review S

SABBAT(UK), SABBAT(Japan), SABOTAGE, SACRED REICH, SACRIFICE(Can), SACRIFICE(Japan), SACRILEGE B.C., SACROSANCT, SADIST, SADUS, SAMHAIN, SANCTUARY, SARCOFAGO, S.A.SLAYER, SAVAGE GRACE, SAVAGE THRUST, SCANNER, SCATTERBRAIN, SCEPTRE, SCHIZO, SCORN, SDI, SEANCE, SECRECY, SEMPITERNAL DEATHREIGN, SENTENCED, SENTINEL BEAST, SEPULTURA, SEXTRASH, SHADOW GALLERY, SIEGES EVEN, SIGH, SILENT SCREAM, SINISTER, SKATENIGS, SKREW, SKYCLAD, SLAMMER, SLAPDASH, SLAUGHTER HOUSE, SLAYER , SLEEP, SLOW AGONY, SLOW DEATH, SMIRNOFF, SOCIEDADE ARMADA, SODOM, SOLSTICE, SOOTHSAYER, SORE THROAT, SORROW, SPASTIC INK, SPAZZTIC BLURR, SPIRITUAL BEGGARS, STEEL REIGN, STONE, STONE VENGEANCE, STORMTROOPERS OF DEATH (= S.O.D.), STOS, STRANA OFFICINA, STS 8 MISSION, SUICIDAL TENDENCIES, SWARM

SABBAT (UK) / History Of A Time To Come(1987)

イギリスのThrash Metalの代表株SABBATのデビューアルバム.Andy Sneapの楽曲センスは完璧である.非常に個性的でイギリスの伝統美のようなものが感じられる.なぜ,ACID REIGNより注目されなかったのかが不思議である.Voはご存じ,現SKYCLADのMartin Walkierであるが,この頃アルバムだけ声が妙に甲高いのがちょっと気になるが,歌い回しは実に見事.ただ,彼のVoは低音の魅力が素晴らしいので,それを堪能するには「Doomsdays News III」がお勧め.この中のSabbatのLiveは死ぬほど格好いい(オフィシャルビデオでも同じLiveが観れ,これも必見!).切れの良い演奏とそのドラマティックな展開はまさに圧巻.割と単純な音進行のリフなんだが,刻み方だけで個性を倍増させてしまうリズムはSABBAT以外の何者でもない・・・そんな感じだ.それだけでも充分に格好良いが手数が多く複雑かつ独特の節回しのリフも更に更に個性を増強させている.なお,彼らの歌詞はストーリー形式,特に悪魔や天使,精霊などの会話形式となっているものが多く,その場面に合わせて曲調が展開していくという,実に計算されたものである.このアルバムは「必聴」.

Dreamweaver(1989)

2ndアルバムであり,Martin在籍最後のアルバム.基本路線は前作と変わらないが大人しいパートを多用してきた.曲自体は1stの方が好きであるが,Martin WalkierのVoスタイルはこの頃の吐き捨て型が完璧.低音で実にキレの良いシャウトを聴かせてくれる.他のバンドの曲構成とはひと味違う独特のリズムチェンジ,弾むように叩きつけるようなギターリフはSABBATの魅力の最大のものである.このアルバムではしっとり歌う曲も収録されているが,何故かSKYCLADではあれほどへたくそなMartinもこのアルバムではしっかり歌えている.ビオラの導入もSKYCLADのように使えばいいってもんじゃなく十分に曲を活かすための道具としてセンス良く用いられている.SABBATの生み出すドラマチックThrashは世界でも最高峰と称されて然るべき.

Mourning Has Broken(1991)

Voが変わった3rdアルバム(だよな?).曲は殆どAndy Sneapが書いているので相変わらずいいリフが多い.が,昔ほどドラマチックじゃなくなった.Voは巧く歌いこなしている.力を入れて歌う時はMichael Jackson(もちろん,元PARIAHのほうだよ)に似て格好いいのだが,大人しく歌い上げられてもねぇ.悪くはないけど,っていうか普通の人には良いアルバムだとは思うけど,SABBATはMartinじゃなきゃやだ.ただ,ギターソロは初期のFLOTZの雰囲気に通じ,聴き応え十分である.

Page Top

SABBAT (Japan) / Eboke(1992)

上記イギリスにも同名バンドが居たがこちらは日本を代表する古株のBlack MetalバンドというかThrash Metalバンド(賛辞).そう,Blackと言ってもまだThrash Metalの範疇にあった頃のBlack Metalである(もちろん,こういった流れが後のBlack Metalを生んでいったとは思うが).徹底した悪魔主義的な雰囲気が伝わるサウンド,徹底したマイナー進行の楽曲は極めて個性的である.それに獣のようなVocalがのる.ギターサウンドは80年代のThrashからしたら普通なんだが,最近の音に聴き慣れているとちょっと薄っぺらく聞こえるかも知れないが,これは単に時代の差であり,私はどちらかというと最近の強引に分厚くしているサウンドは苦手なのでこちらの方が遙かに格好良くきこえる.そんなことよりも,この怪しげな空気は人によっては生理的に受け入れられないかも知れないが,ある意味そこまで個性的なサウンドって少ないと思う.こういったサウンドを聴くとやはりメタルは本来怪しくなければ・・・と秘かに思ってしまう.

Page Top

SABOTAGE / Behind The Lines(1988?)

良く知らないし,ぜんぜん好みじゃないから聴かないんだけど,テープがでてきたからとりあえず書く.スピードメタル寄りのパワーメタルってところか.Voはハイトーン系で耳に優しくない.この手のバンドは音のバランスが悪いと聴いてて大変だ.しかも,ぜんぶ同じような曲.あれ?低い声で歌うとこのVoは彼奴に似ている.RACER Xの1stのVo.ってこんなのも聴かないから忘れてしまったよ.

Page Top

SACRED REICH / Ignorance(1987)

アリゾナ州フェニックス出身のThrash Metalバンド.派手さはないが,かなり硬質な音であり個性が強い.確か,METALLICAのJamesがスケボーで腕を骨折してギターが弾けなかったときやらに何度かステージを手伝っている.私個人としてはこのバンドの重苦しい雰囲気はちょっと苦手であるが,このアルバムはそういったことは抜きに良いアルバムである.偏見で言うならばアリゾナらしい音.・・・なんじゃそりゃ!

Alive At Dynamo(1989)

1989.3.15のDynamo Open Air Festivalの時のLiveを含むEP.実はこのバンド私はそこまで得意ではない.格好良いとは思うのだが.その中で個人的にはこのEPがもっとも気に入っている.これは格好良い.あの硬質な音はしっかり再現されている.特に「Surf Nicaragua」のPhil Rindの堂々としたVoは圧巻.ただし,BLACK SABBATHの「 War Pigs」は見事なまでに外しているが.

American Way(1990)

2ndアルバム.無骨な音は一段とパワフルになった.強力はギターリフとパワフルなVo,安定したリズム隊は非常に個性的であり,バンドの音をより確固たるものに仕立て上げた.楽曲はシンプルであるがずいぶんと良くなりそれなりに聴きやすい.とにかく硬派な一枚である.

Heal(1996)

4thフルレンスアルバム.なんとなくモダン系Thrash的な空気になっているように感じたが,冷静に音を思い浮かべると実は初期のスタイルと大きくかわったわけではない.逆にモダン系のリフのルーツはこのバンドあたりではなかろうかと思ってしまう.多少落ち着いた発声になったがPhil RindのVoは相変わらず強力で個性的.特別に印象的なリフとかがある訳ではないが,速い曲はとりあえず格好良い.Thrash全盛期からいるバンドなだけにとりあえず頑張ってもらいたいもんだ.

Page Top

SACRIFICE (Canada) / Torment In Fire(1986)

カナダのThrash Metalバンドのデビューアルバム.このバンドは進化しながらも終始変わらず真っ当なスラッシュ魂を保持してくれた貴重なバンドである.当初はSLAYERのフォロワーのような扱いを受けていたが,演奏能力・センスともにかなりレベルの高いことをやっており,明らかに他のフォロワー群とはレベルが違う.基本形はSLAYERに影響を強く受けた疾走型の攻撃的サウンド.個人的にはより無鉄砲にシャウトするこの当時のVoスタイルが気に入っている.彼らの作品の中では最もパワフルでとにかくグイグイと若さに任せて疾走する熱さがライブの如く伝わってくる.速い曲はもちろん,遅い曲も充分にアグレッシヴなサウンドは正にスラッシュのバイブル.将来を期待させるには十分の出来である.

Forward To Termination(1987)

2ndアルバム.当時のThrashとしては比較的ありがちなリフばかりであるが,逆に型(ツボ)にはまった良質の音に仕上がっている.サウンドがかなりクリアになっており,耳の腐った奴でもこれをSLAYERのフォロワーとは呼ばないであろう.Voは安定感を増し,もう自分の「歌い方」を確立している.3rdから出てくる凝った曲作りに通じる部分と1stの疾走感とを巧く持ち合わせた非常にバランスの良い音である.とにかく聴いていてその壮快感がたまらない.この作品の完成度は高い.必聴.

Soldiers Of Misfortune(1991)

ずっと手にいれ損ねていた3rdアルバム.こんなのが1000円で落ちていた日本橋のレコード屋さんに感謝!んで,買いあぐねていた理由は完全に思いこみだけである.80年代のSACRIFICEはB級ながらとにかくThrashのお手本的な音を出していた素晴らしいバンドの一つであった.ところが,90年代に入って殆どのThrash然としたバンドが方向性を買えていった中,このアルバムもかなりのブランクがあって発表された.更にジャケットはまるでDoom Metalのようであり(別にDoomが嫌いなわけじゃないけど)入手に躊躇していた.が,ここから飛び出してくるサウンドは見事である.確かにそれまでのようにSpeed一辺倒ではないが,SACRIFICEの個性を旨く伸ばした結果が集約されている.路線としては4thの原案といった感じ.これも素晴らしい作品である.4thと比べるとクオリティは若干落ちるが,それでも当然「必聴」.

Apocalypse Inside(1993)

4thアルバム.このアルバムを最期にバンドは解散してしまった.90年以降,Thrash Metalのマンネリ化が進行し,勢いのあるバンドが殆どいなくなり,それ以前に活躍していたバンドも方向性を変えて失敗していた中のこの時代にあってここまで格好良いThrash Metalが聴けるとは思わなかった.やっぱり,Thrashは勢いですよ.特別変わったことをしているわけではなく,オーソドックスなのだがだからこそ,その中に聞き手を飽きさせないものを示すのは難しい.さすが,このバンドはセンスが素晴らしい.ツボを押さえまくったリフは絶句モノの感動がある.なお,元Gr & VoのRob UrbinatiはINTERZONEというバンドを結成した.

んで,そのINTERZONEであるが,デモ音源を聴いた限り,SACRIFICEファンとしては納得できないトロいサウンドである(ちょっとがっかり).

