どんどん
用意するもの
 トランプ(1〜10まで)、チップ

競技人数
 2〜20人

遊び方
 まず親を決めます。決め方は決まりはありません。
親が決まったら、場にチップを1単位全員出します。
親は反時計回りに2枚ずつ子に配ります。
(配る前に左隣の人に山を嫌ってもらうのをわすれずに・・)

配り終えたらまず1枚目を全員開きます。
開いた数字の少ない順に2枚目を開いていきます。
2枚のカードの合計、あるいは役で勝負をします

役はおいちょかぶに近いのですが、弱い順に書いていくと
0(ぶた)、1、2、3,4,5,6,7,8,9(かぶ)
1と4(シッピン)、1と9(クッピン)、1と10(トッピン)
ゾロ、9と9(クック)10と10(
どんどん
一番強い役の人の総取りになります

通常、クックとどんどんには
祝儀がつきます
クックは全員から
倍のチップ、どんどんの場合は10倍のチップがもらえます
その後は勝った人が親になってゲームを続けます