掲示板よりQ&A

Q 生ゴミ処理の問題

A 生ゴミ処理は一般に紹介されている「生ゴミの水分を取ってボカシを振り掛ける」というやり方では失敗される方もおられると思います。まず第一はボカシが少ないことが原因です。自作で簡単に作れるのですが、市販のボカシを使うならバケツに入れる前に、先のシンクに流しましょうといった洗い桶で薄めた発酵液を生ゴミにかけてしまうことです。三角コーナーの生ゴミに掛けたものが流しのシンクも綺麗にするという一石二鳥方式です。それを適当に絞ってバケツに入れるようにすると市販のボカシで失敗せず、生ゴミ抽出液もいいニオイになります。

ニオイが臭くないのであれば失敗ではないはずです。臭くてどうにもということなら発酵液をペットボトル1本そのままバケツの上からかけて密閉し、暖かいところに置いておくことです。抽出液もそのままバケツに戻しておけばそのうちにニオイがおさまります。これは腐った発酵液と同じ理屈で光合成菌を活発にしてやることで浄化を促すのです。

土に埋める時はゴミがまとまらないように、まんべんなく混ざるようにすると早く土に戻ります。EMを風呂に入れられてるなら埋めた後に残り湯を掛けておくといいです。土にEMが浸透すると保水力が上がり軟らかくなり、雑草が生えなくなります。お住まいは寒いところのようですね。来年の冬には、お隣さんところは雪積もってるのにウチには積もってないわってことになるのではないかと想像します。


Q 生ゴミの液肥が出ません

A
生ゴミの液肥はなきゃなくてもいいものです。腐ったような液肥が出るよりよっぽど上手くいってると思います。私も当初しっかり水気を切ること!と聞いてきっちり水分を取ってから溜めていたら全然でないことがありました。

何日も経つということなら中のニオイが湿っぽくなってませんか?何か重石のようなもので押してみると少しは液肥が出るかも知れません。


Q 生ゴミに生魚を入れたら臭くなりました

A 生ゴミですが、土に戻すまでの期間は長いほうが早く土に戻ります。入れる生ゴミは何でも大丈夫です。魚のアラは新聞紙に受けてそのまま入れても全部土に戻ります。

ニオイが気になるときは色が見えない程度に薄めた発酵液をかけて液肥を抜くようにするといいです。これは臭いと思ったら発酵液をそのまま生ゴミバケツにザバッとかけてみましょう。臭い液肥もバケツに戻して何回かやれば発酵してくれます。

生ゴミを埋めた土は雨を避けるように案内されているものもありますが、薄めた発酵液や活性液をかけてEM入りの水分を与えてやるほうがいいようです。日当たりのいいところにおいて光合成菌を活発にさせることも腐敗させず早く土に戻すコツです。


Q 枯葉や籾殻のように水分が少ないものにEM菌をしようしてもうまく堆肥化できるのでしょうか?

A 生ごみ処理はボカシでと書いてあるものが多いですが、希釈液や活性液、米とぎ汁醗酵液をごみにかけてからバケツで処理するほうがうまくいきます。ボカシだけでなくEM1の原液と糖蜜を1−3%にした希釈液を満遍なく染みとおるくらいの水分を与えてやれば大丈夫です。臭くて出来が悪いようなら原液や糖蜜を倍の量にしてみてください。お湯で希釈して少し暖かいままのものを使うと水よりもうまくいきます。


Q 既に腐敗している生ゴミを堆肥化することは可能でしょうか?

A
ボカシを満遍なく降りかけて5−10%くらいの希釈液をかければ大丈夫です。臭い液肥もバケツに戻してしまうことです。数回戻せば完全に醗酵してくれるはずです。


Q 新しいゴミを投入するとき古い部分と攪拌してもよいのでしょうか?

A
ぜんぜん問題ありません。早く醗酵して堆肥になってくれますから攪拌するに越したことはありません。


Q  ゴミをミキサーなどで細かくしてからEMを混ぜるとどうなるのでしょうか?

