泉南飯盛山
私にとって、何もかも初めての地へ
  2004/3/14   

飯盛山山頂での記念撮影。こんな盛大なハイキング、他ではチョット見ること無いですね。     
360度絶景の飯盛山山頂で
こんな感じの尾根道歩きが続きました
高野山(たかのやま)山頂にて
孝子観音の境内までみんな元気に下りてきました。
ふもとではすっかり春に!?
いえいえ、このサクラだけなぜか・・・
やっぱり最後はこれです!
志水 磨美
さん

 
 今回のハイキングも楽しかった。

 私は、前からKansai Time Out を見て、一度参加してみたいと思っていました。今回で二回目になります。前回も楽しかったので今回も参加しようと思いました。今回は前回よりも少しきつかった。

 今回は今まで聞いたことのない飯盛山と言う山へ登りました。そして、今まで乗ったことのない南海電車に乗り、何もかも初めての地へ。そして岬公園駅へと降り、坂道の住宅街を抜け、山へと向った。

 今回の山道は細くそして長く崖があったり、急な登り坂、下り坂が多かったように思えました。そして、ところどころでワラビを見つけ、英語で何ていうんだ?何て思いながら、アメリカの方に聞いてみると、「I don't know」と言われ、持参した辞書を調べてみると“braken”というそうです。(少し賢くなった!!)

 急な登りや下り道を行き、頂上に着いたときは、絶景の本当にいい景色でした。HPに載ってあるとおりの景色が見られて感動。そこでお昼を食べ、皆さんからチョコやらビスケットやらみかんをいただき、そこでいろんな冗談を言ったり、笑ったりして、今までにない幸せを感じました。

 そして、出発すると、下り坂や階段が多く、つま先が痛かった。帰りの道も狭く何度も滑りそうになり、孝子観音で小休憩を取りました。のどかな風景を見ながら孝子駅へ、さすが田舎の駅だなあ、と思いました。小さなプラットホームは、ランブラーズの人達で埋め尽くされました。帰りの電車の中では、疲れているせいか少し長く感じました。みんな元気なのには驚かされました。

 難波駅へ着き、銭湯へ行く人、レストランへ行く人、帰る人に分かれて、私は、残念ながら行けなかったんですが、、、

 二ヶ月前、福西さんに電話をして良かった。日本で生まれ、日本で育った私が、いろんな国の人達と話せるランブラーズに来て本当に良かった。

 これからもずっと体が続く限り参加したいと思います。  

もどる