森の大百科事典

ウロ(樹洞)

戻る  2005.2

 チェンソーを固定した移動式製材機で、スギ丸太を半分に割りました。そうしたところ、中に大きな空洞がありました。
 これは、樹洞とか、ウロとか呼ばれています。キツツキやムササビなどが住んでいたと思われます。