発明相談日記

坂本兼昭が運営する発明交友会ウェブグループ(発明交友会、発明の部屋、発明相談日記、発明楽園、発明パワー、発明日本がゆく、世界を行く)は、個人発明家に対し、発明の評価・改良・実施化促進・譲渡・相当対価の算定、その他諸々の関連相談に対する適切なアドバイスを行うことで、個人発明家を無償サポートし、究極的には発明の奨励と個人発明家の地位向上を目指す、発明や特許関連の総合サイトです。


★発明家・技術家への推薦図書 ここクリック

TOP| リンク集| 坂本の発明| 復刊推薦サイト集| 発明相談の免責事項| 坂本兼昭のプロフィール(リンク)


※ページ内検索はCtrl+Fで可能です
★発明を楽しみながら発明の勉強ができる 「発明交友会」 へあなたも参加しませんか。
入会者の中で特にご希望の方には、特許をとるためのノウハウ、その譲渡のためのノウハウ、さらには本人でも出来る特許訴訟(本人訴訟)の進め方等々について、 当会運営者 坂本兼昭が長年のそして豊富な経験で培った
「秘伝」を 無料面談によって伝授し、誠心誠意指導致しております。
特許訴訟は現在無敗継続中です。


◇坂本兼昭の代表作品◇

電動油圧式アングルカッター
★写真をクリックすると拡大します


◇坂本兼昭の発明品紹介◇(ほんの一部を紹介しています)
No 製品名 製品の簡単な説明
電動油圧式鉄筋カッター 世界最軽量の電動油圧式鉄筋カッターの提供で、 高所での鉄筋切断加工が容易になり画期的に進歩しました。 >>>>> ここクリック
電動式パイプねじ切り機 世界で初めて本体に樹脂を採用し、二人持ちから一人持ちを可能にした電動式パイプねじ切り機。 初期の発明です。日本国内のほか、フランス、イタリア、ベルギー、西ドイツで特許取得。
写真>>>>> ここクリック
電動式油圧式全ねじカッター 電動油圧式全ねじカッターとして世界で初てステンレスの全ネジを、バリ無しで カット可能にしました。
写真>>>>> ここクリック
電動油圧式アングルカッター アングルの切断、コナーカット、Xノッチ、曲げ、穴あけ等々、手軽に使える万能型の加工機です。上記拡大写真
写真>>>>> ここクリック
充電タイプ「電動油圧式マルチツール」 ツール交換によりいろいろな加工が可能です。
写真>>>>> ここクリック
単相100V電源「可搬式電動鉄筋ベンダー」 単相100V電源、可搬式電動鉄筋ベンダー(世界初)の更なる改良型で、 業界で初めて19型を一人持ち運びを可能にしました。(鉄筋曲げ状態の写真は別機種の参考写真)
写真>>>>> ここクリック
首振り可能な「電動油圧式パンチャー」 既に布設された軽溝形鋼やリップ溝形鋼の穴あけに業界で初めて開発された製品です。
写真>>>>> ここクリック
超寿命のカッター刃 硬材質のピアノ線等にも対応した割れ難い超寿命のカッター刃で、電動油圧式鉄筋カッター用として開発したものです。
写真>>>>> ここクリック




◇発明相談Q&A◇

【注記】以下の回答例は一つの選択肢として参考意見を提供しているものです。最終的判断は自己責任において行って下さい。


新しいデータはこちらにあります>>>>> ここクリック

発明をしたら、まず・・・>>>>> ここクリック


≪2004年度≫


■2004年5月11日(火)---1個人として調べられる最大限の方法とかヒント

【質問5】
「初心者向け検索」にて”特定相手にメッセージを残せるシステム”で表示される申請をしております、****と申します。審査請求を行う前に1個人として調べられる最大限の方法とかヒントがございましたら教えて頂ければ幸いです。

