海上釣り堀ビックリ教室
  

研修月日 研修会場および研修内容
平成19年 1月25日(木) 現地研修会
平成19年 2月 1日(木) 海上釣り堀研修センター、仕掛について
平成19年 2月15日(木) 現地研修会
平成19年 3月 1日(木) 海上釣り堀研修センター、ハリについて
平成19年 3月15日(木) 現地研修会
平成19年 4月 6日(金) 現地見学・情報収集・勉強会
平成19年 4月12日(木) 現地研修会
平成19年 5月15日(火) 現地研修会
平成19年 6月16日(土) 現地研修会(団体参加編)
平成19年 7月12日(木) 現地研修会
平成19年 8月11日(土) 現地研修会(雪辱戦)
平成19年 8月16日(木) 現地研修会 (究極のテクニック:めざめ編)
平成19年 8月26日(日) 釣り大会参加編   (in 正徳丸)
平成19年 9月13日(木) 現地研修会 (究極のテクニック:目覚め編及び男の料理編)
平成19年10月11日(木) 現地研修会 (究極のテクニック:開発から追及編)
平成19年11月15日(木) 現地研修会 (究極のテクニック:完成編)
平成19年12月28日(金) 現地研修会 (最終回)

あなたも海上釣り堀名人にきっとなれます。
このページは、日本中の自然を愛して止まない、釣りを愛する皆さまのためのものです。

この釣堀り日記は今後、毎月毎に1回、定期的に更新していきたいと思います。

このページが、全国の釣りを愛好される皆さま方にとって少しでも参考になれば望外の喜びです。
まったく初めてからの人、私と一緒に釣堀りを始めませんか?

これまで、磯への釣行経験は数ある私ですが、管理釣り場である「釣掘り」では全くの素人も同然な身ですから、皆さまの豊富な経験をお聞かせいただきながら、このページを充実させていければと願っています。

全国からの釣堀りの達人、先輩さま方、どうぞよろしくご指導をお願いいたします。

第1回目研修:平成19年1月25日

釣り堀りの本体用具などについて

初めての釣行では、現地で道具の貸し出し、リースをするのも、一つの選択枝だと思われます。
一般的には次のような仕掛けで釣りをすることが多いようです。  

http://www.gamakatsu.co.jp/newitem/06vol3/06vol3.html

   私が使用するレバーブレーキ付きリールと1.5〜3号用の超高感度萱浮き

竿    :ガマカツのマダイスペシャル 3.5m およびガマカツの青物スペシャル 3.5m
リール :シマノのBB-X XT3000 およびシマノのBB-X XT5000
道糸  :釣堀用PEライン3号50m巻き(1m毎にマーク付き) および釣堀用PEライン4号50m(1m毎にマーク付き)
ハリス :フロロカーボンジョイナーV2 3号から5号、6号、8号。(水中で糸が見えず、平行巻きでクセ・糸つぶれがない。)
     その他、海藻ハリス 2.5号。(魚は青色を認識しないとのコンセプトから開発。しなやかさがありながらも比重が1.81)
     ハリスの長さ=グレ、イサギ用は1〜1.5m。マダイ用は0.5〜0.7m程度。
釣鈎  :究極の形状は太軸、短軸、鋭刺、軽堅。
水汲桶 :折りたたみ式
受網  :直径が45cmの折りたたみ式。魚を入れたまま、生かし網の中に入れられるものが便利。
      枠周囲はテトロン太糸でスレ切れ防止、網目を25mm・20mm・15mmと変化させてあるもの。
竿入れ :外筒が堅固で、十分に外圧に対する保護ができるもの。
竿受け :海上釣堀用。
当浮き :マダイなど=0.5〜2号が中心。青物=2号〜5号。非自立棒浮きとメタル弾丸。
沈め錘 :釣研の水中速攻錘。
浮き箱 :棒浮きやドングリ浮きのケース
小物類 :ハサミ、ナイフ、バンドエイド、仕掛け巻きなど

