TJFan 
  Tom Jones News!  
トム・ジョーンズ・ニュース!   English Page 英語版  [Home ホーム]


 

「ディス・イズ・トム・ジョーンズ」がDVDで発売!  (2007年6月〜10月) - タイムライフから


3 CD set
from Time Life

This Is Tom Jones Chritmas
from Time Life
長い間待たれていた69年〜71年のテレビ・シリーズ「ディス・イズ・トム・ジョーンズ」のDVDセットがタイムライフから発売された。最初の3枚組は8つのエピソードから成り、6月に発売。10月終わりにクリスマスDVDが発売された。

ニュー・シングル発売 - 「ストーンド・イン・ラブ」(2006年4月24日)


"Stoned in Love"
Released on 24th April, 2006

ストーンド・イン・ラブ(STONED IN LOVE)」はイギリスの最も成功したクロスオーバー・ダンスアクトのシケインの新しいシングルで、2006年4月24日にグローブ・レコーズ/ユニバーサルから発売された。

シケインの絶対的ベストになると期待してまちがいない。最高の音楽伝説トム・「ザ・ヴォイス」・ジョーンズと組んだのだから。(シケインの公式ページより)

Chicane - Stoned In Love featuring Tom Jones
CD1CD2
01. Stoned In Love - Radio Edit
02. Stoned In Love - Commercial 12" Mix
03. Stoned In Love - Vertigo Vocal Remix
04. Stoned In Love - The Young Punx Vocal Mix
05. Stoned In Love - Video
01. Stoned In Love - Radio Edit
02. Music For Elevators


 

サー・トム! (March 29, 2006) - BBC News, ic Wales


Tom knighted
photo from BBC News

Tom knighted
photo from ic Wales
トム・ジョーンズはその音楽への貢献により水曜日に女王陛下からナイトの称号を贈られた。
サー・トムは燕尾服に身を包み、髭をかっこよく生やし、喜んで女王陛下から賞を受けた。

トムがナイトに! (December 31, 2005) - BBC News


Tom knighted
photo from BBC In Picutures
12月31日にイギリスで新春の爵位授与者リストが発表され、エンターテイメント界からの筆頭にトム・ジョーンズが挙げられた。99年にはOBE:大英帝国勲位を受けているが、これで「サー・トム・ジョーンズ」が誕生する。おめでとう、トム!

クリーブランドのウィンター・フェスティヴァルでトムがグランド・マーシャル (2005年11月26日) - tomjones.com

Tom as Grand Marshal at Cleveland Winterfest
Tom as Grand Marshal at Cleveland Winterfest
on November 26, 2005
tomjones.com
Cleveland Winterfest Parade
Cleveland Winterfest Parade
on November 26, 2005
photo from Cleveland Winterfest 2005
トム・ジョーンズは、11月26日、クリーヴランドのハウス・オブ・ブルースのライヴの前にウィンター・フェスティヴァルのパレードでグランド・マーシャルを務めた。

Tom's star on the Walk of Fame
Tom's star on the UK's Walk of Fame
in London on September 19, 2005
photo by greenwales

イギリス版「スターの小路」にトムの星 (2005年9月19日) - BBC

ロンドンの中心にイギリス版「スターの小路」が完成し、最近50年間の映画・喜劇・音楽・テレビ界のスターたちからまず100人にプレートが授けられた。これはITVの開局50周年記念の番組の中でお披露目された。音楽界からはビートルズ、トム・ジョーンズ、ローリング・ストーンズ、それにシャーリー・バッシーらが永久に讃えられた。 この写真は最近ロンドンを訪れた greenwales さんが撮影されたものです。(許可を得て掲載させていただきました。11月6日)

with Tower of Power
Joint concert with Tower of Power
at Phoenix on June 25, 2005
photo by David Kadlubowski, Arizona Republic
- BBC

タワーオブパワーとのライヴ (2005年6月25日)

2005年6月25日にアリゾナ州フェニックスでタワー・オブ・パワーとジョイント・コンサートを開いた。

Birthday concert at Ponty Park
Homecoming birthday concert
at Ponty Park on May 28, 2005
photo from BBC Wales

ポンティ・パークでバースデイ・コンサート (2005年5月28日) - BBC

トム・ジョーンズは2005年5月28日にポンティプリッドの Ynysangharad Park (通称ポンティ・パーク)で65回目の誕生日を祝う里帰りコンサートを開いた。

Tom and John in 1990
1990年にオーストラリアのテレビで
「ユダヤの母」を熱唱する二人
captured by Mari

トム・ジョーンズとジョン・ファーナムがジョイント・ツァー (2005年2月12日) - Tom Jones website

トム・ジョーンズとジョン・ファーナム(オーストラリアで "The Voice" と言われている歌手)が2月8日のブリスベーンを皮切りにオーストラリア・ツァー中。彼らは1990年にオーストラリアのテレビ・ショーで始めて一緒に歌った。(左の写真)

トム・ジョーンズとジュールズ・ホランドのアルバムが9月26日発売(Sep. 10, 2004)

ジュールズ・ホランド公式サイト ("It'll Be Me" のプロモビデオあり), BBC

"Tom Jones & Jools Holland"
9月26日発売

トム・ジョーンズとジュールズ・ホランドのシングル "It'll Be Me"9月20日(月曜日)に、その1週間後に新アルバム "Tom Jones & Jools Holland"が発売となる。9月21日 にはふたりがハマースミス・パレーでBBCラジオ2のための独占ジョイントコンサートを開く。このコンサートは11月に放送される予定。