Page Top

SACRIFICE (Japan) / Total Steel(1990)

上記カナダのバンドと同名異バンドでこちらは日本のバンドである.かなりストレートなサウンドでMORTORHEAD等に通じる荒々しいサウンドであり,thrashというよりはどちらかというとthrashがかったheavyなrockと言った感じである.がなりたてるようなvocalはかなり渋く,このバンドの楽曲スタイルには非常にマッチしている.

Page Top

SACRILEGE B.C. / Party With God(1986)

ベイエリアの影のバンドの一つ.ベイエリアと言っても,世代的には初期世代のバンドであるため,いわゆるベイエリアスラッシュ的な音ではなく,ガンガンにスピードで責めてくるサウンドであり、個人的にはかなりツボなサウンドである.特別パッとしたことをやっている訳ではないのだが,曲構成・リフ構成はかなりセンスが良く,しかも攻撃性を十分に兼ね備えている.ある意味thrashの隠れたバイブルと言って過言ではないだろう.初期のSACRIFICE(Can.)に通じるものがあり・・・というか,vocalとドラムの音質以外はそっくりで,あの手のサウンドが好きな人はお勧め.っと言いいつつもvocalまでSACRIFICE的である曲もちらほら(こちらの方が音域が狭く,高音のシャウトが無いが).また,この時期のバンドであるため,多少のリズムのズレはご愛嬌程度に当然やっちゃってます.曲によっては若干HC的なリフもあるが,あくまでもthrashの中で消化しきっている.部分もとにかく,80年代のthrashを濃縮したような作品であり,thrashファンならばマスト.

Page Top

SACROSANCT / Truth Is-What Is(1990)

1988年に結成されたドイツのThrash Metalバンド.ドイツとは言っても,オランダ国境近くの町グローナヴ出身と日本盤のインナーには記述されている.バンドの中心人物はオランダthrash/death metalの最重要バンドPESTILENCEの1stでプレイしていたRandy Meinhard.おそらく本人らはDEATHROWの3rdあたりの音を目指していたのではと思われるのだが,残念ながらついていけていない.特に,ドラムのもたりが悪い意味で気になる.少なくともレコーディングに金かければなんとかなるのだろうが,音質はバラバラであり何とも残念な一枚.Voもちょっと中途半端で何とも煮え切らない.良いリフは所々に見受けられるんだが・・・.残念.メンバーの一部はIMPERIUMを結成,かなり化けている.

Page Top

SADIST / Crust(1997)

イタリアのプログレ系のDeath Metalバンドの3rdアルバム.あの最悪のThrash Metalバンド,NECRODEATHのDrのペソが中心になって結成された.NECRODEATHは酷いバンドだった.今聴き返しても「なんじゃこりゃ〜」と言いたくなる演奏の酷さ.だが,少なくともこのSADISTの3rdアルバムは違う.怖くて前作は聴いてないが,これくらいの出来ならなかなかである.だが,完璧とは言えず次作に期待したい.それにしても,日本盤ボーナスはA〜HAの「Take On Me」とFRANKIE GOES TO HOLLYWOODの「Relax」のカヴァーというあまりにもダサイ選曲.

Page Top

SADUS / Illusions(1989?)

サンフランシスコのThrash Metalバンド.年代が定かではないが,これは確か1stか2ndだったと思う.このバンドは今一つ有名ではない.直線型のまあまあ格好いい音なのだが,特別に格好良いわけではないし曲もあんまりパッとしない.しかし,バンド名だけは結構有名であるのはこのバンドに在籍している激ウマBaのSteve Digiorgioの存在であろう.このSteveはルックスも怖いがBaテクニックも怖く(爆),DEATHやAUTOPSYのアルバムなどでそのプレイを聴くことができる.

A Vision Of Misery(1992)

3rdアルバム.路線は相変わらずで比較的初期型のThrash Metalを基調にしている.印象に残らない曲やリフといった特徴も相変わらずである.5年早ければ受けたかも知れないがこの時期にはあまりパッとしない音である.ただし,Steve Digiorgioのフレットレスベースは相変わらず炸裂している.なんとなく,PESTILENCEでのTony Choyのプレイに似た雰囲気である.うん,Bassは満点.

Page Top

SAMHAIN / Unholy Passion(1985)

MISFITSやDANZIGを率いていたGlenn DanzigのバンドのEP.DANZIGの初期の音にMISFITSを足したような音.正直言ってどうでもいい音って感じである.中途半端な表現のVoや音楽性はなんかどっちつかずで,これならDANZIGの1stや2ndのほうがずっと良い.音も妙にばらついているのが気になってしまう.Danzigのファン以外は聴いてもあんまり面白くないかも.

Page Top

SANCTUARY / Refuge Denied(1988)

ハイトーンVoを擁するThrash寄りHeavy Metal(?)バンドのデビューアルバム.本作はMEGADETHのDave Mustainが手掛けたこととメンバーが超ロンゲだったことで当時結構話題になった.Thrash寄りとは書いたがエッジの効いたギターリフが初期MEGADETHのスローパートに近い感じがする程度であって基本はオーソドックス系のドラマティックHeavy Metalである.ヒステリックなVoは嫌いな人にはかなりやばそうな声だが,かなり個性的であるし表現力は優れている.当時,他のバンドの悪口ばっかり言っていたDave Mustainが誉めていただけのことはあり,それなりに異端であった.独特の緊張感は今聴いても色あせていない.

Into The Mirror Black(1990)

2ndアルバム.1stと比べると普通のHeavy Metal的になった気がする.ハイトーンVoのバンドにありがちな様式美的なやりすぎドラマチックな曲が多いが,それなりにエッジが効いているし個性はかなり強い.ただし,1stはかなりインパクトが強かったのに対してこの作品はちょっぴり物足りない.とはいっても,演奏もタイトだし作品としてはそれなりに良いものである.

Page Top

SARCOFAGO / I.N.R.I.(1987)

BrazilのThrash Metal(敢えて)バンドのデビューアルバム.っというかVENONあたりを初代とするなら2世代目Black Metal?あるいは回帰Blackの祖?.音は現在のBlack Metalとは随分違い,どちらかというとごく初期SEPULTURAに近い音である.前のめりのドラムや若干Voの発声が現在のBlack Metalにも多大な影響を与えたと思う.目の周りは黒塗りでガンベルトにモヒカンという意味不明の姿には思わず失笑してしまう.楽曲自体は単調で,とりたてて素晴らしいところは全くないのだが,妙な懐かしさは伝わる.演奏はかなりばらけているが,それが気になるような方向性のものでもない.むしろ,延々とかったるい雰囲気が続くことの方が問題.それでも,多くのフォロワーを生むなど,南米におけるBlack Metalシーン確立には欠かせない存在であろう.なお,92年に再発されたCDにはボーナスが2曲ははいっている.ドラムはある意味先駆的なスタイルといえるだろう.

The Laws Of Scourge(1991)

ミニアルバムを含めると通算3作目.相変わらず初期SEPULTURA的な音であるが,より音はクリーンになっている.彼らならではのもの・・・というよりも南米ならではの音といった感じである.速いパートはとことん速いんだが,実はそれほど疾走感ってものがない.ある意味まとまりはあるんだが,個人的にはこの路線はそれほどのめり込めない.っていうか,南米にはもっともっと沢山良いバンドがいるので,ついそういったバンドと比べてしまうと,う〜ん,って感じである.まあ,それでも先駆者として十分なレベルであり,ドラマチックな曲展開などは,やはりメジャーなバンドといった感じである.曲によっては初期BATHORYみたいなかなりドアホなリフもあったりして,ををっと思わせるだけに,全体を見渡すとちょっと残念.

Page Top

S.A.SLAYER / Go For The Throat(1984)

あのSLAYERと時を同じくして結成されたTEXAS,San Antonio出身のバンド.バンド名が被ってしまったため,レコードジャケット等ではS.A.SLAYERとなっているがバンド名はあくまでもSLAYER.EPに続く1stフルレンスアルバム.Voはハイトーン,音はThrashっぽさの若干あるPower Metal・・・まあSpeed Metalと言っても良いだろう.この当時たくさんいたIRON MAIDENをよりヘヴィーに,よりスピーディーにしたタイプの音であるが,他のバンドとは明らかに違う点があり,実はかなりのテクニカル集団で高度な曲展開をビシビシ決めている.この当時ここまで複雑な曲をやっていたバンドはそんなにいないだろう.特にギターとかはあまりに巧すぎる.まあ,メンバーを見たらそれも頷けるかもしれない.S.A.SLAYER自体はそんなに注目を浴びなかったがVoは後にJUGGERNAUTのSteve Cooper,Bob Catlin (Gr), 後にRIOTに加入したDon Van Stavern (Ba), 後にSACRED REICHMACHINE HEADのDave McClain (Dr).これだけでも凄いが,とどめはなんとRon Jarzombek (Gr)である.そう,WATCHTOWER〜SPASTIC INKの.ヘタなわけねーって.なお,本作とEPのカップリングCDがブートとして存在する.

Page Top

SAVAGE GRACE / The Dominatress EP(1983)

いや〜すっかり忘れていたがLAのSpeed Metalである.これがデビュー第一段のEP.今聴くとかなりスカスカの音で疾走する.John Birk (Vo), Christian Logue (Gr), Kenny Powell (Gr), Brian East (Ba), Dan Finch (Dr).ヘタウマ(いや,下手)なVoとオーソドックスな曲調はまだSpeed Metal的ではない.

Master Of Disguise(1985)

1stフルレンスアルバム.メンバーチェンジが多いバンドであり,このアルバムではChristian Logue (Gr),Mark Marshall(Gr),Mike Smith (Vo),Brian East (Ba),Dan Finch (Dr).なんか,時代を感じる音である.ギターは古風なHeavy Metal的である.同時期のSpeed MetalバンドにAGENT STEELANGEL DUSTがいるが,こちらの方がよりオーソドックスである.うーんまあまあ格好良い,ダサイけど.何故かこの作品はSTS 8 MISSIONよりもドイツっぽい(笑).

After The Fall From Grace(1986)

2ndフルレンスアルバム.GrはMark Marshall一人になって4人編成になっている.また,DrもMark Marcumに替わっている.この新加入Drの方がアメリカっぽい叩き方をしている.音質が向上しずいぶんクリアな音になった.その分,Voの弱さがちょっと気になりだしたのも事実.ただし,前作よりは全体的にまとまりが良くなった点で合格.

We March On EP(1987)

SAVAGE GRACE最後の音源である.Grソロはこれまでの作品では一番格好良いが,曲はあまりよくない.いや,つまらない.Speed Metal的な良さはなく普通のHeavy Metal的な音である.「Burn」のカヴァー入り.

