■ニキレポ*9月

2000年9月24日(日)



「ダンス」 岡田さん、竹内さん、本田さん、千野くん、長田くん、高橋くん


 移動しながら見たので、記憶が曖昧・・・。スミマセン(><)


「本音教」 松浦さん、安田さん、岡田さん、竹内さん、本田さん、千野くん
         長田くん、高橋くん


今回でこのネタ最後の為か、アドリブがいっぱい(笑)「本音教」とは・・・道行く人たちの悩みを聞き、それを教祖様独自の切り口でスパッと解決するというナイスな新興宗教。信者はクタクタ・てろてろ・マッキー黒・極太(?かどうかは知りませんが油性ペン)で前身ごろ→『本音教』後身ごろ→『あきらめましょう』と書かれた、揃いの白Tシャツ着用が義務付けられている。(しかし今日の千野くんは、下ろしたてのようにピカピカなT)。

今月、教祖様が解決された(・・・)悩み事は

 1. ダイエットで3キロ痩せたけどリバウンドで5キロ太っちゃった。
    →食わなきゃ痩せるって言ってんだろ!!!3・4日食わなくったって
     人間死にやしない、断食しろ、断食!!!

 2. 彼女欲しくてコンパに通ってるけど可愛い子が来ない。
    →お前みたいなチャラチャラした男がコンパで女作ろうなんて無理
     なんだ!〜〜(←スミマセン聞取れませんでした・涙)バシッと気合
     入れて2本の足でガシッと立ってみろ!女なんか勝手に寄ってくる。

 3. コギャルをやめてオネエ系になろうか、アマゾネス系になろうか迷っている。
    →ポリシーはないのか?!自分の意志は何処にあんだよっ?
     どうせ回りに合わせてるだけなら、ユニクロ着てろ!!!
     (24日は「2」が『外では亭主関白、でも実際は掃除・洗濯全部やらされ
     てる』に変更されていました☆)

これらのくだらない悩み(←暴言。でも教祖様も言ってる・・・)に真剣に答えていく教祖様。そのお言葉は過激に素敵!!なのに、最後は石もて追われる事に・・・。

面白く作られてますが、よくよく聞いてみると、内容はとってもシニカル☆脚本書かれている方の毒が、後からまわってくるカンジです・・・。 いつもはココで終わるのですが、今回は竹内さん・高橋くんがその場に残され、教祖様に代わって悩みを解決!! その役に立たなさ具合が情けなくって良かった(笑)


「ダンス」 本田さん、千野くん、高橋くん


千野くんと高橋くんが、アイコンタクトをしていたのがカワイカッタです〜☆
本田さんは、もう完璧なひとつの世界でした(>∇<)/


「この美しき愛のかたち」 松浦さん、安田さん、竹内さん


今日もアキラの愛は、ヨシヒトさんに向かって大爆走!!!
安田さんは気持が前のめりになっているのか、ちょっとカミカミでしたがそれすらも変なオーラを醸し出していて◎

登場時、盛大に腋を匂っているのですが、そのウットリと陶酔した表情から アキラの腋臭(ワキシュウ)はフローラルブーケのかほりだと思われます・・☆不思議なアキラ語『ぷりりん〜』は今回ニューバージョン『ポロリンポロリンまー大変!』に変更。聞き逃してしまったのですが、もしかすると、ヨシヒトさんの好きな食べ物も「にら」の付く他の食べ物になっていたかも・・・。
(誰か真相を教えて下さい〜涙)

最後、記憶の戻らないヨシヒトさんに焦れて(?)強引に襲い掛かるアキラに成す術もなく、哀切な叫び声だけを残し、黒幕の後ろに儚くも消えるヨシヒトさん・・・。その後はめくるめく二人の世界だったのでしょう。記憶を取り戻したことを医者(松浦さん)に報告する明るい声と「ヨシリンのバカ・・☆」という台詞が忘れられません・・。

 次回から当分この2人に会えなくなるのは寂しいナ・・・(>‐<)
 黒幕の後ろにはけて、医者とヨシヒトさんが話すシーンで(実際は録音によるもの)変な効果音が付いていたのに気が付いたのですが、コレッて前から付いていましたか・・・?気になる・・・。


