「山の自然学」講座のご案内
         「山の自然学講座」は自然を守るために、山から学ぶ講座てす。
          山の自然学クラブは「山から自然を学んで自然を守る方法を考える講座」を行い、
          更に「自然を守る行動」も行っています。その講座の最近の計画をご案内します。
          どなたでもご参加戴けますのでお出でください

  
  2006年度後半 講 座 と 活 動 の 計 画  
 (会員に限らずどなたでもご参加戴けます・お誘い下さい) 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
  9月16日(土)  13:30〜16:30           

  信州講座   松本市             世話人:権藤 池田 

  小泉武栄先生の講演講座「日本の山・信州の山・その不思議を探る」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  9月16日(土)〜18(月)
  JN50 ネパール展    秋葉コンベンションホール
  我々も参加していますので、ご来場ください。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  9月23日(土)      
  第255回講座  富士山周辺         世話人:大森 
  講師:小泉武栄先生
  五合目御庭、お中道、大沢崩、樹海、火砕流跡、忍野八海、田貫湖、小田貫湖湿原など、 
  終日バスで天気に合わせて臨機に移動します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  10月21(土)〜22日(日) 
  JACの自然保護全国大会   山陰の大山
  参加費26,000円、
  申込み:川越尚子 電話・FAX:042-321-6059
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   10月21(土)〜22日(日) 
  第256回講座 表富士周辺          世話人:中村 
  富士種採り講座、種子こそ次の可能性です。
  高い木からどうやって種を取るのか体験しましょう。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  10月28日(土)     
  第257回講座  エポ会議室         世話人:橘 
  マンモスの絶滅と人間の進化について
  講師:加藤博文先生(北大北方文化論助教授)。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  11月3日(金)〜5日(日)
  やま学四国活動構造線探訪           世話:やま学研
  徳島→吉野川→大歩危→高知→住吉海岸→黒瀬川→松山→石鎚山地
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  11月11日〜12日(日) 
  富士育林活動   表富士育林地       世話人:中村 
  植林地整備・土留め作業と自然観察会、未体験者はぜひご参加を
―――――――――――――――――――――――――-――――――――――――――
  11月の桜開花の最適日     
  第258回講座 熱海の網代         世話人:大森 
  講師:染郷東京農大名誉教授(桜の大家)

   桜のルーツはヒマラヤで、元々秋に咲く花でした。
   これが日本まで来て春咲きの性質を獲得して日本で広まったのです。
   秋に咲くヒマラヤ桜の花見に行きます。
   道中のバスで、先生からいろいろ伺えると思います。 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  12月16日         
  ライチョウ保護研究会の研究発表会  東京国際フォーラム
 (当会が共催) 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  2006年1月20日(土) 
  第259回講座  青山エポ会議室      世話人:大森 
 「山の自然学が目指す自然保護活動」
  講師:小泉武栄先生。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  2月17日(土)      
  第260回講座 青山エポ会議室       世話人:古田 
 「私の活動」会員発表。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  2月中旬          
  信州講座  白馬山地亜高山樹林帯      世話人:北原正宣
  スノーシューで自然探訪、白馬山地のブナ林。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  3月17日(土)      
  第261回講座  現地講座         世話人:未定 
  早春の山、バス移動(候補地:伊那谷、フォッサマグナ) 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  「山の自然学クラブ」 
   〒234-0054
   横浜市港南区港南台5−15−30 
   FAX:045−833−8505

   講座会員(初年度のみ):年会費3000円
   NPO会員:年会費5000円 







 
【 今までに終了した 講 座 】
    【 山の自然学 信州講座 】          

     2005山の自然学信州講座案内
      〜山から始まる自然保護〜          
                                 
    信州講座−
    日時:2005年4月16日(土)13:30〜16:30(現地集合・解散)
    会場:松本市中央公民館(Mウイング)大会議室3−2
        松本市中央1-18-1 TEL:0263-32-1132松本駅から篠ノ井線に沿い
          (ホテルニューステーションと飯田屋の間のバス通り)を北へ向かい、
           中央1丁目の信号を渡って右に行くとあります。松本駅から徒歩3〜4分です。
    講師:1)関塚正嗣先生(諏訪東京理科大学助教授)
        「なぜ私たちは自然環境を守ろうとするのか」
       2)津久井英喜先生(諏訪東京理科大学教授)
        「ここに日本のふるさとがある」
       3)奈良松範先生(諏訪東京理科大学教授)
        「山の風を街に送ろう」
    参加費:会員・学生・協力団体会員300円、一般500円(交通費別途)
    世話人/問合せ先:江原暉将(諏訪東京理科大学電子システム工学科教授)
    電話: 0266−73−1201(代表) 
    E-mail: eharate@rs.suwa.tus.ac.jp
  