Page Top

SAVAGE THRUST / Eat'em Raw (1990)

New Renassance Rec.のコンピに激ショボい曲を提供していたバンドのフルレンスアルバム.えっ?というくらい格好良い.Speed MetalとThrash Metalがうまい具合に融合されており,かなりドラマティック(別に曲展開が複雑なわけではない)かつheavyに迫ってくる迫力のあるサウンド.BLESSED DEATH的な部分とNASTY SAVAGEとかHALLOW'S EVEのようなPowerfulさに通じるサウンドだが寧ろこちらの方が完成度が高い.vocalはヘタウマぎりぎりではあるが説得力のあるハイトーンヴォーカルへ成長している.リフはとにかく必要最小限って感じで単純化されているがそれがかえって闘争心むき出しで疾走するかのような勢いを出していて非常に心地よい.曲作り,音作りどれをとっても90年に出ても誰も注目しないだろう.そう,これは紛れもなく85年くらいのサウンドである.「ベイエリアスラッシュって何?」とか「メタリカ?ああ,モーターヘッドより速いバンドね」「ヴェノンはヘヴィーだよね」と言った台詞が堂々と帰ってくるような方々がやっておられる・・・そんなthrashである.また,ギターソロは敢えてギターバトルという死語を用いて表現せざるを得ないような臨場感満点のサウンド.リアルタイムの初期thrash metal世代以外の人は聴いても「はぁ??」と言いそうだが,私には棺桶に(バレないように)こっそり忍ばせておきたい名作である.

Page Top

SCANNER / Hypertrace(1988)

ドイツのPower Metalバンドのデビューアルバム.そう,私の苦手ジャンルドイツのパワーメタル.ただし,このバンドのこのアルバムはそんなに臭くないからまあまあ普通のMetalを聴く感覚で聴ける.部分的にまあまあ納得できるものもある.とはいっても,やはり私にはどうでもいい音である.

Page Top

SCATTERBRAIN / Here Come Trouble(1990)

NYHCを代表するバンドLUDICHRISTのメンバーTommy Christ (Vo), Glen Cummings (Gr), Paul Nieder (Gr)が結成したバンドでこれが1stアルバムである.LUDICHRISTも凄かったが,このバンドもいろんな意味で凄い.基本形はHardcoreだが,何でもごちゃ混ぜ状態の音楽である.それでいて全く散漫な感じをあたえず,楽しいアルバムに仕上がっている.とにかくセンスの良さ・演奏能力の高さ・変装能力の高さ(?)は凄い.こいつらは天才肌の芸術家だな.楽しんでやってそうだし.もちろん,聴かなきゃいけない作品である.

Scamboogery(1991)

ちょっぴりポップになった2ndアルバム.正確に言えば,前作のソフトな曲と同じくらいの曲が中心となっているといった感じ.路線自体は変わっておらず前作を気に入った人なら何の違和感もなく楽しめる作品だと思う.作品全体に散りばめられた遊びと非常に高度な演奏能力はお見事.収録3曲目の「Tastes Just Like Chicken」は歌詞がほぼ早口言葉だけで構成されており微笑ましい.前作に引き続き本作でもMorsartをやっちゃっている.もちろん,この作品もお勧め.

Page Top

SCEPTRE / Demo(1983)

ある意味,最も有名(になった)なUndergroundバンドの一つ.音源としてはこの3曲入りデモのみである.収録曲は"Sceptre", "144000 Gone", "Taken By Force"の3曲.メンバーはButch Say (vocal), John Camps (guiter), Tony Saedo (bass), Phil Sardo (drums).もちろん,マニアならばもうお判りの通り,あのAGENT STEELの母胎ともいうべきバンドである.もちろん,"144000 Gone", "Taken By Force"は後にAGENT STEELとして出された名曲.ん?メンバーが全然違う?ハイ,その通りです.ギターしか一緒ではありません.ってJohn Campsなんてギタリストは当然AGENT STEELには居ないが,彼自身が結成したSCEPTREをたたみ,ABBATOIRにヴォーカリストとして加入後,半年で脱退しAGENT STEELを結成した超ハイトーンヴォーカリストとして有名なJohn Cyriisに他ならない.もともとギタースクール出身である彼は,マジでぶったまげるほどのテクニックでギター弾きまくっている.声と一緒で高音の伸びが実に素晴らしいギターを奏でる.プレイスタイル・音質はJuan Garciaに近く,実は自分に近いギタリストとして適任だったため,Juanを誘ってAGENT STEELを結成したのではないかと思ってしまう.で,前置きすごく長すぎるが,ヴォーカルは当時ありがちなミドルダーティー系の歌うヴォーカルであり,曲はMAIDEN的なものである.USのPower Metalらしい方向である.同じ曲でも激ハイトーンがのることによって,Speed Metalを確立していったAGENT STEELを知る上では絶対に外せない音源である.ちなみに,"Taken By Force"はMetal Massacre IVに収録されている.なお,本作は悪名高きReborn Classicsから1993年にCD化されているため,入手できます.

Page Top

SCHIZO / Main Frame Collapse(1988?)

これまた知らないのだが,イタリアのGrindcoreバンド.Grindcoreといっても,この頃のバンドは音の隙間がないほどではない.音質こそ酷いがなかなか聴ける.とはいっても,演奏もヘタクソでドラムはもたるし,ギターリフも殆どききとれない(これは耳のせいじゃねえぞ).NECRODEATHよりは魅力あるけど.

Page Top

SCORN / Colossus(1992)

鬼才Mick Harris(元NAPALM DEATH)が同じく元 NAPALM DEATHのBa Nik Bullenと始めたIndustrial系のユニットである.こういった打ち込み系の音は個人的にはあまり好きになれないが,音の端々にセンスは漂う.Mick Harris在籍時のNAPALM DEATHが好きな私としてはちょっともったいない気がする.

Page Top

SDI / Satans Defloration Incorporated(1987?)

確か西ドイツのバンドだったと思う.多分,デビューアルバム.Franck Tiesung (Gr), Reinhard Kruse (Ba & Vo), Ralf Maunert (Dr)の3人編成であり,音はシンプル.良い意味で何のひねりもないThrash Metalである.そう,例えるならカナダのRAZOR的である.それに同郷のDARKNESSの初期の雰囲気にちょっぴり通じるものがある.あの当時の臭いがぷんぷんするので,初期Thrashファンなら必聴.90年台以降の音が好きな人には辛いかもしれない.

Page Top

SEANCE / Fornever Laid To Rest(1992)

スウェーデンのdeath metalバンドの確かデビューアルバムだったと思う.基本は正統派death metalなんだが,かなりテクニカルにぐいぐい押してくる.路線としてはMONSTROSITYとかCRYPTOPSY系であり(音はぜんぜん違うけど),複雑な曲展開を持つ曲ばかりであるがしっかり首も振りやすい.難を挙げればmixの失敗である.低音強いったって度が過ぎませんか?これは?このバンドは要チェック.

Page Top

SECRECY / Raging Romance(1991)

ドイツのPower Metalバンドの2ndアルバム.ドイツのバンドであるが,いわゆるジャーマンメタル系の音とは違う.メロディはまあまあセンスがある・・・???.しかし,このVoは聴いていてイライラする.なんじゃこのナヨナヨした声は!演奏はそれなりにこなしているだけに腹が立つ.でも,こんなのが好きな人も多いみたいだから・・・.カルシウム不足のThrash Metal好きの人は聴かない方がいいと思う.ごく一部にMORDREDのリフのパクリじゃねーかって思うところがあるけど,誰も気がつかないだろうし,多分気のせいだ・・・.

Page Top

SEMPITERNAL DEATHREIGN / The Spooky Gloom(1989)

オランダのDeath Metalバンドの6曲入りEP.どうやらこれ一枚のみしか出していないようだ.Victor v. Drie (Bass, Piano, Vocal), Frank Faase (Vocal, Guitar), Remo v. Arnhem (Drum)の3人編成.ただし,ドラムはゲスト.Deathといってもこの時期のものらしくDoomyな要素も含んでいる.つまり,楽曲路線はAUTOPSYなどのようにスピーディーなパートとスローパートが交互にくる系.Vocalはかなりgoreなイカレた声だが,演奏は(音質は凄くチープながら)かなりいけている(流石,オランダ).演奏の雰囲気はBLIND ILLUSIONとかに通じるミョーなB級臭が漂う.最初聴いた時の印象はあんまり良くなかったが,聴いているうちに次第とその良さが出てくるような独特の空気感を持ったサウンドである.これはゲストドラマーによるところが大きいようであるが,その楽曲もかなり面白い.少なくともDoomyなパートで多くのバンドが陥ってしまう単純でつまらないリフばかりにはなっていない.本作はかなりレアらしいのでなかなか見つからないかも知れないが,ビミョーな良いバンドなのでマニアはチェックしたいところ.ちなみに,Victorは後に私の大好きな同郷のETERNAL SOLSTICEに加入している.

Page Top

SENTENCED / Shadow Of The Past(1991)

フィンランドのメロディック・デスメタルバンドのデビューアルバム.私はこのジャンルは大嫌いである.その理由はメロディアスといいながら殆ど同じ音進行しかないマヌケさが嫌いなのだ.しかし,このアルバムは違う.メロディセンスもなかなかよろしい.まあ,デビューアルバムだからかもしれないが.これ以上メロディが出てくるとちょっと怖くて手は出せないな.メロデスで初めて私を納得させたバンドである.それでも,そんなに何回も聴こうとは思わないな.

Page Top

SENTINEL BEAST / Depths Of Death(1986)

サンフランシスコのバンドであるがベイエリアスラッシュとは趣が大きく異なる.女性VoのDebbie Gunn(後にZNOWHITE〜ICE AGE)の声がのるドラマチック系Thrash Metalバンドである.他のメンバーはGr:Barry Fischel,Gr:Mark Koyasako,Baは後にFLOTSAM & JETSAMに加入した(すぐに脱退したが)隠れた激ウマベーシストMike Spencer,DrはScott Awes(これもかなり激ウマの部類にはいる).当時はVoがどうしてもダメで聴けなかったが,今聴くとこの強力なリズム隊を聴けるだけでも幸せである.曲も格好良いし.実にもったいない.

Page Top

SEPULTURA / Bestial Devastation(1985)

ブラジルが産んだ最大級のThrash Metalバンド,SEPULTURAの5曲入りEP.なんと8トラックであり,音質は当時の並のdemo同然.今のSEPULTURAの姿はもちろん,「Schizophrenia」のころの面影すらないくらい違う音.しかし,これが殆ど,初期SODOMのノリで暴走しまくっている.まあ,演奏はこっちの方が安定してるけど,暴走前のめりの南米Thrashスタイルはやはり間違いなく彼らが生みの親である.ということで,むちゃくちゃ格好いい.なお,この頃のメンバーはMax Cavalera(Vo & rhythm Gr),Igor Cavalera(Dr),Pauli Jr.(Ba),後にTHE MISTに加入するJairo T.(lead Gr)である.当時はこんなのをDeath Metalって呼んでたんだけど(1988年頃までかな〜).最近のSEPULTURAファンになった人はこれを聴きなさい(笑).これは「必聴」.

Morbid Visions(1986)

で,これが1stフルレンスアルバム.基本は前作と同じスタイルである.が,若干SEPLUTURAらしさが見え隠れする.これまた16トラックであり(でも,16ならもっとましに作れよ:賛辞)かなり音はチープである.しかし,これまた格好いい.やっぱり初期はいいねぇ,っと年寄りを唸らせる一枚.「Troops Of Doom」はLiveでもよく演奏されているようなので有名であるが,この曲がやっぱり一番後のSEPULTURAらしいリフが多い.でも,この頃の吐き捨てVoの方が魅力的だし,他の曲の暴走っぷりもお見事.また,Igorのドラミングはなかなか強烈である.これも当然「必聴」である.

