森の大百科事典

苗 木

戻る  2005.1

■出荷を待つスギ苗木
 茶畑に囲まれた一角に、スギの苗畑がありました。温暖な静岡県では、播種(はしゅ)してから2年後に、山行苗木(やまいきなえき)として出荷されます。
 スギ花粉が問題になっているのに、なぜスギなのか。花粉症の方から非難が出そうですが、造林樹種は適地適木によって決めます。林業を続けるのならば、スギ地の山にはスギを植えるのが合理的です。

■苗木のトレーサビリティ
 林業は、投資を回収するに50年以上の年月が必要です。林業の投資とは、苗木を購入し、それを林地に植えることです。植えた苗木の良し悪しは直ぐにはわかりません。途中で悪いと気が付いても、植え替えることは不可能です。
 そこで優良な苗木を供給するために、種子を採取する母樹林を定め、都道府県が種子の生産を行っています。種子は苗木生産者に払い下げられ、苗木生産者によって苗木が生産されます。
 苗木の生産過程では、種子はどこの母樹林であるか、何本生産されているか、誰が生産しているのかなどが管理されております。