◇臨死体験・気功・瞑想  臨死体験の世界を探求する

『臨死体験・いのちと覚り』(美しき臨死体験)

 詳 細 目 次 

第1章 臨死体験の不思議

 1 鈴木秀子氏の「臨死体験」
◆命の光に包まれる
   ◆宇宙と一体となる     
     ◆光がくれた超自然的な力  

2 ムーディーからリング、セイボムへ
  ◆魂を揺り動かすムーディーの本
◆これが典型的な臨死体験だ
       ◆臨死体験を学問の対象にした心理学者と心臓医     
◆日本では? 立花隆氏が問わなかったこと  

3 臨死体験と癒しの能力
◆臨死研究、そのさまざまな謎
       ◆病気が治り、癒し能力が目覚める     
         ◆体験者は宇宙エネルギーに目覚める    
◆気功と臨死体験の関係とは 

4 「光」との出会いと「悟り」体験  
       ◆光にすべてを知りつくされて     
◆光にまつわる謎は深い
◆人生がすがすがしく晴れ渡る     
◆科学で説明しきれない二つの不思議
     ◆死と結びつかない臨死体験?

第2章  さまざまな意識変容  

1 「未来からの生還」
      ◆電話口への落雷で臨死体験
  ◆殺人場面の人生回顧
◆地球終末のビジョン
   ◆「光の存在」に託されたこの世の使命     
◆再度の臨死体験で喜びの人生回顧   

2 死への態度の変化
         ◆人は幻覚で成長しうるか     
◆死の恐怖の減少
 ◆死後の生への確信     
◆自殺未遂者は癒される  

3 生への態度の変化     
 ◆積極的で前向きな人生へ
◆あるまがままを受容する
◆生きる目的の自覚     
  ◆愛、思いやり、寛容さの増大
        ◆物質的欲望から精神的・霊的関心へ

第3章  宇宙意識の目覚め  

1 ユングの臨死体験
◆宇宙の高みから地球を見る
            ◆「私は存在したもの、成就したものの束である」
◆あるがままにイエスという  

2 宇宙との一体感
◆宇宙との一体感と全一性
     ◆「すべてのものは循環している」  

3 高木善之氏の臨死体験
◆瀕死のオートバイ事故
   ◆「地球は生きているんだ!」
◆「光の世界はゼロ次元」
◆地球破滅の未来を見た
   ◆「非対立」のエコロジー運動
◆心の垣根を超えて

 第4章  脳が生み出す幻覚なのか    
臨死体験の科学的研究(1)

 1 臨死体験の統計的分析
       ◆臨死体験が発生する割合は?  
              ◆「臨死」なき臨死体験はナンセンスか     
           ◆「あの世」と電磁界を比べてみると    
         ◆臨死体験の各要素が出現する割合
     ◆死に方による違いはあるのか
      ◆臨死体験の個人的背景     
             ◆インド人はあの世への誘いを拒絶する   
◆三途の川とお花畑  

2 臨死体験の神経生理学的な研究
   ◆酸素が欠乏すると臨死体験をする?     
◆臨死体験は脳の無秩序な興奮による?
◆脳の発火がトンネルと光を演出する?
   ◆「安らぎと至福」はエンドルフィン効果か     
      ◆エンドルフィンで光の神秘性と愛を説明できるか

    第5章  体外離脱は真実か?       
            臨死体験の科学的研究(2)   

1 それは真実として立証できたのか
        ◆心臓病専門医は体外離脱の真実性を実証したか
       ◆メーターの針の動きを正確に語った体外離脱者
               ◆「自分の足の付け根に注射するのを上から見た」のは本当か
    ◆「私の心臓をあちこち切って取ってましたよ」
   ◆見舞いの家族を心停止中に確かに見た!
     ◆体外離脱中に見たテニスシューズの謎
◆盲目の臨死体験者はいるのか  

2 「体外離脱=脳内現」象説への批判     
       ◆鳥瞰図風にインプットされた記憶が体外離脱の幻覚となる?
◆痛覚から得た情報で浮遊のイメージは作れない
      ◆痛みがないのに痛覚から「現実」をイメージできるか     
◆体外離脱者は自分の肉体を自分と認識できない

第6章 成長と自己超越  

1 人生回顧はなぜ起こるのか
  ◆人生回顧もエンドルフィン効果で起るのか
    ◆大脳の記憶装置のマヒで人生回顧?     
◆側頭葉の電気刺激で体外離脱が!  

2 人生回顧で成長した人々
         ◆自分の行為が人に与えた影響を回顧     
◆詐欺師の生き方が変わった     
◆言い訳もはぐらかしもできない
◆一挙一投足に責任がある     
◆回顧で心の傷が癒された  

3 人はなぜ変化・成長するか:その還元主義的な説明
◆「自己」からの限りなき解放
      ◆「自己」は小さなガラス・ケース     
         ◆脳機能の崩壊で「自己」モデルが破壊?  

4 成長から悟りへ:脳内現象では説明できない事実
◆「自己」はほころんで超られていく
    ◆受容の中で「自己」は変わる(カウンセリング)
      ◆「自己」という壁が崩れて命が躍動する     
◆紫陽花の若葉からまばゆい光が

第7章 悟りと臨死体験  

1「自己」超越としての覚醒体験
         ◆禅の僧侶の悟り「無限の光りが私の内に輝いて いた」     
◆念仏者の悟り「自分の外が内に見える」     
◆武道家の悟り「日月星辰はことごとく我がもの」
     ◆限界状況と悟り「架空の観念を握りしめていた」     
◆大いなる命に目覚める

2 臨死体験の中の自己超越   
◆宇宙との一体感とすべては一つ  
◆あるがままを愛し、受け入れる  

3 マズローの「自己実現」と「至高体験」
◆完全に発展を遂げた人間の研究
◆「これまで花を見ていなかった」
◆架空の観念を握りしめていた
◆喜びと驚きと感謝の念に満たされる

第8章 光・仏教・日本人

 

1 覚醒体験と光

◆いなずまのような「光」が横切る
◆すべての人の額が光明を放つ
◆大きな光が知的にわたしを照らし     
◆宇宙は「光」の織物だ  

2 日本人と「光」体験

◆「光」体験が少ない日本人?
◆「原始的感覚事実」を超えた神秘な「光」
◆海のような大きな力に支えられて     
◆夢で出会った「光」の懐かしさ     
◆「光」は認識機能を増大させる     
◆神様は私の最も本質的な部分     
◆臨死体験者は宗教を持たなくなる  

3 仏教と臨死の「光」

◆「空」と「清く輝く心」
◆ヴィルシャナ仏と大日如来の「光」
◆阿弥陀仏の無量の「光」
◆浄土と臨死の「光」  

4 『チベットの死者の書』

◆死者を導くガイドブック
◆心の本体は純粋な「光]
◆『死者の書』を読みつづける四九日間
◆チベット仏教理論から臨死体験を見直す

◆「光」が万物の根源だとすれば  

 

第9章 結び


ネットワーク 掲示版・リンク


to HOME英語の名言・癒しの言葉

.

Google