「ダンス」 松浦さん、安田さん、岡田さん、竹内さん、本田さん、千野くん


 「手持ちくるり前転」で、岡田さんと竹内さんが、小声で調子を合わせているのが、一所懸命なカンジがして、感じよかったです。


「スタンド by us」 松浦さん、安田さん、岡田さん、竹内さん、本田さん、千野くん
               長田くん

雨宮くん、山田くんが演じてきた「教授」を本田さんがっ!!!!!これが、カワイイ〜〜〜〜んですっ!!!“21歳にもなる方をつかまえてカワイイもないんですが・・・。でもその存在全てがチャームの魔法・・☆(←それではドラキュラです)。上手く文章に出来ないのがもどかしい〜〜〜〜。目で追わずにいられない華がある方だと思います・・・☆竹内さんとの「はなすみよ・すみはなよ」の掛け合いはジャッキーチェンかドラゴンボールというような技の出し合いで、見ている方も楽しかったし、やってるご本人達もとても楽しそう・・・。2人の諍いに割って 入る役の千野くんも、今回は2人の勢いに押されたのか、いつもより控えめな仲裁をしてました。

 前回から挿入された着替え時のアドリブ(?)シーンは、雨宮くんお休みの為(??)、松浦さんと長田くんの2人が本音教の衣装で登場☆教祖・松浦さんが長田くんに、無理矢理、子門真人(教祖様は彼を意識しているらしい)をレクチャーしたり、霧吹きで水を吹きかけたり、したい放題(笑)。でも、長田くんの綺麗なソプラノで「泳げ!たいやきくん」が聞けたのは感謝しないとネ(笑)。

長田くんとのシーンを終え、借金返済の日延べを頼む、シリアスな役の松浦さん。(早替えデス!)いつもは殴られてそのまま退散するのですが、この日は岡田さんに抱きかかえられるようにして去りつつ、『歯が折れちゃった…』と笑いを誘うアドリブを1つ。思わず客席も沸きました(^^)
 しかし、ここで1番印象に残ったのは、ヨシオカ(安田さん)に殴られたムラカミ(松浦さん)を見て、ミッチェル役の竹内さんが酷薄そうに薄く笑ったその表情です!!!カッコよかった〜〜〜〜!

 ところでこの話って、ムラカミからヨシオカをかばった時の怪我の後遺症で結局は死んでしまったヒロシ(岡田さん)がストーリーテラーになっているので、全て過去の話なんですね・・・。そう思うと切ないですね・・・。(淀川長治風)

「ダンス」 全員


 高橋くん、善しも悪しくも手の抜きどころを知ってる・・・ってカンジ(笑)


「ごあいさつ」 全員


 松浦さん:『(女子マラソンの)高橋、金メダルバンザーーーイ!!』
・・・・・すべってました・・・。皆なオリンピック見てなかったんだネ!

 

2000年9月10日(日)


「ダンス」岡田さん、竹内さん、本田さん、千野くん、雨宮くん、山田くん
       長田くん、高橋くん


 ニキ・カシが観に行きはじめてから初めての本田さんの参加!!!
ただ立っていると、小柄でとても華奢な本田さんが、ダンスが始まったとたんまるでポップコーンのように弾けて、全身がリズムのようでした(>∇<)/ 千野くんとの前列センターツートップも見応えがあって、1人増えただけなのに随分場の雰囲気が変わるものなんだなぁ・・・と感心しきり。

 当日は思ったより暑い日となってしまい、ダンス中の山田くんは、眉根がよって常に俯きがち…。ダンス内容は悪くなかったので、そこだけちょっと残念・・・。(でも視線が下向きなのはいつもカモ・・・?)
そして、ダンスの並び順は「前列」→上手なヒト、「後列」→そうではないヒト・・・となっているのではないかと疑惑が・・・。(←今更・・・笑)

「本音教」全員

先週より信者を3人増やし、更にパワーアップした新興宗教(?) 「本音教」・・・。教祖(?) の松浦さん・安田さん達の後ろに、横一列に並ぶ信者さんたちの、歌ったり、教祖のありがたいお言葉を、全ての動きを止めて押し聞く、表情の怪しさに目が釘付け・・・。しかし、あまりの怪しさに客席が賑やかになってしまい、その後に続く松浦さんの台詞が聞こえづらくなってしまったのが残念〜〜〜〜(><)ハシャグ気持ちはよく分る(>‐<)!!けど、教祖様のお言葉は信者の皆さんと一緒にありがたく、静かに聞くのが良いかと思イマス☆

ところで、とっても60年代な教祖様スタイルですが、松浦教祖さまはズボンと靴はナイキ、ソックスはチャンピオンを愛用していらっしゃる事がカシさんのチェックにより判明。以外にブランド(・・・)志向なんですね(笑)
信者・山田くんは、歌うときはちょっと不気味な上目使い、教祖様が民間人の悩みを解決している最中は、白目をむいていたり、「ファイト一発!!」顔していたり・・その美貌に裏打ちされた、迫真(…?)の演技でした(^^)。演技にテレが入らないところが、山田くんの良いところデス・・☆

