傘をさして BY ALP *音楽を手動再生式に致しました*


南紀大島の気象に関することわざ
南紀大島の周辺地先名
南紀熊野に関する管理人の覚え書き(子供たちに伝えたいことなど)



当HPは、写真担当の夫(首都圏に住む会社員)と絵本および文章担当の妻で作っていきたいと思います。
(近頃、夫はカメラをしまいっぱなしにしていますので、私、自主運営中。)


  ※ 最新の日記はこちらです → 『瀬音のジオログ』

『管理人メモ』あるいは『ネット上の孤島日記』  2004/11( 以前の日記は頁末にあります ) 

11/30 曇・快晴。午前6時30分の屋外温度6度。(日中も肌寒)

     今日のおやつは抹茶&小豆の焼きっぱなしケーキ。(小豆は北海道産の新豆、ぜんざいも◎)

     「変な音がする?」と振り返ると、子がラジコンのパジェロを車庫入れしていました。
     手で片付けた方が早いと思いますけど…。


11/29 晴。本日も洗濯日和。

     今日は一つのことをやりこなすのに、普段の倍の時間が掛かるように思います。
     こんな日も、どんな日もある…。

     「高野・熊野ワールドヘリテージレンジャー(WHR)」についてメモ書きして
     みました。


11/28 快晴。今日も穏やかな一日。

     夜帰宅する途中、住宅街の一角にクリスマスのイルミネーションが点り、
     とても綺麗でした。子も大喜び。

     10月後半からジオログというブログサービスが始まっています。
     日記兼覚書用に使ってみようと思い、ただ今テスト中。



11/27 快晴。 暖かな一日。(日中は半袖)

     昨日のことです。ベージュのコートを着た50代半ばくらいの男性が、
     仏像の前で両手を合わせ拝礼してから鑑賞していました。
     展示品は人の手によって創り出されたものですが、寺社でならば
     信仰の対象となっている訳で、この方のような心を忘れていた自分が
     少し恥ずかしくなりました。(美術品的に見ていた)


     それにしても、今日は本当に気持ちの良い洗濯日和でした。


11/26 曇・晴・夜は大風。 朝よりも夜の方が暖かい気がします。(いしわり風?)

     砧公園 寒桜満開        砧公園内 寒桜が咲いていました。(画面中ほど)


     世田谷美術館『祈りの道 吉野・熊野・高野の名宝』展に出掛けました。
     郷土の歴史や文化を知らないで暮らしている管理人ですが、音声ガイド(500円)を
     借りて展示品についての説明を聞きながら館内を見学でき、よい勉強になりました。
     (11/20〜1/23 東急田園都市線 用賀駅からシャトルバスで約10分)


11/25 快晴。今日も暖か。(早朝は寒)

     駅前で用事を済ませ、午後2時前に帰宅。
     もうすぐ師走。金融機関はどこも混雑していました。

     デジカメを床に落としてしまったのが原因で、ズーム機能が変に。
     指先にも老化の影。(両方、悲しい)


11/24 晴。午後8時の屋外温度12度。(暖かな一日)

     午後からドタバタ…。

     ここ数日、新聞におもしろい記事がたくさんありました。
     日経新聞では『シリーズ遅咲きの人 宮本常一』や『北海道新聞のぶんぶん号』(移動印刷所)、
     毎日新聞では世田谷美術館『祈りの道 吉野・熊野・高野の名宝』展で行われた講演会の話題や
     今後の講演予定など。昨日の『第五福竜丸展示館の写真展』も毎日新聞からです。

     興味のある記事が多いと、とても得した気分になります。


11/23 晴。日中は暖か。(朝夕は寒)

     クリスマスプレゼントの下見。

       機関車を買ってくれろと泣く子かな (管理人作?)

