N.deaiana

株の割に大きな袋をつけるデアニアーナですが、茎が20cmほど立ち上がっても同じような袋を付けています。ウツボカズラとしては珍しい性質です。今、株の株から脇芽がでていますのでそれに付いた袋がどのような形なのかが楽しみです。

栽培は簡単でミズゴケに植えて水をかけるだけです。低温にも比較的強く、高温にも耐えます。フィリピンのパラワン島で採集されたもののようで、記載された株とは、少し違うという話も聞きましたが、標本が紛失しているので確認のしようがありません。

大きな鉢に植えて、充分育てて本来の姿を見てみたい種です。

ウツボカズラのページへ