横岳(北八ヶ岳)の自然



横岳の自然  八ヶ岳の北の端、横岳へはロープウェイで7分ほどで訪れることができます。2240mの山頂駅を降りると「坪庭」と呼ばれる溶岩台地が広がっています。坪庭では、ゴゼンタチバナ・コイワカガミ・ガンコウラン・ミネズオウ・クロマメノキ・コケモモ・ハクサンシャクナゲなどの高山植物がみられます。また、右手に見える縞枯山では、帯状に枯れたシラビソやトウヒがみられます。これを縞枯現象と呼びますが、厳しい寒さが原因ではないかと思われています。ここでは、初秋(10月5日)の横岳の自然を紹介したいと思います。


10月に入ったというのに、まだ、アキノキリンソウが咲いていました(10/5,坪庭にて)。 コウゾリナも鮮やかな黄色の花を付けていました。
ヤマハハコグサも、ドライフラワーになりかけてはいるものの、まだ健在です。 ゴゼンタチバナの実。ゴゼンタチバナは葉が6枚になると花をつけます。坪庭でたくさん見られます(10/5)。
ガンコウランも実をつけています。 ガンコウランの群落の中で紅葉したツツジの仲間
コイワカガミの葉はまだ鏡のように輝いています(10/5)。 木の根本にはハナゴケの仲間であるジョウゴゴケが生えています。
標高2400m以上の横岳ですが、紅葉は始まったばかりです。今年はまだまだこれからです。 標高1800m近い、山麓駅付近のヤマウルシの紅葉(10/5)。
標高1800m近い、山麓駅付近の紅葉(10/5)。 横岳へは、このロープウェイで約7分です。標高差466mを7分ですから、すごい早さです。

10月初旬の白樺湖。横岳ロープウェイの山麓駅は、白樺湖の近くにあります。湖の向こうに見えるのが霧ヶ峰高原(車山方面)です。 白樺湖の湖畔には、ナナカマドがたくさんの実をつけていました(10/5)。

 横岳ロープウェイへの拠点、北八ヶ岳トレッキングの拠点、ホテル親湯。ここからロープウェイを利用し、白駒池までのコースはお薦めです。親湯は「信玄の隠し湯」として有名な名湯です。詳しくはこちらを。


トップのページへ
信州の自然へ
八ヶ岳・八千穂村の自然へ