《質問5に対する回答例》
さて、発明交友会の登録時メッセージによりますと、「以前別の申請で審査請求をし、惨敗の過去があります。ネットで検索しょうが特許庁に行こうが、調べる事は無理に等しいと思い、貴殿(御社)のページにたどりつきました。」と書いてありますが、以前に公知技術を調査されたときは、ご自身でされたのですか。それとも特許事務所に依頼されたのですか。また、出願手続きについてはいかがでしょうか。 貴殿の質問の趣旨がはっきりしないので、回答が適切でないかも知れませんが、参考までに申し上げますと、本当は出願前に調査しなければならなかったのですが、それでも審査請求費用も大幅に高くなりましたので、今からでも調査するにこしたことはありません。確かに完璧な調査は出来ないにしても、信頼できるプロでしたら、それなりにかなり高い確率で信頼出来る調査をしてくれるはずです。 特許庁の審査官でも、調査の専門機関(下請け)に依頼して公知技術を探す場合もあります。

問題は、全く同じ公知技術が発見された場合には、拒絶は仕方ないのですが、通常、弱い類似性の場合でも拒絶理由書が来ます。審査官は、まず拒絶理由書を出して簡単に諦めてくれる出願人がいれば、少しでも審査の手間を減らせるわけですから当然のことです。拒絶理由書が来ないで、ストレートに登録になるケースは、むしろ少ないのです。 しかし、拒絶理由書が来てそのあとの対応が大切です。審査官が何を言いたいのか、しっかり見極めることができれば半分成功といえます。 全く同一の公知技術が発見されない限り、審査官の拒絶理由の趣旨が理解できれば、意見書を出したり、場合によっては補正をして、正しい対応させ出来れば、結構登録になる事は多いのです。 ただ、公知技術の調査にしましても、プロに依頼されることは費用も結構高いですから、最近ではインターネットが発達してきましたので、インターネットを旨く利用すれば、個人でも結構高い確率で公知技術を調べられます。 やはり手っ取り早いのは、特許庁の電子図書館にアクセスして、 「初心者向け検索」 を開き、ご自身の発明と関連するキワードを打ち込んで類似性の高い技術を探す方法がよく利用されていますが、調査に当たってはキーワードの選択が「旨い、下手」の差になります。そして出てきた技術を丁寧に閲覧する仕事がまた大変ですが、高い費用をかけ特許事務所へ依頼するのと比較してどちらを選択するかはご本人次第です。

ご質問の趣旨に沿っていないようでしたら、再度ご連絡下さい。




■2004年4月6日(火)---意匠の証拠集め

【質問4】
弁理士さんに相談する前に事前に証拠集め等をしたいと思うのですが、平成11年の法改正前に出願され後に登録された意匠権については、やはり現在でも証拠は日本国内のものに限定されますでしょうか?

《質問4に対する回答例》
平成11年以降の意匠登録の要件は以下のようになっております。
第3条 工業上利用することができる意匠の創作をした者は、次に掲げる意匠を除き、その意匠について意匠登録を受けることができる。
1.意匠登録出願前に日本国内又は外国において公然知られた意匠。
2.意匠登録出願前に日本国内又は外国において、頒布された刊行物に記載された意匠又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となつた意匠。
3.前2号に掲げる意匠に類似する意匠。

《改正》平11法041
2 意匠登録出願前にその意匠の属する分野における通常の知識を有する者が日本国内又は外国において公然知られた形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合に基づいて容易に意匠の創作をすることができたときは、その意匠(前項各号に掲げるものを除く。)については、前項の規定にかかわらず、意匠登録を受けることができない。

《改正》平10法51
  第3条の2 意匠登録出願に係る意匠が、当該意匠登録出願の日前の他の意匠登録出願であつて当該意匠登録出願後に第20条第3項又は第66条第3項の規定により意匠公報に掲載されたものの願書の記載及び願書に添付した図面、写真、ひな形又は見本に現された意匠の一部と同一又は類似であるときは、その意匠については、前条第1項の規定にかかわらず、意匠登録を受けることができない。

但し正確いえば例外規定もありますのでご注意下さい。
詳細な点につきましては、最終的には特許庁で確認して下さい。




■2004年3月19日(金)---特許庁からの補正命令について

【質問3】
特許庁からの補正命令についてお尋ねしたいのですが、補正命令が来て書類を書き直した場合、特許印紙は貼りなおしてまた使えるのでしょうか?
まさか、また買わないといけない、なんてことはあるのでしょうか?