A ごみを細かくして処理するとより堆肥化が進み土に戻るのも格段に早くなります。なるべく細かくしてEMが浸透するようにすることです。


Q生ごみ堆肥の土に花を植えて一ヶ月くらいたちました。今は植物は大きく生き生きと育っているように見えますが、土にコバエのような虫がブンブン飛んでおり見栄えがすごく悪いです。花壇がないので生ごみ堆肥はプランターで土と混ぜて置いてました。

A EMで処理した生ゴミを混ぜた土なら植物は間違いなく生き生きと育つと思います。問題はコバエなんですよね。ウジが湧くこともあります。もしウジが湧いたら、濃い目の発酵液をかけ日光に当てて地温を上げて、それこそ黒のポリ袋で覆えば親ハエに成長しないですみます。

完全に発酵しないまま埋めたり生ゴミが固まった状態の時によく経験しました。でも発酵させずに生ゴミ・ボカシ・土というのを何層かにして庭に埋めても土に戻るときは戻るんです。

土に満遍なく混ぜるように書かれていますが土が数倍はないと難しいように思います。それだとバケツ一杯でたくさんのプランターが要りますよね。プランターでやったことないんで確実なことは言えませんが、とぎ汁発酵液を数百倍(色が見えるような濃いものはかえって虫が寄ります)に薄めてかけてみることをお勧めします。ボカシのニオイにも寄ってくることがありますから表面から生ゴミが見えないように土を掛けるというのもコバエ対策にはなるはずです。

混ぜた土を日当たりのいいところに置いておくことも早く戻すコツです。それと処理したゴミが糠漬けのいいニオイでなければボカシの量を増やすか処理するときに発酵液をかけて軽く絞ってバケツに入れてみてください。


Q 生ゴミ堆肥について。生のゴミじゃないと いけないんですか?生ゴミだけを使うと、バケツがいっぱいになる まで、随分かかります。最高何日くらいまで、追加で きるのでしょうか?・かき混ぜる時は、毎回底の方からですか?

A やり始めは「こんなんでいいのかな?」ってことがあると思いますから気楽にやりましょう。生ゴミ堆肥は何を入れても大丈夫ですよ。加工品や残りモノだけでなく少々の紙くずも土に戻してくれます。バケツの底に新聞紙を敷くとゴミを土に戻した後で洗うのが楽です。

量が少なくていっぱいになるまでどれだけ期間かかっても大丈夫です。かき混ぜる必要はありませんが、最後に入れたものが発酵するまで最低1−2週間は置いたほうがいいですね。早く発酵させたければゴミに発酵液をかけてバケツに入れることです。


Q 生ごみボカシ3バケツ目になりました。実は最近ゴキブリの子供3mm位のをよく見かけるようになりました。夫には生ごみをやり出してからだといわれています。

A
EMの使い始めは「書かれてることと違うじゃない!」ってことが随分と起こります。EM効果は多くの場合、最初に不都合なことや一見悪いことが出て、その後段々と上昇していき、色んなところに使うことで、そのうちに単にプラスの効果ではなく掛け算の相乗効果が現れるような気がします。

ゴキブリやハエが段々と小さくなります。抗酸化の空間になればそのうちに卵が成虫にならなくなります。今は我慢のときだと思われます。

洗い物をしたり掃除に使ってベトつきが残るときは使う液が濃いです。夜に台所やトイレに醗酵液を流すのは原液に近いものでも構いませんが、翌朝全くニオイがない状態が正常です。臭いときはまだ足りない、酸っぱい香りが残るときはどんどん薄めることです。

床や壁の手触りがサラサラというかツルツルになれば段々とゴキブリも減っていくはずです。なるべく全体に行き渡るようにスプレーして乾かすことを繰り返すことです。

生ゴミ処理のバケツも外側を綺麗にしておけば部屋の中に置いていても全く問題ありません。コックがうまく閉まってなくて液肥が漏れたり、古い液肥がこびり付いたりしていると虫が寄る原因になりますので注意してください。

使い始めは中々うまくいかないと思いますが、なんとか頑張って続けてみてください。生ゴミを処理する前に醗酵液をかけること、掃除には薄めにすることです。うまくいけば夏場に蚊やハエを見なくて済むものと思います。


Q 腐葉土にEM生ゴミ堆肥を使用することについてはどうでしようか?

