森の大百科事典

集成材(しゅうせいざい)

戻る  2004.12

 写真の柱は6枚の板を貼り合わせてあります。こうした製材品を集成材と呼びます。
 最近では、寸法精度の高い製材品が求められ、集成材の需要が高まっています。
 別の面から見た写真です。短い材をフィンガージョイントでつないでいます。短い材をフィンガージョイントでつなぐことにより、長い材を作ることができます。
 集成材はこうした加工や接着の手間はかかりますが、木材を無駄なく使うことができます。