イヌガラシとスカシタゴボウ

イヌガラシ

イヌガラシ(犬芥子)はアブラナ科の強害雑草として嫌われ、名前も芥子菜(カラシナ)に似て役に立たないと言う意味でイヌガラシと名付けられた花であるが、若い葉は食べられる。
イヌガラシ属には日本在来種として、イヌガラシ、スカシタゴボウ、ミチバタガラシ、コイヌガラシが有り、帰化植物としてキレハイヌガラシ、ミミイヌガラシがあるが、この地方の散歩道でよく見られるのはイヌガラシとスカシタゴボウである。
いずれも雑草性が強く、水田の畦、田の周り等、いたる所に生育し、群生すると休耕田等をしばしば黄色に染める。

スカシタゴボウ 

  イヌガラシ        スカシタゴボウ      スカシタゴボウの群生

イヌガラシもスカシタゴボウも良く似ていて一見区別は難しいが、アブラナ科の特徴である長角果(長い実)が写真のようにイヌガラシは長く、スカシタゴボウは短いので長角果をみればすぐ分かる。

 次へ

最初のページへ戻る