Tom Jones & Jools Holland
01. Life's Too Short
02. 200lbs Of Heavenly Joy
03. Good Morning Blues/One O'Clock Jump
04. It'll Be Me
05. Who Will The Next Fool Be
06. Linda Lu
07. St. James' Infirmary Blues
08. Odd Man Out
09. Roberta
10. Baptism By Fire
11. Think
12. Hanging Up My Heart For You
13. Mess Of Blues
14. Sally Suzas
15. My Babe
16. Slow Down
17. Glory Of Love
18. Mam & Dad's Waltz
19. End Of The Road


グレーテスト・ヒット・アルバム発売中 (04年1月1日)


「リローディッド」

1964年から2002年までのヒットを集めたコンピレーション Reloadedがアメリカで発売中。プラチナ・レコードとなったがアメリカでは発売されなかった「リロード」からの6曲も含まれる。トラックリストは下記の通り。

Reloaded
1. It's Not Unusual
2. Sexbomb (Peppermint Jam Mix)
3. What's New Pussycat?
4. Delilah
5. Kiss - Art Of Noise
6. She's A Lady
7. Mama Told Me (Not To Come)
8. Tom Jones International
9. Thunderball
10. Baby, It's Cold Outside
11. Black Betty
12. If I Only Knew
13. Green, Green Grass Of Home
14. Sometimes We Cry
15. Without Love (There Is Nothing)
16. Motherless Child
17. With These Hands
18. Help Yourself
19. Burning Down The House



Photo from Hello Magazine, Nov. 2002

Photo from "Tom Jones" by Peter Jones

トム・ジョーンズの母親逝去 (2003年2月16日)

去る2月7日トム・ジョーンズの母親、フレダ・ジョーンズ・ウッドワードさんがロス・アンジェルスの自宅で87歳で癌のため亡くなった。幼い頃からトムの才能を見抜き、見守ってきた。12日の葬儀の後、81年に亡くなった父親の眠るロス・アンジェルスに埋葬された。
トムは7日から12日のMGMでの一連のショーを全てキャンセルした。


2003年ブリットで特別賞受賞予定 (2002年11月21日) - BBC ニュース

トム・ジョーンズは2003年のブリットで特別賞を受賞することが決定した。長年の音楽活動が認められたもの。賞は2003年2月20日ロンドンのアールズ・コートで授与される。


新アルバム11月20日に発売予定!日本のみのボーナス・トラック付き!(02年11月2日)V2レコーズ・ジャパンより


Mr. Jones
アルバム 11月20日発売

トムがワイクリフ・ジョンと組んだ待望の新境地アルバム「ミスター・ジョーンズ」はイギリスで11月4日に、日本では11月20日に発売される。日本盤には小西康陽氏によるリミックスが日本のみのボーナス・トラックとして収録される。10月28日にはシングル「トム・ジョーンズ・インターナショナル」も先行発売されている。新アルバムの内容については下記の通り。

Mr. Jones
1) Tom Jones International
2) Younger Days
3) Holiday
4) Whatever It Takes
5) Heavens Been A Long Time Comin'
6) Black Betty
7) Jezebel
8) The Letter
9) This Is My Life
10) We've Got Tonight
11) Georgia On My Mind
12) I Who Have Nothing
13) Tom Jones International-
READYMADE 524 mix*
*日本のみのボーナス・トラック




トム・ジョーンズ・インターナショナル
シングル 10月28日英で発売

●シングル 「トム・ジョーンズ・インターナショナル」 10月28日イギリスで発売

(リミックス盤) VVR5021083 £3.99



Queen's Golden Jubilee Concert
Photo from BBC

エリザベス女王在位50年記念コンサート (2002年6月3日) - BBC ニュース

トム・ジョーンズはゴールデン・ジュビリー・ポップコンサート「パーティ・アト・ザ・パレス」に参加し、「セックスボム」「ユー・キャン・リーヴ・ユア・ハット・オン」の2曲を歌った。

100万人以上の人々がロンドンに集まり、女王の戴冠50年を記念した、バッキンガム宮殿での世界有数のロック・ポップ界の伝説的歌手たちのコンサートを聞いた。




トム・ジョーンズ公式サイトが24日にオープン

トム・ジョーンズ公式サイトがオープン (2001年4月24日) - トム・ジョーンズ公式サイト

トム・ジョーンズ公式サイト (tomjones.com) が2002年4月24日に全面新装でオープン予定。 読者登録は3月1日から始まっている。


ドンナ、トムと15才の誕生日をモスクワで迎えたエンマ
Thank you KYRGIZ for the photo.


ロシアのトム・ジョーンズ (2001年9月15日) - KYRGIZ

  トム・ジョーンズは2001年秋、ロシア、東欧ツアーを行った。

モスクワのTJファン、キルギスさんがクレムリン宮殿での盛況のコンサートの詳細をレポートしてくれた。(下記リンク).

同日、トムの孫娘のエンマは滞在中のモスクワで15才の誕生日を迎えた。しかし9月11日にアメリカで起こったテロ事件のため誕生パーティーは取りやめとなった。(右の写真)

ワディム・サチェリコフによるサンクト・ペテルブルクのコンサートの写真集がこちらで見られる。(2001年9月13日)



captured by Mari


パーティ・イン・ザ・パーク2001に参加 (July 8, 2001) - パーティ・イン・ザ・パーク公式サイト

トム・ジョーンズは7月8日、ロンドンのハイドパークで開かれたプリンスズ・トラスト・パーティ・イン・ザ・パークというチャールズ皇太子主催のチャリティー・コンサートに参加、この模様はCSフジで衛星生中継された。トムは4曲(It's Not Unusual, You Can Leave Your Hat On, Mama Told Me Not To ComeSexbomb)を歌いいつも通りのすばらしい喉を披露した。他の参加者は Anastasia, Catatonia, Craig David, Geri Halliwell, Ricky Martin, Ronan Kieting など多数。

