参考図書とリンク

ミミズ関係の図書とサイト
お世話になった本とWebを集めました。

●「りんく」

みみずコンポスト
http://home.jps.net/~mimizu

みみずコンポストを始める人は、必ず見ておきましょう。最近、私はここの掲示板を見ないと眠れません。

ヒロさんちのミミズたち
http://www.netlaputa.ne.jp/~hiropage/mimizu/index.htm

私がみみずを飼おうと決意したホームページ。みみず箱の作り方がわかりやすかったこと、みみず箱へのこだわり、みみずに対して感じるやさしさなど魅力にあふれています。だいぶお世話になりました。 最近、HPの更新がなくて残念です。

みみちゃんプロジェクト
http://www.tcn.ne.jp/~themoon/f-m-mimityann.htm

ムーンさんのホームページ。文章も写真も好きです。更新はしないのかな?いままで、ありがとうございました。

ミミズにエサやってます
http://www2.ocn.ne.jp/~makiki/index.htm

とても丁寧な説明でわかりやすいホームページです。子供のページもあります。マウスを動かすとミミズがついてきて、私は、いつもこれで遊んでしまいます。

猫のひたいで野菜
http://nekonohitai.hp.infoseek.co.jp/

コンポストの良いところ、悪いところ、我慢のしどころが、わかりやすく載っています。フロースルー型ミミズコンポストの作り方は、私も参考にしました。感謝!!。 ミミズの脱走で困っている方は、ミミズ大脱走体験記へ。

工房"もちゃむら"
http://www.cityfujisawa.ne.jp/~at_mocha/index.html

ドラえまんさんのHP。ミミズに興味のある人は、必ず見て欲しい。ミミズの研究は、どれも興味のあるものばかり。掲示板も参考になります。

がんばれミミズ君
http://www5f.biglobe.ne.jp/~pinawa92/index.html

中山さんのHPです。ワインの木箱でミミズ箱を作っています。まだ、出来たばっかりのHPですが、中山さんの発想は、とても面白いので、これからが楽しみです。

お散歩ウラドオリ
http://plaza.rakuten.co.jp/liveshow

お散歩ウラドオリ。私が、毎日、日記を楽しみにしているHP。特に怒った日が好きな、不謹慎な読者です。「奇特なあなたに」なりたくて、だまってリンクすることにしました。 掲示板にでもあいさつしに、行きたいのですが恥ずかしくて....。

栗本慎一郎氏のWebページ
http://www.homopants.com/

栗本慎一郎氏は、私が学生時代にはまりにはまりまくった人。若者を叱咤激励し未来に対する希望を与えてくれた。 ミミズについてのページは、ありませんが、ミミズの酵素についての記述があります。最近、HPの更新がないようです。心配です。

バムケロページ
http://www.bamkero.com

絵本作家島田ゆかさんのHP。ミミズとは、まったく関係がありませんが、私の好きな絵本なので..。「変な犬」だとか、「カエルは嫌い」とか、思わずに 読んでみてください。出てくるすべてのキャラクターがいとおしくなります。私は男でいい歳ですが、このキャラのヌイグルミが欲しい!

その他

その他、たくさんのホームページのお世話になりました。

●「参考図書」

タイトル人物名(敬称略)出版社刊年
生ゴミを食べてもらうミミズ御殿の作り方佐原みどりヴォイス出版2000
ミミズコンポストで困ったとき開く本。ミミズコンポストマニュアル本。
だれでもできるミミズで生ごみリサイクルアッペルホフ科学教育研究会1999
飼い犬と飼い主は、似るというので、20年以上ミミズを飼っている人は、どんな人なんだろう?っと 思ったが、とても優しそうな方で安心しました。内容は、日本の環境と違うところもありますが、リサイクルについてとても勉強になります。
みんなでためすミミズコンポスト・マニュアル―学校・地域で学ぶリサイクルビネー・ペイン合同出版2002
中規模ミミズコンポストマニュアル本。この本を読んだ日、私は夢を見ました。私と妻の周りに、子供達が集まりミミズコンポストをしている夢です。興味に目を輝かし、溢れんばかりの笑顔の子供達と幸せそうな妻がいました。 みんなで、楽しくミミズコンポスト。早くこんな日が来ますように。
みんなでしらべたミミズのふしぎ柴智行童心社1986
小学生がミミズを調べたら・・。いろんな実験がおもしろい。私もやってみたい。
動物たちの地球(第2巻)   朝日新聞社1992
写真がすごい。産卵、落ち葉を食べる、糞をするところの写真、交接シーンでは白い精子が・・・。
ミミズの生活を調べよう渡辺弘之さ・え・ら書房1983
図書館で、最初に出合ったミミズ本。ミミズの生活について、さらに、興味がわきます。
ミミズが鳴くってほんとう?谷本雄治アリス館2001
調べる事のおもしろさが、伝わってきます。自分で確かめるって大変だけどとっても大切。
ミミズ養殖読本斉藤勝朝日出版1977
養殖ブームってあったんでしょうか?ミミズに対する情熱は凄いです。ただ、儲けるとなると・・・。
脳梗塞、糖尿病を救うミミズの酵素栗本慎一郎たちばな出版2001
サブタイトル「秘密は血管を浄化するミミズの酵素にあった!」「ある不思議な動物が 人間にくれた贈り物である。この動物は、人に文明をもたらしてくれ、生命科学をもたらしてくれた。」(引用) ミミズについては、第3章だけですが、ぜひぜひ読んでください。ミミズが神様に思えてきます。
原色図鑑 野外の害虫と不快な虫梅谷献二全国農村教育教会1994
シロヒメミミズの卵包の写真が載ってます。ちなみにミミズは、「古くから人間とつき合い、有益な生き物される。」とし、「無害」に分類されひと安心。
校庭のクモ・ダニ・アブラムシ石井規雄外全国農村教育教会2001
ダニや土壌生物について、わかりやすく載っている。ベソッカキトビムシの写真あり。「アメリカでは(途中略)ミミズ調理のコンテストが実施され、高校生がハンバーグを作って優勝したというニュースもあるので、 アメリカでは食用としても利用されているようである。」(抜粋)・・・そうなんですか。
おちばのしたをのぞいてみたら・・・皆越ようせいポプラ社2000
写真絵本。セクシーな写真集とこの本が並べてあったら、私は間違いなく後者を選ぶ。妻と子供ほったらかし本。土壌生物のうんちに感動!!!皆越先生すばらしい本をありがとう。
モグラのもんだいモグラのもんくかこさとし小峰書店2001
モグラが愚痴りまくる絵本。この本を読んだら、モグラに会いたくなりました。モグラと話すことが出来たら、ミミズの話で盛り上がるでしょう。私もモグラもミミズが大好き。
みみずのたっくん さあ、にげろ! 関屋 敏隆ポプラ社 
数少ないミミズの絵本です。たっくんが、地中探検に出かける話。最後のページに歌がついているのが気になる。どんな歌なんだろう?

もどる | Home | つぎ