       よそのお子さんが「(木製の)機関車を買って〜」と泣き叫んでいました…。


     写真展「マーシャル被爆50年と地球」 『第五福竜丸展示館』 にて、開催中とのこと。
     (開催期間 11/20〜1/23)


11/22 快晴。 午前7時の屋外温度7度。日中は暖か、日陰はそれなりに寒かった…。

     慌しい一日。
     風邪が流行ってきています。

     昨夜の月

     昨夜の月、ペアサッシを通して撮影。月の左に、もう一つ月が薄く映っていたので撮影してみました。      (猫の目のようでした)


11/21 晴。

     日記はお休み。




11/20 晴。

     目黒区にて撮影。(管理人の携帯電話のカメラ、画質良くないです)

     並木道

     近年の歩道整備は何処も似たり寄ったりですが、東京のチベットとは雰囲気が違いました…。


11/19 雨。午後4時30分の屋外温度13度。(寒)

     今日も雨、洗濯物は乾燥機に任せるしかない。(やはり気になるのは電気代)
     おやつには黒豆ココア入りのパウンドケーキを焼きました。



11/18 午後から雨。(寒)

     昨日の『やくしゃ』の捉え方、間違いかもしれませんので、そのうち(忘れた頃)
        『千葉県 浦安郷土博物館』 にて、
     確かめてみたいなと思います。

     朝から電話がひっきりなしに掛かってきて、落ち着かない感じ。
     長電話は苦手なので(電話そのものが)、急ぎの用で無い限りメールを使うのですが、
     久しぶりにR母の声を聞き、互いの近況報告など〜。
     受話器を置いた後、何となく心が軽くなりました。


11/17 晴。 午前6時30分の屋外温度6度。(日中は暖)

     ちょっとした発見がありました。
     NHK総合テレビの番組で、千葉県浦安の方言を紹介していたとき、『やくしゃ』という
     言葉を聞きハッとしました。
     「他所から働きに来ている人」の意味らしいのです。
     (家事をしながらチラチラ見ていたので、明言できないのが残念…)

     大島の水門祭り(みなとまつり)の稚児行列を「つるの儀」と言い、稚児たちを『役者やくしゃ』と
     呼びます。稚児は「潮うち、似士子(まねき婆)、宿直とのい(包持ち)、上臈じょうろう、
     酒しぼり、弓持ち、連雀れんじゃく、籠持ち(かごふり)、商人」などの役を割り当てられる
     ので、それに『扮する』意味で『役者』と呼ぶのかと思っていたのです。

     下のHPの「2.愛隣小史」の文章中に『力役者』という言葉が記されていました。
        『アンコ考研究ノート』
     「力仕事をする出稼ぎ労働者」の意味のようです。(勝手にリンクしてしまいました)
     『ちからやくしゃ』と読むのなら、稚児がなる役者の『役』は、労役・賦役(夫役)の
     『役』の意味を表現しているのかな?と思ったのでした。
     (勘違いかもしれません)


11/16 晴。 午前6時30分の屋外温度8度。 日中は暖か。

     学校行事、終わった頃に思い出し…。後の祭り。


11/15 雨・夕方から晴。 午後7時30分の屋外温度12度。(寒)

     今日明日は予定も無く、のんびり。

     昼食用に『うけじゃ』(仙人のおかゆ)を作って食べてみました。
     子どもの頃は物珍しくて美味しく思えたのに、今日は自分自身が驚くくらい(ショック)
     それほど美味しく感じられなかった…。

     『うけじゃ』は、香ばしく煎ったお米とサツマイモで作ったお粥。(塩味)
     きっと戦争中や食料の足しない(足りない)時代に考え出されたものだと思います。
     おやつの時子どもに出してみたら食べてくれていたけれど、美味しいと感じられなく
     なった自分がまともなのか、情けない存在となったのか。

        うけじゃ(仙人のおかゆ?)
     お米を煎るのに時間がかかるので、スローフードには違いない…。


11/14 曇。午後5時の屋外温度13度。(肌寒い一日)

     珈琲の買出し。
     店長、てんてこ舞い。アルバイト募集中の張り紙。

     落ち葉の色が明るくて、晩秋の物悲しい雰囲気はさほど感じない。


11/13 晴。朝夕は気温低め。

     用事で他校へ。
     シスターのお話を伺い、母は感動して帰ってきました。
     『人を育てている』のだな…。(身につまされます)

     化粧気のないお顔で優しく応じて下さり、ほんの二言三言の会話なのに
     心が癒されました。
     子の言葉を借りるなら「オーラが出ている」のでしょうか。


11/12 雨・曇。日付が変わる頃から本降りに。

     『串本町大島の樫野崎灯台』 をUPしました。
     宜しければご覧ください。
     潮岬灯台の方が有名ですが、樫野崎灯台の方が管理人好み。
     写真は以前に日記で使ったものがほとんどです。