Schizophrenia(1987)

個性が完全に確立した2ndフルレンスアルバム.勢いが信条のはずのThrash Metalの多くが崩壊してきたときにこのアルバムは心強かった.ただし,音質等はまだまだ・・・である.スピーディなパートとスローパート(ミドル)とを組み合わせによる独特の世界は素晴らしい.名曲はこのアルバムに多い.Andreas Kisserのギターも素晴らしい.これは「必聴」でしょう.

Beneath The Remain(1989)

基本線は全作の延長である.音質が飛躍的に良くなっている.私個人としては2nd〜この3rdの音が好きである.緊迫感のある演奏・曲構成は廃退気味であった当時のthrash metalの空気を一掃するかの如く新鮮であった.まあ,彼らとしては海外進出の大きな一歩を築いた出世作である.特にコアな音を好むヨーロッパでの人気はかなりのものであった.この作品はそういった時代背景と共に楽しみたい一枚(うそ)である.当然「必聴」.

Arise(1991)

基本線はこれも全作とは大きくは変わらないんだが,スローパートがやたらと目に付きだした.全体に勢いが弱くなり,「あれれ?おかしいぞ」と思わせる一枚.やっぱ,BONUSのカヴァーが一番勢いあるなんて・・・おかしいでしょ(まるでどこかのMETALLICAみたい).個人的にはKREATORにおける「Extreme Aggression」のような一枚.・・・わかるかな,この心境・・・.

Chaos A.D.(1993)

あのSEPRUTURAが作った作品とはとても思えないセンスの悪い作品.数回聴けば飽きる.つまらない.鬱陶しい.カス.ゴミ.

Roots(1996)

あのさ〜,こんなのだったらNAILBOMBでもやってたら〜.

Page Top

SEXTRASH/ XXX(1989)

87年中頃に結成されたBrazilが産んだどアホバンドの記念すべきデビューEP.何がアホってこれ以上ダメなバンド名は滅多にお目にかかれない.路線としては南米系Black Metalの直球ど真ん中のサウンドと南米系Death Metalの直球ど真ん中のサウンドを足したような,南米でしか生まれないサウンドである.そう,良い機会なので(?)ここで言うならば,南米のBlackとDeath(old school系)と更に言えばGrindcoreは殆どThrashである(断言).で,レビューに戻ると,このサウンド何処かで聞き覚えがあるドラミング・・・それもそのはず,このスタイルを確立した本家SARCOFAGOの初代ドラマーD.D. Crazyが中心となって結成している.で,バンド名やタイトルはもうバカ丸出しなんだが,曲は驚くほど格好良い.これは是非チェックするべき.なお,本作は"Sexual Carnage"とのカップリングでCogumeloから2003年に再発された.良心的すぎていつ潰れるかわからないCogumelo,見付けたらとっとと入手しましょう.

Sexual Carnage (1990)

1stフルレンスアルバム.当然のCogumeloからリリースされたブランドもの.実はリフが凝っていたり,細かな曲展開は結構練られていたりする.しかし,それを感じさせないような独特の治安の悪さがある.邪悪なはずのBlack Metalであるが,治安悪いながらも(?)なかなか健康的な体育会系勢いがあるところがいかにも南米らしい.音作りは完全に80年代Thrashであり,近年の美しいBlack Metalとは大違い.いや,Metalは本来こうじゃないといかんと思う.本家SARCOFAGOの初期と通じる部分は極めて多いが,かなり奇妙なリフとか,後のヨーロッパのBlack勢が使用するようなリフとか,実は先駆的なことをやらかしている.更に言うならば,Cogumeloとしては珍しく,音質も申し分ない.まあ,90年作品であっても,他のレーベルであれば当然なんだが(苦笑).それにしても,ある意味Free JazzみたいなノリをぶちかますD.D.Crazyのドラミングは他の正確なだけのドラマーとは格が違う攻めの気迫が伝わってくる.このページ見ていてこのバンドのレビューにたどり着いた人で,まさかこのバンド名とかジャケでひく人はいないと思うが,正直言ってSARCOFAGOよりもしっかりしている.

Page Top

SHADOW GALLERY/ Carved In Stone(1995)

アメリカのProgressive Metalバンドの2ndアルバム.このページの中では全く毛色が違いHeavy Metal的要素が強い.全体にドラマチックで仰々しい空気が漂う.PAIN OF SALVATIONなんかと同様のタイプ.ただ,このバンドはよりネオクラシカル色が強く,Voの入っていないパートはNOCTURNUS的な場合もある.ただ,全体にちょっとソフトすぎて私の好みではない.

Page Top

SIEGES EVEN / Lifecycle(1988)

ドイツのTechnical Thrash Metalバンドのデビューアルバム.テクニカルなのは演奏だけで耳を覆いたくなるようVoはあまりにも凄い.まるで,勘違いした酔っぱらいオヤジがカラオケで熱唱しているかのごとく恐ろしく個性的なよれよれのVoである.演奏だけはジャズ・フュージョンなどの影響を強く感じる複雑な演奏をやっており悪くはない.ただし,とってつけたような曲展開が多数存在しているし,Voの酷さをカヴァーするほどではない.ギター音としてはあっさり系Thrashであるため,その手のが好きでVoは聞こえないふりをして聴ける耐久力のある方のみお勧め.

Steps(1990)

2ndアルバム.正直言ってこれを聴いたときはぶったまげた.ん?何がって?はっきり言ってまるっきりWATCHTOWERのコピーのような曲,それなりの演奏力そのくらいで私は驚かない.特筆すべきはまたまたそのVoである.遠回しに言えば,長い波長のヴィブラートがかかっており非常に個性的(ただし,これは普通ヴィブラートとは言わないが).要するに,信じられないくらいヨレまくった,どヘタだ(爆).デビューアルバムでもその片鱗(とは言わないが)は見せていたが,周りの演奏がより高度になったため,ギャップがより一層激しくなった,もう,浮遊しまくりのミドル〜ハイトーンVo.よく他のメンバーが黙っていたもんだ.そう,確かこのころ既にVoは40才くらいのオッチャン,他のメンバーは20才そこそこ.文句言えねえわけだ.当然,後に首を切られたらしいが.そうそう,音のことをすっかり書き忘れていたが,1stのようなThrash色は思いっきり薄くなっている.Watchtowerのアコーステック版って感じ(ただし,Voは除く).

Page Top

SIGH / Tragedies(1991)

今や,間違いなく世界でトップの実力であり,日本が誇れるBlack Metalバンドが90年に作成した2ndデモに1曲加えてWild Rags RecordsよりリリースされたカセットEP.正直言って音質は実にチープであり,Black MetalというよりもAUTOPSYなどに通じるDoomyなパートを含むDeath Metalに近い.しかし,それにピアノが絡んだりとかなり面白いことをやっている.この時代にこんだけのことをやっていたのは流石である.ギリギリまで歪ませたギターとDeathッ気のある声は随分といまとは違うスタイルだが,そのおどろおどろしい雰囲気はかなり興味深いものである.Wild Rags Rec.はホントとんでもないレーベルだったが(Article;甦れ!初期Wild Rags Records参照),それでも海外のそれなりに頑張っていたレーベルが目を付けるだけの素質は十分に感じさせる.ただ,ここから後のHail Horror Hailのような作品が生まれるとは予想できないが(笑).まあ,全く別バンドと思ってきいた方が良いかも知れない.

Chastly Funeral Theatre (葬式劇場)(1997)

6曲入りのEP.6曲中3曲はピアノ・シンセサイザーのみのインストである.全体に大胆な曲展開や思い切ったアレンジなどかなり実験色が強い作品である.ギターリフにしてもかなり妙なものが多いが,それでも印象に残りやすくHeavyかつ独特のものに仕上がっている."Doman Seman"などは前半はアコースティックギターとシンセのみの静かなパートから恐らくこの作品中もっともHeavyなCELTIC FROSTに通じる独特の刻みのリフへとガツンを持っていかれ,聴いていて心地よい楽曲である.どの曲もそうだが,メロディーがかなり明確な,それでいて不思議が音進行をするリフはホント引きつけられるし,そのリフを飾り付けるシンセやピアノ・それにDirtyな声・シンプルなドラミングはSIGHにしか出せない独特の世界である.インストは基本的に癒し系の楽曲となっている(笑).この作品も要チェックである.

Hail Horror Hail (1997)

3rdフルレンスアルバム.最近のBlack Metalというカテゴリーには入れたくない.80年代にThrash Metalの範疇にあったBlack Metalの進化型と言える.特に本作は海外での評価が高く,なんとあのTERRORIZER誌の年間アルバムベスト9位に選ばれている.日本のバンドで過去に海外でこれほど高い評価を得られたバンドがいたであろうか?まあ,アルバムを聴けばその完成度の高さ故に当然の結果と思える(もっと上位でも良いくらいだ).基本はCELTIC FROSTなどに通じる個性的なギターリフからなり,Black寄りThrash的Voがのる.ドラムは最近のBlackにありがちな無意味なブラストなどはなく,適格にツボのみを押さえてくるシンプル且つ効果的なドラミング.非常にオーソドックスなものからCELTIC FROSTを感じさせる強引なソロ・しっとりとしたアコースティックソロと変幻自在.そして,SIGHのサウンドの大きな特徴であるのはシンセサイザーの多用である.これまた,ありがちなワンパターンの「ただ入れているだけ」の音ではなく,計算され尽くされたフルオーケストレーションを使用した楽曲レベルの高さは圧巻.ここまで実験色が強いと散漫になりがちだが,総ての曲で高いテンションを保ち続けており,何度聴いても飽きない.よく,遅くてつまらない曲しか書けないバンドがいるが,このバンドは速さとかはどうでも良い.彼らのやりたいスピードがベストだと強く思える.また,よくオーケストラと一緒にやりたがるバンドがいるが,これくらいの高い楽曲能力・アレンジ能力を持ってからいってもらいたいものだ.とにかくこのオリジナリティー・クオリティーの高さは素晴らしい.絶対に聴きなさい.日本のバンドに苦手意識を持っている人もいるだろうが,彼らは紛れもなく別格.このページに賛同してくれて且つ,買って損したなんて言う人は私が買い取ってあげるよ.CRADLEなんて聴いている場合じゃないよ.CRADLEが来日の際,かぶりつきで観ていたというのも頷ける.

Scenario IV : Dread Dreams (1999)

4thアルバム.このバンドのことだから一筋縄には行かないのはもちろんなのだが,それでも本作は楽曲自体はかなりオーソドックスなHeavy Metalを基調としている.全作と比べるとシンセのパートが随分控えめである.控えめながらも,特に和を意識したかのようなシンセの使い方が独特の空気を持ち,病的な妖しい世界を構築している.路線としては"Chastly Funeral Theatre"に近い感じで,全体にすんなり楽しめる作品である.とにかく,他のバンドでは決して聴くことが無いであろうリフの数々は聴いていて非常に新鮮である.それと同時にIRON MAIDEN的なメタルなリフも普通に出てくるところが面白い.本作は特にギターソロはGary Mooreばりに泣いており,また一つ別の顔が加わった感じである(それまでもやってはいるのだが).とにかくここまで引き付けられる楽曲はなかなかないので,要チェック.ちなみに,NECROPHAGIAのKilljoy,DECEASEDのKing,RITUAL CARNAGEのDamianらが歌詞を提供している.

