7月のHeavenly Diaryへ
8月前半のHeavenly Diaryへ
     
 

新曲ギター録り
なんで「新曲ギター録り」ばかりなのだろうと思っているかたもいるだろう。
別に曲のタイトルが「新曲ギター録り」なのではない。ほんとにずっ〜とギターを録音している。
なぜかというと、私は異常にギターが下手だからなんです。
それでも無理して弾いているので一つのトラックを録音するのに、何時間もかかるのです。(フレーズも考え考えなので一晩1トラックにほぼ相当します。)自分のフレーズはそれほど嫌いではないのでなんとか折り合いをつけて泣きながら弾いてますが、こんなギタリストもう嫌だ!!

しかしギターを始めて買ってウン年、全く上手くなりません。だれかこの仕組みを解明して欲しい、(練習が足りないだけと言われそうだが)でもきっと、何かがおかしいとしか思えません。

そんなに全部暴露しなくてもいいと思うよーユカリさーん(笑)
相当ギターを厚く重ねているのかと思ってたよ。


シーケンスのEdit。そしてまたギター。

そしてまたEdit。地味だ、とっても。だけど大事な作業なんだ。
/19
御盆でお休みを貰っていました。

明日はプラネットグリーンの歌入れです。新曲の歌詞、いつの間にか英語詞から一転して日本語詞になりました。どうしても日本語で歌いたくなったのです。そして内容も書き直したくなったのです。

私ってどうしても失恋の歌しか作れません。なんでかなぁ。
あんなこんな情景や風景を思い出してほろっと涙を流してしまうような、そんな歌詞が好きかもしれません。


新曲仮歌。日本語詩。すごく良い。でもタイトルって何ですか?
 

わたくし、夏バテか、はたまた何かのやまいか、息切れがひどいので歌とれず強制送還となりました。

新曲の歌詞初公開。ユカリセレクトにより結局日本語詞になりました。大きなダメ出しもなくホッ。
書き直さずに済んだ...らしい。

連日のギターどりの成果か(この言い方は生意気?)せつな〜いオケが出来上がっていました。
デモとは相当イメージが違っていたのでびっくり!ちょっとSeashell風。素敵。
 


Planet of Green、新曲の歌入れ。なんとか?無事終わったね。
でも未だに新曲のタイトルは教えてくれません。タイトルは「新曲」にしますか?

あと1週間たったらレコーディングが終わっているなんて信じられない。
でも確実に終わりはやって来て、何かをもたらしていってくれるんだ。
でも、やっぱり来週終わってるなんて嘘みたい〜。

Planet of Green、新曲の歌が終わりました。ホヘッ(中くらいの溜め息)
私はユカリさんに飼われているカナリヤなので(笑)今日はカレー(ししとう入り。おいちい)を食べさせていただきました。

新曲のタイトル決まらず、お風呂のなかで5つくらい候補が出たので明日ユカリセレクターにかけて選んでもらいましょう。
タイトルを「新曲」にしますか、だなんて...シクシク。ハッッッ。密かなプレッシャーなのですか?
これは...

明日のプラネットのコーラスのチェック。ちまちま考えてはいたものの、いざ譜面にしてみるとだんだん無難になってしまい、感動がない!ないないない!
なので結局勘に頼ることにしました。大丈夫なのか!?乞う御期待!(笑)


Have a Kitten  ベース録音。
パトラッシュ(スワ君)再びすばらしいフレーズを奏でる。
それからコーラス録り。録っては重ね、録っては重ねハモりまくる。

諏訪くんのベース録りの後、Planet of greenのコーラス録り。
サビとエンディングは録ったものの結局終わらず明日に持ち越しです。


昼:トランペットのダビング   夜:コーラスのダビング

以上ででダビング終了〜。これからトラックダウンの日々です。

午後からコーラス録り。昨日の続き。
しかしコーラスを録していると”ハッ私は何をしているんだ?”と頭が真っ白になってきます(笑)
そしてだんだん目が退化してきて頭おかしくなります(笑)


パトラッシュどうしても先日の演奏に納得がいかず、ベースを弾き直しにやってくる。全然OKなプレイではあったのですが、こだわりを重ねた結果さらに良いものが録音されました。
良いものをさらに良く、という彼の姿勢が嬉しくで感動しました。
ここまでこだわってくれるとホントにこの曲をつくってヨカッタと思います。

