注意!です。

で、ホテルを移動しちょっとお部屋でまったりタイム。
んーとね、なんかだんだん元気が出てきたよ。これならライブ行けるかも!よし、行こう!!と 20:00くらいに仕度を始める。
会場まで地下鉄で30分強くらいだから余裕で間に合う。とりあえず会場のある駅まで行って、適当にサンドウィッチかなにか食べて行こうと思ったのだが店が無い(汗)
おなかあんま空いてないので、そのまま会場に入ってしまった。

LE ZENITH という名前のヴェニューだったのですが、かなり新しいみたいでキレイでした。そして広い。6000人くらい入るらしい。
でもフロアは狭め。2階席がやたら広い。そして全席自由。良い場所早い者勝ち。しかも2階席は高さが低くて1番前の席とか、かなりステージに近い。
もしかしたら1階のダンスフロアよりも近くで観れるかも。なんて親切設計。これは良い。

21:00ちょっと過ぎに着いたんだけど、前座バンドの真っ最中。全ッ然知らんバンドでしたがフランスでは人気があるのか、えらい盛りあがってました。
でもフランス人、ダイブへたくそ。
重いのかもしれん。ごろんごろんできなくて頭から落ちたり、逆行してたり。
ステージと逆方向に転がってどーすんの。

前座が終わったのが21:30くらい。予想どうりだ。そして前座が終わったと同時に、1階スタンディングフロアのほぼ中央にパラソルが
ぽん!! と開いた・・・・・??
なんと!アイス売りが店開いてるよ。飲み物も売ってるけどアイスってとこが、さすがフランス。
や、でもこれ日本でもやってほしー。フロアでドリンク売ってくれたらとても助かるわ。長丁場のとき酸欠&脱水症状にならんで済む。
あーもー どーでもいいけど 腹 減った。アイスは売ってても、食い物売ってないんだよねーココ。もう22:00とうにまわってます。

22:20くらい。ストロークスやっと登場!
えーとすいませんセットリスト覚えてません。いつものことですがね。
1stと2ndの曲、だいたい半々くらいで。適当にMCはさみながら、淡々と曲こなしていってます。クーーーール。
そしてあたいは途中 腹減りすぎて、少し気失いかけました。
やった曲で覚えてるのは

THE MODERN AGE
SOMA
SOMEDAY
ALONE, TOGETHER
LAST NIGHT
HARD TO EXPLAIN
NEWYORKCITY COPS
TAKE IT OR LEAVE IT
WHAT EVER HAPPEND?
REPTILIA
AUTOMATIV STOP
12:51
BETWEEN LOVE & HATE
MEET ME IN THE BATHROOM
THE WAY IT IS
THE END HAS NO END
I CAN'T WIN


ってほとんど全曲じゃん(笑)
最後はジュリアンがフロアにダイブで。もうこれはお約束なんですかね?
アンコールなしで23:20くらいに終了。ちょうど1時間くらいやったのかな?でも結構な曲数こなしてたような。時間でみると前座の方が長くやっていたかもしれん。

地下鉄の最終は24:00だから余裕で帰れました。混んでたけど。
ホテルの近くでやっと食べ物を購入。もう24:00過ぎてます。こんな時間にクレープなんて食うな。でもそれぐらいしか売ってないのだ。夜中なんでね。
食べたばっかて消化されてないけど、疲れたのでもう寝ます。長い1日だった・・・・。
明日は特に予定ないのでゆっくりできます。ほっ。

 パリの地下鉄。駅構内は、アンモニアと香水の入り混じった異様な臭い。


11th DEC.
寝ながらうなされました。なんだか汗かいてしまった・・・・。ライブ中は 気合 でのりきってたんですねー、きっと。ああ具合わりー。
でも ぼへーー としてたらなんとか回復してきました。ゆっくり仕度して11:00くらいに行動開始。
ホテルのすぐ近くに「ジェラール・ミュロ」があるので、サンドウィッチとか買って食べながら歩く。
この界隈(サンジェルマン・デ・プレ)は美味しいお店がいっぱいで目移りしまくり。チョコレートのお店でエクレアを買う。
あとは「OLIVE.co」というオリーブ専門店に。我が家で愛用のオリーブオイルを買いだめ。重いので一旦ホテルに置きに戻る。
ついでにお部屋でさっき買ったエクレアを食べる。オーダー1個と言ったのに、何故か2個入ってた。
けっこう濃い味で無理して食べたら うぷっっ てなりそう。1個を2人で分けて食べてちょうどの量だ。それでもかなりお腹いっぱい。
残り1個どうしよう・・・?後で食べると言っても、他にも行ってみたい美味しいお店がいっぱいあるので、ここで足止め食らうわけにはいかないのだ。
でも捨てるなんてバチあたりなことはできないので、ホームレスの人にあげることに。きっと喜ぶはず!
そんなわけで エクレア持って出かける。

ホテル出たら雨が結構降ってるではないか。折りたたみ傘持ってきといて良かった・・・。冬のパリとロンドンは雨が多いのだ。
再びサンジェルマン界隈をうろうろする。「by Terry」とういコスメのお店に行ったら、お昼休みで中見れなかった・・・。
パッケージがすごーく可愛くて、使ってみたかったんだけどな。残念。「14:00に来てね」とドアのとこにメモ紙が挟んであるけど、また後で来るのは面倒くさいぞ。
雨じゃなかったら来てもよかったけど、なんせ寒いし。そしてなんとなく入ったDIORで買い物してしまった(汗)。ブランドものは買うつもりなかったのにー。
やっぱかわいい、DIOR。でも買ったのはキーホルダーなので、そんなに高くはないのだ。腰につけよう。うふ。