「ダンス」本田さん、千野くん、雨宮くん、高橋くん

まるで京劇の俳優を思わせる本田さんの動き・・☆体中の筋肉を自分の意志で自在に制御出来そうな、敏捷で重力から開放されたダンスなのです〜(>∇<)/関係ないけど、カケッコとかも速そう・・・。
 もう何回も踊られているダンスですが、本田さんが戻って来られた事によってまた一味違った新鮮なものになった気がします☆今回最後のシメは、本田さん・千野くん、高橋くんがぴったり横並びになった所に雨宮くんがダイブし、3人が受け止める・・・というカタチに変更されていました。

「この美しき愛のかたち」松浦さん、岡田さん、安田さん

今回はパーソナルデータ―編。

愛する「ヨシヒトさん」(竹内さん)の心を自在に読む、20世紀のニュ―タイプおかま「アキラ」(安田さん)・・・。「アキラ語」とも思える言葉もかなり個性的・・・。
 例:「ごめんチャビン」 「ぷりりん、ぷりりん、ぷりりんぱっ☆」
常に女らしく(?)胸の高い位置で両手を組み、膝がインに入った内股でモジモジ恥らう様はホント、不気味に愛らしいです。(でも怒ると思わず男に戻ったりする事もあるらしい)。
ヨシヒトさんに朝のコーヒー(ミルクたっぷりの砂糖抜き)を入れてあげる時にはスプーンなど使わず、自らの指で混ぜ合わせ、その指は上目使いでヨシヒトさんを捕らえつつ「チュポンッ・・」と音をたててなめとります。愛ですネ〜♪

一方のヨシヒトさんは「1975年10月19日生まれ、てんびん座のAB型。趣味は競馬、特技はモーパイ(―ってなんでしょう・・・??)、お父さんの名前はススム、お母さんはヒサコ、姉2人の3人姉弟、北海道生まれの道産子、好きな食べ物はにら餃子」(アキラ情報)という、パジャマの趣味が悪い以外は、いたって普通のヒト。アキラの猛攻に防戦一方、最後にはアキラに●●●●されて●●●な事に・・・っ!!――――どんなオチが待っているかは、ゼヒ日曜日に足を運んでその目で確かめてみてくださいね。
(遠方の方は最終日までしばし、お待ちくださいマセ・・・)
 最後に医者(松浦さん)が平坦な発音で「そうですか、それはよかったですね・・・」
 と、投げやり気味に言うのが、象徴的です・・☆


「ダンス」松浦さん、安田さん、岡田さん、竹内さん、本田さん、千野くん
       雨宮くん、山田くん

本田さんの参加により(?)、並び及び「手持ちくるり前転」のパートナーに変更がありました。今回、岡田さんと本田さんが組んで「前転」をしたのですが本田さんが自分より大きな岡田さんを補助した容だったので、着地時に岡田さんが態勢を崩してしまい、観ていてドキドキしてしまいました〜(><)本来なら反対のポジションの方が良かったように思うのですが、もしかすると本田さんの腰の調子がまだ完全ではないのかもしれませんね・・・。

その後、岡田さんを気遣ってか、踊りながら何か話し掛ける竹内さんが感じ良かったです☆
山田くんのパートナーは今回で3週連続の松浦さん。さすがに慣れてきたのかこちらはナカナカ綺麗なかたちで回っていました(^^)
しかし、やっぱり動きの端々が決まらず、だら〜〜〜〜っと流れていってしまうのは、如何なものか・・?振りはあまり問題がなさそうなので、もっと高い所に意識を持っていかないといけない時期なのかもしれません。

「スタンド by us」松浦さん、安田さん、岡田さん、竹内さん、
              千野くん、雨宮くん、山田くん

今回、雨宮くんについて、先週より突っ込んだレポ&感想を書こうと思っていたのですが、先週彼が演じていた役は、山田くんに変更になっていました〜(><)なんでも思いついたときに行動に移しておかなきゃダメですね・・・(泣)。

劇中のキャラの名前は、そのまま、演じるそのヒトの名前を使う事が多いオレンジの芝居ですが、今回は各キャラに名前が付いていました〜。その中にはあだ名と思しきものが、含まれているのですが、全くそのキャラの本名を想像できないカワイイものも・・・。わたしが聞き取れた限りでは

・松浦さん → ムラカミさん ・安田さん → ヨシオカさん ・岡田さん →ヒロシ ・竹内さん → ミッチェル(>∇<)/ ・千野くん → カットビ(?)・雨宮くん → ? ・山田くん → 教授 ――-・・・というネーミング。