《質問3に対する回答例》
方式違反がある場合は、補正命令が通知され、相当の期間内(通常30日)に補正するよう命じられます。
・補正命令の指示に従い、補正書を提出します。
・指定期間内に補正書を提出しないと、出願却下処分となります。これ以降の修復は不可能です。
印紙代不足の補正であれば当然不足分を補わなければなりません。いずれにしましても補正命令の指示に従うのがポイントです。

詳しくは、下記へお問い合わせ下さい。
方式審査の基準に関する問い合わせは
電話<代表> 03-3581-1101
(交換がでたところで内線番号をお申し付けください)
方式審査課 方式審査基準室 内線2115番
FAX 03-3501-6042
となっております。




■2004年2月24日(火)---こんなものでも特許になるか?そのあとはどうすれば・・・

【質問2】
初めてお邪魔しました。宜しくお願い致します。
今回お聞きしたい事は例えば、タコ糸と輪ゴムを組み合わせたら 健康に役立つ事が出来た場合なのですが、こういう事でも発明に なるのでしょうか?その場合も特許か新案か分からないですけど 出願出来るのでしょうか?
その先どうしたら良いのかまったく分かりません・・・ 発明から出願までの流れ等を教えて頂ければ有り難いのですが。
どうか宜しくお願い致します。

《質問2に対する回答例》
出願は様式が正しければ基本的にはパスします。
特許と実用新案の一番大きな違いは、現在の実用新案は無審査で全て登録になりますので、 特許庁から技術評価書を取り寄せないと、権利の行使がどの程度有力なものか分りません。
その他、権利期間の長さ、出願費用の違い等が主な相違点です。基本的には特許の方が、技術レベルは高いとされていますが、 高度な特許に値するものでも、実用新案として出願することも出来ます。

しかし、最近実用新案の法改正が言われておりますので、近く変わる可能性もあります。
スペースの関係で、あまり詳しいことは書けませんので、前回もご紹介しました弁理士磯兼智生先生の提供されておられる「特許出願ノススメ改訂版」、 http://www.isokanet.com/tokususu/ を是非一度読んでみて下さい。




■2004年1月12日(月)---特許出願の勉強をすれば、初心者でも出願出来るようになるか

【質問1】
東京に住んでおります。特許出願の勉強をして自分で出願が出来るようになりたいのですが、全くの素人の私でも大丈夫でしょうか。 もし参考にするとしたら、初心者向けにはどんな本がよいですか。


《質問1に対する回答例》
初心者でも勉強して出願が出来るようになった方は沢山おられます。本人の努力次第だと思います。
特許出願の場合、特許事務所に依頼すると平均的に出願時点で30万円前後の費用がかかります。
個人で出願しますと、2万1000円+実費で済みますが、慣れないうちは出願内容が不十分なこともありますので、重要性の高い出願の場合には、弁理士の先生にお願いするほうが安心です。

発明交友会のホームページでご紹介している特許事務所では、格安でやって頂けますので参考にして下さい。
なお、出願の勉強をする上でお勧めの本は、東京の大きな書店に行けば沢山ありますので、ご自身の目で確認し、自分のレベルに合った本を求められたほうがいいと思います。
人によって好みがあると思いますが、参考までに申しますと、弁理士の磯兼智生先生の「特許出願ノススメver2」は大変わかり易く、インターネット上で見ることが出来ます。
特許出願ノススメver2