       信州講座−  
       日時:2005年5月29日(日)集合:大糸線穂高駅前11:00 am 
       場所:高瀬川流域、大峰高原周辺
      講師:原山智先生(信州大学理学部地質科学科教授)
        「北アルプスと河原の石から学ぶ自然学」
     参加費:会員・学生・協力団体会員500円、一般1000円(交通費・昼食代保険料別途)
        世話人/問合せ先:池田昌史他信州世話人ぐる〜ぷ 
        電話・FAX 0266-73-8195
       E‐mail:yatuike@v007.vaio.ne.jp 

        信州講座−
        日時:2005年6月11日(土)〜12日(日)集合:大糸線白馬駅前13:30
        講師:北原正宣先生(山岳環境研究所代表理事)、アシスタント福島哲さん
       「白馬周辺の亜高山帯樹林と生活の中の山の自然を楽しむ」
     宿泊:白馬ペンション ミーテイア(1泊2食6,500円予定)
        白馬村北城みそら野2937 TEL0261-72-5153
     参加費:会員・協力団体会員2000円、学生1000円、一般3000円(交通費・宿泊費・昼食代・保険料別途)
     協力:有限責任中間法人山岳環境研究所他 
        世話人:信州講座世話人ぐる〜ぷ
        電話・FAX 0266-73-8195
       E‐mail:yatuike@v007.vaio.ne.jp 

        信州講座−
     日時: 2005年7月16日(土)〜17日(日)集合:中央本線茅野駅10:00am
        場所:八ヶ岳・硫黄岳周辺
     講師:三宅康幸先生(信州大学理学部地質科学科教授)
         「硫黄岳をつくった火山活動」
     参加費:会員・協力団体会員2000円、学生1000円、一般3000円(交通費・宿泊費・保険料別途)
        協力:八ヶ岳森林文化の会他
        世話人/問合せ先:池田昌史他信州世話人ぐる〜ぷ
        電話・FAX 0266-73-8195
       E‐mail:yatuike@v007.vaio.ne.jp 

        信州講座−
       日時:2005年8月4日(木)〜7日(日)(予定)
       場所:奥志賀高原
       内容:会員によるインプリ・ミニトーク活動
       世話人/問合せ先:大森弘一郎他信州世話人ぐるーぷ

        信州講座−  
        日時:2005年8月27日(土)〜28日(日)集合:大糸線大町駅前11:00am
        場所:北アルプス爺ケ岳周辺  
        講師:原山智先生(信州大学理学部地質科学科教授)
        「北アルプスの成り立ち」
     参加費:会員・協力団体会員2000円、学生1000円、一般3000円(交通費・宿泊費・保険料別途)
     世話人/問合せ先:池田昌史他信州講座世話人ぐる〜ぷ
        電話・FAX 0266-73-8195
       E‐mail:yatuike@v007.vaio.ne.jp 

        信州講座−
        日時:2005年9月23日(金・祝日)〜25日(日)集合:大糸線白馬駅前13:30
        場所:北アルプス唐松岳周辺 
     講師:北原正宣先生(山岳環境研究所代表理事)桝田信弥先生(東京農業大学教授・植物学)
              アシスタント福島哲さん 
             「八方尾根〜唐松岳の自然観察」
        参加費:会員・学生・協力団体会員1500円/日、一般2500円/日
                (2泊3日参加の場合は2日分、交通費・宿泊費・昼食代・保険料別途)
     宿泊:白馬ペンション ミーテイア及び唐松山荘
     協力:有限責任中間法人山岳環境研究所他

     世話人/問合せ先:信州講座世話人ぐる〜ぷ
        電話・FAX 0266-73-8195
       E‐mail:yatuike@v007.vaio.ne.jp 

        注)
      々峪佞療垤隋天候等により日時・場所が変更されることがあります。
       ⊇蒜饑茵▲▲セスなどについては後日詳細をお知らせします。
       参加希望者は、信州講座世話人までTel、Fax、E−mailにて予約申し込み願います。    
  =========================================================================================
    第241回 山の自然学講座 
      [小泉武栄先生と行く富士山大沢崩れの現地講座]ご案内

