マフラー交換!!
(副題=ばね下加重1キロ減はプラス1馬力相当!)


交換前の画像を撮りそびれたので、ちょっと前のですが
ノーマルのマフラーの装着状態です。


マフラーを外した状態、シートは別に外さなくてもOKなのですが
ついでにプラグの交換もしたので外しています。

取り外されたマフラーとエキパイ(エキゾーストパイプ)です。
噂にはきいていましたが(苦笑)確かに重いですね^_^;

 でも、この重さが走行時の安定性を出しているとも感じました。
交換後の車体の軽さは驚くほどのものですが、反面自分のような
ローテクにはちょっと路面との接地感が不安に感じました。


エンジンのエキパイ取付部(ガスケット取付前の状態)です。
ここに何やらアルミと石綿のサンドイッチ状のガスケットが入っていました。

結構固着していてラジオペンチでつまんで取り去った為
千切れるように取れました。(カス等の残りはエンジン側に残りませんでした)

結構エンジン側の口にもススが付着しており、エンジンクリーナーとかで綺麗に
したいところですが、変に異物がシリンダー内に入ることも怖いので
今回はガスケット装着部の掃除のみで我慢!^_^;

(ちなみに自分が購入してから友人の勧めでハイオクを使用しており
ハイオクはレギュラーよりもエンジン洗浄性が高いとの事で、次回
との違いで判断したいと思っています。ススは変わらんかなぁ・・・^_^;)

ガスケットを装着するとこうなります。
今回は南海部品にてキタコのブラス(銅)ガスケットを使用しました。
幾つかガスケットも種類があるようですが、以前のスティードの時も
キタコでしたが、ブラスが一般的なのかな?

但しブラスは、一旦つぶしてしまうと(締めこんでしまうと)変形しますので
締めすぎてから緩めて調整とかはNGです、適正なトルクで締めるか
均等に締めこむ方向でのみ、加減してください。
 
また、ご覧の通り上下(ちょっと斜めだけど)とかに、ボルトがあることが多く
両方の(全部の)締め込み強さが均等になるように締めてください。

片方をキッチリ締めてから、もう一方とかではなく、始めは手で同じ量を締めて
工具では代わりばんこに(一方を2回締めたら、もう一方も2回・・って感じで)
トルク(締める力)がかかり始めたらレンチ1/4づつとかで、交互に締める事が
ポイントです。

この締め方はボルトが複数使われて締めているもの全般に有効なテクニックです。
(シートを四隅、4人で持ってひとりだけ強く引っ張ると皺が寄りますよね?
 それと同じで同じ強さとバランスで締める事で、全てのボルトの強さが揃い
緩み防止や片効き防止の効果があります。

ちなみに8本とか10本(クランクケースとかブレーキデイスク等)の場合は
対角線状に締めていきます。
時計で12時を締めたら次は6時、その次は3時→9時、1時→7時、10時→4時
っと言うようになるべく対角線、直交状に締めてください。

繰り返しますが一度に締めずに、3〜4回同じ順番を回る位の量で締めて行きます。


とりあえずエンジン→エキパイ→ジョイントパイプ→サイレンサーっと組んだところです。

この時点で各部品の収まりや、特にサイレンサー(2本だし!なので特に左右のバランスを見る)
とかの車体への干渉等を、ざらっとチェックします。

このワイバンの場合エキパイのエンジン取り付けとサイレンサーのステーへの取り付けの2箇所
で固定するようなので、その辺をチェックしました。

オークションで購入したのでもしかしたらエンジン下部のジョイント部に何かステーがあったのかも
しれないのですが、今度どっかで調べてきます^_^; とりあえずシッカリ固定できたのでOKかな?


参考までにノーマルとチタン・フルエキの様子の違いって事で・・
ノーマルはいかにもシッカリと重厚ですね!