A 腐葉土には良性微生物がたくさんおります。というより雑草や木の枝にEMかけておくと腐葉土になるのです。完熟したものから徐々に土に戻っていきます。良性微生物に勢いをつけさせるためにもEMは大変有効です。

EMに関係なく糠と腐葉土をあわせて醗酵させたボカシはよく農業で使われます。EMとの相乗効果で雑草や木の枝なども相当早く堆肥化するものと思われます。なるべく細かくしておくことです。


Q 生ゴミ堆肥を作る際に出る液肥を薄めたものは、植物の葉に直接かけても大丈夫でしょうか。かけない方が良いのでしょうか。

A ぜんぜん問題ありません。ニオイが気にならないくらい薄めることです。臭いものはまたバケツに戻して活性液でも醗酵液でもかけるのを繰り返すことです。ゴミをバケツに入れる前に活性液か醗酵液をまんべんなくかけて水気を絞ると失敗しないと思います。


Q できた堆肥を土にかえす際に使う土は、乾燥していた方がよいのでしょうか、それとも湿っていた方がよいのでしょうか

A 醗酵した生ゴミは、正確には堆肥になっているのではなく土の中で完熟堆肥になりますから生ゴミも液肥が全く出なくて土が乾燥していたのではうまくいかないと思われます。以前は水分を避けるようにシートで覆うと案内されていましたが、土と混ぜたあとに薄めた活性液や醗酵液(液肥でもいい)をかけるほうがいいです。薄めずにかけてもいいですが表面の土の部分に濃いものがかかっているとコハエが寄ります。生ゴミを土に戻すには土とまんべんなく混ざるようにして日当たりよくすることです。


Q EM生ゴミで土作りをプランターでしており二週間が経ちました。そろそろ様子を見ようとスコップで土を混ぜようとしたところ土の中から団子虫のような白いものがウジャ〜ウジャ〜と出てきました。これってもしかして・・・もしかすると・・・うじ虫ってやつでしょうか?びっくりしてすぐに発酵液を原液のままかけました。あ〜すごくブルーです。明日にあの土をプランターごと黒いポリ袋で覆うつもりです。他にしたらいい事はありませんか?

A 生ゴミにボカシが少ないのと土によく混ざってないことが原因かと思われます。

ウジはコバエになると思われます。そこでなんとか退治してハエが卵を産まないようにしましょう。ポリ袋をかける前に醗酵液をかけて土をよく混ぜることです。高温でコハエへの羽化が防げるかも知れません。

絶対ハエなど見たくない!ということなら、ヤカンで醗酵液を沸騰させてプランターにかけてしまうという手があります。ただし火傷にはくれぐれもご注意くださいね。


Q 毎日米のとぎ汁発酵液を作っていますが今度2,3日家を空けなければならなくなりました。今は気温が高いため、朝晩とガス抜きをしなければなりませんがその間はガス抜きが出来ないため、どうしたらよいか悩んでいます。

A 醗酵液や活性液が2−3日で爆発するようなことはないので、特に気にすることはないと思います。ガスを出にくくするには、空気分が全くないように口のところ一杯まで液を満たしておくという手はあります。満タンだとまずガスは出ません。

万が一破裂してもいいように風呂場に置いといてはいかがでしょう。戻ってきてガス抜きする時も、溢れてもいい場所でやりましょう。


Q EMボカシの事でお聞きしたいのですが、自分で発酵液で作りましたが、湿った状態のままで、どのくらいもつのでしょうか? それと1週間程 家を空けなくてはならないのですが、毎日混ぜなくてもEMぼかしはダメにならないのでしょうか?  

A 完全に密閉してなくても大きめのビニール袋に入れておけば十分です。

出来上がると少し酸っぱい醗酵したニオイがしますが、水分が多いものを長期(数ヶ月)保存すると黒いカビが発生します。ですがその前に酸っぱいニオイからカビ臭いニオイになります。生ゴミ処理には十分ですからそうなる前にどんどん使っちゃいましょう。一度ボカシと生ゴミを同じ量になるくらい使ってみると良好な液肥の色やニオイも体験できると思います。

市販のものは、乾燥させることで長期保存に耐えられるようになっていますが、ボカシの本来の力を発揮させるには適度な湿り気が必要です。



Q.生ゴミを土にもどしています。発砲スチロールでやっテいるのですが、うじがいてます。底に穴が開いてませんが、どの様に対処したらよいのでしょうか?この場合は蓋はした方がよいのでしょうか?