街の中心部に入って行ったらいた。ホームレスのおいちゃんが。
姉が「これ、甘いものですけどよかったらどうぞ」と言うと、「おおこりゃ有難い!すぐ食べます有難う。メルシー メルシー」と、とても喜んで受取ってくれました。
すごいにっこにこしてたよ。雨で寒いから甘いもの食べたら温まるよね。良かった☆

で、うろうろ続行。行きたい靴屋が見つからない。本当に寒くてちょっとぐったり。どっかでお茶飲んで一休みすることに。
どうせお茶するなら「ドゥ・マゴ」が良いね。ということで駅の方まで戻る。そして戻る途中に探してた靴屋があったよ。でもよさげな靴は置いてなく・・・残念賞。
ドゥ・マゴは混んでたけど、すぐに座れた。ラッキー。ケーキ(タルト・タタンが美味しい)も食べたかったけどエクレアがもたれてて むり。
夕ご飯までもたれっぱなしだった。恐るべしエクレア。買い食いする時は、見た目に騙されないよう気をつけよう。

一休みできたので次の目的地、マレ へ移動。バスを使ってみる。初めての市内バス。ドキドキ。
なかなか来ないけど地下鉄より楽だし、街が見れるのが良い。ちゃんと次の停車駅も音声が教えてくれる親切設計。
ロンドンバスは教えてくれないから、ちゃんと見てないと乗り過ごしちゃうんだよねー。

マレでは香辛料屋さんで買い物。地図で場所調べておいたので割とすぐ見つかった。胡椒を買いだめ。赤い粒が美味しいのよ。
隣にある小さい花瓶屋がかわいくてちょっと入ってみる。ピンク色のろうそく立てを購入。透明の、プラスティックみたいな素材でキュート。
次はオペラ座の近くにあるデパートへ。オペラ座でバレエを観たくて来る前に公演を調べたんだけど、ちょうどやってなくて。そのかわりストロークス観れたけど。
バレエとストロークス。何だか全然違うけどね・・・。まあ良し。

 オペラ座。いつかここでバレエを観たいものだ。 

そしてデパート「ギャラリー・ラファイエット」に行ってみる。クリスマスのディスプレイがキレイなはず。

 派手。なんじゃこりゃ。

で、電飾が すごすぎる。さすがベルサイユ宮殿の国。コテコテですな。

 ピンク色で華やか

疲れたのでホテルに戻ります。
オペラからサンジェルマンまでのバスのルートは、途中ルーブル美術館をつっきるのです。なんだかよくわかんないけど すげー。
そしてセーヌ川沿いを走る。後ろにはエッフェル塔。ちょうどライトアップの時間で、キラキラ光ってた。巨大なツリーみたいだ。

 ソルボンヌ大学。サンジェルマン・デ・プレにある。

ホテル到着。ううーん ぐったり。エクレアがまだもたれてます。夕ご飯むりかも・・・・。
でも今日はパリ最終日だから、ちょっと高めレストランで素敵ディナーしよう って言って、もう予約しちゃってるんだよねー・・・。
ど、どうしよう・・・。まいったね こりゃ。とりあえず行くけど、食えるかわからん。
おしゃれ着も用意してきたけど、着替える気力がないのでそのまま行きます。そんなにラフすぎる格好じゃないし大丈夫でしょう。

レストランまでは歩いて5分くらい。近くて良かった・・・。
まず受け付けでチェック。受け付けのおいちゃんは ちょっといじわるっぽい顔してて好かん けど、フロアスタッフが面白すぎ。
ローワン・アトキンソン(Mr.ビーン)に激似な人がおる。動きもなんだかビーンぽくて笑える。
あとちょっとかわいめのミッチェル(勝手に命名)。ミッチェルは暇があればお喋りしに来る。ちゃんと仕事しろ。

テーブルに置いてある塩がピンク色で可愛いなあ。しかも大粒で美味そう・・・と じっ と見てたら
「こっちがお塩で、こっちが胡椒だよ」 とわざわざ教えてくれた。そのぐらい アホの子 じゃないからわかるよ、ミッチェル。

前菜、メインは軽めのやつを聞いてオーダー。前菜は鴨のカルパッチョ。う、うまい。パンも美味い!なんだか食欲が出てきたぞ。
メインは海老のグリルしたやつ。玉ねぎに似た野菜が付け合わせで添えてあるんだけど、甘苦くて美味い。なんだこれは。初めて食べるお味でした。
うーんお腹いっぱいだし 満足♪せっかくだからデザートも食べちゃおう。でもケーキは無理。
「季節のフルーツとソルベ」というのがあったので、ソルベなら軽く食べれるだろー と甘くみてたらこれがけっこうな量だった。
薄切りマンゴーの上にピスタチオ、ラズベリー、チーズ味のソルベ3種盛り。う まーい!!特にチーズが絶品!美味しすぎ。
そうそう、あたしはデザートをオーダーしたんだけど、姉はお腹いっぱいでダウン。そしたら小皿にキャラメルのソルベが出てきたの。
「お腹いっぱいでもこれくらいなら食べれるデショ?」と。このキャラメル味のソルベもすんごく美味しかったのよー。ソルベなのに香ばしいの。
料理は美味いしサービスも良いし、なかなか良いお店でした。

そして帰り際。

コートを着る時にミッチェルが姉に「ちょっと下で待ってて」と。んん?
そして「これぼくのナンバー」と 電話番号とメアドを書いたメモを姉に渡すミッチェル。やだーナンパ?見てるこっちがなんだか恥ずかしいぞ。
「でもあたし達明日帰るし。」余裕であしらう姉。もらっとけよ!(笑)
ミッチェル「うん、でもまたパリに来た時会えたらいいし・・・メアドも書いてあるから連絡して?明日電話してくれてもいいし・・・」
姉「わかった。一応もらっておくね。」
ミッチェル「連絡してねー!」
店の外までお見送り。姉、おそるべし。あなたいったい何者デスカ?
しかし結構(つーか かなり)ちゃんとしたお店だったのに アリ なんだろーか・・・?謎だ。
んでもって後でレシート見たらデザートの分は会計されてなく・・・デザートは貴方のおごりで☆ って感じ?わはは。
それにしてもフランス人 積極的。
そしてミッチェルの本当の名前は フランソワ でした。こりゃまたそれっぽすぎるお名前で(笑)
この後何度も 鬼姉妹に話のネタにされるフランソワであった・・・。 きみに 幸 あれ。