テレビ放送からのフォトギャラリーをアップしましたのでこちらでどうぞ。



captured by Mari


新録音のためスタジオ入り (2001年1月13日) - トム・ジョーンズ公式サイト

トム・ジョーンズはガット・レコーズからリリースされる次のアルバムの録音のため1月をスタジオで過ごす予定である。

トム・ジョーンズ公式サイト




Photo by Jan Bauer(AP)


バンビ賞受賞! (2000年12月8日) - Excite Photo

ポップ・シンガーのトム・ジョーンズは2000年12月8日金曜夜、ベルリンでのバンビ賞授賞式でゴールデン・バンビ・トロフィーを手にポーズをとった。ジョーンズ氏は2000年の「カム・バック・バンビ賞」を受賞した。

トムは次のように語った。 "Zum ersten Mal bin ich bei der Bambi-Verleihung 1968 aufgetreten, heute bekomme ich einen eigenen Bambi."

Excite Photo (Bambi Awards)


(Thank you, Rose.)

ジョーンズ、バンビ賞受賞へ

トム・ジョーンズは12月8日、ベルリンのエストレル・センターでのガラ・ショーで、ドイツ・テレビ界の権威あるバンビ賞を受賞した。ジョーンズは、そのカムバック・アルバム「リロード」(ガット/V2レコーズ)に対してトロフィーを受けたのだが、同アルバムはさらにいくつものヒット・シングルを放ち、ジョーンズのドイツでの人気を再燃させた。
(Thank you, Paul.)

ベルリンのバンビ賞 - ジャーマン・ニュース

ベルリン発。ポップ界の女王 ジェニファー・ロペス, 歌手の トム・ジョーンズ、そしてドイツ・サッカー協会の副会長 フランツ・ベッケンバウアー が昨夜ゴールデン・バンビを受賞した。テニスの大御所 ボリス・ベッカーと、トップ・モデルの クラウディア・シッファー が2006年ドイツでのサッカー世界選手権のキャンペーン成功に対しベッケンバウアー氏に賞を授与した。ハリウッド・スターの サンドラ・バロック は国際的映画活動に対して賞を受けた。テレビのアンカー ザビーネ・クリスチャンセン もまた受賞した。ARDテレビ・ネットワークの番組「Exclosive」は最高の番組として賞を受けた。

(from German News, Dec. 8, 2000)



from Tower Records site

from CDNOW site

ディズニー映画のサウンドトラック発売 (2000年11月14日予定)

ディズニー映画Emperor's New Grooveのサウンドトラック盤が11月14日発売される。スティング が音楽を担当、トムは1曲めの Perfect World を歌う。


Tower Records (トラックリストあり)

CDNow



トム・ジョーンズ公式サイトがリニューアル (2000年11月9日)

ガット・レコーズはトム・ジョーンズの新しいサイトをオープンした。ニュース、公演日程、バイオ、オーディオ・ビデオ(工事中)などがある。

Tom Jones Official Website



You Need Love Like I Do with Heather Small released on November 6.

新シングル発売 (2000年11月6日)

ヘザー・スモールとの"You Need Love Like I Do" が今日発売された。アルバムとは違うバージョンで下記でプロモ・ビデオが見られる。

Tom Jones Audio and Video (Yahoo Music UK and Ireland)

(Thank you Peter for the link.)


"ニュー・シングルの内容 (Oct. 5, 2000年10月5日) - ニュー・ミュージック・エクスプレス

トム・ジョーンズはMピープルヴォーカルヘザー・スモールとのニュー・シングル「ユー・ニード・ラブ・ライク・アイ・ドゥー」の詳細を発表した。

このシングルはアルバム「リロード」にも収録されているが、ガットから11月6日にリリースされる。タイトル・トラックのほか、さまざまなリミックスが追加されており、シングル発売されているプリンスのシンボル・ソング「キス」のライヴ・バージョンも含まれる。

(from nme.com, Oct. 4, 2000年10月4日)

(原井さんより)

5番目のシングルのビデオ (2000年9月30日) - ラジオ・アンダーカバー

ヘザー・スモール は先週ロサンジェルスでトム・ジョーンズ"リロード"からの次のシングル "You Need Love Like I Do"のビデオを収録した。この曲は彼女のソロ・アルバム "プラウド"にも加えられる予定である。

(from Radio Undercover, 2000年9月29日)

(原井さんより)


Heather Small from M People

リロードからの5番目のシングル (2000年9月10日)

ヘザー・スモールとの"You Need Love Like I Do" が次のシングルとなるようだ。昨夜イギリスの番組「マイケル・アスペル・ショー」に出演したトムはこれを歌い、リロードからの5番目のシングルになる予定、と述べた。他に "You Can Leave Your Hat On" を歌って10分ほどのインタビューに答えた。


(Thank you Paul and Rose.)


「ディス・イズ・トム・ジョーンズ」− BBCの6回シリーズのラジオ番組 (2000年9月8日) - BBC ラジオ 2

トム・ジョーンズの6回シリーズの特別番組が放送されている。63年から最新の最大ヒットアルバム、リロードまでのほぼ40年にわたる自身の経歴をを振り返る。この放送はネットを通して BBC2のサイトで9月21日まで聞くことができる。(毎週水曜夜10時―10時30分)各地のタイム・ゾーンは以下の通り。(日本では木曜朝6時開始です。)
(Thank you Paul and Rose.)


