諸君 私は掃除が好きだ
諸君 私は掃除が好きだ
諸君 私は掃除が大好きだ

拭き掃除が好きだ 掃き掃除が好きだ はたき掃除が好きだ
磨き掃除が好きだ  カビ落としが好きだ 曇り取りが好きだ 雑巾がけが好きだ
ゴミ捨てが好きだ 整理整頓が好きだ
玄関で 廊下で 居間で 寝室で 台所で 風呂場で トイレで 子供部屋で 書斎で 庭で
この地上で行われる ありとあらゆる掃除行動が大好きだ
パワーブラシ付きの 掃除機のノズルが 轟音と共に塵芥を 吸い込むのが好きだ
空中高く舞い上げられたほこりが 光反射できらきらとした時など 心がおどる
スチームクリーナーから吹き出す 88度の蒸気が 黒カビを撃破するのが好きだ
意を決して 燃えさかるコンロから 取り出してきた五徳のこげを 重曹でこそげ落とした時など 
胸がすくような気持ちだった
穂先をそろえた ほうきの茅の横隊が 隅のわたぼこりを 蹂躙するのが好きだ
恐慌状態の新妻が 既に息絶えたゴキブリを 何度も何度も叩いている様など 感動すら覚える
敗北主義の汚部屋者達を スレ違いと 吊るし上げていく 何様ぶりなどはもうたまらない
毎月届くカードの請求書が 私の手の回転ともに 金切り声を上げるシュレッダーに 
ざくざくと細切れにされるのも最高だ
哀れな蒐集家が 雑多な趣味嗜好で 健気にも集めてきたものを 地味なタレントの指揮のもと 
ブルドーザーが 家屋敷ごと木端微塵に粉砕するTV番組など 絶頂すら覚える
みやげの妙な置き物で インテリアを滅茶苦茶にされるのが好きだ
必死に守るはずだった床面積が蹂躙され フローリングが犯され覆われていく様は 
とてもとても悲しいものだ
書籍の物量に押し潰されて 殲滅されるのが好きだ
洋服の流行に追いまわされ 脱いだ服が地べたに溜まりまくるのは 屈辱の極みだ

諸君 私は掃除を 地獄の様な掃除を望んでいる
諸君 私に付き従う 汚部屋脱出者諸君 君達は一体 何を望んでいる?
更なる掃除を望むか? 情け容赦のない 糞の様な掃除を望むか?
重曹石鹸クエン酸の限りを尽くし 三千世界の鴉を殺す 嵐の様な清掃を望むか?

掃除!! 掃除!! 掃除!!

よろしい ならば掃除だ
我々は満身の力をこめて 今まさに振り下ろさんとする握り拳だ
だが この暗い汚部屋の底で 半世紀もの間 堪え続けて来た我々に ただの掃除ではもはや足りない!!

大掃除を!! 一心不乱の大掃除を!!

我らはわずかに一個大隊 千人に満たぬ汚部屋脱出者に過ぎない
だが諸君は 一騎当千の古強者だと 私は信仰している
ならば我らは諸君と私で 総力100万と1人の掃除集団となる
我々を忘却の彼方へと追いやり 眠りこけているダンナも叩き起こそう
髪の毛をつかんで 引きずり下ろし 眼を開けさせ 思い出させよう
連中に清潔の味を 思い出させてやる
連中に我々の 精油エタノール水を吹きつけてやる
天と地とのはざまには 奴らの哲学では思いもよらぬ事がある事を思い出させてやる
一千人の掃除鬼の戦闘団で ゴミを燃やし尽くしてやる

全掃除機発動開始 ウェーブ・クイックルワイパー始動
目標!! 全床 可視率100パーセント 

征くぞ 諸君





MENUへ戻るぜ( ゚Д゚)ゴルァ!!