12th DEC.
9:00起床。今日は午後、イギリスに移動です。ロンドン・コーリングです。
13:00まで時間があるので、まずお気に入りの「ジェラール・ミュロ」でパンとサラダを買い、美味しいチョコレートで有名な「ジャン・ポール・エヴァン」でお買い物。
12:00にホテルをチェックアウトしないといけないので1回戻ります。そして戻る途中、食いしんぼ姉妹が袋を開けてみると・・・
無い。オーダーしたはずの マカロン が。レシートを見たら会計もされてない。色々買ったから忘れられちゃったのね・・・。
会計されてないなら まあ いっか。と いうとこなんですが。が、しかし。た、食べたいよねえ・・・?ということで店に戻る。5分くらいしか歩いてなかったし ね。
時間が無いので早足で。お店に戻ったら あった。量りの上にマカロンが。放置されてます。
店の偉そうな人(ココがポイント)に、「あの、それ忘れられちゃってるみたいなの」と言ったら、
「あらー!ごめんなさい!じゃあこれはプレゼントでいいわ!」と言って くれた。ラッキー。昨日からついてるな。
しかしフランス語でないとこうはいかないものよ。あたいもフランス語勉強しよう。がんばる。

ホテルに戻ったらちょうど12:00くらい。チェックアウトを済ませ(荷物はそのまま)、セーヌ川の方に行ってみる。
すぐそこノートルダム寺院。ベンチがあるので座って、ミュロで買ったパンとサラダを食べる。姉の鞄から箸が出てきた。あなた ドラえ○ん デスカ・・・?
寒いけどノートルダム寺院を見上げながらの遅い朝ご飯(もう昼だけど)は中々良い。
ミュロのパン、ちょー美味いし。クロワッサンが絶品。因みに新宿高島屋でも買えます。ケーキも買えます。横浜高島屋ではケーキのみの販売です。チェキ☆

 ノートルダム寺院 ゴシック建築ってなんてステキなの 

 セーヌ川 あんまキレイじゃない

 中身空で申し訳ない。このジュース美味しかった。生絞りな感じで果肉ぎっしり。とってもフレッシュ。

13:00になったのでロンドンに移動です。ユーロスターは高かったので、飛行機で。British Midlandで。
シャルル・ド・ゴール空港の滑走路にはウサギが住んでいるのですよ。機内から見えるので楽しみにしてたのですが・・・冬なのでいませんでした。
随分前だけど夏に来た時は、滑走路の緑の部分をピョコピョコ跳ねる物体が機内から見え、なんだろう・・・?と よーくみたらうさぎさん でビックリしたのでした。
ぜったい難聴。まちがいなし。しかしどっから来たのか謎ですな。

そして出国なのですが。空港にちょっと早めに着いたんですよ。で、 よ ゆー。免税店ゆっくり見れるねー なんて言ってたら、チェックインカウンターで
「次の飛行機かなり遅れてるので、今出るやつに乗っちゃって!」と。 え? まじ? 今 って いつ???
「もう あと15分後くらいに出るから急いで!!」 えええ〜〜〜? アリ なんですか??そういうの。
「ちょうど2席空いてるからいれちゃうねー。はい、チケット。3番ゲートです。」 はい わかりました。それに乗ります。ああ免税店・・・・。
まあ特に買うものは無いんだけどね。見るのが好きなので ちょっと楽しみ奪われた気分。でも次の飛行機遅れてるって言うしね。早くロンドンに着いた方が良いものね。

片手にパスポート&チケット、もう片方の手にバッグ。バッグが重いので持ちかえる。そ、その時。
バッグの取っ手に挟んでしまったのだ チケットを。ちぎれ・・・・て ない け ど・・・ものすごーーく微妙につながってます。約5mmくらい。
なんかプラプラしてるけど・・・今にもちぎれそう・・・。
荷物チェックのとこでチケットを見せるんだけど、出したら こりゃなんじゃい という顔をされてしまった・・・・。そしてちぎられてしまった。
あの、それココでちぎっちゃって良いんですかね?搭乗口はまだ先なんすけど。
んでボディチェックでピーピー鳴ってしまった。まあこれはいつもの事なんで慣れっこだけども。だがしかし今回はなんと!
靴 脱がされました。 エンジニアブーツ履いてたんですけど、わりと何度も旅行に履いて行ってるんですけど。 ぬげ と言われたのは初めてです。ビックリ。

そして靴はX線にかけられ。鞄とかと一緒にベルトコンベアーに乗って流れていく靴。あんま見ない光景。係りの人とか笑ってるし。いやがらせですかね?
ロッカーな人は海外行く時、靴とかベルトには気をつけて下さい。まじでかっこわるいです。笑われてます。あああああ。
飛行機の中ではふて寝です。でも1時間くらいで あっつー間にロンドン到着です。
因みにちぎれたチケットでも乗れました。あれ?という顔はされましたが。セキュリティーの人が切っちゃったの。と言ったら ああそう ぐらいで、ふつーに通してくれました。