これらを用意して、狙う魚種に応じて用具のコンビネーションを使い分けます。
例えば、マダイ 30〜50cmを釣魚種にするのであれば、上記の中から竿はマダイスペシャル 3.5mを選び、リールをレバーブレーキ付き3000として、そのスプールに釣堀用PEライン3号50m程度巻いた道具仕立てとします。


釣具の小物道具仕立てについて

仕掛け:竿にしっかりと固定したリールのスプールから道糸を発し、竿のすべてのガイドを通します。道糸の先端にヨリ戻しを結合し、その片端にハリス(通常は1〜1.5
m)を結合します。そしてハリスの先端開放部に釣り鈎を結合します。道糸に使用するPEラインはナイロン糸と比べると、強度が2.5倍あるのですがとてもしなやかなため、からまりやすく、すべりやすく、そして引っ張り時の伸びもありません。ですから、PEラインを使用する場合には、ヨリモドシとの結合は充分な注意が必要になります。釣り鈎の結合方法には、本結びなどがあります。基本的にはこの仕掛けの鈎先に、喰わせエサをつければ釣りが可能※(志摩和具の漁師によるふかせ流し釣り)なのですが、通常では、魚のいる層まで仕掛けを送り込むための錘(おもり)を装着します。この錘部品に最近、多用されているのがゴムクッションつき錘(錘つきゴムクッション)で、瞬時の引っ張り力によるハリス切れを防ぐと言われています。またゴムクッションつき錘の両端部には、ヨリモドシの役割をするサルカンもついていますから、先ほどのガイドを通過した「釣り堀用PEライン」の先端に「クッションつき錘」を結合して使用する場合がほとんどです。中には道糸とハリスのそれぞれの役割をひとつにまとめるという、仕掛け作りも考えられます。つまり、道糸の素材にナイロン糸、あるいはフロロカーボン糸などを使用し、これをそのまま鈎先まで一本のラインとして使用するという「とおし仕掛け」です。以上の仕掛けで、釣りは可能で、この仕掛けで対象魚種のいる層を狙います。この釣法は「さぐり釣り」とか「ズボ釣り」と呼ばれる方法で、イシダイ狙いなどにも応用されています。ただ、この場合には水中で魚がエサをくわえた際に物理的に表現されてくる「あたり」を竿先の曲がりとか、竿をにぎっている手元への振動などで感じ取ることになります。また、釣り場の地形や波などの影響で、魚の当たりも吸収されたりしてしまいます。そこで考えられた釣法が「遊動式浮き」をセットするもので、この釣法なら魚の当たりが浮きを通じて垂直線上の上下浮動となり、ダイレクトに表現されます。ですから、最近ではこの仕掛けが多用されています。しかし、ここでも言えることですが、基本は専門的に漁という商いをしている漁師が「ふかせ」を使っているように、やはり採餌時の食い込みは、錘の負荷が少ないほうが、有利となるはずです。釣り人は、こうした現象を自分の経験則として理解し、色々とその対策を考えます。そして、多くの魚種がくいしぶりを見せる冬場においては、仕掛け全体をシンプルなものとしながら、錘負荷を軽減し、浮きの負荷は0.5号あるいは1号といった感度重視型のものを使用することが多くなります。
 釣堀りのエサについて 
この釣堀用のエサについて、用意すればいいものを選ぶとすれば私には正直言ってまったく分からないというのが実状です。 ネットを見ると色々とみなさん、あれがよいとか、当日の当たりエサは生きエサのシラサエビであったとか書かれています。
カボチャのベースに何かをフレーバーとして混ぜ込んで練り上げるとか、それには@マルキューの「グレにこれだ」を適量練りこむ。Aオキアミをすりつぶして練りこむ。Bマルキューの「活性起爆剤」を適量練りこむ。とか、又別のサイトではC生ミック 土屋商会の万能練りエサ団子。Dバラケネリックス。マルキューの海中でゆっくりと膨らみ、徐々にばらける喰わせ用練りエサ。Eえびだんごの素。魚かし製。真鯛から青物まで広く効果的な団子の素材で、使用時にぎゅっと握り固めて使うと、海中で拡散する。Fパクパク団子。ネリックス。アミエビと魚のワタを主体にしたバラケで、寄せて食わせるので混雑して食い渋り時に効果が高い。G釣堀団子。ネリックス。アミエビをベースに活性を高めるビタミンやスパイスを配合しているので魚が寄りやすい。H魚玉。ネリックス。針につけやすい練りエサで、海中でゆっくり溶け、優れた集魚力を発揮する。Iいわし団子。J黄ささみ。魚かし。秘伝スパイスとにんにくで、カンパチ、シマアジの食い気を誘う。K鯛団子。Lレバー団子。MあまえびNあまえびのにんにく蜂蜜漬けOザリガニPサワガニQイワシRオキアミの喰わせ加工。各社。などなどと、それこそ数え上げれば切りがなさそうなほど当たりエサ(と言われている)が推薦されています。
しかし、これらのエサを何種類も用意することは到底、不可能に近く、たとえ用意をしていったとしても一日の釣行で当たりとなるタイミングに出会えるかどうかと考えると、確率計算上からも意味がないものと思うのですがいかがでしょう。