≪2003年度≫


■2003年12月5日(金)---アイデアだけでも発明になるか

【質問11】
宮崎県に住む主婦です。私は長い間入院生活を送りました。そのとき暇にまかせ、いろいろなアイデアが浮かんできました。
発明といえるのかどうか分かりませんが、作ることが出来れば大変便利なものもありますので、商売になるかも知れません。
どうすれば市場に出せるかご指導をお願い致します。


《質問11に対する回答例》
アイデアということですが、多分着想の段階ではないかと思います。
「空を飛んで行く」というのは着想で、その手段となる「飛行機」を考え出すのが発明です。発明の過程でその着想を具体化するのが一番難しいところです。

どうやって具体化するか、一定の方法があるわけではありません。人それぞれ、その人に合った方法があると思います。売り込みの方法についても、その意味では同じだと思います。他人の意見など沢山伺って、自分の性格、環境にあった方法を選択すべきだと思います。

参考までに申しますと、私は1つの発明を完成させる過程で、具体化で行詰ると、夢中で考えます。そうすればたいていの場合、その場面が夢の中に出てきます。夢の中で苦しんでいます。ふと気が付くと、夢の中で具体化のヒントが出てきて過去には発明を完成させたことがしばしばありました。

具体化できましたら出願しましょう。出願しないうちに他人に公開しますと、公知技術となって、権利化出来なくなったり、悪い人に当たると盗まれることもあります。

出願の方法は弁理士さんに依頼すれば一番安心ですが、出願するだけでも1件30万円くらいかかりますので、自分で勉強して自分で出願してもかまいません。初心者でもしっかり勉強すれば出来るようになると思います。出願できたらPRのこと等、改めてご相談に応じたいと思います。

ご自身で出願するのがどうしても自信のない方のために、「発明交友会」では安く出願して頂ける弁理士さんを紹介しています。





■2003年11月3日(月)---出願はしたものの途方にくれております

【質問10】
埼玉県に住む****です。
初めまして、出願はしたものの途方にくれております。
お知恵拝借と掲載をお願いしたく、よろしくお取り計らいください。


《質問10に対する回答例》
掲載しておりますのは、原則として公開公報に載ってからにしております。
理由はいろいろありますが、一番大きな理由は、未公開のまま公開しますと若干問題があるからです。

詳しい理由は下記の私のホームページで紹介しております。
坂本兼昭の「発明楽園」をご覧になって下さい。
あなた様の場合、未だ出願された後、公開されていないのでしょうか。

また、最近掲載のご依頼や、ご質問等も多くなって対応に嬉しい悲鳴を上げております。
一応公平を期す意味で、なるべく全ての方のご依頼に対応したいと思っておりますが、やはり、個人の力は限界がありますので、最近「発明交友会」を結成しました。 よろしかったら是非ご入会戴ければ幸いです。

当会は入会、会費等全て無料です。当会の目的等、詳しいことは「発明交友会」をご覧になって下さい。





■2003年10月3日(金)---発明者の所に私の名前が無く、第三者の名前に化けていた、発明の対価は

【質問9】
坂本先生にお伺いしたいのですが、私は現在会社を辞めて自営をしていますが会社に在職中、職務発明という事で、発明者は私と部下の2名でした。
会社からは出願報奨金1万円と登録報奨金2万円を頂きました。
しかし、転勤等で後で特許公報を見てみると発明者の所に私の名前が無く第三者の名前に化けていました。
部下の名前はありました。会社に抗議したところ報奨金をやっているから良いではないかという事で濁されてしまいました。

登録から数年後、実績報奨金として25万円をもらいました。
この特許を採用したシステムの売上は数百億円にはなると試算されました。こうした時の名誉権はどのようにして回復できるのでしょうか。
会社にも名誉権についても抗議しましたが、報奨金で終わってしまいました。
以上のことに関し坂本先生のご判断を頂きたく宜しくお願い致します。