(違う〜〜〜っ!!というのが有ったら是非お知らせ下さい・・!)
もう、「ミッチェル」と「カットビ(?)」の本名が気になって夜も眠れません!!!(↑チョット嘘・・)
 最後、みんなで洗車(・・・?)しているシーンで、安田さんと竹内さんが、お尻に蹴りを入れたり、背後から胸を揉んだりとラブラブ(?!)だったのは、見逃せないポイントです(大笑)

山田くんは先週雨宮くんが演っていた、瓶底めがねの「教授」役でなんと背広姿まで披露しました〜。
ちょっと背広に着られちゃっているのがなんとも初々しくて、私的にはかなりツボッ!
コミカルな役を、雨宮くんとはまた違うアプローチで、楽しげに演じていました。劇中、架空のハーレーを乗り回してみたり、竹内さんの背中を猫がじゃれるようにペシペシしてみたり(それを竹内さんが五月蝿そうに払うのがカワイイッ!!)・・・。

あ、最後の方で竹内さんと、女優の名前が「スミ ハナヨ」か「ハナ スミヨ」かで、押し合うのも、お兄ちゃんと弟みたいで好きです!途中暑くて、こっそり俯きつつ、眼鏡をずらして汗を拭う健気な仕種には、チョッピリ涙しました。(エーッ?!)「スタンド バイ ミー」に合わせて、ふざけたように「カニカニカニ」と横にステップ(…?)踏むのもカワイカッタです・・☆(眼鏡でその美貌は隠されてしまってますけどネ・・)

前回、つなぎから背広への着替えで間が空いてしまった所は、雨宮くんの1人芝居というかたちで、改善されていました。――ですが、台詞が説明的で、ちょっと気になったかも・・・。雨宮くんの歌(良く聴こえなかったのですが、サザエさん…??)

とか、ぼやきっぷり、見学にいらしていた合田さんに霧吹きで水をかけたら、返り討ちに遭ってしまった・・・というのは妙に雨宮くんのキャラに合っていて面白かったです。(^^)次回は再び、教授→雨宮くん、1人芝居→山田くんでもいいかも・・・。
(余談ですが、本田さんが、芝居が終わって戻ってきた山田くんの頭を、クシュクシュッと撫で掻きまわしていたのがアニキっぽくてステキ――――-ッ!!!!!心の中で絶叫してしまいました・・・。) 

「ダンス」全員

立ち位置が、偶然にも以前BBSで書いた「センターは松浦さん、シンメで千野くんと本田さん」で、驚きました(笑)
 山田くんはがんばって踊っているものの、やっぱり最後は崩れ落ちるような風情・・・(涙)

「ごあいさつ」全員

 山田くん「山田孝之です。今日も暑いなか、最後まで観てくださってありがとうございました。(小さくペコ)来週からもぜひ来て下さい」ぺコリ。
 次にダンスが有った為か、いつも一番後に挨拶される松浦さんが、抜けてしまってました。

「ダンス」松浦さん、安田さん、竹内さん、本田さん、千野くん、雨宮くん

 「ダンス選抜クラス」(笑)
スピード感・安定感があって、観ている方は安心して与えられるものを楽しめばいいってカンジです。
(^^)
 お兄ちゃんたち(厳密には千野くん・雨宮くんは違いますが・・・)が踊っているその後ろ〜〜〜の方で、山田くん・長田くん・高橋くんが、合わせて一緒に踊っていたのがナイス。観た感じではちゃんと振りが入っていたようだったので、3人の早くの合流が望まれます・・☆

 

2000年9月3日(日)


ダンス×2曲 h.h.k(HIP・HOP・KIDS) 竹川くん、阿多くん、渡部くん、豊田くん
                              (↑ダンスの立ち位置順です)。


 なんだかすごくバランバランで、振りも入ってませんでした(><)
 学校が始まって、あまり練習が出来なかったのかな〜・・??