A
.生ゴミを埋める土が少ないものと思われます。数倍の土を使っていくつかの容器にわけて100倍程度の醗酵液をかけてよく混ぜるのが一番ですが無理でしょうか。
庭や畑でやっているなら大量の土と混ぜて濃い醗酵液をじゃんじゃんかけたあと表面だけ500−1000倍液でニオイ消しをしてやればいいのですが・・・
ニオイを気にしながらと土の量に制約があるならば、100倍程度の醗酵液をかけて表面にゴミが出ないようにしてよく混ぜてみてください。何も植物を植えてないのなら蓋をして直射日光がよく当たるようにして高温でウジが羽化しないようにしましょう。



Q.EM1を購入(ネット)千倍液で野菜の種を一晩漬けたり。生ゴミ堆肥を作ったり、その際出る液を希釈して畑に撒いたり、友人に犬のオシッコの処理用に上げたり、色々と試用しております。
生ゴミ堆肥作りの折に抜く液を500倍希釈で野菜に潅水してますが(未だ一週間前に一回のみ)こんな間隔で良いんでしょうか


A.生ゴミ処理はうまくいかないことも多いのですが、出る液肥を薄めて使われているとのこと、臭さもないのでしょうから成功していると思われます。液肥はゴミの水分によって出たり出なかったりするので気にする必要はありません。漬物や糠床に近いニオイなら大丈夫です。ただ生ゴミ液肥は変質しやすいので保存はしないようにしてどんどん流しましょう。
使い方も色んなところに使用されているので、そのうちに何か一つは「これはスゴイ」というものが出てくるはずです。濃度も十分です。水垢や腐ったもの、トイレの消臭に使うときは100倍くらいでもいいと思われます。根気よく続けることです。野菜の種を一晩浸けるのもいい方法ですね。発芽がうまくいくと思います。
慣れてきたら活性液や米のとぎ汁を醗酵させてEM1原液の代わりに使えばより経済的です。



Qゴミ箱BBスペシャルを洗って、発酵液を薄めたのに3日つけた後、日に干して3日目になります。発酵液を薄めたのを時々スプレーしていますが、まだニオイがとれないのです。どうしたらいいでしょうか?

A
.EM発酵液を入れた風呂の残り湯が温かいうちにバッサリ洗って干すのを1−2回やれば相当おさまると思うのですがどうでしょうか。
生ゴミに薄めた醗酵液をかけてしっかり絞ってから処理するのと、多めのボカシで処理するようにすれば少々においが残っていても次回はそれほどでもなくなると思います。液肥は汚くなりますが、乾いた糠を入れるのも一考です。


Q.生ゴミ処理用のバケツで液肥を抜きながら溜めていき、一杯になったのでポリバケツに移して2週間保管して、開けてみたら蛆が湧いていました。

A
.一杯になってから保管している間も水分は相当出ますから、ゴミかボカシから蛆が湧いたものと思われます。ビニール袋で、水分が残ったままのゴミとボカシを放置しておいたら(どこからも蝿が入る余地はなかったはずなのですが)ニオイはそう悪いものではありませんでしたが、蛆が湧いた経験があります。
出来る限り水分を取り処理する、液肥は土に埋めるまで抜く、完全に密閉させる、ことが大事ではないかと思われます。ゴミに米とぎ汁醗酵液をまんべんなくかけて、絞ってから処理するようにすると、蛆が湧くのは避けられる気がします。


QEMボカシをお風呂に入れてもいいと聞き、手のゲンコツ位の量(テニスボールくらいですか……)をストッキングに入れて浮かべてるのですが(量的に多いでしょうか、少ないでしょうか?)、そのお湯をハマさんの醗酵液のお風呂の残り湯のように掃除や洗濯や、洗車などに使っても効果はあまりないでしょうか?

A
.EMボカシを風呂に入れるのならこぶしくらいの量でいいと思います。もちろん残り湯は掃除にも洗濯にもなんでも使えますよ。ボカシよりは活性液や醗酵液のほうがいいように思います。
.

.

米のとぎ汁発酵液&活性液&ストチュウに関するQ&A

セラミックス、その他に関するQ&A

EMぼかし、生ゴミ処理に関するQ&A

EMでお洗濯