《質問9に対する回答例》
お尋ねの件、発明の対価はいろいろな条件で異なりますので、もっと詳細な情報、例えば、実際に数百億円の売上があったのか否か、製品の利益率はどうか、実施開始時点での設備投資費用などはどうだったのか、等々、様々な重要な情報を知らなければ正しい判断は出来ません。
したがって、情報無しで、ごく一般的な判断でいえば、実際の売上が数百億円あれば、相当対価としては、25万円の報奨金は少なすぎると思います。
なお、発明者名が正しくないことが証明できれば名誉権は認められます。冒認出願の可能性があり、また名誉権の認められた判例もあります。例えば「H14. 5.23 大阪地裁 平成11(ワ)12699 特許権 民事訴訟事件」がそうです。この判例を読まれると大変参考になると思います。
必要でしたらご希望の方へこの判例のコピーをメールで送信して差し上げます。勿論無料です。

いずれにしましても、金額の大きな話ですので、特許に詳しい弁護士の先生にご相談される価値はあると思います。





■2003年7月16日(水)---「社員の発明は全て会社に帰属することになっている」と言われた

【質問8】
私は特許のことが全く分かりませんので教えて下さい。
私は現在失業中ですが、以前に勤務していた会社で、仕事に全く関係のない発明をして、上司にそのことを話したところ、「社員の発明は全て会社に帰属することになっている」と言って会社の名義で出願してしまいました。
実際には未だ権利化されていないし、製造もしておりませんが、近日中に製造予定です。
このような場合、発明の譲渡対価を会社へ請求できるでしょうか。


《質問8に対する回答例》
先ず、社員の発明が会社に帰属するというのは誤った考えです。
それがたとえ職務発明であっても発明は発明者に帰属します。

仮に社内規定で規定されている場合でもその規定は無効と考えられますので、会社に対して譲渡する義務は全くありません。
もし譲渡するのであれば当然譲渡対価を請求できます。そして、通常は発明を譲渡した時点で対価請求権が発生しますので、あなたの場合、既に対価請求権が発生しています。

ただし、相当対価がどれくらいになるか、現在権利化されていない上、未だ実施化されていないのであれば、発明の評価が大変難しいと思いますが、発明を実施することで得られるであろう将来の推定利益(または推定売り上げ)を 会社とよく話し合って、推定利益(または推定売り上げ)に基づいて相当対価を決定すべきでしょう。





■2003年6月24日(火)---譲渡したいのですが、販売の方法が分かりません

【質問7】
特許が2003・2月に公開されました。
譲渡したいのですが、販売の方法が分かりません。
力を貸してください。


《質問7に対する回答例》
ご依頼の件、私のホームページは無料ですから、取敢えずご利用になってPRされたら如何でしょうか。
公開番号をお知らせいただければ掲載を検討させて頂きます。
しかし、現実は厳しいですから、発明より売り込みの方が却って苦労が多いと思います。
頑張って下さい。





■2003年6月4日(水)---アイデアが有るがどうして良いか判らない

【質問6】
坂本さん始めまして私は岩手の52歳の男性です。
アイデアが有りますが、どうして良いか判らずメールしました。

アイデアと言うのはパソコンで打った文章、電話番号でそのままFAXできる***が出来ないか。
***は有るような気がしますが、***は無いかと思い。
***に***することの出来る***は、アイデアになりますか?

他には介護用肌着、寝たきりとか、風邪を引いた時に、下着の交換、シーツの交換がいやに成ります。
そこで**用品、子供の***用に****は無いでしょうか?
汗をかく仕事、梅雨どき、シーツ、布団、等にも活用できればと思いますが?
以上の2つのアイデアで作って売れるでしょうか?
アドバイスお願いします。


《質問6に対する回答例》
お尋ねの件ですが、具体化されているのでしょうか。文面だけですと着想の段階のような気がします。
発明、考案は着想から具体化して完成するのですが、具体化の部分が最も難しいところであり、重要なところでもあります。
しかも従来にないもの、革命的に進歩したものでないと権利化して世の中に出すのは大変難しいです。