ロンドン・ヒースロー空港からはヒースローEXP.でパディントンまで あっっちゅー間 です。市の中心部まで15分ですよ?なんて早いんだ。
因みに料金は£13なので地下鉄よりはだいぶ高いです。でも30分かかるとこを15分で着いて¥2500。しかも座席はゆったり。地下鉄はぎゅうぎゅう て考えたらかなりお得。
この便利さはすごい。特に荷物が多かったり重かったりだったらヒースローEXP.がオススメ。バックパッカーだったら地下鉄でも良いとは思うけど・・・。
でも今回はパディントンからのタクシーがハズレでした。遠回りされた。くっそう。
そういえばタクシーの運ちゃん、ボビーにちょっと似てた。ん?これは アタリ なのか?
姉がぶつぶつ文句を言ってたんだけど、「ボビーだからしょうがないよ・・・」と言ったら妙に納得してた。
しかもおつり多かったし・・・。ボビーは計算が苦手らしい。

ホテルはもう何回も利用してるとこなんだけど、今回泊まった部屋は今までで1番良い!広いし家具もレイアウトも ス テ キ !!
しかもCD,MDコンポに・・・DVDまでついてる!!こりゃすごい。我が家にすらないのに。これで1万円しないのは、かなりお得。
冬だから安いのだ。夏はバカ高くてとてもじゃないけど泊まれません。

 ロンドンのホテル シンプルでステキ 

お部屋が思った以上に素敵なので、今日はもう出かけないでホテルでゆっくり過ごす事に。まだ今17:00前なんですけどね。
今日はLA2でALABAMA 3 のライブがあって、行きたかったんだけど中止にします。移動で疲れちゃったし。
パリで頑張りすぎてたのでこの辺で休んでおかないと、また体調崩しちゃうし。無理しないことにします。
(後で調べたらチケットはソールドアウトしてたので、どっちにしろ観れなかったらしい。)
夜ご飯は近くのスーパー「WAITROSE」のデリでてきとーに買ってきて。適当だけど美味そう。美味そうなだけじゃなくて、実際美味しいんですけどね。
デザートはパリで買ってきた美味しいチョコレートです。疲れもこれでとれる でしょう。
今日は早く寝ます。

 きれいに盛りつけしてみた。アパートメントホテルなので食器も揃ってる。


13th DEC.
9:00起床。小雨だけど寒くはない。
ホテルのカフェで、パンとお茶が無料サービスされてるので、そこで軽い朝ご飯。
食べ終えたら部屋でゆっくり仕度して、11:30。遅い出発だけどロンドンはお店開くのが遅いので、このくらいから行動開始でちょうど良い。

まずはキングスロード。目的地はWORLD'S END。VIVIENNE WESTWOODでお買い物。ロッキンホースのゴルフを買おうかどうしようか迷ってるのだ。
歩いていたら「すぐそこでファッション・バス停まってまーす。見てねー。」と、フライヤーをもらう。
ファッション・バス?? え、ラッキー!!雑誌か何かで見て、乗りたい(?)と思ってたの!!
バス型の洋服屋さんで、主にインディーズ・ブランドとか、セントマーティンズの学生の服を売ってるの。
出没する場所が不定期でどこにいるのか分からないんだけど、こんなすぐに出会えるとは。ついてる!!

 これが 「ファッション・バス」 中はブティック。 

ロンドンバス(ダブルデッカー)を改造してあって、2階がショップ、1階は試着室と会計。
BGMはSUICIDE !かっけー。ご機嫌の中、かわいいトップスを見つけ試着。と、試着をはじめたその時。BGMがPRIMAL SCREAMに。
ななな なんで??かおに「プライマル」とか書いてあったのか?いやそんなはずはない。なんで好きなのわかったのよ。
そういえば前にロンドン来てヴィヴィアンで買い物してた時も、店内見てたらBGMがプライマルに変わったんだよなー、なんて事を思い出してしまった。
で、トップスちょうど良い感じだったので買っちゃいました。むふ。

かなりうれしい。

お腹が空いたので「プレタマンジェ」で昼ご飯。まいどお気に入りのサンドウィッチ屋さんです。
今日は「チキン&ベーコン」のにします。2切れ入ってるので、姉の「クレイフィッシュ&クレソン」と1切れ交換。美味しい。

 通り沿いの公園では小さいスケートリンクがあったり。

ご飯の後、雑貨屋さんや家具屋さんに立ち寄りながらヴィヴィアン到着。
む。ロッキンホースのゴルフがある。試着させてもらったんだけど、親指の下の骨のとこに縫い目があたって痛いかも。
バレリーナを持ってるんだけど、痛くてあんまり履けないから、コレ買おー と思ってたんだけどな。これじゃ履き心地かわらないわ・・・。
お店の人も「あたしもバレリーナ、痛くて履けないのよー。ゴルフも痛いわよー。」ですって。あきらめるかの。
「でもサイズ大きくしたら平気かも。リージェントストリートの方に、もうワンサイズ上の置いてあるから、暇があったら行ってみて。」と教えてくれた。
ううーん、ちょっと考えよう。そしてあたしの頭の中は、アクセサリーでいっぱいに。目の前のケースの中に見たことないデザインのが、ずらり並んでて。
靴・・・じゃなくて他のものでお金使ってしまうかも・・・いやもう買う気満万なんだけどね。
スカルなリング£80 と、Orb型のブローチ£60 以上2点お買い上げ。ブローチはマフラー留めるのに使うのだ。かわいいぞ。

バスでスローンst.駅まで戻って、地下鉄でレスタースクエアへ。そこから歩いてトッテナムコートに。
「LA2」というヴェニューでSUEDEのライブがあるのだ。チケットは当然sold outだけど、当日券とかあればいいなー、なんて。
でもやっぱり あるはずなかったよ。念の為チケットショップに行ってみたら、£65 だって。ふざけんな。
日本円で約13,000円ですよ? 誰が払うか ばーーーーーーーか。
いらん と言ったら 「いくらだったら買うの?」 と。 えー、£20くらい? したら「bye bye」と言われてしまった。
いくら last everっつてもねえ。たけーよ。コアなファンじゃないんで、そんな金額出せません。バイバイ。
だがしかし コアなファンが50人くらい、会場口に並んでいるよ・・・。あの、まだ今16:00なんすけど。開場18:30ですよ?
しかも前座とかあるし、22:00くらいですよ、SUEDEのライブ始まるの。気合入りまくり ですね。ご苦労さまです。
あたいの分も 楽しんで ね。