                  
      

ダンス オレンジプリズナーズ 岡田さん、竹内さん、千野くん、雨宮くん、山田くん、高橋くん


もうお馴染みのナンバーなんですケド・・・。毎回山田くんの出来にむらがあるんですよねぇ。−というか、振りの入りに。今回はかなり振りが抜けてました・・・。テンションは高かったみたいなんですけどね。なんでなんでしょうーー?(><) あ、ダンスパートナーは雨宮くん。軽〜〜く山田くんの頭上を飛び越えていきました☆
 
「本音教」 松浦さん、安田くん、竹内さん、千野くん、雨宮くん、山田くん


まだ観てない方にはゼヒッ何の先入観も持たずに観て欲しいので、この話のネタバレは最終日に!!という事で。
少しだけ雰囲気をお伝えすると、メンバーの皆さんは切れてました・・・。ええ、それはとても楽し気に。何か、あらぬ電波をキャッチしていらっしゃるようでもありました・・。
 
※本音教の歌※
   天使がやってきた/悪魔はもういない/本音で語りましょう/本音を云いましょう
   (延々リピート!!!覚えて次回一緒に歌いましょう♪)

その時山田くんはというと、今月のプログラムではかなり露出が低いので、体力的にきつくないのか(でもやっぱり目の下に隈が・・)精神的に楽なのか、のびのびその場を楽しんでいるようでした(^^)
そしてそんな山田くんの左耳にシルバーのリングのピアスがキラリ・・☆(髪に隠れてほとんど見えませんが・・) 大人になっていくんだねぇ・・。

「ダンス」 千野くん、雨宮くん、高橋くん


 今週も千野くんの左の靴ひもがほどけていました・・。そういう癖があるのかしら・・?しかし本人はいたって気にせず(傍目には)、楽しそうに踊ってましたけどね。
来週には真(!?)のダンスリーダー・本田くんが戻って来られるようなので、お二人のダンスの手合わせが楽しみです(^^)。


「美しきこの愛のかたち」 松浦さん、安田さん、竹内さん


深酒をして目覚めた朝に、突然正体不明のあやしいオカマ(安田さん)がアパート(?)に乱入。しかも彼(彼女?)は自分(竹内さん)の事をなぜか良く知っていて・・。−というネタ。

安田さんが、「白鳥の湖」のオデット(白鳥)さながら、片腕を耳につけるような優雅なポジションでスススススーーー・・・と登場してきただけで、すでに大爆笑!!衣装も、柿色のTシャツに黒のショートスパッツ(ブルマーみたい・・)で、かなりキテいます。

対する竹内さんも、ラジカセから流れる心の声と激しく動揺した表情がかなり面白くて、こんな芝居をする方だったんだ〜と開眼してしまいました☆
松浦さんは、お医者の役で少しだけ・・。今月のプログラム、松浦さん率も低いデス。


「ダンス」 松浦さん、安田さん、岡田さん、竹内さん、千野くん、雨宮くん、山田くん


 本日、山田くんのダンスパートナーを務めるのは、前回に引き続き松浦さん。身長が同じくらいの2人で大技をやるのは、やっぱりチョット難しいみたい・・・。”手持ちくるり前転”は形が崩れ気味(涙)。


「スタンド by us」 松浦さん、安田さん、岡田さん、竹内さん、千野くん、雨宮くん


ノスタルジックな「スタンド・バイ・ミー」の旋律にのせて、とあるガソリンスタンドで働く男達が、宝くじで大金を手に入れた事から起きるさまざまな人生劇場・・。


注目すべきは雨宮くん!!
びん底めがねをかけたそのキャラクターは、かなりイイ味だしてます。
見た目、名作アニメ「ガンバの冒険」に出てくる「ガクシャ」にそっくり(笑)なんだけど、知ってる人いるかな・・?

そして今回も岡田さんがすごくいい人・・。岡田さんにポイントを置いて観ていると、最後にちょっと哀しいオチが待っていますが、それについてはまた後ほど・・。

この間、下の3人(山田くん、長田くん、高橋くん)は出番がないので、客席の端の方で見学したり、出演中のメンバーのつなぎを用意(?)してたりしました。
 芝居の終盤、次のダンスの出を待つのに、3人縦に並んで木の影から観ていたのがすごくカワイかったです。

「ダンス」 全員


ーーー・・・すみません・・・ずっとファインダーを覗いていて、全体の流れを見ていませんでした・・。ガハッ・・。山田くんの左耳の銀のピアスに動揺して全てが見えなくなっていたというか・・・。
確認してみたら、8/27のストライからしてたんですねーーー・・。
 この日、分散した秋の光が、山田くんの瞳にキラキラ乱反射して、とても綺麗でした。


「ごあいさつ」


「山田孝之です・・(間)ありがとうございました」
何か云おうと思ってたんだけど、咄嗟に出てこなくて、まぁ、いいやってカンジに。高橋くんにもそれが伝染したようで、同じフレーズであいさつしてました。仲良し?
ストライ終了後、たまたま山田くんの二人のお姉さまをお見掛けしましたが、まさに「山田家。その美の系譜」・・という(どういう・・?!)美女・美女でした。嗚呼・・神様は不公平だ・・・