Imaginary Sonicscape (2001)

悪名高きCacophonous Rec.からようやく脱出し,今最もメタル系レーベルで信用度が高い大手Century Media移籍後初の5thアルバム.で,流石Century Mediaです,日本盤がついに出ました(Victorより).っも〜なんというか,呆れました.思わず苦笑いです.なんでここまでやるかなぁ.「Hail Horror Hail」が陰(メタリック)の無茶苦茶さが漂ってた作品だとするとこちらは陽(ロック)の無茶苦茶さが漂ってる(陽っつうか妖だけど).メロディーは実にキャッチーな部分が増えているし,よりオーソドックスなメタルって部分も増えているのだが,かなりカオスな部分も同時に増えてる感じである.ギターのメロディーがかなり目立つ曲も多いのだが,逆にギターが全く入ってないところや殆ど入ってないところもあったりと.また,今回は特にシンセの音が深みが出ていて(というか懐かしいサウンド)70年代ロックを感じさせるし,ハモンドオルガンの使い方が格好良すぎる.とにかく何でもアリの楽曲だが,それでいて全然散漫になっていないとことは相変わらず凄いところ.少なくとも聴き安さといった点ではかなりの幅広いジャンルの人間も取り込めそうな反面,これって万人には理解できんだろうな〜とも思える.正直言って,個人的にはメタリックな「Chastly Funeral Theatre」や「Hail Horror Hail」の楽曲の方が好きだが,そうはいってもずっと聴いている本作もきっと気に入っているんだろう.とにかく,いろんな意味で刺激が欲しい奴は聴け!

#実は,初期スラッシュ通としても有名なSIGHの川嶋氏ご本人から「多分,初期スラッシュ好きには辛いと思う」って言われたんで,「へ〜そうなのか・・・」と素直に思い,ずっと聴いていなかったが,これには騙された(笑).初期スラッシュ好きの人が作っているだけあって十分にそのエキスを味わうことが出来る.ということで,もしスラッシュ好きな人はSIGHを是非聴いてみましょう.

Page Top

SILENT SCREAM / From The Darkest Depths Of The Imagination(1992)

良く知らないがあんまり面白味に欠けるDeath Metalバンド.マスターはLondonで録られているのでイギリスのバンドか?プロデュースはなんとGene Hoglanが手掛けている.別にだからどうのっていう音ではない.初期SEPLUTURAをセンス悪くして低音を効かせた感じ.それにしても曲がつまらんし,まともなリフが皆無.

Page Top

SINISTER / Hate(1995)

オランダの正統派Death Metalバンド.これが3rdアルバムだったはず.美しいメロディは一切なく,とにかくゴリゴリ押しまくる.音の壁が迫ってくる真のDeath Metalの良さを継承している最近にしては珍しいバンド.こういう気合いの入った妥協を知らないバンドは個人的には大好きである.メロデスなどで軟弱な耳になってる人間に最大ヴォリュームで聴かせてやりたい.ギターリフの音進行は一部PESTILENCEチックに聴こえる(気のせいかな?).要チェック.

Page Top

SKATENIGS / Stupid People Shouldn't Breed(1992)

なんとも怪しげな雰囲気のHardcore系バンド.インダストリアル的なミドルテンポのHCで曲によってはラップ調のVoがのったり,怪しげな女性コーラスがはいったりする.ある意味GWARに通じる雰囲気をもっていて実に怪しい.ただし,音楽としての完成度はまあまあいけているのでそれなりに楽しめる.なんとなく気持ち悪いけどね.

Page Top

SKREW / Burning In Water, Drowning In Flame(1992)

私が愛してやまないANGKOR WATのAdamが中心となって結成されたIndustrial Thrash Metalバンド.メンバーはAdam Grossman (vocals, guitar, programing), Danny Lohner (guitar, programing), Chris Ault (Programing)のトリオでレコーディングされている.DannyもANGKOR WATの1stでギターを弾いていた.ANGKOR WAT自体,ある意味Industrialっぽいことに走ろうとしつつあったが,このバンドは完全なるIndustrialである.エッジの効いたギターリフはThrashそのものであり,摩訶不思議な音進行・やや病的な雰囲気はANGKOR WATからの血がしっかりと流れている感じである.ちなみに,ジャケットはANGKOR WAT遺跡の写真を加工した図柄であり,これはファンへのアピールか?Industrialの中ではダントツで格好良い.

Dusted (1994)

2nd.Adamと長年組んでいたDannyは脱退しているようである.ANGKOR WAT時代から,楽曲は殆どAdam一人で手掛けていたはずなので,楽曲には影響は出ないはずである.が,かなりANGKOR WAT色は薄らいでいる.かなりモダンな雰囲気になってきた.いや,決してリフがそうなってきた訳ではない.もちろん,センスの良さは損なわれてはいないんだが,1stと比べるとかなりこじんまりした感じで,勢いはいまいちである.まあ,悪くはないのだが,Adamの奇才ぶりが今ひとつ発揮されていない気がする.

Page Top

SKYCLAD / The Wayward Sons Of Mother Earth(1991)

イギリスのThrash Metal最高峰のCool系SABBAT(って思ってるの俺だけ?)のVoのMartin Walkierとイギリスの最高峰Power寄りしっとり系Thrash MetalバンドPARIAHのGrのSteve Ramseyが中心となって結成されたThrash系のバンド.何故,Thrash系としたか・・・Thrashの良さは残念ながらわずかしか持ち合わせていない.あんなに凄いバンドを離れてわざわざ結成したんだからもっと凄いことを期待していたのだががっかりした.とはいっても,まだこのアルバムはまし.全曲「Cradle Will Fall」くらいクオリティが高ければ凄いのに.それにしても,Martinって歌うと超ヘタクソでだせー.真のMartinのVoが聴きたい人Doomsday News IIIを聴くべし.なお,「Pagan Man by kind permission of R. Patterson」と記されていて泣ける.

A Burnt Offering For Bone Idol(1992)

Fritha Jenkins (Violin), Dave Pugh (Gr)を加え6人編成となった.・・・だから?って云いたくなるようなセンスの悪いViolinの入れ方してるよな〜.だせ〜.Violinがなければもう少し格好良いのに全部台無しにしている.やはり元のバンドが良すぎた分,こんな中途半端なことやられても飽きてしまうんだよな〜.本当はもっと才能あるだろーが!お前ら!!!    ・・・これ以降聴く気が失せた.

Page Top

SLAMMER / The Work Of Idle Hands(1989)

イギリスを代表するThrash Metalバンド.在りし日のMETALLICAやTESTAMENTに影響を受けたと思われる音である.つまり,同郷のXENTRIXと同系統.ただし,こちらの方がセンスが上.だからといってそんなに面白くはない.これもXENTRIX同様にイギリスを代表するバンドにはなれないよ.何処を切ってもイギリス臭さがないしオリジナルの部分があまりにも薄い.ほんとにこの頃ってイギリスはSABBATぐらいしか良質のThrash Metalいなかったよな.

Page Top

SLAPDASH / 240.25 "Actual Reality"(1996)

SwedenのThrash MetalバンドROSICRUCIANのメンバーが中心に・・・いや,Voだけが変わったことによって作られたNewBandである.ROSICRUCIANはもう一息って感じであったが,Voが変わっただけなのに(しかも,タイプとしては同じようなVoなのに)音楽性は桁違いに進歩している.ROSICRUCIANでは良く解釈すれば実験的に試行錯誤を繰り返していたような曲が多く,結果としてまとまりに欠けていた.しかし,このSLAPDASHの整合感は非常に完成度が高い.曲調は同郷のMESHUGGAHの初期の曲のドラムパターンを割と普通に変更した感じ.普通っていってもかなりいい味を出しているDrであり,抜けの良い高音スネアはこれまた同郷のMARY BEATS JANE(解散してしまったが)に通じる.正統派現代版Thrashにおいてはトップクラスと言って過言ではないであろう.問題はすべての曲が同じような雰囲気であるためもう少しバリエーションがあるといいかも.それにしても,このGrのMagnus Sodermanって奴もなかなか侮れないテクニシャンである.音は明らかに最近のものであるが,old thrash fanもこれだけの完成度であれば十分納得するはず.

Bound sCD (1996)

Modern 系thrashとして唯一認めたいバンドの4曲入り.「240.25 "Actual Reality"」収録の"Bound"のシングルである.このCDの売りはその"Bound"ではなく,"Kill Yourself"である.そう,もちろん,S.O.D.のカヴァー.これがかなり格好良い.ただし,Nuclear Blastのコンピにも収録されているため,そちらを持っている人は同テイクであるため,購入する必要はない.私は200円だったので買ってはみたが,他も曲もアルバムと同テイクであった.

Page Top

SLAUGHTER HOUSE / Slaughter House(1990)

ニュージャージー(多分)の5人編成のバンドである.メンバーはDanny Greco (Gr), Mark Cahill (Gr), Steve Srozinski (Vo), Brain Mangini (Ba), Brain Fraipont (Dr).音はThrash Metal・・・とはなんとなく言い切れないが一応Thrashであり,ちょっとHard Rockっぽい.初期MEGADETH風やら初期METALLICA風のリフ(ってことはDave Mustain風?)とかあったりして(1曲目のイントロはもろBITTER ENDなんだけど)ちょっぴり懐かしい感じもあるんだがなんとなく煮えきれない.悪くはないんだけどねぇ.

Face Reality(1991)

これが多分2ndアルバム.メンバー5人の生首が氷の上に並んでいるジャケットのセンスの悪さ以外はかなり前進している.正直言って全編METALLICAの1stのパクリだけど,前作のようなHard Rockっぽさが殆どなくなっており,この音ならThrashって言ってOK・・・って音になっている.曲作りもそうだけど,Voも1stで多用していた中途半端なメロディはやめてMETALLICA1st的なシャウトに徹している.少なくとも同系列の音を出すことでちょっぴり有名な(?)MORTAL SINよりも勝っている・・・と思う.うん,良いアルバムである.そういう意味でもこのダサすぎるジャケットは実にもったいない.

Page Top

SLAYER / Show No Mercy(1983)

Thrash Metalの影の帝王ことSLAYERのデビューアルバム.METALLICA,ANTHRAX, MEGADETHと並びThrash Metal四天王などと評されていたが,SLAYERは特に異色であった.他のバンドがメロディにかなり固執していた中,Thrashのなかのアグレッシブな部分を一手に担っていた.とにかく,リフは無茶やるし,ソロも無茶やる.Voもメロディは欠片もない.曲はとにかく速い.もっとも,Coolなバンドである.そう,現在進行形で・・・.SLAYERはとにかく全部必聴である.