ノーマルの静かさも大好きな自分なので、どっかで又元に戻しちゃうかも・・(苦笑)


んで!こんな感じでジョイント部のバネを用意して、収まりを調整した後に・・・

こんな感じでバネをかけて行きます。バネをかける専用工具もあるようですが、ラジオペンチ等で
何とかなりますので特別な事はないでしょう。

エンジン下部の真ん中のジョイント管の部分です。

バネのちょっと左上に見えるステーがノーマルのマフラーの中間ステーで
ノーマルの場合はここにジョイント部を吊るす形になります。
(ノーマルの鉄管では重いので、ここで吊るのかな?)

CB1300SFは車体が重くトルクがあるので、コーナーをガシガシ攻めると
この部分のゴムパッキンが車体のよじれについていけず、よじれてる事が
多いようです。自分もここ半年で2回ほど修正しました。
(別段性能等に支障はないようですが、ちゃんと付いてないと落ち着かない性格なので(苦笑))



m(__)m始めに書かなければいけなかったのですが、CB1300SFの場合エキパイに
ラジエタ・コアが被っているので、↑このようにコアの下のボルト(8mm二本)
を外してコアとエキパイの間を広げておく必要があります。

ラジエタを取り去れば、思いっきりスペースが空きますが、クーラント(冷却水)の
充填やホースの装着等、作業が増えるのでこの程度で十分です。

自分は手ごろな木片を↑のように挟んで作業をしました。
この際コアのフィンに触らないように気をつけてください。
簡単にフィンが曲がりますし、意外と手も切れますので注意して!!


又エキパイ取付部はCBのようにインライン4(直列4気筒)のような場合
結構ボルト周りのスペースが狭いので、↑のようなユニバーサルジョイントが
必要な場合があります。

ホームセンター、セット980円のようなソケットレンチセットにも付いていますので
セットを一つ持っておけば、こんな時に重宝です。


** 寄 り 道!! **

これは気休めかもしれませんが、フルエキのように排気効率をあげると吸気や燃焼の
バランスが狂い、バックファイヤやタイミングラグ等が発生する事があります。

よくキャブ調整する、ジェットを変える、ガスを多くする・・・等を聞くと思いますが
このワイバンの場合ノーマルを軸に開発されているらしく、殆ど再調整がいらないと
聞いたのですが、どう見ても排気効率は上がっていそう(サイレンサーの中通して覗けるし
排気口の大きさもノーマルの数倍だし・・(@_@;))

ってことで誰でも出来るCBの吸気効率アップ!!(^_-)-☆
↑の様に右側のサイドカバーを外すと、本来エアクリーナの取り入れ口がゴムのカバーで
下側に向けられています。

この部品を一つ外すだけで結構変わりますよ。(画像は外したところ)
尚且つ自分は純正のエアクリを交換しましたが、リプレイスメント(繰り返し使える)
フィルターやファンネル状のものをつけるだけでも、これまた結構変わります。

直ぐ元に戻せるし、お金もかからないのでCBユーザーの方は一度お試しあれ!


完成です!\(^o^)/ わーい!!


・・・・ 感 想 ・・・
このほかにベガスポーツのケブラースリップオンを付けていましたが
その際も軽くなったなぁ!っと感激しましたが、今回は更に軽量化を実感!!

まだ一般道を数キロしか走ってないのですが、カーブや交差点での車体の
切り替えしの軽さはビックリしましたね。

反面軽くなった事で路面の凸凹はちょっと感じやすくなった気がします。
高速や長距離でのフィールがどう変わるのか楽しみですね。

サウンドの方もJMCA未公認ながらも99dbの自主規制らしく
落ち着いた音で、ふかさなければそれなりで町並みも走れます。

アクセルをあおると、そこはフルエキらしい図太い音が出て
もう一つのケブラー(低くてちょっとこもったサウンド)よりも金属的な高音が
混ざった太いサウンドです。

族の兄ちゃんが交差点でワオワオ!!っとあおって悦に浸る気持ちが
理解できる気がします(爆)


エコーのHPへ戻る!