    日時:2005年10月2日(日)
    集合:8時50分、JR八王子駅 南口(9時出発)
    乗物:貸し切りバス
    行程:富士スバルライン 5合目駐車場着 11時30分到着予定
    現地:御庭、大沢崩れ(約4時間)、雨天決行
    講座:この付近は富士山でも森林限界が最も高いのはなぜか?
       富士山と三つのプレートの衝突の関係は?
       富士山はどのように崩れて行くのか?
       車中で、関東平野の成り立ちは、など。
    解散:18時、JR八王子駅 南口(予定)
    携行品:雨具、昼食、飲み物等
    参加費:会員:7,000円、非会員:8,000円(下記口座への振込みをお願いします)    
    口座番号:三井住友銀行 港南台支店 普通 6610522
         参加費の振込み完了をもって参加確定とさせていただきます。
    申込み連絡先:本多麗子、TEL・FAX: 03−3892−0308
                E−mail : tonchan@bp.iij4u.or.jp
           高塩賢二、TEL,FAX: 047−493−2352

    当日の連絡先:本多麗子 携帯電話:090−2339−7320

        【 第 231回 講 座 】
       講座題名:北アルプスの成り立ち
         
           講    師:原山 智 信州大学理学部教授
   
          日    時:2005年2月19日(土)、13時00分〜17時00分

           会    場:エポ会議室
      
          参 加 費:会員 1,000円、一般 2,000円(当日の会員入会も可能です)、学生半額

           講師紹介:原山先生は工業技術院地質調査所で研究されておられたこともあり、
        著書には「超火山槍・穂高」(山と渓谷社)などがあります。
        今回はあの大きな北アルプスの山脈はいつ、どのようにして出来たか、槍ガ岳や穂高岳の
        現在の姿はどのようにして成ったのかについて講義される予定です。

                  

     【 第 230 回 講 座 】
           講座題名:霞ヶ浦再生への挑戦
         
           講    師:飯島 博 先生
   
          日    時:2005年1月15日(土)、13時00分〜17時00分

           会    場:エポ会議室
      
          参 加 費:会員 1,000円、一般 2,000円(当日の会員入会も可能です)、学生半額

           講師紹介:飯島 博 先生はNPO法人アサザ基金の代表理事をしておられ、水質の汚れと護岸工事で
         自然を無くした霞が浦の再生に挑戦されておられます。その自然再生事業はアサザの育成で
        始まり、今は地域社会を捲き込んだ活動となり、成果を上げつつあります。
        飯島先生の最終目標は「霞ヶ浦にトキを棲息させること」。
        アサザが果たす自然の役割や、地域の学校を捲き込んだ環境教育活動などのお話をされる予定です。
               著書に「よみがえれアサザ咲く水辺 霞ヶ浦からの挑戦」(文一総合出版)などがあります。 



         【 第 229 回 講 座 】
       講座題名:山の蝶・高山の蝶
         
           講    師:牧林 功 先生
   
          日    時:2004年12月18日(土)、13時00分〜17時00分

           会    場:エポ会議室
      
          参 加 費:会員 1,000円、一般 2,000円(当日の会員入会も可能です)、学生半額

           講師紹介:牧林先生は埼玉県昆虫談話会元会長で、現在は埼玉県生態保護協会顧問をされておられます。
          著書にはポケット図鑑「日本の蝶」(成美堂出版)などがあり、
               今回は蝶の分布や生態が第4紀の氷河期などの自然史的背景を経るなかで、
        どのような影響を受けたのかについての話されます。



         【 第 228 回 講 座 】
       講座題名:「西伊豆の自然現」地講座
         
           講    師:小泉武栄東京学芸大学教授
   
          日    時:2004年11月27日(土)〜28日(日)

           会    場:西伊豆:堂ヶ島、黄金崎、御浜崎、大瀬崎、達磨山など
      
          参 加 費:会員4,000円、一般6,000円(当日の会員入会も可能です)、学生半額 と 旅費・宿泊費の実費

           講師紹介:小泉武栄先生は「山の自然学」をはじめ、山の自然に関する本を多数書かれ、
        山の自然保護にに熱心な先生で、当山の自然学クラブの創設者のお一人です。
        今回も「西伊豆の自然の美しさ」と「自然保護活動」に有益なお話しが車中と現地で伺えます。



