BIOGRAPHY

このバンドの歴史を紹介しよう.意外にもバンドの歴史は古く80年代まで遡る.80年代中期に結成されたDanish Metalバンド,AVALONの中心人物であったKen JacobsenがNYでDrのEdward Owenと出会いUNLEASHED POWERの歴史はスタートした.1989年のことである.なお,AVALONは「Unleashed Power」というタイトルのLP(プロデュースはあのFlemming Rasmussen)を残している.UNLEASHED POWERはKen自身によるプロデュースの元,1stデモ「Blindfolded」を1991年に,2ndデモ「Quintet of Spheres」を1992年に作成している.デモテープではKenがBassを担当し,VoはJoe Karavisという3人でレコーディングされている.

その後,BassにJohn Lievanoを加えて4人編成となる.ここで,VoのJoeが音楽性の違いから脱退,その後任としてKenと共にAVALONのメンバーであったJohn Mathiasが加入した.ちなみに,John Mathiasは同郷デンマークのARTILLERYのメンバーだったらしい(確認してはいないが,恐らくARTILLERYのVoのFlemming RonsdorfがDESTRUCTIONに加入したときの後任と思われる.従って,公式な音源は残っていない.).上述の2本のデモテープを元に上記のメンバーにより1stアルバム「Quintet of Spheres」がデンマークにてレコーディングされ,1993年にSORT LTD.よりリリースされる.このアルバムは日本でもDisk Unionにより配給された.

ここまでは順調であったが,翌94年にはバンドにとって不幸が起きる.BassのJohn Lievanoが7月15日にNYで交通事故に見舞われた.首の骨を折り即死だったらしい.その後,2ndアルバムのレコーディングに向けてリハーサルを行っていたが,十分なサポートを受けれるレーベル・新しいベーシストも見つからない状態に耐えきれなくなってDrのEdはバンドを去ることになった.現在も彼はNYに住んでいるらしい.Kenはお気に入りだったMEKONG DELTAのJorg Michaelに声をかけ,レコーディングにはJorgが参加することになった.更に,新作ではよりHeavyなスタイルを目指していたため,比較的なめらかな声で歌い上げるJohn Mathiasを95年に解雇,よりHeavyなスタイルのBrian Thane Chaffeeに交代した.空席であったBassはTony Spagoneが勤めることになった.

こうして前作のメンバーはKenのみとなった95年にレコーディングされたのが2ndアルバム「Mindfailure」である.このアルバムからUNLEASHED POWERという表記からU.P.に変更している.ただし,リリースされたのはレコード会社の資料によると97年末となっている(なお,CDのジャケットには1998と印刷されている).

その後,いろいろと問題のあったBrianが解雇,新たなVocalistとしてTexasのSURGEONに在籍していたLen Jarrellが加入した.また,最終的にはBassはJohn Balistreriとなった.そのメンバーに前作でDrを担当したJorg Michaelを加えたメンバー(Drのみコペンハーゲンで収録)でE.P.「Absorbed」がレコーディングされた.まもなく発売である.

(top)