The Mystical & Magical System of the A∴A∴ by James A. Eshelman
The Spiritual System of Aleister Crowley & George Cecil Jones Step by Step
( College of Thelema , First Hardcover Edition, October 2000 )



 1993年にCollege of Thelemaから初版が発行された本書が初のハードカバーとして装いも新たに再版された。今回の版はAmazon.comのネット販売にも乗り順調なセールスを記録しているようである。本書はアレイスター・クロウリーとジョージ・セシル・ジョーンズが1907年に英国で設立したG.D.の分派の一つである魔術結社「銀の星」団 (以下 A∴A∴) の位階システムと各位階のカリキュラムに焦点をあてた極めてユニーク、且つ実用的な良書である ( かのオースティン・オスマン・スペアもA∴A∴の88番目のメンバーとして1913年にA∴A∴に参加している )。A∴A∴の魔術システムとクロウリーの魔術哲学の開陳は、A∴A∴の機関誌であった「春秋分点」誌の重要なテーマの一つであったが、現役のA∴A∴魔術師であるジム・エシェルマン氏による本書は、難解なクロウリーの実践魔術哲学と霊的発達システムを段階的に整備し、有益なコメントを網羅した最良のA∴A∴システム・ガイドブックに仕上がっている。

 A∴A∴の位階システムはGolden Dawnのそれに酷似している。違いはStudentと呼ばれる予備訓練の段階を設けていることであり、Probationerの位階が0=0となる。以下Neophyte 1=10, Zelator 2=9, Practicus 3=8, Philosophus 4=7となり、G.D.ではPortalと呼ばれていた予備門位階がDominus Liminisとなる。エシェルマン氏によれば、旧来のGolden Dawnの位階システムとA∴A∴のそれは名称その他の類似はあるものの、霊的修行の観点からみればA∴A∴の位階はG.D.のものよりも常に1オクターブ上に位置すものであると語る。A∴A∴の修行システムは、間違いなく現存する他の魔術団体の訓練カリキュラムの中でもっとも過酷なものであろう。メンバーには過酷なカリキュラムと厳密な試験が待っている。なまじっかな決意ではA∴A∴の霊的訓練カリキュラムをこなす事は不可能である。

 とはいえ、常にその団のカリキュラムに果敢に挑む魔術師達がいたことは確かである。エシェルマン氏の師は、セレマ僧院に滞在していたことでも知られるクロウリーの愛弟子ジェーン・ウルフに直接指導を受けていたA∴A∴のイニシエート、ソロール・メラルである。彼女は80歳を超えた現在も多くの志願者を指導している筋金入りのセレマイトであり、1940年のA∴A∴仮入会以来、60年以上にも渡りクロウリーの実践魔術を追及している卓越した女流魔術師である。エシェルマン氏のA∴A∴仮入会は本書によれば1979年に遡るというが、それでも20年を超えるベテランである。A∴A∴の霊的発達システムを分析し、有益なコメントを網羅できる真の修行者は世界でも数少ない。本書に通じればエシェルマン氏の卓越した知性と類い稀な観察眼を通してA∴A∴の組織的な概要とその特徴、緻密に練り上げられた霊的発達の完全カリキュラムへのアプローチ等に対する多くのヒントを掴むことができるだろう。

 各位階の象徴、魔法武器、ヨガ、霊視、クロウリーの綴った魔術/儀式文書へのアプローチ、各位階の責務と誓い。クロウリーに関心のある人だけでなく、G.D.魔術、西洋秘教伝統の径を歩む全ての修行者にとって極めて有益な本である。

                                
Back