Trailer of Emperor's New Groove
from Disney site

ディズニー映画 "Emperor's New Groove"で歌う予定 (2000年9月8日)

"Emperor's New Groove"(元の題 "Kingdom of The Sun")はディズニーの次の大作アニメで12月15日封切り予定である。物語は、南米の架空の王国で始まる。若き皇帝クスコはクスコトピアという夏の宮殿建設を計画していたが、その予定地には壊すつもりの小さな村があった。後にクスコは元助言者のユズマの魔法でラマに変えられてしまい、ここから彼の冒険が始まる。同行者はその小さな村の農夫パチャである。 スティング がオリジナルの新曲を書き、トムはクスコの歌手として歌う。

(from IMDb, Upcoming Animated Films)



captured by Mari


レディング・フェスティヴァルのトム (2000年8月28日) - BBC ニュース

ステレオフォニックスは「メイド・イン・ウェールズ」ロックでスタートから聴衆をひきつけた。「ママ・トールド・ミー」ケリー・ジョーンズに同姓のトムが加わって最後を飾った。

( BBC ニュースより)

アルバム



What A Game CD-rom video
for the National Rugby League of Australia
included in the Australian edition of
Mama Mama Told Me Not To Come
released on June 12.

What A Game オーストラリアで6月12日発売 (2000年7月5日)

「ママ・トールド・ミー」のオーストラリア限定盤が発売されている。同曲のリミックスと 「ルッキング・アウト・マイ・ウィンドウ」 、それにオーストラリアのナショナル・ラグビー・リーグのテーマ曲「ホァット・ア・ゲーム」 のサウンドとCDロムービデオがボーナストラックとして収録されている。このCDはオーストラリアのラグビー・シーズンの4−5週間の間のみの限定発売となっている。

トラック・リストは以下の通り:
1. Mama Told Me Not To Come (Album mix)
2. same (Mama turtled me not to K mix)
3. same (Future Loop Foundation remix)
4. Looking Out My Window - Tom Jones with James Taylor Quartet
5. What A Game - Tom Jones / NRL (90 sec)
6. What A Game - Tom Jones / NRL (90 sec CD-rom video component)

(トム・テリーさんより)




Mini CD of It's Not Unusual
obtained from Mandom

It's Not Unusual が日本でリバイバル・ヒット (2000年6月29日)

"It's Not Unusual"(よくあることさ) がFMチャートで8週連続チャート・インしており、男性用コロンのテレビCMの影響と思われる。

提供会社の「マンダム」はホームページでトム・ジョーンズのミニ・CDがあたるパズルを実施している。(正解者の中から抽選で7月まで毎月100人に当たる)

こちらで挑戦してみてください。

マンダムのパズルのページ.

(大阪のFM802のトップ100)



リロード・スペシャル盤、英で発売 (2000年6月5日)

リロード の特別盤(2枚組)が6月5日イギリスで発売された。トムの60才の誕生日を祝ったデジタル・パックで、1枚はオリジナルのアルバム、2枚めはリロードからのシングル4曲のビデオとリミックスの入ったCDロムである。


Reload Special Edition
Thank you, Paul!
CD2 のトラック・リストは以下の通りである。

1. Burning Down The House (Tom Jones & The Cardigans) video
2. Baby, It's Cold Outside (Tom Jones & Cerys Matthews) video
3. Mama Told Me Not To Come (Tom Jones & Stereophonics) video
4. Sexbomb (Tom Jones & Mousse T) video
5. Sexbomb (Peppermint Disco Radio Mix)
6. Mama Told Me Not To Come (The Rotton Mix)
7. Baby, It痴 Cold Outside (Hefner Mix)
8. Burning Down The House (Pepe Deluxe Mix)

(from Gut Records site)


「リロード」が世界のセールス・チャートで受賞 (June 1, 2000) - Tom Jones site


Tom received the Gold Disc in France
from Tom Jones site
トム・ジョーンズの世界的に好評のデュエット・アルバム「リロード」はこれまでに200万枚を売上げ、ヨーロッパのセールス・チャートで健闘中である。
各地でゴールド、プラチナ・アウォードを受賞しており、シングルとして発売された曲は今でもヨーロッパ中で聞かれている。

これまでの受賞内容は下記の通りである:

[ゴールド・アウォード] - オーストラリア、ベルギー、デンマーク、フランス、ギリシャ、オランダ、スイス
[プラチナ・アウォード] - ドイツ、イタリア、スウェーデン
[ダブル・プラチナ・アウォード] - スペイン
[トリプル・プラチナ・アウォード] - イギリス

(from Tom Jones site, April 18)


英VH-1でスペシャル・トム・ジョーンズ・デイ (2000年5月30日) - DigiGuide


英VH1のトム・ジョーンズ・デイ より
Thank you, Glyn
トムの60才の誕生日6月7日にイギリスのCSテレビVH1で13時間に及ぶトム・ジョーンズ特集が予定されている。7日正午から8日午前1時まで下記の内容が繰り返される。
トム・ジョーンズ特集番組放送予定表(2000年6月7‐8日 VH1)

Titledurationstarting timeContents
1. Ten of the Best 60 min 12:00, 17:00, 23:00 Tom chooses his 10 favorite films.
2. Ed Sullivan's
   Rock'N'Roll Classics
30 min 13:00 Music performances from the legendary 'Ed Sullivan Show', which helped to launch the US career of Elvis Presley as well as host of other artists. This show captures Welsh heartthrob Tom Jones at his best as he performs some classic trades.
3. Greatest Hits 30 min 13:00, 16:30, 18:30, 00:30 The singers biggest-selling hits.
4. Beat Beat Beat 30 min 16:00, 00:00 60s music makers in a concert setting. Featuring Tom Jones.
5. Men Strike Back 120 min 20:00 Featuring performances from Backstreet Boys, Sting, Enrique Iglesias, D'Angelo, Sisqo, Tom Jones and Christina Aguilera.