 コベントガーデン。曜日によってストールの内容がかわる。 

気をとりなおしてコベントガーデンに移動し、お茶タイム。疲れたからケーキも食べちゃおう。ケーキとお茶で£5,10 ちょっと高かった。
一服したとこで、友達に頼まれものされたアクセサリー屋 CRAZY PIG へ。去年ココで買ったチェーンは愛用してます。
店内に入ったら欲しいものがいっぱいで、頭おかしくなりそうに。頼まれたものだけ買うつもりだったのに、自分の選んでるし。
ちょっと今日 買いすぎじゃない? でも安いんだもん。日本で買うのの半額以下だし。支払いのことは置いといて、買っとけ。
あれもこれも欲しーい。でも我慢して1個だけにしたよ。口をガーッってあけた タイガーのリング。かなりゴツイですわー。
サイズ直しで1時間待ち。時間あるからリージェントのヴィヴィアン行ってみるか。うん、そうしよう。

 リージェントストリート。クリスマスのディスプレイ割と地味。

しかし・・・・場所うろ覚えで ぐるぐる まわってしまった。
ロンドンは大体分かるんで、ガイドブック持ってきてません。やっと見つけた頃には 時すでに遅し。18:00閉店だったらしい。
今18:20。うーん タイムロス。リング屋の閉店時間を聞くのを忘れてたよ。急いでコベントガーデンに戻らねば。リングのお直しを受取らないと。
ロンドン、店閉まるの早すぎだよ。で、やっぱり閉まってた・・・18:30閉店だったのね・・・。19:00までだといいなー なんて思ってた よ。
明日は日曜日でお休み なので、月曜日に来ます・・・・。しょぼん。

あたしがコベントガーデンに戻ってる間、姉は「ハロッズ」で夕ご飯のお惣菜をチョイス。ホテルで合流 なので とぼとぼ とホテルまで帰ります。
お部屋に着いたら姉はまだ帰ってなかったので、音楽タイム。持ってきたCDをかけて一緒に歌ってみたり。
そのうち姉が帰ってきて 開口1番 「うるさい よ」 と言われてしまった。ごめーん。

夕ご飯は野菜のラザニアとサラダ。久しぶりにちゃんと野菜を食べた気がするよ。デザートはパリで買ってきた「サダハル・アオキ」の抹茶のパウンドケーキ。
超有名パティシエのケーキはどんなステキなお味かしら? と期待してたら 割とふつー でした。ふつうに美味しい。まあまあ かな。
すごく美味しい を想像してたのでちょっと拍子抜け。うまいもの食べすぎて ベロメーター の水位が上がっているらしい。

 ハロッズのデリ。野菜のラザニア。

お腹いっぱいでうたた寝してしまったら、3:00でした・・・。パブ行くつもりだったのに!どーしようもないねー こりゃ。


14th DEC.
9:00起床。目覚ましかけてないのに、昨日も今日もピッタリ9:00に目が覚めた。体内時計でもセットされてるのかな?
ホテルの地下にフリーのランドリーがあるので、朝ご飯前にちょっとお洗濯。と、思ったけど・・・・使い方わかんねー。さきにごはん食べよう。
食べ終わってランドリーに行ってみたら、ちょうど洗濯してる人がいたので使い方を聞く。だがしかし。ロンドンにいる外人は全てイギリス人なわけではなく。
そりゃそーだ。イギリス人でこないなホテルに泊まってて、洗濯までするやつあ いねえ。ということでお互いガイジン。
しどろもどろな英語で、なんとかかんとか。どうやら時間がかかりそうなので、夜やることにしよう。そうしよう。

今日はまずカムデンへ。日曜日ですから、街のお店は開いてるところ、少ないのだ。日本じゃありえん。
特に買う目的とかではなく、単なる街歩き。革ジャンが欲しい気もしたが、ロクなの売ってないし。オンボロのシャビーなやつしか無かった。いいや、いっぱい持ってるし。
橋を渡るとカムデン・ロック・マーケット。別に面白いものはないんだが、フードテントがいっぱい出ててなんだか楽しい不思議な場所。
しかもワールドレストラン・コーナーがあって、ちょっとフジロック思い出した。地べたとかてきとーに座って食べてるのはみんなガイジン。英語じゃない・・・。

 カムデン・ロック・マーケット。ロックと付くが、べつにROCKIN'なわけではなかったりする・・・。

フランスのフードテントのじゃがいもがとても美味しそう、なので食べてみる。

 微妙にカレー風味。£3,50でちょっと高い。

すごく美味しくはないけど、ふつーにおいしい。量が多いので2人で分けて食べてちょうど、だと思う。
別のとこで紅茶を買ったらチョコレートを貰えたんだけど、そのチョコが美味しかった。コーヒー豆の形で、噛むとガリガリしてるの。どっかで売ってたら買いたいな。

姉が14:30からチェルシーで映画を観たいと言うので、その間にサーチ・ギャラリーを観ることに。
17:30にフォートナム&メイソンで待ち合わせにして、それまで別行動。1人歩きロンドン です。

サーチ・ギャラリーの場所 ちゃんと調べてないんだけど、確かトラファルガースクエアだったはずー(これはとんでもない間違いデス。正解はWATERLOOです)。

 トラファルガー・スクエア

 濁った空がとてもロンドン。

 ナショナル・ギャラリー

あれ?ナショナル・ギャラリーしかないぞ?どこにあるんだよ、サーチ・ギャラリー。
ナショナルギャラリーのショップにミュージアムガイドが置いてあったので探してみる。St.. JOHN'S WOOD・・・・・?どこ それ??
ジュビリーラインでGREEN PARKから3つ目かあ。30分あれば余裕で着くかな。行ってみよう。

地下鉄でガタゴト。

あ のー。駅周辺 なんも無い んすけど。ほんとにここにあるんですか? とりあえず駅でMAPをもらおう。

 左上の方にあるのわかる?Saatchi Galleryて書いてあるの!絶対!!