Haunting The Chapel: EP (1984)

ちょっぴりお茶目なHaunting The Chapel.1stに比べると曲がラヴリーになっている.これ自体は金がなかったので持っていないが,日本盤の「Live Undead」に収録されている.

Hell Awaits(1985)

それまで短い曲ばかりであったが,長い曲で攻めてきた.タイトル曲の出だし「slayer・・・slayER・・・slAYER・・・SLAYER・・・」は昔はLiveの定番であった.正直言ってSLAYERの中では「ちょっと外したかな?」っていう一枚.

Live Undead:EP(1985)

確か発売国によって収録曲が異なっていた.当時Live盤好きだった私はこの熱いLive盤にはかなりはまっていた.初期の頃だというのに演奏力はすでにかなり安定している.SLAYERはboot盤とかでも殆ど外しがない.まさに帝王である.

Reign In Blood(1986)

とにかく,理屈抜きに全曲ギターソロ・ドラムのおかずまで覚えましょう.私が言うまでもなく史上最高の作品.Thrash Metalの最高峰.全10曲で30分に満たないとにかくSPEEDに固執した作品.その疾走感は絶品.ケリーとジェフのギターはまるでLive盤のように生々しくAggressiveである.TomのVoは速さの中に絶妙の言葉を置くタイミングを見出しており,聞き手をはらはらさせる.また,Thrash Metal史上最高位に君臨する名ドラマーDave Lombardoの恐ろしいドラミングが聴ける.このアルバムだけは死んでも離したくない.この当時はこれ以上のAgressionは音楽に求められるのだろうか?と不思議であった.Death MetalやGrindcoreで耳が慣れてしまったせいか,今聴くと結構音に空間が多い.でも,とにかく素晴らしい必聴アルバムである.

South Of Heaven(1988)

衝撃の全作とは全く違う路線で勝負してきた.いきなりslowなリフから入る.スピードに期待していたファンは裏切ったかもしれないが,これも十分に格好良い作品である.特に2人のギターの弾き分けは見事.新たな論法のこのアルバムで改めてSLAYERの音楽的なレヴェルの高さを思い知らされた.

Seasons In The Abyss(1990)

まあ,悪くはないがそれほど良くもない.そろそろ思いっきり速い時代に戻って欲しいと期待していただけにちょっと不満の方が多かった.とはいっても,つまらないアルバムと言うわけではない.

Decade Of Aggression:Live 2CDs (1993)

正直言って,そんなに良くない.演奏は巧いのだが,こういったバンドの熱いLiveは音質をやたら丁寧に作ったって面白味がない.恐らく,ラジカセかなんかで収録した方がずっと格好良いぞ.

Divine Intervention(1994)

本作から元FORBIDDENのPaul BostaphがDrを担当している.なかなかいいアルバムである.久しぶりに昔の速さが戻ってきた.しかし,しかしだ.やっぱりDrはDaveじゃないと今一つ納得いかない.聴いていて,ここでドラムのオカズが欲しいって時に入ってないこのDrはちょっとSLAYER向きではない.

Undisputed Attitude:Cover(1996)

いや〜,格好良い.これだからSLAYERはやめられない.HCのカヴァーなのだが,そのスピーディーな曲にTomのVoが実にマッチしている.でも,これでDr がDaveだったらな〜.

Diabolus In Musica(1998)

4年ぶりとなる7thアルバム.他のメジャーなThrash Metal勢がアホな路線に行ってしまった中,唯一昔からの格好良さを残しているバンドであることには変わりがないが,80年代のあの音にはもう完全には戻らないようだ.曲によっては初期の頃のような格好良いリフが聴けたりするが,SLAYERに期待したい音はこんな音ではない.一度脱退して戻ってきたPaulのDrも前作よりはSLAYERの音にとけ込んではいるものの,相変わらず間の取り方が一本調子でつまらない.とはいってもまだ見捨てるほど酷い音になったわけではなく,次作に期待したい.

Page Top

SLEEP / Sleep`s Holy Mountain(1993)

サンフランシスコで結成されたDoom Metal系のバンドSLEEPの2ndアルバム.アルバムの頭を飾る「Dragonaut」からはBlack Sabbathの影響が強いこと伺い知ることができる.多の曲も基本的には同様に引きずるようなギターとベースリフによって構成されている.曲のクオリティはかなり高い.このアルバムでは3人編成であるが,こういったシンプルな音は3人編成ぐらいが良いのかもしれない.他のDoom系とは異なる個性がかなり強い.

Page Top

SLOW AGONY / Sudamerica Brutal 2 (split with 1917 & SLOW DEATH)(2002)

Paraguayのバンド.ん?そうパラグアイのバンド.え?だからパラグアイのバンドです.パラグアイのメタルシーンが一体どんなものなのか知らないが,少なくとも,このバンドのサウンドを聴く限り,非常に興味が持てる.やっていることは,Technical なBlack寄りのDeath Metalといった感じ.もちろん,音質はチープです.しかし,そんなことどうでも良いようなテンションの高さを持っている.ほ〜っ,こんなにやれるんですか〜というのが正直なところ.個性も十分にありながら,疾走感を忘れていないOld School Thrashの香りがプンプンするサウンドである.繰り返し書くが,音質はチープです.しかし,やっている演奏自体は凄いし,楽曲センスもかなりハイレヴェル.こんな優れたバンドは埋もれさせてはいけません.いや,マジで無茶苦茶格好良いです.

ちなみに,この3バンドsplitはアルゼンチンのHurling Metal Recordsから出ているシリーズである.南米フリークは要チェック.

Page Top

SLOW DEATH / Sudamerica Brutal 2 (split with 1917 & SLOW AGONY)(2002)

Venezuelaのバンド.はっ?そうベネズエラのバンド.はい?だからベネズエラのバンドです.出所は上述と同様.で,これがどんなバンドかってところで更に驚かされる.いや,これは書きたくないな.ベネズエラという国に対するイメージとあまりにギャップがありすぎる(ベネズエラの方,見てたらすいません).いや,しかし,ねぇ.演奏は巧いですよ,かなりのレベルで.ヴォーカルはちょっとまあ,Death Voiceってやつですか.う〜ん,似ている系のバンドはいます,確かにいます.しかし,こんなところからこういったバンドが出てくると心の準備ができていないんですけど.とにかく演奏巧いです.これはかなりチェック度高くしなければならない(マックスに近く)バンドです.ということで,必聴です.・・・あっ,音楽性とか書くの忘れてました.まあ,DEATH METALです.かなりテクニカルな.そうですねぇ,正直言ってCYNIC路線です・・・あっ,言っちゃった.

Page Top

SMIRNOFF / Nicht Zu Schnell (demo)(1988)

84年に結成されたPolandのトリオThrash Metalのデモ.これが,まぁ涙が出るくらい汚い.イタイ・・イタイ・・・.演奏はある意味完璧でとにかく勢い任せで鬼のような馬力で押しまくります.演奏力も多分,ある意味かなり上質っぽいんだが,音質のチープさと音質のチープさをかき消すような馬力で演奏が無茶苦茶に聴こえてしまう程.下手すると当時カテゴリーだとGrindに入れられても反論できないくらいまぁとにかくやりたい放題(しかも,REPULSIONほど上品ではない).初期のWHIPHASHを初期のKREATOR(っていうかTORMENTOR)がやってしまったかのようなとにかく暴力的なサウンド.これだけの勢いがあると,確実に早死にします.この後先考えず感はただならぬオーラが出ています.まぁ,表舞台には明らかに用が無い(自ら思いっきり背を向けている感じ)が,汚物Thrashマニア(ってか,それ以外は需要ないでしょう)にとっては極上クラス.普通にWRRクラスを相手に堂々と戦えます.音さえ聞き取れれば十分に首をヤバげに振れます.

Page Top

SOCIEDADE ARMADA / 400% Hard Core(1995)

Cogumeloが抱えるHardcoreバンドの1st.正にタイトル通りで,って400%っつのが何だかよくわからんが,とにかく信頼のCogumeloなだけあって,これもまた80年代ストライクゾーンの混じりっ気無しの純然たる疾走バシバシのHardcoreである.特にひねりなんてモノはないし.逆にひねられても困るような方向のモロ正統派路線なので,HCファンならば比較的万人受けしそう.初期DRIとかAGNOSTIC FRONT系好きな人にお勧め.

Page Top

SODOM / In The Sign Of Evil(1985)

ドイツ(当時西ドイツ)の息の長いThrash Metalバンドのデビューミニアルバム.たった6曲に全てが集約されている.もう完璧.演奏のバラバラさは目眩ものだが,これだけの勢いを出すためには仕方がない.そんな細かいことは目をつぶってやろうではないか.真剣なアホさが十分に伝わってくる熱のこもった一枚.ただし,素人さんは手を出すといけません.これぞ汚物系初期Thrashの真髄.なお,この時のメンバーはTom Angelripper (Vo&Ba), Chris Witchhunter (Dr), Grave Violator (Gr).

Obsessed By Cruelty(1986)

初のフルレンスアルバム.このころの音は実に素晴らしくB級の気品が漂う(爆).GrがDestructorに替わっている.Thrash Metalがもつ本来の攻撃性・・・といった点からいったら素晴らしい作品.ただし,演奏は相変わらずかなり無茶苦茶である.Thrash Metalの中でも演歌的な存在のアルバムだな・・・.もちろん,この格好悪さはVENOMからの影響がかなり大きい.逆にSODOMらしい音.

Expurse Of Sodomy mini(1987)

3曲入り.ギターがDestructorからFrank Blackfireにかわり,演奏力が急激に向上した.Frankの比較的メロディアスなソロはそれまでのSODOMの印象とはずいぶん異なるものではあるが,個人的には結構好きである.しかし,これってギターのチューニング相変わらず変じゃねーかな?

Persecution Mania(1987)

2ndフルレンスアルバム.更に演奏がずいぶんと向上しているし音質もやたらと向上している.SODOMらしいノリが充分に伝わる作品である.このバンドの良さはとにかく硬派なところ.相変わらず疾走感は最高に格好良い.これも当然必聴です.今聴き返してみるとFrankが加入して以降,ずいぶんそれまでとの違いがあることがはっきりわかる.

Mortal Way Of Live(1988)

はっきりいって,どたばたでMCは突然すぎるし・・・ではあるが,何とも無骨な感じが伝わってくる.私はSODOMのアルバムの中では実はこれが一番好きである(と思っていたが,デビューミニアルバムを久しぶりに聴いたら考えが変わった).後にKREATORに加入したFrankが加入直後であり,彼のメロディアスなソロがのっている.私はこういうのは結構好きなのだが,真のSODOMファンはそんな発言は禁句である.SODOMにメロディとテクニックは要らないのである.必要なのは熱い心と恥ずかしいセンスと強烈な勢い!!!

Agent Orange(1988)

3枚目のフルレンスアルバム.まあ,このアルバムまでは初期のころの良さを残しているといえるが,・・・とはいってもずいぶんとお洒落なアルバムである(SODOMとしては)ギターはFrankである.タイトル曲は結構好きである・・・なんかポーザー的でダサイ発言だな・・・.もちろん,このアルバム以降は怖くて手が出なかった・・・という当時のファンは多いでしょう・・・あっ,少ないか.多くの人はこれ以降から聴きだしたと思うので違和感はないのかもしれないが,私にはこれで最後.なお,このアルバムはドイツではバカ売れして,チャートアクションも好調だった.