(5月30日現在の DigiGuide.com のデータで作成)


セックスボム英国盤発売、英公式チャートで初登場3位!(5月14日)


Sexbomb UK version released on May 8.


リロードからのイギリスでの3枚目のシングルセックスボム5月8日 に発売され、5月14日付英公式チャートにシングル部門第3位、インディーズ第2位で初登場した。同時にリロードはアルバム部門第1位に返り咲いた。

( the UK Official Chartsをご覧下さい。)
(Gut Recordsより発売)



「ママ・トールド・ミー」 国内盤シングル発売 、VIBE INDEX で第3位!(4月26日)

ママ・トールド・ミー日本盤
4月26日発売


「リロード」からの国内盤第3弾のシングル・カットはステレオフォニックス との「ママ・トールド・ミー」4月26日に発売された。同曲は去る3月3日のブリット・アウォーズでベスト・メイル・アーティストを受賞した際にも歌われた曲でタイムリーな発売となった。また多くの有名アーティストや映画俳優もさりげなく共演しているビデオは、4月23日付「VIBE INDEX インターナショナル・カウント・ダウン」で第3位に上昇した。

●トム・ジョーンズ & ステレオフォニックス
「ママ・トールド・ミー」

V2CI 73 4.26.2000 release
\1,200(w/o tax)
Gut Records / V2 UK

1. Mama Told Me Not To Come 3.02 (Album Version)
2. Looking Out My Window 3.20
3. Mama Told Me Not To Come (Mama Turtled Me No To K Mix) 7.07
4. Mama Told Me Not To Come (Future Loop Foundation Remix) 6.20
5. Mama Told Me Not To Come (The Rotten Remix) 3.51


V2レコーズ・ジャパンから発売)




VH1の Men Strike Back に出演 (2000年4月30日)


D'Aangelo と Sex Machine をデュエット
- VH1 サイトより -


トム・ジョーンズは4月18日アメリカのテレビVH1の特別番組 "Men Strike Back" に出演した。 他の出演者には Backstreet Boys, Sting, Enrique Iglesias, D'Angelo, and Sisquoがいる。
トムはエンリケ・イグレシャスと "Fire" で始め、D'Angelo と "Sex Machine" をデュエットした。ソロでは"It's Not Unusual" を歌い、また "Are You Gonna Go My Way" で聴衆を圧倒した。

詳しい記事と写真は VH1 サイトでご覧下さい。



熱帯雨林コンサートに参加 (2000年4月13日)


エルトン・ジョン、トム・ジョーンズ、リッキー・マーティン
- 熱帯雨林コンサートのリッキー・マーティンより -


4月13日カーネギー・ホールで開かれた熱帯雨林基金10週年コンサートでトムはスティング、ジェームス・テイラー、エルトン・ジョン、そしてリッキー・マーティン等と共演した。スティング、テイラー、マーティン、ジョーンズは「ディスコ・インフェルノ」でピンクやグリーンのアフロ・ウィッグを付けて歌った。(トムはグリーン)



「ママ・トールド・ミー」がイギリスで発売! (2000年3月6日)


Mama Told Me Not To Come
- Reload からの3枚目のシングル
アルバム「リロード」からの3枚目のシングル、ランディー・ニューマンの曲 「ママ・トールド・ミー」は、ステレオフォニックスとの共演で、2000年3月6日にイギリスで発売された。

実際には2種類のシングルがあり、トラック・リストは以下の通り。

(Tom Jones Siteも参照してください。ビデオ・クリップも見ることができます。)



ブリット・アウォーズのベスト・メール・アーティストに決定! (2000年3月3日) - ブリット公式ページ


楽屋にて
ブリット公式サイト, 2000年3月3日
ベスト男性アーティスト: トム・ジョーンズ

35年に亘って伝説的セックス・ゴッドであり続けるジョーンズ・ザ・ヴォイスにとって、この賞は、大成功の1年の総仕上げとなった。90年代のビッグ・ネームたちと共演したアルバム「リロード」で、カーディガンズと「バーニング・ダウン・ザ・ハウス」を、ケリス・マシューズと「ベイビー、イッツ・コールド・アウトサイド」を歌い、そして今夜のショーではステレオフォニックスと「ママ・トールド・ミー・ノット・トゥー・カム」をロック・アウトする。賞はベン・エルトンによって与えられた。

「これはすばらしい。」と賞を受けたジョーンズは言った。「今までにたくさんの賞を取って来たけど、これはその中でも最高だね。」

(ブリット公式サイトより(一部省略))


セックスボムがベルギーの放送チャートで1位に! (Feb. 14, 2000) - V2/Gut

トムジョーンズのセックスボムはベルギーの放送チャートで2週連続文句なしの1位となっている。

人生のすばらしいことには時間がかかる。トムジョーンズの最新シングル「セックスボム」についてもそうだ。(共演:ムース・T)

同盤はベルギーで2週連続最もかかった曲となった。 (source : Music Control).

