マイラ ケイ
  沖縄生まれのアメリカ育ち 乙女座の0型  四姉妹の長女
  18歳の時 歌手を目指して単身東京へ
  1984年1月21日に東芝EMIからアルバム『What can I do?』とシングル『My Guy』をリリース
   次女のPennyこと当山ひとみ(コロムビアから先にデビュ−)と
   東海ラジオ『オ−レックス サウンド グラフィティ−』で
   歯切れの良いDJを英語と日本語でスタート、若いファンをゲット
   その後 マルタ&マイラの DJ That’s Enterjazzment で色々なミュージシャンと出会う
  1986年 日本を代表する名ドラマー 村上ポンタ秀一 と Nasty Girls を結成 
   マイラ ケイ の名前がライブハウスで知れ渡る
  1987年 ロックバンド ARBの石橋稜の初主演の映画『優駿』
   (フジTV『北の国から』の杉田成道の演出)にジャズシンガー役として出演
  1992年1995年1998年に杉田監督の演出で手塚治虫『陽だまりの樹』の舞台で生唄を13曲熱唱
  1996年横浜中華街の老舗のオーナーが新山下町に大きなライブハウス『Blues Cafe』をオ−プン
   「横浜の音楽シーンを変える手伝いをしてほしい」と
   マイラはゼネラルマネージャー兼シンガーとして招かれる
   再び日本だけではなく世界を代表するミュージシャン達と交流
   横浜を代表する元 ゴ−ルデン カップスのエディー藩のプロデュ−スで
   『花』『Lonely night Lonely Blues』をリリース
  1997年11月22日に 関内大ホ−ルでソロコンサ−ト『マイラ ケイ 愛を歌う』が大成功を修める
  1999年の夏 マイラは再び活動の場を東京へと移した
  1999年11月18日にマイラファンの「何処にいても横浜はマイラを忘れたくないから」との依頼で
   横浜のイメ−ジソング 『Sea Breeze City』をリリ−ス
  2000年11月18日に原因不明の難病「ベーチェット病」の患者の為に
   CD『心でみつめて』をリリ−スしてチャリティ−活動を開始
  2003年 ミッキー吉野 作曲/マイラ ケイ 作詞で
   映画『少林寺』でその名を広めた李 連杰(リーリンチェ)
   今はハリウッド映画でも大成功しているJet Liに捧げる歌『Misty Moon』をリリ−ス
 

History  

 

マイラはやがて夏も終わりの沖縄コザ市に生まれたんだ。選ばれた女性だけの星座、乙女座の星の下。
やんちゃなBabyのころから、パパの仕事の関係でずっとアメリカン・スクール育ち。
ミルクがわりがKSBK(沖縄極東放送)という根っからの洋楽ウーマン。陽気なSunshine Girl。
日本で言う小学校は、マーシー・エレメント・スクール。クパサキ・ハイスクール時代は、もちろんチア・ガール。八面六臂の大活躍。
コンテスト大好きのアメリカンがハイ・スクール時代の恒例イベントにしている”Most Poppular Girl”に選ばれた人気もの。
マイラのいたハイスクールでは、オリエンタルでBlack Hairが選ばれたのは、マイラが始めてのことだった。

1984

1月21日アルバム「WHAT CAN I DO」、シングル「マイ・ガイ」でデビュー。

1971

マイラのファミリイが渡米することになって、マイラは決心。単身、Going To Tokyo。
ボーカルレッセンを始めたんだ。
その間TV出演したり、英会話を教えたりしながら。
1973年に渡米、本場のミュージシャン達と触れあってきた。もちろんマインドでね。

1988

ライヴを中心に音楽生活に没頭

1973

マイラに妹がいることを知っているかい?
Yes、当山ひとみことPennyが、そのプリティ・シスター。
ジャパン・タイムズで、そのソウルフルなボーカルが絶賛されたシンガー(コロムビア・レコード)、彼女と一緒に、マイラは再びGoing To Japan。
そして二人で、コーラスグループ”サークル”を作ったのさ。まるで”ブライメッツ”を作ったころのダイアナ・ロスみたいだね。
マイラは、レコーディングにステージにと、着々と実力を磨いていたんだ。

1992

劇場公演「陽だまりの樹」にスト−リーテイラーの歌版として出演

1981

東海ラジオ「オーレックス・サウンド・グラフィティ」にてDJ担当
マイラとペニーの噂は、まず日本のイースト・コーストで始まったんだ。東海ラジオがマイラにアプローチ、”オーレックス・サウンド・グラフィティ”という番組がマイラのDJ起用でスタート。この番組は、英語中心の30分番組。アメリカのヒットチャートを軽快な英語でDJ,半分は日本語でリクエストを読んだり、英語のスラングを紹介したり、Oh,マイラ教授(Proffessor Myrah)
こんなごきげんな番組、若い人(Young Men)がほっとかない、新しくてピカピカの本物をさがしている大学生や高校生のハートをキャッチして、最初は名古屋1局だった”サウンド・グラフィティ”がいつの間にか、札幌・東京・大阪・福岡・そして名古屋とシティー・ステーション5局の全国ネットになる。
”ラッキーだわ”と彼女は言う。
だけど、運を手に入れるためには、才能が必要。才能を手に入れるためには、努力が必要。

1997

9月15日   横浜エクセレントコーストにてバースデイライブ

11月22日 関内ホールでコンサート「マイラ・ケイ 横浜を歌う」

1982

ジャズ・レゲエ・ロック等各界のミュージシャンとライヴ・レコーディング活動を展開
マイラがあちこちで求められる理由が、単に美しい英語と、洋楽的なセンス・知識だけじゃないことは、彼女にほれ込んだミュージシャン達が証明している。
レゲエの大家、あのベッカー、そしてジャズ界の若手トロンボーン第一人者、向井滋春、ファンキー・ファンキー・ベースマン、高橋ゲタ夫、その他、実力派ミュージシャンの面々に”マイラじゃなきゃイヤだ”と言わしめたのは、もちろん、ダイアナ・ロスと思わせる声と、高域に伸びのある彼女の歌だったのさ。
彼らのバンドの、ビューティフル&パワフルなコーラスとしてマイラは、ット・インの定例レゲエ・セッションに参加しているんだ。
彼らはマイラを今も手離さない。
なぜ?
こきげんだからだ。

1998


7月「陽だまりの樹」3回目の出演

1983

CMソングや劇場公演のテーマソング等、あらゆるジャンルで活動
CMソングを軽くこなしたあと、1983年に入って、まずジャズボーカリスト・大野えリがマイラにアプローチ。最新アルバム、モータウンのヒット曲をカバーしたLPにマイラのコーラス。モータウン・マイラ。
うん、正解だね。
ロックだってほっとかない。
あのARB、当時全国ライブハウスを満杯にしているARBのリーダー石橋凌がマイラにぞっこん。アルバム”トラブル中毒”にもマイラがコーラス参加。
舞台だってほっとかない。
6月後半、パルコ西武劇場で公演される”12人の怒れる男”のテーマソングを彼女が歌うことになった。
この曲、FMで放送したところ大反響。
Ya,Ya! マイラのことが、少しわかったかい?
いろんな若いミュージシャンが、ファンが彼女に注目している。
バツグンの音感と歌唱力、そしてなによりも、透明感のあるボイス。魅力的なフェース。
ごきげんのDJ。

1999


9月23日原宿クロコダイルにてバースデイライヴ

2002

10月8日原宿クロコダイルにてバースデイライヴ