森の大百科事典

炭焼き(コンロ編)

戻る

 「杜の哲人」に紹介されている割り箸炭を応用してまつぼっくり に挑戦してみた。
 まずは、まつぼっくり にアルミホイルをしっかり巻く。アルミホイルに煙を逃す穴を適当に開け、コンロに乗せると、しばらくして煙が出てくる。一箇所だけ熱を加えるのではなく、適度に転がしながら、煙の色の変化を見る。と言っても、ほとんど分からなかった。最後はカンで見極めを付け、ボールの水の中に入れ、冷やす。ドキドキしながら、アルミホイルを開けると、黒くなったまつぼっくり が姿をあらわした。外は炭化しているようだけど、中はまだだった。
 右上に見えるのは、炭になりかけた割り箸や木の枝がある。修行は続く。