     外に出る用がなかったため、一日のんびり。(有難い)
     子のおやつに、リンゴとサツマイモ入りケーキ(シナモン風味)を焼きました。


11/11 曇。 午前8時の屋外温度14度。

     降りそうで振らない空模様。湿り気を含んだ生暖かい風。

     クリーニングを取りに行ったとき、下校途中の一年坊主が雨傘をお猪口状にして
     遊んでいるのを見掛けました。 …すぐに壊してしまうのも当たり前です。
     (自分もやりましたけど)


11/10 晴。 本日も洗濯日和。

     夕方、駅前へ。
     日暮れが早くなりました。商店街の明かりが灯りはじめると、
     今日はそれほど寒くも無いのに、心が温かくなるのを感じる母でした。

     庭の片隅に千両の実が色付いているのを発見。
     (もう、そんな季節なんだ…)

       いくたび病みいくたび癒えき実千両 (石田波郷) 


11/09 晴。 日中は暖か。

     空気が淀んでいる感じ。それでも洗濯日和。

     子、校外学習で沢山歩いたそう。
     ブツブツと文句を言いなさんな…。(言うものではない)


11/08 曇。 無風。(洗濯物が乾きにくい)

     昼前に役所まで。
     サラリーマン風の40代後半の男性が、白人の綺麗な奥様(多分)を大声で罵倒。
     些細なことが原因だったらしいのに、何だか気の毒。
     私も周囲の人らも凍ってしまった…。

     路で見たもの、山茶花、生垣から顔を出した小菊、美味しそうな温州蜜柑(豊作)。


11/07 晴。 今日も暖か。

     子と約束していたチューリップの球根を買ってきました。
     植え付けは父子に任せ、母は休憩…。(しんどかった)
     リフレッシュさせてもらえたので、明日からまた頑張ろう。


11/06 曇・晴。

     買出し、子どもの用、今日も慌しい。
     銀杏並木、桜並木、欅並木、様々な植物の紅葉(黄葉)が美しくなってきました。

       銀杏の落ちては空を深くせり (栗原米作) 


11/05 晴。

     学校の用、ひと段落。(ほっ…)

     下は一昨日の紅葉。(3枚しか写せなかった)

     紅葉



11/04 快晴。 日中、半袖。

     忘れ物を届けに学校へ。(体に堪える)
     爽やかなお天気ですし、健康のため坂道を上れということか…。
     (まあ良い方に考えましょう)

     午後は、明日の準備。(疲)


11/03 晴。 セーターでは暑かった。

     お天気が良かったので高尾方面へ。紅葉が進んできました。(デジカメ電池切れ)

     昨日のこと、アスファルトの歩道上に芽の出たドングリが転がっているのを発見。
     指で摘まんで植え込みに移動。
     あのドングリも下の画像の木のように、何とか育ってくれるといいです。

     クリック → 夏に田舎の海岸で写した木。(データ重いです)

     (気のせいですが、岩が睨んでいるように見えます…)


11/02 晴。 今日も暖か。(暑)

     午後、学校の用。

     珈琲豆屋にて読みかけのまま心残りだった雑誌、書店で買ってきました。
     でも、図書館の本の返却期限が気掛かり。

     (明日がお休みだと思うと嬉しい…)


11/01 小雨・曇。 すっきりしないお天気。(風もなく暖か)

     午前中、学校の用。
     ちょっと落ち込み気味でしたが、一年生のヒヨコちゃんたちの黄色い帽子姿に
     元気をもらって帰宅。(夕方、青空)



 2004/10のメモ  2004/09のメモ  2004/08のメモ  2004/07のメモ
 2004/06のメモ  2004/05のメモ  2004/04のメモ  2004/03のメモ  2004/02のメモ  2004/01のメモ
 2003/12のメモ  2003/11のメモ  2003/10のメモ  2003/09のメモ  2003/08のメモ  2003/07のメモ
 2003/06のメモ  2003/05のメモ  2003/04のメモ  2003/03のメモ  2003/02のメモ  2003/01のメモ
 2002/12のメモ  2002/11のメモ