お。「SAATCHI GALLERY」ってちゃんと載ってるじゃーん♪しかし駅から ものすごーーーく遠いぞ。よく見りゃABBY ROADをまっすぐ行ったところじゃないか。
ん?ABBY ROADか!ビートルズの!!来たこと無かったからちょっとラッキー☆これは 不幸中の幸い ですね!
こんなことでもない限り来そうにない場所だわー。だって ビートルズよりストーンズ なんですもの☆
あ、そういえば ミック・ジャガーがナイトの称号を! ってTVつけるとそればっかよ。ロッカーがナイト ねえ・・・。どうなんだろ?
まあ知ったことじゃないけどもさ。

レコーディングスタジオの前通って えんえん歩く。かなり歩いた。もう疲れた。
あの、この辺 ほんっとーーーーーーーーに なにも ないんです けど。閑静な住宅街っつーか、むしろ寂れてますよ・・・。
あー なんか ちょっと 不安に なってきた。
 
どこなんだよ サーチ・ギャラリ〜〜〜!!!


よかん てきちゅう。 
ねーよ そんなもん。ぎゃふん。
地図で示されてる場所まで行ったけど、アパート です どーみても。 人の生活臭ぷんぷん です。
なんなんだよ いったい!!
ちゃんと調べてない自分が悪いです、ハイ。
かえろ。

 そのへんのラクガキ。

通り沿いのバス停にOXFORD CIRCUS行きのバスが来たので乗ります。歩き疲れた もー むり。とんだムダ足だったわ・・・・。
待ち合わせの時間まで1時間くらいあるので、BOND St.で降りて「セルフリッジ」というデパートに入ってみる。トイレも行きたいし。
本当は時間あまったらハイドパークに行きたかったんだけど、もう暗いし寒いから やめやめ。

 バス車内。わりとばっちい。つーか、散らかってる。

「セルフリッジ」はかなーりデカくて、何でも揃ってます。伊勢丹をデカくしたみたいな感じ。日本の「アンダーカヴァー」まであるのよ。
日曜日も開いてるなんて良心的だわー。

小腹が空いたので歩き食いしながらGREEN PARKまで行くことにしよう。BOND St.駅入り口に「プレタマンジェ」があるのでデニッシュを1つ買う。
温かくて しかも サクサク してて うまい。そして食べることに集中しすぎて 進む方向 間違えた。
GREEN PARKに出るはずが、OXFORD CIRCUSに来てしまった・・・・あれ?でもまあここからでも地下鉄で一駅ですしね。すぐ着くわ。
案の定 予定より早く着いてしまったので、姉を待たずに買い物してしまおう。頼まれもの と 自分用。
でも量り売りのチョコは、あたしの大好きなラムレーズン、今日は売りきれで もう無かった よ。ああがっかり。
会計済ませて外で一服してると 姉が来た。ご満悦な様子。映画、おもしろかったらしい。
ヒュー・グラントがイギリスの首相(あり得ないぜったいあり得ない)の役だったらしい。ちなみにタイトルは「LOVE ACTUALLY」
オムニバスで色んなカップルが出てくるらしい。日本でやったら観に行きたいかも。

ホテルに荷物置いて、ちょっとくつろいでから夕ご飯。今日は外食します。KING'S Rdの「my old dutch」いつものレストランです。
最寄駅前のバス停から49番のバスに乗ると、ちょうどお店の前に停まるんですよ。すげーベンリ。
ところでこのお店。かなり贔屓してるんですが、つい最近改装したらしく とてもキレイになってました。
と、いっても前が汚かったわけではなく。なんというか 今風 な感じに変わってました。
しかしいつ見ても 皿、デカイ。

 ちょっと角度が難しくてうまく撮れてませんが。手のひら4つ分くらいの大きさ。むり。

半分食べて ギブアップ です。

けっこう大粒の雨が降ってきたので帰りもバスで。歩いてカロリー消費したかったのだが。ああお腹いっぱい。
お腹いっぱいなんだけど何故か・・・部屋着いてからチョコレート食べてみたり。別腹。

 フォートナム&メイソンで買ったチョコレート。ピンクのは「ストロベリー・シャンパン」

くつろいだとこで朝できなかった洗濯をしに。しかし洗濯機は日本のものが良いな、と実感。なんかねー、濯ぎが足りんよ。いつまでも泡あわ。
ヨーロッパは水不足だから、濯ぎの習慣(文化?)が無いらしい。食器とか洗剤で汚れ落としたら、濯がないでタオルで拭いて、おわり。
洗剤つける=殺菌効果がある=だから安心 というかなり間違った常識(?)を持ってるらしい。以上 姉 談でした。

そんなこんなで気付けば3:00です。夜中です。明日は夜、知人に会うのでいい加減寝ます。
そして寝る前に「TIME OUT」でサーチ・ギャラリーの場所チェックしてみたら・・・・・

「NEXT TO LONDON EYE」 だって。

全然違うじゃん!!


