牛肉偽装事件について
BSE発生後、露呈した「牛肉偽装問題」について考えてみました。

雪印食品や日本ハムなどの大企業が牛肉の買上制度を利用し、不当に補助金を
得ようとしたことは許されることではありません。厳正な法的処分が行われるべきです。
その1点においては私は譲れないのですが、今回の「事件」が起きた背景
というものを深く検証しなくては、おそらく何も解決はしないでしょう。

この考察が「食」について考える一つのヒントになれば幸いです。

牛肉買い取り制度について

牛肉買い取り制度とは?

 国産牛肉の買い取り制度は、BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)の全頭検査が始まった昨年10月18日以前に解体処理された国産牛を、農林水産省の外郭団体である農畜産業振興事業団が全国農業協同組合連合会など業界6団体を通じて、食肉会社から買い取る仕組み。
 食肉会社は業界団体に牛肉の部位や数量、保管場所などを記した申請書と、倉庫会社の発行する「在庫証明書」を併せて提出。買い取った業界団体は申請書と在庫証明書を突き合わせ、数量に矛盾がないかなどを確認しなければならない。

報道で今回の買い取り制度について大雑把にですが振り返ってみましょう。

BSE発生後、牛肉の価格の下落、消費者の牛肉離れが起こりました。
10月18日から食肉処理される牛の全頭検査となるが検査前の牛肉は?との懸念を取り除くとのことで在庫の全量買上が検討されました。
在庫牛肉の全量買い上げを検討 農水省 (毎日新聞)

しかし、この扱いで農水省と自民党では温度差がありました。

在庫牛肉は「調整保管」 当面、市場から隔離 農水省 (毎日新聞)
検査前処理の牛肉1万トン 市場から隔離(読売新聞)

農水省では牛肉自体に危険性はなく、従来からある価格安定制度の「調整保管」で価格が安定したならば市場に戻す予定だったようです。つまり、価格面での処置です。
しかし、自民党から、これらを焼却処理せよ、との声が上がります。

「隔離牛肉」市場に戻さず、農水省検討(読売新聞)

すなわち、検査前の牛肉を流通させないことで消費者の不安を取り除け、との主張です。
最終的に、この制度は検査前の牛肉を買い取り、全てを焼却処分することになります。

市場隔離牛肉の処分方法について※農水省のプレスリリースより

以下が買い上げ先です。

「牛肉在庫緊急保管対策事業」における事業実施主体別買上げ先について※農水省のプレスリリースより

しかし、この制度を悪用し、輸入牛肉を国産と偽り助成金を不当にせしめようとしたことが発覚しました。雪印食品は発覚後、解散となり、幹部が逮捕されました。

この後、会計監査院が「BSE発生前のものは助成対象としないよう」に要請しています。
BSE補償対象冷凍肉 半分以上が「発生前」−−検査院、農水省に改善要請(毎日新聞)

日ハムも偽装を行っていたことも発覚します。8月20日現在、商品撤去騒動が生じています。また、この時点で武部大臣はこの制度に欠陥があったことを認めました。
買い上げ事業を「拙速」と認める 武部勤農相(毎日新聞)

今後、この制度については第三者機関で検証されることになるようです。

「社会的制裁」は是か否か?

私は否であると思います。日本は法治国家です。不法には法で対処するのが本来の姿のはずです。
この“制裁”を正当化するのは如何なものか?企業を“潰す”ところまでやるのは如何なものか?
今回の偽装問題で行われたのは詐欺行為です。
企業を人に例えるのなら倒産させるということは、すなわち「死刑」です。
私は、法的な裁きや再発防止、より安全な食の提供を担保することが妥当な償いであると考えます。
確かに、これらの事件自体は許されるべきではありません。
しかし、際限なく怒りをぶつけることで罪も無い人まで路頭に迷うことも考えるべきと思います。

商品撤去は是か否か?

不祥事を起こした企業に何らかの責めがあるのは当然でしょう。
しかし、殆どの小売店が不買運動も起きていないのに横並びで商品の撤去を行いました。「消費者の信頼を損なった」とのことですが、私は安易な商品撤去は、むしろパニックを誘発する可能性もあり、「消費者の不信」を増幅させる行為だと思います。
これらの撤去された商品は廃棄されるしか道はありません。
これが正しい行為と言えるのか?私は疑問で仕方がありません。
罪を犯したものを皆で徹底的に永久に罰する。これは正義ですか?いじめではないのですか?