全ベルギーおよび地方の売上チャートでトップ10に入っており、もうすぐゴールド・ステータスに向かっている。

トム・ジョーンズ氏は間違い無く復活した! ( V2/Gut Tom Jones site より)


トム・ジョーンズ、ブリット・アウォードにノミネート (2000年2月1日) - V2/Gut

3月2日のロンドンでのブリット・アウォードにトム・ジョーンズがノミネートされることが公式に決定した。トムのノミネートはまさにふさわしいものだが、同郷のステレオフォニックスもベスト・バンドに、アルバム「Performance and Cocktails」も英ベスト・アルバムにノミネートされている。彼らが共演するのではという噂も流れている。

「ヴェテラン・トム」が最高の賞の候補に (Feb. 1, 2000) - BBC


トムのカヴァー・アルバムは成功した
BBC News Feb. 1, 2000
ポップ界のヴェテラン、トム・ジョーンズがその36年間のキャリアで初めて英国の音楽界最高の賞のひとつの候補となった。

最も権威ある賞の一つブリット・アウォードに他のウェールズ出身のスターたちの共にノミネートされた。

ジョーンズは99年にカヴァー・アルバム「リロード」で新たな成功をみており、主にポップ界の大御所からなるベスト英男性歌手部門に挙げられている。

他の顔ぶれとしては デヴィッド・ボウイスティングヴァン・モリソン それに最年少では元ストーン・ローゼズの歌手で、暴力事件で投獄されたことのあるイアン・ブラウンがいる。


リロードからの3曲目のシングルは3月6日発売 (2000年1月24日) - ガット・レコード

トム・ジョーンズは リロード からの3曲目を3月6日に発売する。 シングル 'Mama Told Me Not To Come' は同じウェールズ出身のステレオフォニックスとの共演である。


トム・ジョーンズ、アメリカの公式ミレニウム式典でクリントンの前で歌う (2000年1月24日) - V2 ミュージック


It's Not Unusual でショーが始まる


Midnight Hour でショーはしめくくられた
Discovery Channel
Thanks Marian for the tape.

この非常に格式高いショーは、ローマ法王の前で世界のスターたちと共に歌ったヴァチカンでのショーに引き続いて行われた。

トムはホイットニー・ヒューストン、ガース・ブルックス、トリシャ・ヤーウッド、ウィル・スミスといったアーティストと一緒にCBSのアメリカ合衆国公式ミレニウム式典特別番組に出演した。

出演者たちはワシントンのリンカーン記念堂の前で歌い、30分にわたる花火とレーザー・ショーが続いた。スティーヴン・スピルバーグがこのイベントの特別映画を作り、クリントン大統領は歴史に残るスピーチを行った。 これはトム・ジョーンズにとってすばらしい年をしめくくることになった。昨年はアルバム「リロード」でチャートのトップを飾り、60才になろうとする今、世界最高のかつ最も広く尊敬されるエンタテイナーの一人としてのプロフィールがはっきりと印象付けられた。

(V2 Music site)




セックスボムがフィンランドの公式チャートで9位に (99年12月30日) - フィンランドの Mika さんより

Sexbomb はフィンランドで Burning Down The House よりもヒットしそうである。最新の公式チャートが12月26日に発表され、9位に上昇した。

(フィンランド公式チャートのページ),


トム・ジョーンズ、ヴァティカンで歌う (99年12月5日) - V2 ミュージックより

2000年へのカウント・ダウンとなるはずのニューヨークでのミレニアム・コンサートは残念ながらコンサート自体が中止になってしまったが、新しいニュースが届いた。
12月18日、ジョーンズ氏はヴァティカン宮殿でローマ法王のために 「メアリーズ・ボーイ・チャイルド」 とアルバム「リロード」から1曲を歌うことになった。これはクリスマス・イヴにテレビで放映される予定。

さらに大晦日にはクリントン大統領一家のために歌うようホワイト・ハウスから招待を受けているとのこと。 ( V2 ミュージックのニュースより)


次のシングルはムース・Tとの「セックスボム」 (99年11月21日) V2レコーズより


「リロード」からの次のシングル・カットはムース・T との「Sexbomb」に決定、12月8日発売となる。

●トム・ジョーンズ & ムース・T
「セックスボム」

V2CI 65 12.8.1999 release
\1,200(w/o tax)
Gut Records / V2 UK

1. Sexbomb - Album Version
2. Sexbomb - Peppermint Disco Radio Mix
3. Sexbomb - Peppermint Disco Mix
4. Sexbomb - Strike Boys Mix
5. Sexbomb - Sound Of Life Half Vocal Mix


V2レコーズ・ジャパン


左の写真は8月31日テレビ番組 Jerry Springer Show に出演し、総立ちの聴衆の前で Sexbomb を歌ったトム・ジョーンズ。
(captureds by Mari. Thanks for the tape, Kim and Justine. )


リロードがイギリスでプラチナ・ディスクに (99年10月26日) V2ミュージックより

「リロード」は発売数週間にしてイギリスだけで30万部を売り、このほどプラチナ・ディスクを獲得した。アルバムからの2曲目のシングルはケリス・マシューズとの「Baby It's Cold Outside」が予定されており、イギリス以外ではムース・T との「Sexbomb」になるはずである。


リロードが英アルバム・チャート1位! (99年10月3日) ポール・フェイヤーズより

アルバム「リロード」はイギリスの公式チャートで初登場で1位を獲得した。 トムがイギリスのチャートで1位になったのはなんと1975年以来である。同時にベスト・アルバム「The Ultimate Tom Jones」が26位に再登場した。


トムがゴールド・ディスク獲得! (99年10月3日) V2 ミュージックより

トムとカーディガンズのシングル「バーニング・ダウン・ザ・ハウス」 はスウェーデンのヒットチャートに2位で初登場、ゴールド・ディスクを獲得した。 (V2 Music)


デンマークのヒットチャートで1位! (9月2日) V2 ミュージックより

トムとカーディガンズのシングル「バーニング・ダウン・ザ・ハウス」 はデンマークのヒットチャートで1位に達した。ノルウェーでは9位になっている。 (V2 Music)


V2レコーズ・ジャパンのサイトにトムのコーナーがオープン(99年9月2日)V2レコーズ・ジャパンより

新アルバムの詳しい情報、7月28日のロンドンでの製作発表記者会見のレポート、バイオグラフィーなどがある。こちらのV2レコーズ・ジャパンのサイトでどうぞ。
また「リロード」のサウンド・クリップ、、ビデオ・クリップはインターナショナルの V2 Music Worldwide のサイトで。