15th DEC.
10:00起床。夜更かししたから眠い。ホテルの無料朝ご飯に間に合わない(10:00まで)ので部屋でごはん。
日本からレトルトのお米持ってきてたので、軽く調理して食べる。ほんとに何でも持ってるうちの姉。なんて便利な人なんだ。
朝食は軽めが良いんだけど、ちょっと量多かったかも。お腹いっぱいだ。

 レトルトごはんをコーンスープと混ぜてリゾット風に。フルーツはイチゴのヨーグルトとキウイ。

のんびりしてたらまたあっという間にお昼になってしまった。あわてて外に出る。
今日はまずキングスロードに行って、ヴィヴィアンで買ったリングのサイズ交換をしてもらう。もうワンザイズ大き目に変えたいのだ。
小さくはなかったんだけど、太い指にした方がカッコイイことに気がついたので。取り替えてもらえるかな?
書き忘れてたけど、着いた翌日にヴィヴィアン行った時にフランス人男性が駆けこんできて。靴なんだけど、なんつーか「足袋」みたいに先が割れてるデザインのやつ、
あれをどーしても今日欲しいんだけどない? って店員さんに訊いててね。もうその靴は売りきれちゃってて無かったらしいんだけど、その人は
「どーしても今日あれを履きたかったのに!」とすっごい残念がってて、店員さんが「なに?今日は キメの日 なの?」とからかってて面白かった(笑)
で、その人がうな垂れて帰った後、「ねえねえ今の人、ゲイだと思う〜?」とか言ってんの!おい。
「フランス人であんな靴履きたがるヤツは絶対ゲイ!」とか言ってて笑えました。おもしろすぎですよ、あなた。

お店に着いた、店員さん床に座ってごはん食べてました。そういやもうランチの時間か。休憩室とかないんだね。休憩中に来ちゃってごめん。
でもちゃんとリングのサイズ交換してくれました♪くち もぐもぐ してたけど。どうもありがとう。我侭言ってごめんね〜。
そしてキングスロードのヴィヴィアンにはTAX リファウンドのフォームが無いので、リージェントのショップまで足を運びます。
めんどくさいけど、£100以上のお買い物するとTAXが戻ってくるのだよ。その手続き用紙を貰いに行きます。また何か買ってしまいそうな気がしなくもないが・・・。
・・・・気 だけじゃなくて買ったけどね。ふ。いったい幾ら 使わせる気なんでしょう?恐るべしヴィヴィアン。

リージェントにいるので、ついでにカーナビーストリートもチラ見。モッズショップがいっぱいです。
「フレッド・ペリー」は流行っちゃったからもう アウト らしいです。今、ロンドンのおされモッズ君のイチオシは「ジョン・スメドレー」です。
ジョンスメ(not ジョンスペ)といえば上質の高級ニットですが、ワンランク上のお洒落を楽しみたい伊達男達が食いつくのもわかる気がします(笑)。
ほんとクオリティ良いんだよねー、高いけど。とりあえず一着持ってるので、ここは買うの我慢しときました。兄チャンかわいかったのでウッカリ買いそうにもなったけど!我慢です。

次はコベントガーデン。サイズ直ししてたリングを受けとって、暇あるんでちょっとうろうろ。でも他は特に用事がないので、ボンドストリートに移動します。
コベントガーデンからだと乗り換えが面倒なのでトッテナムコートまで歩きでいきます。そこから地下鉄。そしてトッテナムコート手前でちょっとお茶タイム。
「ALL BAR ONE」というおしゃれパブ。パブといえば、おっさん とか やさぐれた人達 の溜まり場、というイメージだけど この店はかなりお洒落な感じです。
だもんでパブといえばビール だけど ホットチョコレート をオーダー。だって寒かったし まだ16:00だし。でも出てきたのは 温めチョコレート でした。微妙。
30分くらいくつろいでから地下鉄に乗る。ボンドストリートまでは2駅。

「BROWN'S FOCUS」に置いてあった「マーク・ジェイコブ」のニット帽が可愛かったけど、帽子に£110は出せません。
でも革のグローブが£35でお買い得だったので、これは即決。探してたようなデザインだったから、見つかってすごく嬉しい。しかも安い。るん♪
あとは姉が「セルフリッジ」で靴を見たい と言うのでちょっとチラ見。良いのがあったんだけど、サイズが無くて買えなかった。残念。
支店の場所をきいて、明日行くことに。

18:00まわって 疲れたし、荷物置きにホテルに戻ります。知人からのメセージは無し。今晩のご予定はあ?まあいいか。
お腹空いちゃったので、ご飯をスーパーのデリに買いに行きます。今日はカレーにします。

 ベジタブル&チキンとマンゴー&チキン。2人分で£4,00 安い。

マンゴー&チキンが美味でした。マジでおすすめ。甘いカレーは普段食さないんだけど、これはまた食べたい味でした。
あとスーパーのレジに並んでる時、前にいた人がレジ係りの子と知り合いらしく楽しそうに喋ってたんだけど、フランス語でした。
この界隈(チェルシー)はフランス人が多いらしい。リセとかもあるし。
2人とも黒人だったんだけど、ロンドンにいる黒人さんは 細くて知的な雰囲気ですごくクール。アメリカにいるのと大違い。何故かしら?
しかもお洒落さんが多いのよ!そんでこのレジ係りの子は顔も声もかわいくて しかも愛想が良い。あたしにも元気良く「ハロー!」とニッコリ。
自分、女なのに ドキドキ しちゃったよ。今日はなんだか かわいい人 が多くて、良い日だったな。

そして知人とはタイミングが合わなくて会えませんでした・・・。後日メールきたけど。仕事終わって家帰ったら疲れてそのまま寝てしまったらしい。
夜中に目、覚めて しまったあああああ と思ったけど、もう遅かった・・・ごめん。との事で。まあいいさ。そんなこともあるよ。
あたし達もうたた寝してたら3時だったし。もう明日ってか今日、帰らなきゃだし。荷物のパッキングして風呂入ったら5時だし。
もうこのまま起きてよう。そして 朝の散歩 in ハイドパーク しよう。そうしよう。