おっしゃっているものに類似したものは、世の中に沢山出ているようです。
例えば、
@BIGLOBE メールによるFAX送信
http://email.biglobe.ne.jp/fax/
http://email.biglobe.ne.jp/blmail/mail/tmail/sendfax.html

Aメールで簡単FAX送信「InterFAX」
http://www.orangesoft.co.jp/interfax/interfax/news/ifnews1.html

このほかにも沢山ありますので、あなたが考えておられるものと、どのように異なるのか十分に分かりませんので詳しくは申しあげられませんが、いずれにしましても特徴を明確に出さないと売り込みは苦しいかと思います。

岩手県ですと、発明協会、岩手県支部がありますので一度相談された方がいいでしょう。相談は無料です。
発明協会、岩手県支部は下記のところにあります。
http://www.hirameki.jiii.or.jp/sibu/iwate/iwate.htm

なお、アイディアを募集している会社はいろいろありますが、出来るだけ出願してからPRしてください。
費用はかかりますが未出願のまま他人に公開しますと、公知技術として権利化出来なくなる場合がありますし、悪意の人に公開しますとアイディアを盗まれる心配もあります。

因みに発明・アイディアを募集している会社を下記に数社紹介します。
しかし、いい発明であればその発明に関連する商品を製造販売している企業であれば、殆どの企業が欲しいはずですから以下で紹介している企業に拘る必要はありません。
インターネットや電話帳などで探して大いにPRして下さい。
但し繰り返し申し上げておりますが、全て自己責任においてPRして下さい。

【発明・アイディア募集会社】

@株式会社ダイヤコーポレーション(家庭用品・ゴルフ用品)
http://www.daiya-idea.co.jp/

A第一精工株式会社(釣具全般)
http://www.fishing-daiichiseiko.co.jp/

B株式会社 ナンバーアイ(釣具のアイディア)
http://www.mamboo.noi.co.jp/

Cマグテック株式会社(マグネットを利用した製品)
http://www.magtec.co.jp/index.html

Dオージーケー技研株式会社(樹脂製品中心・夢のあるものならそれ以外もOK)
http://www.ogk.co.jp/

E桜井工機株式会社(バイク用品)
http://www.cheric.com/

頑張って下さい。





■2003年4月27日(日)---どうしても世に出したい

【質問5】
始めまして。メールで失礼します。
私の発明は、15年以上になりますが、どうしても世に出したいのです。如何なものでしようか。
なお、詳細は下記URLの第一項の「*********」です。
よろしく、ご検討ください。


《質問5に対する回答例》
お問い合わせの件、先ず世に出したいのであれば、特許出願はされているのでしょうか。
売れることが分かれば、多くのダミー商品が直ぐに出てくるでしょうし、そのためには権利化しておかなくてはなりません。
出願費用も大変ですが、そこが一番難しいところでしょう。
製品によって異なりますが、比較的試作し易いものであれば、試作を造ってからの方が売り込みに成功し易いと思います。

売り込みは、ホームページで宣伝するとか、企業に直接手紙で売り込むなど、いろいろな方法が考えられますが、
ご自身でも立派なホームページをお持ちのことですし、また、無料でアイデア商品を掲載してくれるサイトは他にもありますので、
先ずはホームページでPRされてみては如何でしょうか。例えば出願してあれば、私のところに掲載することも可能です。

いずれにしましても、売り込みに成功するのは容易なことではありません。
自分がいいと思っていても、売り込みのお相手がそう思ってくれるか否か分かりませんから・・・。

未出願のままでは内容を詳しく宣伝出来ませんので売り込みは一段と難しいと思います。
出願に関しては専門家にご相談される方が無難です。特許庁無料相談所(東京)、発明協会(都道府県)、発明学会(東京)、弁理士会(東京)等に相談されるか、 または、少し勉強された方であれば、ご自身で出願するのも可能かも知れません。
上記での相談は何れも無料ですので、早めにご相談されることをお勧めします。