新アルバムは日本先行発売!日本のみのボーナス・トラック付き!(99年8月17日)V2レコーズ・ジャパンより


Burning Down The House
シングル 9月8日発売

「リロード」は世界に先駆け、日本で9月22日に先行発売されることになった。(イギリスその他では27日)9月8日にはカーディガンズとのシングルも先行発売される。(他の地域では9月13日)内容については下記の通り。

●シングル 「バーニング・ダウン・ザ・ハウス」 9月8日発売
(リミックス盤) V2CI 53 \1,200 (without tax)

1. アルバム・ヴァージョン
2. デラコータ・ミックス
3. ペペ・デラックス・ミックス
4. DJ・シザーキックス・インストゥルメンタル・ミックス



Reload
アルバム 9月22日発売


●アルバム「リロード」 9月22日発売
V2CI 57 \2,400 (without tax)
17曲(7月29日のニュースのトラック・リスト参照)
+ボーナス・トラック2曲

1. Unbelivable (EMF)- live
2. Come Together (The Beatles)- live

この2曲はデュエットでなくライヴで、すごくかっこよいそうです!


新アルバム リロードの全曲目発表 99年7月29日 - ガット・レコード

トム・ジョーンズの新共演アルバム「リロード」は 99年9月27日発売が決まり、全曲目が発表になった。また9月6日に先行発売されるシングル・カット "Burning Down The House" はカーディガンズとの共演で、30秒のサウンド・クリップをガット・レコードの トム・ジョーンズのページで聞くことができる。

「リロード」全曲目リスト
曲目共演者オリジナル録音
1. Burning Down The House The Cardigans Talking Heads
2. Mama Told Me Not To Come Kelly Jones (Stereophonics) Three Dog Night
3. Are You Gonna Go My Way Robbie Williams Lenny Kravitz
4. All Mine The Divine Comedy Portishead
5. Sunny Afternoon Space The Kinks
6. I'm Left, You're Right She's Gone James Dean Bradfield
(Manic Street Preachers)
Elvis Presley
7. Sexbomb Mousse T Mousse T
8. You Need Love Like I Do Heather Small (M People) Gladys Knight And The Pips
9. Looking Out My Window The James Taylor Quartet Tom Jones
10. Sometimes We Cry Van Morrison Van Morrison
11. Lust For Life Chrissie Hynde
(The Pretenders)
Iggy Pop
12. Little Green Bag Barenaked Ladies The George Baker Selection
13. Ain't That A Lot Of Love Simply Red Sam & Dave
14. She Drives Me Crazy Zucchero Fine Young Cannibals
15. Never Tear Us Apart Natalie Imbruglia INXS
16. Baby It's Cold Outside Cerys Matthews of Catatonia Ray Charles and Betty Carter
17. Motherless Child Portishead Peggy Lee
(ポール・フェイヤーズさん、オリジナル録音についての情報提供ありがとうございます。)

トム・ジョーンズいわく、「今までずっと他のシンガーやバンドと歌うのを楽しんできたけど、今回皆が誘いに応じてくれて本当に嬉しかった。彼らと共演したらきっと何か特別なことがおこると思う。」

「皆どんな音楽をどれだけやっているかにかかわらず新鮮で強力だ。こんな経験ができてすごく興奮しているんだ。」

総合プロデューサーはスティーブン・ホーグでこれまでにジェームズ、ロビー・ウィリアムズ、マニック・ストリート・プリーチャーズ、ニュー・オーダーたちをプロデュースしている。実務プロデューサーはガイ・ホームズマーク・ウッドウォードである。

(詳しくは ガット・レコードのページでどうぞ。)



Tom Sings The Ballads
Released on June 22,1999

Tom...Sings The Ballads が 99年6月22日 発売
トム・テリーより

トム・ジョーンズ音盤収集家トム・テリー氏から編集盤ですばらしいバラード集が出るとの知らせが入った。Music Club International から出る "Tom...Sings The Ballads" がそれで、曲目選定には彼も参加しているとのこと。

配給元の Koch International のニュース・レターによると 「トム・ジョーンズは常にバラードを愛してきた。そして彼の域に達するものはほとんどいない。そのリッチでパワフルな歌唱は感傷的な歌にぴったりで、今までに書かれたもっともすばらしいクラシックなバラード15曲がここに集められている。」

Tom...Sings The Ballads
1) My Way
2) I Have Dreamed
3) The Impossible Dream
4) You'll Never Walk Alone
5) Tired Of Being Alone
6) Brother Can You Spare A Dime
7) Ebb Tide
8) If
  9) If Loving You Is Wrong
10) You've Lost That Loving Feeling
11) Georgia On My Mind
12) Pledging My Love
13) You've Got A Friend
14) If I Ruled The World
15) Anniversary Song

Format: CD only
Catalog No. MCI-CD-50104
Label: Music Club International

Tom Terry


ウェールズ議事堂完成記念パーティー(99年5月27日)BBCニュースより


女王とウェールズの「声」たち
BBC News May 27,1999
新しいウェールズ議事堂の完成を祝うカーディフの一日は花火と歌で彩られた。 トム・ジョーンズシャーリー・バッシーマイケル・ボールといったスターがカーディフ・ベイのパーティーに加わった。