16th DEC.
 7:00 朝焼け。キレイ。 

朝イチでハイドパークに行こうと思ってたけど、予定変更。キングスロードからスタートです。なんか毎日行ってる気がしますが 気のせい でしょう。

グロスターロード駅でトラベルカードを買うのに自販機に£20札入れたら、おつりが全部小銭で出てきたよ。£16ぶん全部よ。これいかに。
£2硬貨が1枚と£1硬貨14枚。あのね、£1硬貨って¥500玉よりも重いんですよー・・・。それが14枚よ?どーしろっつーの!
しかも財布に入りきらないじゃないか(怒)。コートのポケットに入れるしかない。肩こりそうだ。

 右のピンク色の紙切れが「トラベルカード」。左の地下鉄MAPは駅でもらえる。乗り換えが分からなくなったときあると便利。

 駅構内。どこまでも長いエスカレーター。深く潜れ。

キングスロードで姉の靴を買ったら、速攻でホテルに戻る。チェックアウトを済ませたらフロントで荷物を預かってもらい、 さあ ハイドパーク です。

 寒々しい けど のどか。

30分くらい 公園内をうろうろしてみる。

 りす!

ボートのある池まで行ってみたけど、このくそ寒い中ボートに乗ってる あほう は いませんでした。つーか ボート自体 無い。

 岸に戻れない人がいたような いなかったような・・・

 見覚えのある 風景。と思った人は アレ ですね。

お腹が空いてきたので「ハロッズ」が近いことですし、オイスター・バーでランチしようと思います。なんか今回は食べるところ、定番のとこしか行ってない気が・・・。
ちょうどお昼どきだったので、結構混んでた。カウンター席しかないんだけど、5つ隣の席の4人ぐみがキャビアたのんでた!すっげーリッチ〜。
1番安いのでも£65だよ?昼から豪勢ですな〜。

あと今日は レコード屋巡り と 憧れのサーチギャラリー に行きたかったけども、時間が ない。
どっちかしか行けない・・・どうしよう? 悩んだ末、レコ屋巡りにします。だって音楽の街ロンドンだし。
でもレコード買っても、家に置く場所無いんだよね〜。いっぱいありすぎて床 抜けそうだし。
ジャケ買いの衝動を押さえ。ものすごーーーーーーーく我慢して2枚だけ(これはまた逆に少ない気がしなくもないけど)買いました。

 SUICIDEのアナログ盤。左£7,99 右£9,99。from NY だけど。

これだけでもかなり満足♪
リサーチしてみたところ、どこの店に行ってもRAPTUREは人気でしたね。イチオシな感じで。プライマルのベスト盤はいっぱいあまってました(あちゃ〜)。

そんなでちょっとお茶とかしてたら16:00になってしまいました。帰りの時間です。
い や だ −−−−−−−。と 駄々をこねても居れないのはわかってるので おとなしく帰ります。
なんかもー眠いし。早く飛行機乗っちゃって 眠りたい、今は。

ホテルでタクシー呼んでもらって パディントンまで行き、そこからヒースローEXP.のつもり だったけども。
タクシーの運チャンが、£35で空港まで行ってくれるらしい。1人£17,50 お得だ。
だってパディントンまでのタクシーが£10として、ヒースローEXP.が2人で£26 だから 合計£36でしょ。
チップ払うとオーバーだけども、乗り換え時に重ったいスーツケースを運ぶ事を考えたら、タクシーの方が絶対楽ちんだ。
ふつーに乗るとだいたい£50取られるんだけど£35は安いぞ。 よし そのまま行ってくれ空港まで。

ところで。荷物の制限重量とかって気にしたことあります?ないですか?そうですか。
スーツケースの重量は20kって決まってて、最近 結構厳しい。持ち上げた感じ、23〜25kありそうな・・・・?大丈夫かな〜?
オーバーすると超過料金をとられるんだけど、もし「払え」と言われたら「自分軽いんで」って言ってやる。
だってたとえば体重100kの人が10kの荷物だったとして、あたし+スーツケースの方が断然軽いもん!納得いかん!
でも全然大丈夫でした。しっかり「HEAVY」って書いたステッカー貼られたけど。なんとかなった。ほっ。

そういえば今回はTAXリファウンドのとこも結構厳しかったな。いつもは書類出すと、テキトーにチェックして はいオッケー!じゃコレあっちでお金貰ってね ってラフなのに
今回はTAXリファウンドの対象になるものを持ってないとダメだったの!前に並んでた人が持ってなくって「じゃあ駄目です。これは破棄します」って言われて
用紙に大きくバツつけられててちょっと可哀想でした。も、持ってて良かった・・・・再び ほっ。

で、またしてもボディチェック。靴は大丈夫 脱がされなかったけど、荷物チェック。
「荷物あけていい?}って聞かれて どーぞ。と答え(NO とは言えないし)そばで見てたんだが。
鞄を開け、上の方に入ってた黒いビニール袋を取り出すセキュリティの兄ちゃん。中を覗きこむ。
・・・えーとね、その袋の中身はスリッパなんですよー。パンダの柄の♪ しかも小さい星柄にパンダがとんでるの。で色は赤。派手。
中を見て 
ふっ と笑う兄やん。
「もー 行って いーよ」 と、カバンかえされた。
あの、中 ぜんぜんチェックしてないじゃん。 まあ いっか。
きっとパンダ見て脱力してしまったんでしょう。

そして今は機内です。
ねむいのでねます。
でも腹減りました。
はやく食事持ってきやがれ。

そんなかんじで もうすぐ帰ります。

ってか とっくに着いてるんだけどね。

最後まで読んでくれた方、おつきあいくださって どうもありがとう。
長くて疲れたでしょ?目薬さしてね。