ちなみに牛肉買い取り制度の悪用は実際の商品に偽装があったということではありません。
国に買い取らせた牛肉に対象外のものを意図的に混入した詐欺事件ではあります。

マスコミの罪

無制限に「罪」を垂れ流し、世論にフィードバックさせ、食の不安を増幅させる。
アレは駄目、コレも駄目、アソコは駄目。
この人たちはこれまで食について、何を報じてきたのか。
BSEで何を今、報じているのか。
極論すれば、実は彼らが言ってるのはこれしかない。
「この国は駄目」又は「食を国家統制せよ」
本気で、これで「安全」とやらが得られると思っているのか?
具体的に何をすれば「安全」と言えるのか、具体的な案でも出してみよ。
私は、踊らされない冷静な消費者でありたい。
「消費者」という特権階級にはなりたくない。

不信には信頼で対抗しよう

こんな感想を抱いている人が増えています。
「本当に安全なものはないの?」「どこも信用できない」
一つ質問をします。
「本当に安全な食品とは具体的にどんなものですか?」
皆さん、ぜひ考えてみて下さい。そこに答があるのではないかと思います。
おそらく答は人によって違うと思います。
漠然とした答しか出てこない人ほど、よく考えてみてください。
不信に不信で対抗しても、不安は増幅するだけだと思います。
逆に自分の指針を信頼して行動するのが、不安を打ち消す決め手になるのでは?と考えます。

食肉業界への警告

私はハッキリ言って業界には怒っている。
なぜか?
未だに業界内の自主的な改革などの動きが一向に見られないから。
業界のクリーン化や情報公開などを行おう。
誰も声を上げなければ愛想をつかされるのは必至です。

もし、トレーサビリティがらみで、さらに金をふんだくれるなんて考えてはいないでしょうね?
私は、BSE発生後、枝肉を安く買い叩いて、小売には値段を下げずに売り、利ざやを稼いだ業者がいるのでは?との疑念を持っていることを付け加えておく。

買い上げ申請取り下げの8社は犯罪性なし 農水省 (毎日新聞)
第2回「牛肉在庫保管・処分事業に係る判定委員会」の結果概要について(農水省プレスリリース)

違法性が無いのなら、その旨で公表すれば良いように思いますがねぇ・・・
これだから信用されなくなるんです。
農水省も毅然と業社名を公表する、業者も自ら公表を申し出る。
そんな発想が無いから駄目なんだよなぁ・・・

牛肉買い上げ対象外、新たに8業者から…全箱検査(読売新聞 2003.1.18)

農水省:国産牛肉買い上げ事業で偽装申請の業者名公表せず(毎日新聞 2003.5.17)

「社会的制裁」は是か否か?その2

不正を行った企業が批判にさらされるのは仕方が無いでしょう。
しかし、以下の記事のようなことは、ただのバカとしか言いようが無い

日ハム製品に針混入の男逮捕(産経新聞)
肉偽装で販売額の約4倍返金、2少年逮捕(読売新聞)←リンク切れ
「ハムに菌類注入する」と西友に脅迫状 警視庁が捜査(朝日新聞)←リンク切れ

モラルを問われるのは企業だけではありません。

パニックほどろくでもないものはない

ちょっと考えれば当たり前の話。
牛肉買い取り制度も消費者と政治家のBSEパニックが無ければ制度自体が存在しなかったのかもしれない。
そして、この制度にパニクった連中が踊り騒いだのが牛肉偽装事件。
そしてマスコミを中心に空騒ぎは続いています。
歴史を紐解けばパニックが起きれば多くの人々の犠牲が生じるなんてことは冷静になれば分かるはずです。
パニック的行動には大きな社会的リスクが伴う。
そんな教訓が生まれないように冷静な行動をこれを読んだ人に望みたい。


2003年4月4日、買い上げ牛肉の全箱検査がほぼ終了した。
農水省プレスリリース「牛肉在庫緊急保管対策事業」における保管対象牛肉の検品の状況について[PDF]
ちなみに、マスコミではこのように報道されている。
補助対象外の肉が104トン BSE対策の買い取り事業(朝日新聞)
買い上げ国産牛104トンが補助対象外 検査終了(毎日新聞)
補助対象の除外は104トン 牛肉全箱調査終了/農水省(日本農業新聞)


2003年5月16日、買い上げ牛肉の全箱検査が終了し、結果が公表された。
農水省プレスリリース「牛肉在庫緊急保管対策事業」における保管対象牛肉の検品結果について
これによると適正な届け出分は11,265t、助成対象外が140tであった。
ちなみに、マスコミではこのように報道されている。
補助対象外の肉が104トン BSE対策の買い取り事業(朝日新聞)
BSE対策:買い上げ申請の国産牛肉検査が終了 農水省 (毎日新聞)
対象除外は140トン 牛肉買い上げ事業最終結果/農水省(日本農業新聞)


参考までにリンクしておきます。
以下は牛肉在庫緊急保管対策事業に関する農水省のプレスリリースの一部。

「牛肉在庫緊急保管対策事業」における保管対象牛肉の検品結果について
「牛肉在庫緊急保管対策事業」における末端業者名について[PDF]

第7回及び第8回「牛肉在庫保管・処分事業に係る判定委員会」の結果概要について[PDF]
第6回「牛肉在庫保管・処分事業に係る判定委員会」の結果概要について
第5回「牛肉在庫保管・処分事業に係る判定委員会」の結果概要について
第4回「牛肉在庫保管・処分事業に係る判定委員会」の結果概要について[PDF]
第3回「牛肉在庫保管・処分事業に係る判定委員会」の結果概要について[PDF]
第2回「牛肉在庫保管・処分事業に係る判定委員会」の結果概要について
第1回「牛肉在庫保管・処分事業に係る判定委員会」の概要について[PDF]

反省しない人達

牛肉格付け偽造で行政指導−−農水省(毎日新聞)

狂牛病関連情報・リンク集へ戻る

homeへ戻る