Promo Stuff

VENDETTA / Demo 2003(2003)

Hannibal
Guerilla
Dead People Are Cool
Hate

C 2003 (Self Productions)

オールドファンなら当然わかると思うが,あのドイツのVENDETTAが復活を果たした.Noise Recordsに所属し,「Brain damage」,「Go and live...」の2作をリリースしたTechnicalなHeavy MetalicなThrash Metalをやっていたあのバンドである.4曲入りながら,全部新録.演奏のうまさは相変わらずで,VENDETTA特有のThrash Metal健在といった感じである.スピードは全体に落ちているが,もともと持っていた美しいメロディと楽曲で勝負する姿勢は普遍であり,少なくとも再結成によって落胆させられるようなことはない.声のツヤとか,流石に昔のままとはいかないが,これは間違いなくVENDETTA.やはり,彼らはオールドファンも安心のブランド品である.リアルタイムで過小評価されていたバンドなだけに,全然色褪せていないVENDETTA worldの復活は素直に祝福したい.なお,彼らのHPでは,ライブ音源をダウンロードできる.是非,チェックしよう.

コンタクト:
Official HP
http://www.vendetta-band.de/

X PROJECT / X Perience(2002)

Fire Land
Voodoo Night
New Earth

C 2002 (Self Production)

2002年に結成されたばかりのBrazilのHeavy Metalバンド.全然スラッシュではないです.Andrio Mello Garcia (vocal and lead guitar),Daniel Mendes (bass),Rodrigo Brambilla (guitar),Rafael Rodrigues (drums)の4人編成.若干,proggressive metalっぽさがあるが,基本はどちらかというとhard rock的なheavy metal.しっとりとした曲の中でもギターのfill in等はかなり荒っぽく絡んできたり,最近のバンドには珍しくなったパターンがとられている.ヴォーカルは中音域を中心にしっとりと歌う感じ.ドラムのリズムキープが非常に安定しており何気に巧いのが流石Brazilって感じである.まぁ,これからのバンドでしょう.

コンタクト:
Official HP
http://www.xproject.mus.br/

THE CANDLE / Shadows Souls Symphony(2003)

The Black Face
Lord of Death
Describe for Me
Blood in the Night
Fire
Manner of Life

C 2003 (Self production)

1997年に結成されたBrazilのThrash Metalバンドの2ndデモ.Daniel Cehzarium (vocal/bass),Enio Cehzarium (guitar), Junior Marquez (drums) .同封されていたフライヤーにはthrash/black metalと書かれていたが,これは大きく誤り.寧ろ,Power Metal寄りのThrash Metalである.邪悪さは無く,どちらかというと明るいミドルテンポ主体のthrashである.リフが若干Hardcore的だったりするので,初期の頃のTANKARDとか,ACID REIGNなどに通じるサウンド.そう,やはりブラジルなだけあって,今風な部分は微塵もない80年代サウンド.ちなみに,ヴォーカルは割と普通声で置いていくタイプ.バックコーラスだけ吠えててなかなか面白い.色鉛筆でテキトーに描いたジャケも魅力(?).

コンタクト:
e-mail
thecandle.savior@bol.com.br 

DESPOTIC / Let The Madness Begin ! (2003)

Just Pain Will Last

Masterpiece Of Life !

C 2003 (Self production)

2000年に結成されたBrazilのThrash テイストのheavy metalバンドの発のデモ音源.Alexei Leao (vocal), Thiago Rocha (guitar), Alexandre Schneider (guitar), Felippe Chietta (bass), Alexandre Sell (drums)の5人編成.ジャケットから判断すると,汚い系のThrash Metalっぽく思われるが,実はかなり美しい.エッジの効いた刻みの細かなギターは,完全にtechnical thrash系.で,このバンドの特筆すべきは,ヴォーカルであろう.中音〜高音域を非常に巧く使い分けてソフトかつ説得力のある歌い方である.歌メロはTOXIK系.全体としては,クラシカルさを減らした後期HEXENHAUSといった感じ.残念なのは,これでもしドラムが倍のスピードで入っていれば,非常に格好良いtechnical thrashになっているのに・・・といった点.まあ,1stデモでこの完成度はかなり凄い.このままでも十分に通用する.パート別では,bassが激ウマです.完全に80年代テクニカルものって感じのサウンドです.

コンタクト:
Official HP
http://www.despotic.kit.net 
e-mail: despotic@brturbo.com 

WOSLOM / From Dark To Light (2002)

Growing Pale
Last Breath
My Own Demise

C 2002 (Self production)

1997年に結成されたBrazilのThrash Metalバンドの初のデモCDR.基本的には,初期のMETALLICA的なThrash Metalである.ヴォーカルは歌おうとしているが,あまりにdirtyでちょっと聞き辛い.演奏は実にまともで,あと一歩うまくいけばかなり仰々しいドラマチックスラッシュに仕上がったかもしれない.まあ,第一弾デモにしては上出来である.モダンな部分は微塵もなく,完全に80年代のthrashのまんまの音作りである.リフ自体かなり格好良いものも見られるので,今後に期待したいバンドである.彼らのHPから一曲だけダウンロード可能である.

コンタクト:
Official HP
http://www.woslom.cjb.net
e-mail: woslom@ig.com.br 
Page Top