ミミズに関する書籍集
書籍のタイトル名 著者など 出版社
日本産土壌動物
日本産土壌動物検索図鑑
ミミズと土と有機農業
ミミズに魅せられて半世紀
ヒトとミミズの生活誌
ミミズのカーロ
ミミズのいる地球(
大陸移動の生き証人
ミミズの生活を調べよう
大地の主の物語(みみずのすべて)
ミミズはヘビのしんせき?
新沖縄昔ばなし(ミミズのなみだ)
蚯蚓の花
ミミズと土壌の形成
ミミズのダンスが地球を潤す
みみずの井戸端会議
ミミズの話・読み物動物記
ミミズと土
ミミズの博物誌
みみずの学校
みみずのたはごと(上・下)
ミミズの話(よみもの動物記)
だれでもできるミミズで生ごみリサイクル
ミミズ養殖読本
日本動物大百科(無脊椎動物)
生ゴミを食
べてもらうミミズ御殿の作り方
月刊たくさんのふしぎ(ダーウインのミミズの研究)
街なか生きもの探索ガイド
都市動物たちの事件簿
有機農法(自然循環とよみがえる生命)
新日本動物図鑑(上)貧毛類
みみずの観察
みみずと人生
みみず
ミミズ(動物教材の基礎研究・6年教材)
生物学実験法講座・ミミズ
動物系統分類学6(貧毛類)
土壌動物学
トンネルネットワーク(おもしろモグラ学)
みんなでためすミズコンポストマニュアル
だれでもできる楽しいミミズの飼い方
生ゴミを食べてもらうミミズ御殿の作り方
青木淳一著
青木淳一著
中村好男著
中村方子著
中村方子
今泉みね子
中村方子
渡辺弘之
ジャネット、アランアルバート
アニタガネリ
ふるづかだるま
水上地底
チャールス・ダーウイン(渋谷寿夫訳)
渡辺弘之
高橋幸子
山口英二
チャールス・ダーウイン(渡辺弘之訳)
ジェリー・ミニッチ(河崎昌子訳)
高橋幸子
徳富健次郎
山口英二
メアリー・アッペルホフ(佐原みどり訳)
斎藤勝
・・・
佐原みどり
山内祥子

佐々木洋
同上
J・ロデイル
大淵真竜・山口英二
小川文代
大淵真竜
畑井新喜司
野村益太郎

山口英二
山口英二
青木淳一
手塚 甫

ビネー・ペイン佐原みどり訳
グローバルスクールプロジェクト
佐原みどり
東海大学出版会
東海大学出版会
創森社
新日本出版社
吉川弘文館
合同出版
中央新書
さえら書房
文化出版局
草土文化
沖縄出版
近代文芸社
たたら書房
研成社
思想の科学社
北隆館
平凡社
現代書房
思想の科学社
岩波書店

北隆館
合同出版
朝日出版
平凡社

(株
)ヴォイス
福音館書店
NTT出版
同上
人間選書
北隆館
創元社
牧書房
改造社
文洋社
中山書店
中山書店
北隆館
北隆館

合同出版
合同出版
ヴォイス
みるずかん・かんじるずかん(地面の下のいきもの) 大野正男著 福音館書店
アズマモグラ:
地下に枯葉などをしいた部屋を作り、5月ごろ、3〜4匹の赤ちゃんを産む。おちちをのんでそだち、30〜35日程度で1匹ずつの暮らしをはじめる。・・・・
しくみ発見博物館(動物のすみか) 武田正倫監修 丸善(株)
ミミズの繭(まゆ):
ミミズが卵のためにつくる繭はとても丈夫で、ミミズの環帯と呼ばれる厚い帯から産み出される。
繭の中には、12個ほどの卵が入っているが、かえるのは普通、1匹だけである。
進化の歴史(陸に上がった生物) ジョン・ボネット・ウエクリウ著 草土文化
陸での最初の動物:
陸に上がった最初の動物は、たぶん、今から約4億年前に食べ物をさがしに水から出てきました。
そのとき、陸上にはすでに十分な植物があったので・・・・・。

トップに戻る