         【 第 227 回 講 座 】
       講座題名:丹沢の自然環境と社会環境
         
           講    師:中島信行先生
   
          日    時:2004年11月13日(土)、13時00分〜17時00分

           会    場:エポ会議室
      
          参 加 費:会員2,000円、一般3,000円(当日の会員入会も可能です)、学生半額

           講師紹介:神奈川県津久井地区行政センター森林計画を担当しておられます。
       前職は神奈川県森林研究所で神奈川県全域の自然環境に関する研究を担当しておられました。
       森林水文を中心とした丹沢の自然と丹沢地区の森林・林業の現状と課題を講義される
       予定しています。

       


         【 第 226 回 講 座 】
       講座題名:富士山の植林観察と植生復元
         
           講    師:福永健司先生(東京農業大学・緑化工学)
   
          日    時:2004年10月23日(土)〜24日(日)

           会    場:富士山中腹
      
          参 加 費:会員4,000円、一般6,000円(当日の入会も可能です)、学生半額。交通費・宿泊費は実費

           講座内容:表富士で紅葉を楽しみながら、富士山麓の植林地の生態系を観察し、
        植生復元のための最新技術を講義します。
        なを、当クラブでも富士山麓(960m)で、4.56 ha の植林を行っています。
 



         【 第 225 回 講 座 】
       講座題名:アラスカ・マッキンレーの気象と観測
         
           講    師:大蔵喜福理事
   
          日    時:2004年10月16日(土)、10時から16時50分、途中で昼食休憩

           会    場:エポ会議室
      

          参 加 費:会員2,000円、一般3,000円(当日の会員入会も可能です)、学生半額

           講師紹介:大蔵喜福氏は当クラブの理事で、著名な登山家であり山岳ライターでもあります。
       人一倍用心深く、慎重な冒険家の植村直己さんがマッキンリーで帰らぬ人となりました。
       その原因は「風」でないかと、同じ登山家の大蔵喜福理事は推測し、
       気象観測用のやぐらをマッキンリー山頂(6149m)直下に立てて、常時風速など気象を観測しています。
       マッキンリーは秒速100mのジェト気流に晒されていまる特別な山です。
       高山の体験も交えて、有益なお話しが伺えると思います。




         【 第 223 回 講 座 】
       講座題名:至仏山・大崩山などの山の自然
         
           講    師:小泉武栄東京学芸大学教授
   
          日    時:2004年9月25日(土)、13時00分〜17時00分

           会    場:エポ会議室
      
          参 加 費:会員2,000円、一般3,000円(当日の会員入会も可能です)、学生半額

           講師紹介:小泉武栄先生は「山の自然学」をはじめ、山の自然に関する本を多数書かれ、
        山の自然保護にに熱心な先生で、当山の自然学クラブの創設者のお一人です。
        今回も「日本の山の美しさ」と「山の自然保護活動」に有益なお話しが伺えると思います。





         【 第 216 回 講 座 】
       講座題名:日本猿から見た屋久島
         
           講    師:丸橋珠樹武蔵大学教授
   
          日    時:2004年4月17日(土)、10時から懇談、講座は13時30分〜16時50分

           会    場:エポ会議室
      
          参 加 費:会員2,000円、一般3,000円(当日の入会も可能です)、学生半額

           講師紹介:申年でもあるし、今まで興味はあっても知る機会の無かった猿を知りたいと、
           モンンキーセンターの佐藤先生にお願いしたところ、丸橋珠樹教授をご紹介くださいました。
           屋久島や海外での猿調査のご経験が豊富で武蔵大学では文科系の学生に自然の見方、
           調査のやり方を実地に現地合宿をして教えておられます。いろいろなご経験談が伺えて、
      我々の行動にも多くの頂けるのではないかと思います。





         【 第 215 回 講 座 】
       講座題名:気象と雪と地形と地球の温暖化
         
           講    師:飯田肇先生
   
          日    時:2004年2月28日(土)、10時から懇談と実演、講座は13時30分〜16時50分

           会    場:エポ会議室
      
          参 加 費:会員2,000円、一般3,000円(当日の入会も可能です)、学生半額

           講師紹介:富山カルデラ博物館の学芸員として地形と気象と雪の研究を行っておられます。
           日本山岳会のナムチイェバルワの気象隊員として、登山を成功に導いた方です。
           大日岳の遭難では、地球温暖化の影響から雪の危険性を警告しておられました。
          まず雪を自分で作ってみることをやらせていただけます。そこから見えてくることが
      一杯あるそうです。そのお話を伺うことがでると思います。

 





トップページへ戻る