Ausgebombt(1988)

「Agent Orange」に収録されている「Ausgebombt」の先行シングルだったかな?いや,忘れた.後だったかも.これはドイツ語バーションである.Thrashは力強く歯切れがいいドイツ語って結構似合う.まあ,ファンなら聴いて損はないだろう.また,「Incest」のLiveも収録されている.これまた良いLiveだ.

なお,バンドの中心であるTom Angelripperは1996年にソロアルバムを出している.

Page Top

SOLSTICE / Solstice(1992)

たしか,アリゾナのバンドだったと思う.SACRIFICE的な攻撃性の高いThrash Metalである.あるいは,DEICIDEをThrash的にした感じ.全パートテクニックはかなりいけている.特にDrは完全に直進型Death Metalのような叩き方であり,おかずもかなり多い.とにかくスピードにこだわった曲作りは聴いていて心地よいし,ギターソロもなかなかテクニカルでよろしい.3曲ほどゲストであのJames Murphyがギターを弾いている.これもまた良い.

Page Top

SOOTHSAYER / Have A Good Time(1989)

カナダはケベックのThrash Metalバンドのデビューアルバム.同郷のバンドMARTYRのFrancoisの情報によると,90年代中期ごろまで地元で活動していたらしい.最強のSLAYERクローンとして超強力なdemoを発表していた彼らであるが,どうしてしまったのか妙にHardcore色を取り入れすぎてちょっとがっかり.まあdemoと比べれば落ちるが,冷静に聴いてみたら決して悪い作品ではない.Hardcore色が強いだけに若干軽い感じはするが,とにかくスピード感はあるし良質の疾走型Thrash Metalであることは確か.Thrashファンならとりあえずチェックだろう.ただし,中だるみ的なバラードは不要.ごく一部でしか人気のないバンドだからそれなりに中古でも見つかるはずである.最強のデモのレビューはこちら

Page Top

SORE THROAT / Never Mind The Napalm Here`s The Sore Throat(1988?)

知る人ぞ知るゴミバンド.このアルバムは収録曲は少なく60曲(爆).本人達は事もあろうにNAPALM DEATHに対抗意識をもっていたらしいが,センスはゼロ.演奏もどヘタ.音としてはGrindcore〜Noiseといったところであるが,こういった音楽の方向でセンスがない奴ほど辛いものはない.ひょっとして今は耳が成長したから聴けるかな〜とかすかな期待を胸に聞いてみたが,やっぱりダメだった.ゴミバンド好きの人にも勧められない.でも,一度は聴いてみても良いかも(笑).20曲に1曲ぐらいはまあまあ良い曲がある.数撃ちゃ当たるって事か?

Disgrace To The Corpse Of Sid(1989?)

こりゃまた酷い.A面に90曲,B面に11曲という当時としては無茶苦茶な収録曲数(って今でもか?).相変わらずセンスのないゴミ曲ばかりである.こういう音はセンスがないと本当に聴くのが辛い.ANAL CUNTの爪の垢を煎じて飲ませたい.幾多のゴミバンドの中でもこれはゴミ支持率が極めて高いバンドである.

Page Top

SORROW / Forgotten Sunrise(1991)

NY出身のDeath Metalバンドのデビューミニアルバム.1988年結成時はAPPARITIONという名前で活動していた.Andy Marchione (Vo & Gr & Ba), Brett Clarin (Gr), Mike Hymson (Dr)の3人編成.非常にオーソドックスな形態のDeath Metalであり,ある意味非の打ち所がない.でも,ただそれだけで他のバンドとの著しい違いなどは見られない.音としては悪くないだけにもう少し頑張ってもらいたい.個人的にはオーソドックスなDeath Metalは好きなんだが,個性のないバンドは興味がもてない.今後伸びることを望む.

Page Top

SPASTIC INK / Ink Complete(1997)

超変態テクニカル集団WATCHTOWERのGuitarist Ron Jarzombek率いる超変態テクニカルMetal fusion.ん〜と、正直これ以上何にも書くことありません.基本はWATCHTOWERの2ndで魅せたRonの人間業とは思えないような非常に高度の曲展開.普通に音楽としてかなり先鋭的なfusion風の仕上がりになっている.まあ、これだけギター弾けたら世の中楽しいだろうなぁ〜・・・しかし、こういう人はギター弾けなくなったら一体どうするんだろう?これだけのプレイは年俸○○億の超一流スポーツ選手くらいの優れた才能なんでしょう。当然、このギターだからこそ、BassもDrumsもかなり変態的に巧いのは当然です.そうじゃないとバランスとれません.当然、Vocal無しっていうか、入れる余地無し.Metalの奥の深さをMetal聞かない人に無理矢理たたき込むのに向いているかも(!?).個人的には彼のプレイは音色・メロディ共に明るすぎてツボではない.

Page Top

SPAZZTIC BLURR / Spazztic Blurr(1988)

ゲロ音で有名なWEHRMACHTのメンバーが作ったバンド.Tito (vocal), Marco (Guitar), Dave (Bass), Eric (drums)の4人編成.とにかくナメてるとしか思えない内容(賛辞).いきなりミミミミ〜となんとなく気色悪い出だし.こいつらのセンスはまったく理解できん(笑).このバンドはいくらなんでもお遊びであろう.音としてはディズニー風HC(なんじゃ,そりゃ???).実は演奏激ウマの奴等ならではの曲のオンパレード.Blast Beatを使っても重たくならないしイヤミにならない.みょーなアイデアだけはとにかく豊富であり,変わった感性をお持ちの方は必聴である.実は凄く格好良かったりする.こういったセンスはSCATTERBRAINに通じるのかな?どうやらこれ一枚だけしかオフィシャルな音源はないようだ.

Page Top

SPIRITUAL BEGGARS / Spiritual Beggars(1995)

CARNAGE〜CARCASS,現ARCH ENEMYのギタリストMichael Amott率いるHard Rockバンド.Micheal Amottといえば,Death Metal界の人だとばっかり思ってたときの一枚.正直言って唖然とした.でも,クオリティは高いし,書く価値がなくはない.まあ,Micheal Amottが参加しているだけでも儲けって感じで聴く人にはお勧めってとこかな?

Page Top

STEEL REIGN / Change To Insane(1995)

NYのバンドで,どうやらこれが唯一の作品.80年代のSpeed Metalを期待してしまうようなバンド名である.で,確かにそういう部分は強い.ただし,vocalがちょっと歌い出した頃のChuck(TESTAMENT)系の声であるため,Speed Metalというよりも,ダメなThrashに聞こえなくもない.が,楽曲自体は,そんなヴォーカルに殺されてはおらず,これはアリである.リフも若干,初期TESTAMENT風のクランチーかつオリエンタルなリフがあるが,全体としてはもっとシンプルなheavy metal調であり,やはりバンド名が示す通り(?),Speed Metalの範疇である.演奏はかなり安定しているし,音質も十分にしっかりしている.正直,売れてもおかしくないっぽいサウンドである.ただ,これが95年にリリースというのが敗因でしょう.本作は91〜94年に書かれた曲をかき集めてアルバムにしたっぽいが,91年くらいがギリギリな感じの良い意味時代錯誤系サウンド.そういった意味で,80年代世代の人は持っていて損はない作品.

Page Top

STONE / Colours(1991)

フィンランドのあっさり味Thrash Metalバンドの3rdアルバム.Janne Joutsenniemi(Bass & Vocals), Markku Niiranen (Guitar), Roope Latvala (Guitar), Pekka Kasari (Drums)の4人編成.北欧独特の透明感があるサウンドであり,スラッシュとしてはやや軽め.ヴォーカルはやや低めのミドルトーンで若干の抑揚のあるメロディーを歌う.メロディーが豊富でいろんなパターンが出てくるリフはかなり美味しい.それにテクニカルなギターソロがのるといういかにも北欧的サウンド.このギターの音質が非常に特徴的であり,これはフィンランド特有なのかもしれないがANTIDOTEとそっくり(ANTIDOTEが)の音である.ドラムは非常に正確で今風のスタイルである.残念なのは曲順で一番肝心な最初の曲がダメであとはガンガン盛り返している.STONEは苦手という人がスラッシュ好きの中ではいるがそういった方はアルバム後ろの曲から聴けばもしかするとOKかもしれない.後に行けば行くほどThrashらしさが出てくる.ここまで曲順失敗している例も少ないのでは?なお,メンバーのうちドラマーのPekkaはAMORPHISに,RoopeはSINERGYへ加入.

Page Top

STONE VENGEANCE

<一口メモ>このバンド名でピンと来た人は殆どいないと思うが,もし,そういう人がいればそんなあなたにこんなページを見ていただけるなんて,私は光栄です.そう,それほどマイナーなバンドである.彼らは「Eastern Front-Live At Ruthies Inn」という87年(だったかな?)に出されたコンピレーションアルバムにSUICIDAL TENDENCIES, LEGACY (現TESTAMENT), DEATH ANGEL, EXODUSなどと一緒に収録されてたバンドである.何故か「DEATH ANGELの友達だから送った」とメンバーのMike Coffeyからいきなり連絡があった.確かに,元DEATH ANGELのメンバーがやってるSWARMとは親しくしているが,ラッキーである.そしてデモテープ・CD二枚,Tシャツが送られてきた.

78年に結成されたサンフランシスコベイエリアのバンドであり,82年よりバンドを本格的にスタート.上述のコンピに曲を提供しただけで,全く不明なバンドだった.しかし,今回この間の謎が判明.更にメンバー全員黒人という珍しい(他にいないのでは?)トリオであることも判明した.1990年にデモを制作,その後長年活動していなかったが,98年に再結成し1stアルバム「To Kill Evil」を発表,2000年には2ndアルバム「The Angel」を発表している.地元でもいくつかのギグをこなしている.彼らのサイトから行けるライブ映像を見る限り,流石にベテランの風格漂う格好良い安定したステージングを行っている.

Address: Stone Vengeance c/o Michael Coffey
P.O. Box 880153, San Francisco, CA 94188-0153
E-mail: MikeCoffey777@cs.com
Official Website: http://www.stonevengeance.com/

Stone Vengeance demo(1990)

この音源は彼らの1stデモ.デモといっても10曲入り,完全プロコピーものである.Michael Coffy (Vocal & Guitar), Anthony Starks (Bass), Darren Tompkins (Drums)の3人編成.いろんな曲が入っているが,トップを飾る"To Kill Evil"とかはかなりツボな風変わりなThrashである.Bassは弾きまくり,Voはハイ〜ミドルトーンのちょっとソフトなシャウト,それにスピーディーなリフ,安定したスピーディーなドラム,無茶苦茶なギターソロが乗る.こりゃたまらん.格好良すぎる.ファンク色が若干あるBLESSED DEATHをHIRAXが演奏した感じ(もっと判りやすく書けって???ごめんなさい).ギターソロの間にバッキングのギターが入ってない所なんて素敵すぎる.また,バラードも収録されているが,それではなんとコブシ回してソウルフルに歌いやがっている.これがなかなか巧い(普通に歌うと不安定なのに).とにかく,とんでもなくマニアックな人は買いましょう.