1月の釣行時には、甘エビのにんにく・はちみつ漬けを自作し、持っていき、効果がどれほどのものかを試釣したかったのですが、これらを試すに十分な地合いの継続はやはりままなりませんでした。にんにくを生すりおろしとするのが良いのか、あるいはそれを火にかけてから漬け込むのが良いのかについても、両方を用意しながらも、時間がなかったのです。しかし、生にんにくのすりおろしにササミを漬け込んだエサを針の直上につけながら生きアジの背中に針をかけた泳がせ釣りをしていた時に、当たりがありました。 生きアジの背中から腹部にかけて明確に噛み跡が残っていて、これは多分、マダイの歯形ではないかと思われました。
この結果から、確かに生すりおろしであっても「食わないということはない」ということだけはデーターが得られたわけです。状況によっては、この「むきみあまえびの生にんにくと蜂蜜漬け」が特効エサになり得たかも知れません。しかし、残念ながら、これらを検証するに必要な条件設定にはなり得なかった何らかの要因があったのでしょう。これを人の立場で言うならば、食事のためのテーブルにつく場合ではなかったことと同様なのだと考えますが、いかがでしょう。つまり、マダイたちにとっては味を吟味する以前の問題があったのでは、と考えられるのですが。

こうした当たりエサに関しても、このページで今後、考えていければと思いますので諸先輩の皆様方、ご指導をお願いいたします。


釣行の結果とネット学習
釣掘り歴の少ない、新米の私はマダイ4匹とイサギ1匹でした。でも、昨年度末のマリンパークくまの灘で「丸ボウズ」のことと比較すれば、一歩前進と言えるかも知れません。釣果の多い方は、マダイ10匹ほどと他にハタマスやソイといった魚種でしたが、狙いタナが底近くの9mであることやイワシやシラサエビ、団子が当たりエサであったことと関係が深いと思われます。また、水深の浅いタナ、2mほどをアマエビで狙って、タイやカンパチ、シマアジ、イサキを数多く釣られた方も見えました。面白い発想としては、金魚の「オランダシシガシラ」を餌にして、オオブリを複数匹ゲットという話も伺い知りました。
青物が大群で泳いでいる様が目視できても、釣れない要因の一つにストレスがあると思いますがいかがでしょう。釣りの最中で、突然にブリが水面に浮いてきて、すくい獲られた光景が展開され、私は唖然としてしまいました。こういう活性のなさでは、まったく経験のない私では、次回から当分の間、アオ狙いを休止したほうがいいかも・・・。

