「恍惚のディスプレー」
撮影場所:ポゼッション島

天候:快晴(風速5メートル程度)
つがいを形成しようとするオスが行うポーズです。猫が発情期に大きな唸り声を夜中に立てているのを聞いたことがあると思いますが、あれと似たような声で、フリッパーをパタパタと動かして「俺様の姿はどうだ!」と呼びかけているようでした。ただ、この時期(1月中旬)では仮に繁殖に成功しても雛は無事に育ちません。あと1箇月もすればこの辺りは雪に埋もれてしまい、小さな雛はその寒さに耐え切れないそうです。わずか1箇月で生死が決まる厳しい世界なんですね。
邪魔だからどいてくれ!

アデリーは小さい割りに非常に気が荒く、数十メートル先から「ウー」と唸り声を上げて威嚇してきます。子育て中ですから当たり前ですよね。そういう時は「すいません」と言って道をあけると、「たいしたことねーな」といった表情で通り過ぎていきます。目次へ