To Kill Evil (1998)

結成20年目にして初のアルバムである(なにやっとんのじゃ).収録曲は上記デモの同じものであり,音質が向上しているから通常のかなりマニアックな人にはデモは買わずにこちらで十分である.98年リリースと言っても,音は完全に80年代である.曲が一緒だからレビューはダブってしまうが,冷静にきくとリフはすごーく単純であり,勢い以外のものをこのバンドに求めるのはかなり危険かも知れない.でも,演奏自体はかなりしっかりしている(特にBassはブルンブルン弾きまくりで格好良い).こういったタイプのバンドって他にいないから何とも表現しにくいが,ある意味ミクスチャーなのかもしれない.まあ,バンド名知ってる人は迷わず買っちゃいましょう.あと,Tシャツはかなりクールなデザインなので,オールドファンはTシャツだけでも買いだ.

The Angel (2000)
 
再結成したかと思えば勢い良く2ndアルバムまで出してしまった.いきなりTrivalな打楽器系で出だしたので「あちゃ〜ダサッ!流行にのっちゃって」と思ったが,導入部だけであって安心した.ただ,1stよりはThrash色が薄れている.寧ろもっと昔に戻っちゃった感じである.音質も後退してるではないか(爆).なんか最初の2曲なんてスタジオライブ一発録りのような気がしてならないんだけど.ギターソロの時は相変わらずバッキング入ってないし.モノラル録音だし(うそだろーおい).きっとそうに違いない.ということでThrash魂は健在のようである(なんで,ということでだぁ?).3曲目からはステレオです(爆).が,こっからはなんか全然違う感じになってくる.曲毎で路線が違うから何とも書き辛いが,全体にファンク色・ハードロック色が強くなっており,後期DEATH ANGELっていうかTHE ORGANIZATION〜SWARM路線に近い.ん〜近いんかな??KISS風の曲もあったりと.最後にはまたスラッシュ色を取り戻したりとこんなんレビュー書けねーよ.でもサウンドは80年もしくはそれ以前(Thrashの起源的なもの)を感じさせてくれる,貴重なものだ.私は好きだ.
(2002)
Doomed Planet Recordsから500枚限定でリリースされたカラービニール.まず,この色に驚かされた.緑色のマーブル柄.狂ってます.裏ジャケに目をやると,EXODUSやPOSSESSEDを従えてライブをやっていたかのようなフライヤーのコピーが(爆).いや,一応本人らの名誉の為に書いておくと,Thrash系のバンドでは世界で最も古くから活動しているバンド(と思われ・・・)であり,特に地元サンフランシスコでは,結成前のPOSSESSEDのメンバー(って中学生か?)とかもライブに足を運んでいたらしい(Mike談).で,内容はというとこれがまた狂ってまして,1985年のデモと1987年のデモをアナログ盤に仕立てたという殆ど意味のないお粗末ものである(賛辞).しかも,総ての曲は1stアルバム「To Kill Evil」に収録されている(つまり,1990のdemoにも収録されている).同じネタで10年以上やってたということだ.ただ,アレンジは一番狂っていて,もう無茶苦茶っぷりが炸裂している.STONE VENGEANCEってバンドを本気で知りたかったらこの作品はマストです.HIRAXのKaton先生も熱いが彼らは3人いるだけ3倍熱い.好き嫌いはどうであれ,80年代thrashがいかに熱かったかを報告するには十分すぎる内容である.やっぱり,thrashは誰が何と言おうが80年代.しかも,それはまだ死んでません(キッパリ).
Page Top

STORMTROOPERS OF DEATH (S.O.D.) / Speack English Or Die(1985)

誰もが知っている伝説のバンドS.O.D.の最初で最後と思われていたアルバム.ANTHRAXのScott Ian(G),Charlie Benante(Dr)が2ndアルバムの自分らのパートを早々と収録し終えたために暇を持て余してつくったバンド・・・と一般に言われている.ANTHRAXを脱退し,NUCLEAR ASSAULTを結成しつつあったころのBaのDan Lilker(もちろん,現BRUTAL TRUTH),そして後にM.O.D.を結成したデブBilly Milano(Vo)による.Hardcoreに興味を示しながら自分のバンドの音としては取り入れていなかった彼らではあったが,このお遊びプロジェクトでthrash metalとhardcoreの融合に挑戦!見事にはまり,クロスオーバーという新たなジャンルが確立してしまったのだ.今聴くとさほど新鮮に聴こえないかも知れないが,当時としてはかなりインパクトがあった.だが,皮肉なことにこの成功が結果的にHC系の良質のバンドの劣化を促したことも否めない事実である.まあ,歴史的に価値ある一枚であろう.

Live At Budokan(1993)

売れなくなったANTHRAXの活動に飽きてしまったのか?S.O.D.まさかの再結成?LIVE.再結成は気前良く武道館・・・な訳はない.もちろん,彼らならではのジョーク.S.O.Dの曲はもちろん,M.O.D.やらAGNOSTIC FRONTの曲をやったりしている.あと,SLAYERとかQUEENとかジミヘンとかDOORSとかもちらほら・・・.なかなか楽しめるBLACK JOKEあり.まあ,聴いて損はない.

Page Top

STRANA OFFICINA / Strana Officina(1989?)

デモテープのところでも書いたが,全然知らないイタリアのバンド.やはり,パワーメタルをやっている.流石にデモテープよりは音質が良い分聴きやすい.ここのツインリードはなかなか型にはまっていて格好良い.Voは相変わらずイタリア語で歌っている.まあ,特別良いわけではない.

Page Top

STOS / Stos(1989)

PolandのHeavy Metalバンドの1stフルレンスアルバム.81年から活動しているベテランで,このアルバムはThrashを取り入れている.音質はぺらぺらだが,流石に風格のある楽曲で疾走するHeavy Metalといった感じ.VoのIrena嬢はミドル〜ハイのしゃがれたヘタウマ系・・・といっても,かなり馬力もあります.馬力あるのはやはり母国語でシャウトしているせいか?89年としても良い意味古臭く,安心できる内容.路線的には女性Voというのもあって,SENTINEL BEAST的であり,よりNWOBHM的空気が強い.ギターソロとかはたまにモロにMaiden的なハモリがあったりして,時代を感じさせる.でも,リフの構造・音進行は実に格好良い部分も多い.また,ライブ受けしそうな楽曲が多く,無駄な飾りのないシンプルさが心地よい.とにかく,丁寧な楽曲はある意味PARIAHに匹敵する美がある.が,音質が上品ではないけど.

Page Top

STS 8 MISSION / The Mytery Of Time(1990)

確か西ドイツのPower Metalバンド.かなり人気があったので知っている人も多いであろう(?).正直言ってこの肩書きだけで私はダメなんだが,このバンドはわりかし好きである.んじゃ,何故かって・・・そりゃ,らしくないからだ.Voはハイトーンながら,ジャーマン系にありがちなタイプではなくこもってないし,歌メロもドイツらしくない.ギターリフは初期Speed Metal(って,Speed Metalは初期しかねーか;笑)に通じるものがある.そして何よりも,ギターソロが良い.ジャーマン系にありがちな耳が腐るようなツインではなく,AGENT STEELに通じるようなスリリングな速弾きである.まあ,聴いて損はない.かなりポップだけど.

Page Top

SUICIDAL TENDENCIES / Suicidal Tendencies (1983)

当時はスケーターズロックと言われていたSUICIDAL TENDENCIESのデビューアルバム.この頃は完全なHardcoreである.このアルバムは全編勢いがあって格好良い.なお,このアルバム収録の曲はEVIL DEADのST riffとして有名(?).

Join The Army (1987)

路線が大幅に変わった2ndアルバム.かなりThrash 色が強くなっている.疾走感もまあまあであるが,演奏が今一つ気に入らなかった.ってこれもかなり長いこと聴いてないからはっきりした音は忘れてしまった.

How Will I Laugh Tomorrow...When I Can't Even Smile Today" (1988)

私はSUICIDAL TENDENCIESの作品の中ではこれが一番好きかな?基本は全作と変わらないのだが,ギターの音色が美しい.リフもよりthrash色が強くなった.曲が単純に格好良い.なんか男っぽいストレートな曲っていいよな.ただし,VoのMikeは相変わらず下手である・・・と言っても,こいつがバンドの中心だからな〜.

Page Top

SWARM / Swarm(1999)

Official Site(English), SWARM日本語サポートサイト

DEATH ANGEL, (〜THE ORGANIZATION)のメンバーによる自主制作4曲入りCD.バンドの中心はDEATH ANGELをスタートさせ,THE Oでも共にプレイし続けたRob Cavestany (Gr),Andy Galeon (Dr).そしてDEATH ANGELのVoであったMark OseguedaとBassにMichael Isaiahを加えた4人編成.基本路線は前バンドの音の変化と一連のものでよりファンク色の強い非常にノリの良いメタルである.Robのギターワークは相変わらず・・・いや,更に円熟味を増しており,Andyのドラムとの相性は実に素晴らしい.彼らはスタート時こそThrashであったが,より後のファンクスタイルのほうがずっと良い.また,久々のMarkのVoだが,かなり良くなっている.とにかく安定感があり,派手さはないが非常に高次元でのテクニックを駆使したRobのギターだけでも凄いし,曲も良く練られており既存のものではない彼らならではのサウンドは要チェック.もちろん,DEATH ANGEL, THE ORGANIZATIONファンはもちろん,DEATH ANGELがダメだった人にも是非この音はチェックして貰いたい.

なお,本作品はRob Cavestanyの好意でサンプルを頂いたものである.彼らのオフィシャルサイトではサウンドサンプルが聴けるほか,Live情報等も掲載されている.なお,自主制作盤であり,在庫も残りわずかということなので興味のある方は是非彼らのサイトをチェックして下さい.また,MACHINE HEADサポートサイトShotgun Blastの管理人であるCherrie嬢が彼らの日本語サポートサイトを制作しているのでそちらも是非参照していただきたい.

Devour(2001)

SWARM名義の2作品目に当たる5曲入りmCD.上記の"Swarm"にも収録されているBleed以外はすべて未発表のものである.路線は全く一緒で,ノリを大切にしたファンク色が強いMetalである."Swarm"よりも楽曲に置いてはmetal度が低い感じ.ただし,ギターサウンド自体はちゃんとヘヴィーである.まあ,残念なのは前作収録の"Bleed"がやはり頭一つ・二つくらい抜きん出ており,他の曲の楽曲がこれと比べるといまいちなのは否めない.ちなみに,この作品は某店で新品が200円で叩き売られていたが,そこまでされるほどの作品じゃない.DEATH ANGELがあれだけ人気あったんなら,何故ここまで注目されないのか良くわからない.十分に楽しめる作品である.

Page Top

THRASH OR DIE ! TOP PAGE IS

HERE

ADD YOUR BOOKMARK !