反省点について

餌の種類を色々と持参していきましたが、大半の餌を試し釣りすることもなく、当たりエサへの迷いを感じました。用意した餌は、市販のだんご類を5種類とネットで書かれてある「アマエビのニンニク蜂蜜漬け」、イシゴカイ、オキアミのブロック、ザリガニなどでした。釣り開始時にはマダイ狙いとしました。狙いタナの予想を7〜8mとしながらアマエビの自家調整餌でさぐっていましたが一向に当たりがでません。しばらく経過後、対面側の方にマダイの当たりが頻繁に見られ、二人の人は次々に良型のマダイを釣り上げられています。見ると棒浮きの立ち上がりがいかにも早くて、タナがとても浅いと思われたので、「当たりは何メートル?」と聞いてみました。答えは何と「2〜3mで、魚が見えている。」と返ってきました。当たりタナがそんなに浅いのであれば、底付近を狙っている私のタナは「いないマダイを追っかけている」ことになる?
トイレに行く途中で海中をふと見て、仰天しました。何と、マダイやシマアジ、ブリなどが明確に見えていたのです。見る角度を変えれば、こんなにも違いが出てくるものなのか、ここでようやく納得できました。
そこで、私もさっそくタナ合わせをして自家製アマエビ漬けで狙いました。2投目でイサギが釣れましたが、時すでに遅く、マダイの地合は遠くなっていきました。当たりがないので、自分の判断で再び6
mほどのタナセットをして再開すると、もぞもぞという感じで浮きが下がりだし、棒浮きのトップが完全に沈み込んだことでサッと合わせをしました。しかし、すばりを引いて魚の引きがありません。そういうことが数回あって、今度は竿の合わせ操作をすばやくすることに心がけました。すばりを引く際に、マダイと思われる口か歯かは判然としませんが、そういうところを
が滑っているような感触を覚えたからです。そのことが功を奏したのでしょうか、今度は合わせのタイミングでズシリとした鈎がかりの感触がマダイスペシャルの竿を通じて手元に伝わってきました。初めてのゲットとなり、とても嬉しい1匹となったのですが、自分のタモ網で自分で手中にできたわけではないのです。レバーブレーキ付きリールのブレーキが滑って効かず、右手 人差し指でレバーを引き(ブレーキが故障で効かない状態)ながら、左手でハンドルを回せば魚は点前に引き寄せることができるのですが、網ですくおうとハンドルを放すと、魚は水中に潜っていきます。この繰り返しで、横から見ている人にとっては、さぞや滑稽で、みっともない姿に見えたことでしょう。隣の方が、魚が手前に寄ってきたところを見て、私のタモ網を手に持ち、すかさずすくってくださいました。感謝です。私の釣り座で、地合いは短いものでした。その時間帯だけは、海流の流れが止まっているようでした。レバーブレーキ仕様のリールで、ブレーキが空回りするのだから強引にでもハンドルを巻き続けなければならず、そのせいか3度の鈎はずれをしてしまい、後悔だけが残る後味の悪い釣りになりました。
釣行日の天候は、小潮で、一日中、西風の冷たい強風が吹きまくり、汐の流れも対面側方向へと動きました。自分の釣り座から浮きを立たそうとしますが、タナがとれないうちに対面側まで流れていくので狙いのタナで長く待っていることができませんでした。このことから私なりの推察ですが、釣り座の位置が有利なのは風下の角隅であり、不利であるのが設置網がふけて鈎が網にからんだりする危険性の高い潮上側の位置座であろうと考えましたが、こういった状況での釣り方が私には思いつきません。
それと、釣り堀での素人が素朴な疑問を感じるのは、釣り座の決め方のことです。釣り座を抽選とか、特異日の誕生日とかで優先的な要素で決める方法とか、釣果の得られていない釣り人に、当日の当たり席を交代で与えられるとかの優遇があれば、とても楽しい記念日となるはずだと思うのです。お昼からは釣れていない人が好みの席を指定する、このような素晴らしいシステムがなぜ設けられないのでしょう。そして「ぼうず保証」についても疑問に思うのです。これらについての統一した決まりはないのでしょうか。先月に釣行したマリンパークでは受付修了時に入所札が配布されました。でも「ぼうず保証」はありませんでした。聞くところによると「ぼうず保証」のある釣り堀屋さんもあるとのことですから、そのことで初心者の参加も増加し、家族での楽しい憩いの場が提供されることになるでしょう。
先輩諸兄のご意見はいかがでしょうか、ご意見を頂戴したいと考えています。


 
第2回目、2月研修(サシエサ)につづく       


   海上釣り堀研修実践編につづく

                        トップページにもどる