【再質問5-2】
早速のご返信有難う御座います。
先ほどのメールでも書きましたように約15年以上前ですから、当然特許は出願して公告もされています。かつ、もう特許は切れているでしょう。
また、今までに自分の足であちこち宣伝・営業に走りました。それでも買ってくれる業者はなかったのです。
しかし、世にだしたいのは、私が死ぬまでには実現したいのです。格安で権利を売りますと言ってもなかなか買ってくれません。なんとかなりませんか。
今宣伝しているのはHPだけです。発明品のサンプルは、もちろん持ってます。
よろしく。


《再質問5-2に対する回答例》
ご存知と思いますが、特許は出願して20年、公告から15年、どちらかの条件が満たされていなければ権利は切れています。
権利が切れますとその発明は法的には誰でも使用できます。従って、権利が切れていれば誰かが買ってくれる可能性は皆無と言っていいでしょう。

しかし、当該発明は、あなたが一番詳しいわけですから、15年も経てば改良の余地が見つかるのではないでしょうか。
改良され進歩すれば新たな特許、実用新案の権利が生まれる可能性はあります。
やはり何とかして新規性・進歩性を見出して権利化されたら如何と思います。
権利化しなければ、残念ながら上述の理由で売り込みは殆ど望み薄だと思います。





■2003年4月13日(日)---出願前に秘密保持を含め、どの様なところに相談すれば良いのか

【質問4】
坂本 兼昭先生
初めまして、お忙しい中誠に恐縮ですが、先生のお知恵を拝借させて頂ければと思い突然のメールにて失礼させていただきます。
私は**歳の会社員で妻と一人娘の3人家族です。現在**県に単身赴任しております。どうぞ宜しくお願い致します。

今回相談させて頂きますのは、携帯電話のストラップに関して、実に簡単なアイデアを思い付き、実際に試作品を作り、何ヶ月か試してみましたところ、手前味噌で恐縮なのですが、中々使い勝手も良く、これは権利出願をとも考えたのですが、実際に調べてみるとサラリーマンの私にとってはかなり大きな費用が必要になってします・・・。
そこで、今回思い付いたアイデアは、出願に値するものか、どうなのか?を含め、出願前に秘密保持を含め、どの様なところに相談すれば良いのか?を先生のアドバイスを頂ければと思いご相談させていただきました次第です。
お忙しい中恐縮ですが、是非、アドバイスを頂けます様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


■2003年4月4日(金)---商品を販売してくれる企業

【質問3】
はじめまして、HPを見てお力と御意見を聞きたくメールいたしました。
私はアトピーや敏感肌の人達に手軽にケアーが出来る物として***を開発しようとしているところです。
原料などはいい物を見つけ、今から開発に入ろうとしているところですが、その商品を販売してくれる企業を探しています。
私には人脈はなくお力と知恵を頂けたらと思いメールしました。
私の連絡先は***−****−****です。詳しくはお電話でお話できればと思います。
関心があれば御連絡下さいお待ちしております。


《質問3、4に対する回答例》
質問3と質問4は回答に共通性があるため、以下のようにまとめてご回答致します。
開発して企業などに売り込むのであれば、出願した後に行った方がいいと思います。
出願していない段階で公開しますと、公知技術とみなされ、将来も権利化出来なくなる場合がありますので、企業(実施希望者)も評価してくれないと思います。
ただし、出願を自分で出来ない場合には、弁理士に依頼することになると思いますが、通常は出願するだけで30万円くらいかかりますし、その後審査請求の費用や、維持費用など、相当の高額な費用がかかりますので、それに見合った価値があるか否か、よく検討された方がいいと思います。
仮に自分で出願しても出願だけで数万円はかかります。