それからトラック・ダウンをはじめていきます。ひとり、黙々と。
 

諏訪くんのベースでこの曲が更に良くなったなぁ〜としみじみ。本当にありがとう!
メロディアスなベースラインって凄く好きです。皆様御期待あぁれ。


今日も家でトラック・ダウンをえんえんと。
私の家の機材って極端に少なくて、コンピューター、サンプラー、HDレコーダーが1台づつしかありません。たったそれだけで最大限の効果を引き出そうとやっきになってがんばりまくります。
 

そして今日もトラック・ダウン。エンジニア自体が本業じゃないので、やっぱり凄く時間がかかってしまう。しかも独りの作業なので孤独です、クスン。
あの機材があったら、、とかこれがあったら、、とか妄想しまくるのですが、現実にはこれしかないしな〜。。。。でもなんとか2曲終えました。
 

今日はスタジオでのトラック・ダウン。家と違って手順が全然違いやはり時間がかかってしまう。。。。この何日か「時間がかかる〜」しかつぶやいてません。でもちょっとづつ、いろんなものが見えてくる。
そして、我々二人をスタジオでいつも救ってくれたのは「梅しば&こんぶ」

「キンポウゲの日々」の再トラックダウン。
ユカリさんが頑張っておりました。
ユカリさんの好きな梅しばと梅コンブを差し入れに持っていったらすでに同じセットがありました(笑)
やっぱり「差し入れにはモンブラン(はぁと)」とかじゃないとダメですかねぇ?
女の子2人組ユニットとしては....

そして今日も終わったのは朝。
早朝の山手線にももう慣れました.....


家で最後の曲のトラック・ダウン。明日にマスタリングを控えいろんな実験もしてみる。そういえば、忘れてた(わけではないけどさ〜)けど、未だに新曲のタイトルが発表されていません。
ワカちゃん、もしかして新曲を「新曲」にするつもりなのかと、ちょっと悩む。そして電話で曲順とかの話しをしたりしたんだけど、やっぱりタイトルの話しにはならなかった。。。。。。。。

タイトルは「Last Snow」ですよ。

今日は一日6曲を色んな順番で聴いてみて曲順を決めてみる。
夜、ユカリさんに電話して決定案を告げると「それでいいんじゃなーい?」とのこと。おぉう、決定だ!
1:キンポウゲの日々
2:かげぼうしの頃
3:Seashell
4:Last Snow
5:Have a kitten
6:Planet of Green
になりました。


録音自体の最終工程のマスタリングを行う。Coaレコードの人もきてみんなで曲順等の最終確認をしたりとか。それからマスタリング・エンジニアの人と相談しながらいろんな音質の調整をしていく。だんだんと仕上がって、最後に全曲通して聞く。涙がでそうになる。

音源制作の工程はこれにて終了。いろんな人のおかげでここまでこれました。
ホントにありがとうと、関わった人みんなに言いたいです。
いろんなこと(本当にいろんなことがありました)があったけど、奇跡的にいろいろとものごとが進み、
終わりがきたのが不思議なくらいです。
来週には終わってるなんて信じられないと思っていたけど、やっぱり終わりは来ました。
終わるのが惜しいようなちょっと複雑な気持ちもありますが音源ができた嬉しさも格別です。

やっと最終仕上げのマスタリング日です。
私は初めてマスタリングという作業を目にしたのだけれど、かなり感動。ミックスよりも、という訳ではないけどかなり変わるもんだなぁ...大事な作業なんだなぁ、と実感。

この日私におおまか任されたのは「曲間決め」
曲の間のブレイクの長さをきめるものだけれど、
「Seashellの前はハッッッッ!と印象的な短さで」
「Seashellの後ろは余韻をひっぱりたい!」とSeashellに異常な執着をみせつつなかなかジーンとくる仕上がりに。そんなとこも是非気にして聴いてみて下さい。

合間にハッピーボイス用のPHOTをだだっぴろいロビーで撮影したり。

最後のダビング作業の時に全曲通して目頭がジーンとなってしまいました。長いようであっという間だった
一ヶ月半。全く日焼けしなかったけど充実した2000年夏。
本当に色々と初めてづくしで目紛しい日々でした。
そしてとても良いものになり本当に感激。一緒に作り上げて下さった皆さんに感謝。
あーもう すぐにでもたくさんの人に聴いてもらいたい気持ちでいっぱいです。

7月のHeavenly Diaryへ
8月前半のHeavenly Diaryへ
表紙へモドル