ジョーンズは女王陛下エディンバラ公、それに英国首相のトニー・ブレアを含む1万2千の大観衆の前で「想い出のグリーン・グラス」を歌った。


カンヌのトム・ジョーンズ(99年5月22日)Mr. Showbiz より

アンジェリカ・ヒューストンの新しい映画「アグネス・ブラウン」(「ザ・マミー」)は5月22日に第52回カンヌ映画祭で初上映され、記念コンサートが砂浜で開かれた。このアイルランドの感傷的な映画はヒューストンが監督・主演で、トム・ジョーンズ自身が出演しているのでこのコンサートをトムがリードしたのは当然であった。1時間あまりの間、ふだんは皮肉屋の報道関係者たちをティーン・エイジャーのように熱狂させた。


Gut Records のページが今日オープン(5月19日)ガット・レコードからのお知らせ

秋に発売予定の新しいCDを始めトムの最新のオフィシャル・ニュースが こちらで www.gutrecords.com ご覧になれます。

リンダ・マッカートニーの追悼コンサートの写真 (99年4月25日)


トムとポールのデュエット OK! April 23,1999
追悼コンサートはポップ界の大スターやリンダとポールの友人たちが結集し感動を呼んだ。コンサートの後半でトム・ジョーンズが登場すると会場は沸き、「シーズ・ア・ウーマン」「グリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム」、そして最後に「男が女を愛するとき」を歌うと聴衆は熱狂した。イギリスの雑誌 OK! から同コンサートの写真の一部を アルバムにしましたのでご覧ください。(New Jack Swing さん、記事をお送りくださってありがとうございました。)



リンダ・マッカートニーの追悼コンサートに参加 (99年4月1日)

4月10日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われる故リンダ・マッカートニー(ポール・マッカートニー夫人でカメラマン/アーティスト)の追悼コンサートに参加する予定。チケットは1時間で完売した。この模様は17日にBBCラジオで、18日にテレビで放送される予定。だれか、イギリスに知りあいの方いませんか???


OBE 授賞式のトム (99年4月1日)


ロジャー・ムーアとポーズ
OK! March 19, 1999
トム・ジョーンズは3月9日バッキンガム宮殿でエリザベス女王から OBE 勲章を手渡され,宮殿の外で同じく CBE 受賞の俳優ロジャー・ムーアとポーズをとった。1965年に最初のヒット曲「よくあることさ」を出したトム・ジョーンズはいまだにファンからも同僚のミュージシャンたちからも同じように敬愛されている。現在9月発売予定の新アルバムに取り組んでいる。

トムいわく、「女王さまはとてもよくしてくれて、僕が長年人々を楽しませてくれたからこの賞を渡すことができて嬉しいと言ってくださった。」
「僕自身もそれを楽しんでやってきましたと申し上げたよ。初めて女王さまのために歌ったのは67年の御前演奏だったけどそれから何回かそういう機会があった。女王さまは僕の音楽を楽しんでいると言ってくださった。」
「女王さまの前で歌うときは間違っちゃいけないと思うけど、幸い一度も間違ったことはないね。」

トムはモーニングを着ていたが、トップ・ハットはかぶっていなかった。
「髪の毛が乱れると思って持って来なかったんだ。」とジョークを飛ばした。 (写真は OK! 99年3月19日号より)


新譜情報 (99年3月8日)

トム・ジョーンズの新しいアルバムは9月発売が決まった。プロデューサーは Stephen Hague で、古典的TJソングの新録音と新曲もいくつか含まれる予定。デュエットの相手には次のようなアーティストが予定されている。 Cerys Matthews, Space, Van Morrison, Manic Street Preachers, Robbie Williams, All Saints 


コンサート・キャンセルは3回のみ (99年2月14日)

この1月後半はトムにとって悲しい2週間だった。グリーンフィールド氏に相次いでトムの幼なじみのウェールズの友人デイヴ・パリーが亡くなり、ウェールズに一時帰っていたため、1月25、26、27日の3回のコンサートがキャンセルされた。再開されたコンサートに行った面識のあるファンの方の話によると、開演前に偶然レストランでトムに会ったとき「全くひどい2週間だった」と漏らしていたそうだ。グリーンフィールド氏の葬儀のときもニューヨーク入りはスムーズだったが、道が凍りついていて出る時が大変だったらしい。しかし葬儀ではよいお見送りができたとのこと。その後のショー自体はいつもと変わらずすばらしいものだった。


グリーンフィールド氏死去 (99年1月22日)

先ほど入ったニュースによると、トムの友人で長年ロード・マネージャーを務めたロイド・グリーンフィールド氏が死去した。トムは葬儀に出席するため今月のコンサートをキャンセルして8月にまわす予定とのこと。グリーンフィールド氏といえば「レディーズ・アンド・ジェントルメン、ディス・イズ・トム・ジョーンズ!」というアナウンスでも知られている。


トムが叙勲(OBE:大英帝国勲位)! (99年1月1日)

98年12月30日付のイギリスの新聞、ラジオによると、このほどトム・ジョーンズはエリザベス女王から大英帝国のOBE勲章を受賞することが決定した。
これでトムはさらに「ナイト」に近づいたと言える。
・・しかしもし「ナイト」になったらショーのとき

「レディース・アンド・ジェントルマン、ディス・イズ・サー・トム・ジョーンズ!」

とアナウンスされるのだろうか?.

トムの受賞の言葉はこちらのBBCインタビューで聞いてください。トムらしい素敵な反応です。


映画「マミー The Mammy」に出演、来春公開予定!

アンジェリカ・ヒューストン監督・主演の映画「マミー」に本人役で出演。すでにこの夏アイルランドでの2週間のロケは終了。


新しいレコード会社「ガット・レコード Gut Records」と契約

Ballad of Tom Jones で知られている Space スペースとの共演で新譜も来春発売が予定されている。

メールは Mariにどうぞ


[Home ホーム]  [English Page 英語版]