出願して出願番号を取得できましたら、姉妹サイト「坂本兼昭の発明の部屋」で発明の内容を紹介する等の支援が受けられますので、改めてご連絡頂ければ協力致します。
出願に当たっては、特許庁の無料相談所、弁理士会(東京)、各都道府県にある発明協会、発明学会などで一度詳細な相談を受けられることをお勧めいたします。
これらの機関は総合的な相談だけなら無料ですが、わずかながら特徴が異なります。
例えば、出願の相談なら弁理士会、主に企業への売り込みの相談なら発明学会が適当かと思います。
特許庁や発明協会の場合は、発明の総合的な相談に向いていると思います。その中で発明協会は各都道府県に支部がありますので、そういった便利さもあります。
もちろん各機関とも総合的な相談を受けてくれますので、それほど神経質に区別する必要はありません。





■2003年2月3日(月)---手続きとかについて

【質問2】
発明、実用新案、単なるアイデァ色々考えるのが好きで、自己満足の”部類”に入るものばかりですが、手続きとかについてお聞きしたいのですが?


《質問2に対する回答例》
手続きとおっしゃるのは出願手続きのことであれば、あなたが現在手続きの経験がどの程度おありになるかによって方法は変わると思います。
例えば、全くの未経験者であれば、自己出願は相当に苦労されると思いますが、先ず、市販の出願手続きに関する本を買ってきて、 丁寧に読まれ、ある程度の予備知識を得られることをお勧めします。
しっかり勉強されれば、自己出願は可能だと思います。自分で出願できれば、出願だけなら費用は2〜3万円くらいで納まります。一度覚えられると、後々の為に大変有益ですから。
大切な発明の場合は、費用が多少かかっても、弁理士さんに依頼されるのが最も手っ取り早いと思いますが、通常出願だけでも30万円くらいかかります。
いずれにしましても、発明は出願が済むまでは、第三者(弁理士などの専門家以外の第三者)には公開しない方が無難です。
まず、特許庁、弁理士会、発明協会、発明学会等に相談されることがいいと思います。左記の機関は相談だけなら無料です。
また、発明協会は全国の都道府県にも支部がありますので便利です。





■2003年1月16日(木)---賞味期限の切れた特許

【質問1】
あけましておめでとうございます。
私は、職務発明をしたのですが、企業防衛として会社は未実施のままで賞味期限が切れてしまったのです。 この場合も対価請求は出来るのでしょうか?
当時社内規定にある出願登録時の報奨金と言う名目で出願から6年目の登録時に2万円だけ・・・・でした。
2年前会社を辞めましたが、賞味期限の切れた特許に対しても請求は出来るでしょうか?
よろしくお願いします。


《質問1に対する回答例》
職務発明の対価は実施した場合にのみ対価請求権が発生するのではありません。
実施しなくても発明として価値があり、譲渡を受けた企業が、当該職務発明から経済的利益を得られれば、当然譲渡対価の請求権はあります。
ただし、あなたは既に報奨金を2万円受け取っておられますので、相当対価がそれ以上の価値があることを立証しなくてはなりません。
それと対価請求権が発生してから10年経過していますと、消滅時効を会社に援用されることも考えなくてはなりません。





《リンク》

◇発明ウェブグループ◇


発明交友会
発明日本が行く世界を行く
発明パワー
発明の部屋
発明相談日記
発明楽園(発明交友会第2グラウンド)



◇住まいと生活情報まで(1)◇

住まいのことなら・・・
生活関連のことなら・・・
融資情報のことなら・・・


◇生活を豊かにする情報◇

◇住まいと生活情報まで(2)◇

生活融資/住宅/市民情報掲示板   |   おすすめ_融資   |   生活とキャッシング   |   アクセス   |   キャッシングローン   |   即日融資(緊急融資)   |   即日融資/事業融資等々の最新情報   |   緊急時の消費者金融   |   ネット収入(アフィリエイト)



◇厳選幸せ結婚情報◇

結婚相談所&恋愛診断
インターネット結婚相談所



◇新婚さんのための住まい情報(特集)◇

分譲マンション/その他住まいの情報  |   賃貸マンション  |   マンション情報  |   戸建分譲住宅   |   新築ホームズ沿線ホームズ   |   @賃貸マンション





Copyright (C) 2009「発明家支援」坂本兼昭の発明相談日記 All rights reserved.